犬を飼うならどこがいいの?悪徳ブリーダーと優良ブリーダーの見分けかた 

スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

こんにちは!この記事を開いてくださったあなたはこれからを飼う予定があって来てくれていることと思います。特に初めて犬を飼う方にとって最初に思いつくのはペットショップという選択肢。実は他にも選択肢がいくつかあるのはご存知でした?

それぞれメリット、デメリットもあるのでそれを把握した上で飼う場所を選ぶのが、自分の望んでるワンちゃんと出逢える可能性がアップします。ワンちゃんを妥協して選んで後で後悔してしまうのはワンちゃんが可哀そうですし、あなたもつらいですよね?

ワンちゃん選びで失敗しないよう是非私に少しお手伝いをさせて下さい。この記事を通してあなたが笑顔でワンちゃんを迎え入れられたら幸いです。

スポンサーリンク

犬はどこで飼えるの?

まだまだ世間的にはペットショップが認知されています。普通に生活してて一番目に入る機会が多いですからね。よくショッピングモール等に行くとなかなかの確率でペットショップがあるので、可愛いの大好きなわたしはついつい覗いてしまいます。犬に限らず皆さんも経験あるのではないでしょうか?

犬を迎えることのできる方法はほかに、保護犬やブリーダーなどがあります。各々の特徴など詳しい説明をしていきたいと思います。

手軽で便利なペットショップ

メリットはやはり家族などで気軽に入れて敷居も低いことです。ペット以外にも、飼うために必要なグッズ一式全て揃えられるのも良し。犬種も豊富なのでじっくり見て決めたい人にも尚良し。ペットショップの環境柄ワンちゃんたちも人慣れしてるし、大抵のことではもの怖じしないですしね。

デメリットとしては料金が高い。自分の飼いたい犬(犬種、色、性別など)が必ずしもいるわけではない。店員さんが全員正しい知識を持っているとは限らない。たまにワンちゃんの仕入れ先が不明な場合不安。

もちろんお店によって差はありますが、よくある共通点としては合っていると思います。休日はお客さんも沢山いますよね。動物好きな人が多くて何よりです。

まめこ
まめこ

ペットショップにやってきた!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

うひょっ!みんなかわいいねえ~!よしよしよし…(ガシャガシャ)

まめこ
まめこ

あっ!ちょっと!ワンちゃんたちのゲージには入ってダメだって!!

旦那
旦那

うわあ…写メ撮られてるよ

まめこ
まめこ

…(他人のフリ)

注)ツルちゃん先生がなにをしているかわかりませんが、周りの人やワンちゃんの迷惑となる行為は止めましょう。

犬種にこだわりがあるならブリーダーから

ブリーダーの言葉の意味は、動物や植物の交配、繁殖を職業とする人のことです。特定の犬種のみを繁殖していることが多いので犬種が決まっている人はブリーダーから迎えるのが良いでしょう。

ブリーダーは会社で経営している所は少なく個人経営が大半を占めます。個人経営の中にも専門的に運営している人と、副業や趣味でやっている人もいます。後者がバックヤードブリーダーといいます。

中には悪徳ブリーダーと呼ばれる人達もいるため、初めて飼う人は特にトラブルに合わないよう、知識をつけて見極める術が必要になります。ですので今回はこのブリーダーについて、後ほど詳しく掘り下げて行きたいと思います。

 

保護犬から迎え入れる

保健所、動物愛護センター、シェルター等の様々な形で保護されてる犬を我が家に迎えることもできます。各団体ごとに譲渡の条件が異なりますが保護されている犬のほとんどが成犬です。子犬以外の選択肢もあるという点は、飼う人の環境によっては重要な指標の1つではないでしょうか。

保護される前はどんな生活をしていたかは把握できず不安ではありますが、ワンちゃん自体の生体料金はかかりません。(医療費や活動資金が基本)他にも純血種だけではなく、個性的な雑種犬と出会えることもあります。私が飼うとしたらこういった保護犬のワンちゃんから選びたいです。幸せな第2の生活を送らせてあげたい。

まめこ
まめこ

ここが動物愛護センターか。初めてきたわ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

わたしがぁ~沢山可愛がってあげるからねぇ~~!!安心してぇ~!

まめこ
まめこ

ねえワンちゃん怖がるでしょ!その変なのやめて!

旦那
旦那

うわぁ…周りのスタッフさんたちに写メられてるよ…。

まめこ
まめこ

…(遠い目)

注)2度目ですがツルちゃん先生がなにをしているか本当にわかりません。スタッフやワンちゃんに迷惑をかけずに接しましょう…。

優良ブリーダー、悪徳ブリーダーを見極めよう

ブリーダーは犬種のプロフェッショナルと言われています。犬種によって姿かたちはもちろん、特性や育て方も大きく違います。良いブリーダーは特定の犬種を専門にし愛とこだわりをもって計画的に繁殖を行っています。

いかに健康であるかを重視しており美しく可愛い容姿はもちろん、内面的にも素晴らしい優れた血統のワンちゃんを迎えることができます。ブリーダーから直接飼育のアドバイスをもらえたり、ワンちゃんの身元もはっきりしている点も大きなメリットですね。

ブリーダーの評価に優良、悪質という言葉が使われますがその定義は難しいです。それぞれに共通する特徴をいくつか挙げますのでぜひ判断材料にしてください。

悪徳ブリーダーとは?

