ヒマラヤンはどうやって生まれたの?歴史や祖先について徹底調査!

ヒマラヤン
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

短めの短い足と丸い体が特徴的なヒマラヤン全身がもふもふした愛くるしい姿は思わず抱きしめたくなるほどですね。

顔や前足・後ろ足、尻尾についている色も可愛さのポイントと言えます。そんなヒマラヤンは一体、どこで生まれてきたのでしょうか?

その生い立ちはどのようなものでしょうか?そんなヒマラヤンの歴史に迫っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ヒマラヤンはこうして生まれた

それでは、ヒマラヤンの生い立ちについて迫っていきましょう。

祖先はいるの?

ヒマラヤンは自然発生種のペルシャ猫とシャム猫を掛け合わせて生まれました。

  • ペルシャ猫:純血種の中でも歴史の古い猫。全身がふさふさの毛で覆われている、足が短めの長毛種の猫。
  • シャム猫:タイ原産の猫。スリムな体つきに顔や手足、尻尾にポイントカラーが付いている短毛種の猫。

ヒマラヤン誕生の経緯

1920年代にスウェーデンの遺伝学者がペルシャ猫の体にシャム猫のようなポイントカラーが付くか、試しに掛け合わせたことがヒマラヤンの生まれたきっかけと言われています。

1930年代には、その研究がイギリスとアメリカに引き継がれました。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

大体100年ぐらいの歴史があるんだよ。他の猫と比べても新しい方の猫と言えるかもね。

まめこ
まめこ

体重も祖先のペルシャ猫やシャム猫と同じぐらいの3~6kgになるのよね!

旦那
旦那

5kgのお米の袋と同じぐらいって考えると抱っこしやすそうだね。

まめこ
まめこ
そうね、豪華な毛を抱きしめられるって考えるとワクワクするわね!

イギリスでは

イギリスでは比較的早い段階からペルシャ猫とシャム猫を掛け合わせた交雑種が存在し、「クメール」と呼ばれていました。

しかし、新しい猫の種類として本格的に育種されるようになったのは遅く、1955年になってからイギリスの猫血統登録団体であるGCCFに登録されました。

アメリカでは

純血ではないペルシャ猫の黒猫とシャム猫を交配させ、さらにペルシャ猫やシャム猫との交雑を行うことで育種が進められてきました。

結果、1935年に現在のヒマラヤンのような猫を生み出すことができ、「デビュタント」と呼ばれました。この猫がヒマラヤンの原型になったと言われています。

1957年には猫の最大の血統登録機関であるTICA世界最大の愛猫協会であるCFAペルシャ猫の一つという分類で公認されました。

それ以降は34万頭以上がCFAに登録されていますが、それでもまだヒマラヤンはペルシャ猫の種類の一つである「ヒマラヤン・ペルシャ」とされています。

それ故に、「未完の傑作」とされており、現在でも改良が続けられています。

原産国は?

祖先となる猫の研究が受け継がれたことにより、アメリカとイギリスの両方が原産国とされています。

シャム猫は原産国がタイで王族の猫でしたし、ペルシャ猫は現在のイランが原産国であり宮廷で過ごすこともあった猫です。

祖先をたどってみると、広い国にまたがる豪華な歴史を持っている面白い猫ちゃんですね!

併せてペルシャ猫とシャムネコの歴史も知っておくと、これから作られていくヒマラヤンの歴史もより深く理解できることでしょう。

名前の由来

ヒマラヤンという名前は、毛色がヒマラヤウサギに似ていることから命名されました。

ヒマラヤウサギもヒマラヤンと呼ばれ、原産地はヒマラヤ地方ですが、イギリスでペット用に改良されて種が確立されました。イギリスで改良されたウサギとしては最も古いウサギとされています。

被毛は白で目は赤く、前足・後ろ足の先、耳の先、尻尾の先、鼻の先が黒となっています。

姿もイギリスで品種改良されているところも、猫のヒマラヤンとまるで兄弟のようですね!

 

ヒマラヤンってどんな猫?

それでは、現在のヒマラヤンとはどのような猫なのでしょうか。解説をしていきます。

見た目

ヒマラヤンはボディタイプが「コビー」と言われる、短い胴体で肩と腰の幅が広くてがっしりとした型です。このタイプは頭部が丸く、短めの尾と丸みのある足先を持っているのも特徴です。

コビーの特徴の通り、ヒマラヤンは太い短めの足に短めの丸い体を持ちます。大きさは中型~やや大きめまで成長する長毛種の猫です。

様々な毛色(シール、ブルー、ライラック、チョコレート、クリームなど)があり、「ポイントカラー」と言われる顔や前足・後ろ足、尻尾に色を持つものをヒマラヤンと呼びます。

目は透き通るような青で愛らしい表情を見せてくれます。

性格

穏やかで大人しく甘え上手です。自立心もあるので、しつこい様子は見せず、家族のそばにさりげなくいてくれる存在です。

若いうちは活発に過ごす時期もありますが、成猫となるとゆっくりとくつろいで過ごす方が好みのようです。初対面の人にも愛想がよいので、子供や他の動物との関係も上手に築いていく賢い猫です。

接し方

ヒマラヤンのしつけは難しくなく、飼い主のしていることをよく見ているので覚えが早いといえます。

遊んであげるときは注意が必要で、ヒマラヤンは活発に狩りを楽しむタイプではなく高いところに上るのも苦手な方なので、飼い主の方が手加減をしながら様子を見て遊んであげるのがコツです。

太りやすいので、食事による摂取エネルギー調節もしてあげるとよいでしょう。

毛の特徴

ダブルコーと言われる被毛のタイプをしており、かつ長毛種なので日ごろからの毛のお手入れが大切になります。

被毛のダブルコートとは、直射日光などから皮膚を守る「オーバーコート」と保湿の役割を担う「アンダーコート」の両方を持つ被毛のタイプです。

毎日~週に数回は毛をお手入れしてあげないと、毛がもつれてしまったり、毛球症になってしまったりと大変です。シャンプーも月に1回程度しておくことをオススメします。

なので、子猫のころから水に濡れたり、体を洗われることに慣れさせておくとよいでしょう。

 

まとめ

  • ペルシャ猫とシャム猫の掛け合わせから生まれた
  • イギリスとアメリカでそれぞれ新しい猫として改良された
  • あくまでもペルシャ猫の一種類である
  • 今でも改良が続いており「未完の傑作」と言われている
  • ヒマラヤウサギに似ていることからヒマラヤンと名付けられた
  • 短い足とボディカラーが特徴の長毛種の猫
  • コビーと呼ばれるボディタイプ
  • 顔や手足にポイントカラーがあり目はブルー
  • しつけの難しくない賢い猫
  • 長毛種なので毛のお手入れはこまめに

記事中でも述べたとおりですが運動が得意ではなく長毛種の猫なので肥満と毛球症対策に、ごはんには気を付けたいですね!

2種類の猫の掛け合わせで生まれているので、元となったペルシャ猫とシャム猫の歴史も知っておくと、さらに仲良く暮らせることでしょう。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント