ヒマラヤンとバーマンはソックリさん!?違いを徹底解説!!

バーマン
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

猫好きなら、ヒマラヤンって聞いたことありますよね?ペットショップやネットでも一度は見たことがあると思います。では、バーマンはどうでしょう?実は密かに人気上昇中の猫種なんですが、日本ではなかなか出会えない希少な猫ちゃんです。

実はこの2種はパッと見たら、本当に体形や被毛の色もそっくりな猫ちゃんなんです。ここではヒマラヤンとバーマンの見分け方からそれぞれの魅力を徹底解説しますので、最後まで楽しんで読んでくださいね。

スポンサーリンク

ヒマラヤンってどんな猫?

ふわっふわの毛が魅力的なヒマラヤンは、すでにご存知の方も多いと思いますが、ペルシャ猫とシャム猫の混血種です。イギリスではクメールと呼ばれていたようです。

ペルシャ猫譲りの見事な被毛は優雅な雰囲気を、シャム猫譲りのポイントカラーはスタイリッシュさを感じさせます。その容姿は見る人を魅了し根強い人気を誇っています。

しかし猫の血統登録団体であるCFAによると「ヒマラヤン」はペルシャの一種であるとされ、品種としてはペルシャに統一されています。

更にヒマラヤンの生い立ちについて気になる方は、こちらの記事で詳しく解説しています。是非チェックしてみてください。

ヒマラヤンはどうやって生まれたの?歴史や祖先について徹底調査!

 

バーマンってどんな猫?


バーマンをご存知ですか?日本ではあまりなじみのない猫です。初めて耳にする方は見た目がそっくりなので、この猫はヒマラヤン?じゃないの⁇と思ってしまうかもしれません。

バーマンの起源は西暦500年頃、ビルマ(現在のミャンマー)で生まれた猫が祖先ではないかと言われています。バーマンの誕生は不明なことが多く、現在でも不思議な伝説として語り継がれています。

第二次世界大戦時には種の存続が難しくなるほど激減してしまいましたが、僅かに残った純血のバーマンはイギリスの軍人によってフランスに渡り由緒ある寺院で大切に育てられました。

その後は毛色の似ていたシャム猫や長毛の猫などによる異種混合が盛んに行われたので、もともとシールポイントだけだったバーマンもポイントカラーや毛色が豊富になりました。

イギリスやアメリカで品種として認められ、バーマンとして血統登録されています。最近では日本での知名度もあがり徐々に人気の出てきている注目の猫種です。

 

ヒマラヤンとバーマンはどこが違うの?

見分けるポイントは足先の色だった⁈

ヒマラヤンとバーマンの1番の違いは足先の色です。

旦那
旦那

足の色⁇これはヒマラヤンとバーマンどっちなんだろう?

まめこ
まめこ

足先が黒だから、これはヒマラヤンよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

その通り。よく知っているね。

ヒマラヤン足先に黒や茶などのポイントカラーが入っています。まるで靴下やタイツを履いているような見た目ですね。

旦那
旦那

じゃあ、これはバーマンなの?

そっくりだよ…

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

でも足の先が違うからよく見てごらん。

一方バーマンの方はというと、足先が真っ白ですね。まるで白い手袋をはめているように見えませんか?その前足はミトンやグローブ、後ろ足はレースとも言われて愛好家さんたちに愛されているんです。

写真で見た印象でも、それ以外は毛色や体型も本当によく似ていますよね。パッと見では区別がつかないです。

実はこの二匹、よく観察してみると違いが色々とあることがわかりますよ。更に詳しくご紹介したいと思います。

 

ヒマラヤンとバーマンを比較

どちらも長毛種。被毛の性質が違う

ヒマラヤンはダブルコート

長毛種で、密度が高くフサフサでふわふわ。豪華なダブルコートをしています。

ダブルコートというのは直射日光などから皮膚を守るバリア機能がある高密度の厚いオーバーコートと、ヒートテックのような保温効果を持つアンダーコートの2種類の被毛のことをいいます。

2層構造をしていて換毛期にはアンダーコートがたくさん抜けるので、いつも以上にこまめなお手入れが必要です。 長毛でダブルコートの為、毛玉も出来やすく慣れないうちはお手入れも大変です。

まめこ
まめこ

お手入れの度に美しさが増すから嬉しくなるわ。

旦那
旦那

美しさの秘訣は日々のお手入れだね。

せっかくなら、美しい毛並みでいてほしいですよね。毛がもつれないように週に数回はコーミングかブラッシングをしてあげましょう。

できれば月に1度くらいはシャンプーをしたほうがいいでしょう。おとなしい猫種ですが基本的に濡れるのは好きではないので、できるだけ子猫の頃から定期的なシャンプーも好きになるよう慣らしておいたほうが良いですね。

お手入れの仕方については、こちらの記事が参考になると思います。是非読んでみてください。

猫のお手入れの仕方大公開!お家での嫌がらないお手入れ方法も!