残念なことに、パピーミル(子犬生産工場)と言われる劣悪な環境でワンちゃんを繁殖、販売をしているブリーダーがいます。子犬生産工場なんて名前、非常に不愉快ですね。狭いゲージ、餌や水は最小限、糞尿の処理もしない、散歩なんて無縁。交配して子犬を生ませることのみが目的なので、健康管理が目に余るほどずさんです。

そんな生活環境ですから病気だって当たり前。ワンちゃんの犬らしい生活とはほど遠い環境です。そんなお金もうけが目的で子犬を販売している人が悪徳ブリーダーです。

まめこ
まめこ

ひどい…そんなことあるの…?

旦那
旦那

知らない現実だったよ。でもそんな奴らは絶対淘汰される運命だ。

質問で悪徳、優良を見極める

優良なブリーダーであれば質問に対してとても好意的です。誇りと愛情をもって繁殖、販売しているのでむしろ「何でも聞いてください!」のスタンスであれば大丈夫でしょう。また質問内容として…

犬舎を見学させてもらえますか?(衛生的で犬にとって良い生活環境なら快く見せてくれます)

子犬の親犬がみたいです。(健康状態、また正しい知識を持ったブリーダーは2歳以下の犬は繁殖させない)

生まれてからどれくらいの子犬を譲って頂けますか?(生後49日以降であれば信用できる)

飼った後も飼育の相談はのってもらうことはできますか?(対応が冷たい、購入後の質問を受け付けないというブリーダーは絶対やめよう)

優良ブリーダーは上記の質問でも丁寧に事細かく説明をしてくれます。利益目的や正しい知識を持ち合わせていない悪徳ブリーダーは親身に答えてくれなかったり誤魔化そうとしてきます。

犬を迎えることは家族が増えるのと同じです。良いブリーダーかどうか判断するためには、積極的にコミュニケーションをとることがとても大事です。どんな些細な事でも何でも聞いて見る、が一番良い方法でしょう。

まめこ
まめこ

質問ね!これなら私でも大丈夫そう!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

質問します。スリーサイズは?

まめこ
まめこ

は?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

スリーサイズ。早く言えよ。

まめこ
まめこ

最後に言いたい言葉はそれだけね?

良いブリーダーの見つけ方

良いブリーダーと出会うためには様々な媒体を利用して、少しでも多くの情報を集めていきましょう。飼いたい犬種を飼っている友人や知り合いなどがいれば教えてもらう、ドッグショーに足を運びブリーダーとお近づきになる、掲示板を利用して情報を集めていく等、とにかく情報を集めることに関しては時間をかけて慎重にやっていきましょう。

わたしがおすすめしたい方法の一つとしては、動物病院に問い合わせてみることです。優良なブリーダーさんは必ずどこかしらの動物病院の常連です。逆に獣医さんも病院の顧客としてブリーダーさんが複数いるので、ブリーダーの情報、知識に優れています。

なのでブリーダー探しに悩んでいるかたは是非、動物病院にも問い合わせしてみて欲しいですね。思わぬ貴重な情報を教えてくれるかもしれませんよ。

旦那
旦那

動物病院で問い合わせ出来るのかぁ!そいつは良いな!

まめこ
まめこ

そうね!信用もできそうだしね!

旦那
旦那

先生はどう思う?…あれ?先生は?

まめこ
まめこ

さーあ。知ーらなーい。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

きゅ…救急車…。ぐはっ…。

旦那
旦那

死んじゃった。

まめこ
まめこ

アーメン。

まとめ

ここまでいかがでしたでしょうか?少しはあなたの選択が広がってくれたら私もうれしいです。もう一度大事なことを忘れないよう軽く復習してみましょう。

・飼いたい犬種が決まっているならブリーダーから迎え入れるのが良い。

・悲しいけどワンちゃんと飼う人に優しくないブリーダーも存在する。

・[質問]が優良、悪徳を見極める武器。

・優良ブリーダーと出会うための情報収集は特に時間をかけるべし。

この記事を通してあなたに合った選択肢を選んでみてくださいね。きっとあなたの運命のワンちゃんも早くあなたに会いたくて首を長くしてまってますよ。早く迎えにいってあげましょう!…と言いたいところですが焦りは禁物です。良いブリーダーにも会えるようくれぐれも慎重にお願いします。ではではまた会いましょう!

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険
スポンサーリンク
sakuseisyaをフォローする
幸せなペットライフを過ごすために

コメント