バーマンはシングルコート

長毛種で絹のような滑らかさでツヤがあり、サラサラした軽い感じの手触りをしたシングルコートをしています。

アンダーコートが少なく夏毛にあまりボリュームがでないので、他の長毛種の猫ちゃんたちに比べて換毛期の抜け毛が少ないという特徴があります。

バーマンはもともとが自然発生の長毛種なんですが、もつれることが少ないシルキーな被毛を持ちます。そのため長毛種の猫を飼いたいけど手入れがどうも…という方でも、お手入れしやすくコーミングやブラッシングに神経質にならなくてすみますよ。

またバーマン最大の特徴は、前足つま先部分のポーと呼ばれるふっくらした足先のグローブという部分で、いわゆる白足袋の線がまっすぐ横切っていることです。後ろ足はレースと言いますが、ここも白い靴下をはめたように白いのが特徴です。

しかし異種交配されてしまったために、滅多に綺麗な線の子は出ないようです。

もしも子猫を飼いたい!となったらボディを眺めて、がっしりとした筋肉質(健康な証拠)であること、血統を重視するならば、前足つま先部分の白足袋の線がまっすぐ横切っている子を選ぶことがポイントになります。

顔立ちに違いがある

ヒマラヤンは愛嬌抜群の鼻ぺちゃ顔

目の色は薄いブルー。顔立ちは、エクストリームという愛らしい鼻ペチャタイプ古来のトラディショナルの2つに分類されますが、これは他の猫にはない特徴です。

丸顔で真ん丸の目。耳は小さめで両耳の間隔が離れています。よく「ピーク・フェイス」(ペキ・フェイス, peke-face)と呼ばれていますが、これは鼻ぺちゃがかわいくて有名な犬の「ペキニーズ」(pekingese)からつけられています。

鼻ぺちゃが可愛いペキニーズについても気になる方は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

ペキニーズは攻撃的?聡明?クセだらけの性格を徹底調査!!

バーマンは鼻が高くて聡明な雰囲気

目はシャム猫から受け継いだ濃いサファイアブルーのみ。宝石のようなブルーの瞳に思わず目が釘づけになってしまいますね。

頭部は幅広で大きく丸みを帯びた顔立ちに、ローマンシェイプと言われる特徴的な鼻の形をしています。幅広で、鼻すじは盛り上がり、耳の淵や顔にシャム猫の特色である「シールポイント」が出ています。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

因みに、シールポイントっていうのは、顔や耳や手足や尻尾の毛色が部分的に黒褐色なってることなんだよ。

まめこ
まめこ

生まれた時は真っ白で、だんだん毛色が変わるって聞いたわ。

毛色は豊富でポイントカラーがある

ヒマラヤンのカラー

主な毛色はブラック、ブルー、チョコ、クリームなど様々ですが、ポイントカラーを持つもの、と定義づけされています。ヒマラヤンという名前はヒマラヤウサギの色合いに似ていることからつけられたようです。

まめこ
まめこ

なんか、チョコとかクリームって言われると美味しそうに感じちゃうわ。

バーマンのカラー

白い被毛にポイントカラーが入る毛色がとても美しい猫です。バーマンの最大の特徴のひとつである、淡いクリーム色の毛「ゴールデンミスト」と呼ばれる被毛が背中部分にあります。光の加減でキラキラと輝き、まるで動く宝石のように美しくみえますよ。

被毛の色は基本は、クリーミーな白色で背中はゴールデントーンです。ソリッド、トータシェル、シルバーなどの模様が見られます。

旦那
旦那

淡いクリーム色で、クリーミーな白色っでポイントカラーがあるとか言われたら、カプチーノとか俺、想像しちゃうな。

体型にも違いがある

ヒマラヤンは胴や手足が短い

体型は[コビー]いうタイプで、胴が短く肩や腰が広く全体的に筋肉質です。ドッシリした、ずんぐりむっくりです。4本の足は太めで短く、尻尾は太いというより毛量が多いために太く大きく見えます。

体重は中~大型で平均2.5~6.5㎏です。オスの平均が3㎏〜5.5kgメスが3㎏~5㎏です。

まめこ
まめこ

3kgぐらいだと新生児くらいの重さかしらね。5kgになってくると、生後1ヶ月頃の赤ちゃんと同じかなって気がするわ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうだね。ちなみに尻尾はたぬきの尻尾に似てるよ。

バーマンは胴や手足が長い

体型は[ロング&サブスタンシャル]という中〜大型タイプです。4本の足は中くらいの長さで太く頑丈です。猫種では中型の大きさで、やや胴長で筋肉質ですが、すらっとした印象があります。

体重は中〜大型で平均2.5〜6.5kgです。オスの平均が4.5〜7kg、メスが3〜4.5kgです。

旦那
旦那

7kgって言ったら、2ℓのペットボトル3本くらいはあるよね。わりとずっしり重量感がありそうだ。

2年くらいかけて成長していきます。ほかの猫と同様で、この間は体つくりにとても重要な時期です。獣医さんと相談して質の良い食事を心がけたいものです。ほとんどのバーマンはオスの方が大きくなります。

性格はどちらも社交的でフレンドリー

ヒマラヤンの性格

社交性が高くのんびりしていますが、他のペルシャよりも行動的です。人なつこいシャム猫の血が半分入っているからなのか、子どもの相手やほかのペットとの関係も上手に築きます

穏やかでおとなしく甘え上手ですが自立心もあるので、しつこくなく、さりげなく家族のそばにいます。人間で例えるなら、おませな中学生くらいでしょうか?

子猫のときは幼稚園児みたいに活発なので驚く方もいると思いますが、成猫になるとくつろいで過ごすことを好むようになります。初対面の人にもほどほどに愛想良くしてくれますよ。

またヒマラヤンは賢い猫ですので、しつけは難しくありません。人のすることをよく見ていて、なにかと覚えは早いでしょう。美しい外見以上にヒマラヤンがもつおっとりとした性格と、あらゆる環境に馴染める能力が世界中で愛される理由の一つなのかもしれません。

ヒマラヤンの性格はこちらにも詳しくまとめてあります。是非読んでみてください。

ヒマラヤンの性格は?ペルシャとシャムとどっちに似てる?徹底調査!

バーマンの性格

もちろん個体差はありますが、穏やかで優しい性格です。多少甘えん坊ですが、飼い主の傍らに寝ているのが大好きな猫です。

飼い主以外の人を敬遠したりということはありませんが、シャイな面もあり騒がしい相手にはよそよそしくなることもあるでしょう。

気品と知性を備えた猫なので飼い主に迷惑をかけるようなことはあまりしません。バーマンのおもしろいところは、最初に行った人がそっけなかったりすると、あっさり次の人のところに行ってしまうことです。

成長すると運動量は少なくなりますが、子どもに対応する適応力は優れています。人と一緒にいるのが大好きな猫ちゃんです。

まめこ
まめこ

性格は似てるわよ。人とのコミュニケーションが大好きなところも共通点ね。

寿命はヒマラヤンのがやや長め

どちらも交配によって遺伝的疾患を受け継いでいる為、早期発見と早期治療で寿命も伸びると思います。

ヒマラヤンの寿命

平均12~15歳くらいです。目の色と同様にペルシャ猫の遺伝疾患の多い性質を受け継いではいるのですが、命にかかわるほどの重大な病気はさほどないので平均寿命もやや長めです。

バーマンの寿命

平均10~13歳くらいです。猫の寿命としては少し短いようです。交配によって遺伝性の病気を持つようになってしまいましたが、飼い主さんの普段のチェックと心配りで長生きできますよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

最近は寿命も伸びてきてるので、あまり考え過ぎないのが良いですね

 

ヒマラヤンとパーマンの価格相場

ヒマラヤンは比較的ペットショップで購入がしやすいです。ペットショップでの価格相場:平均価格は約19万円、最高価格は約32万円、最低価格は8万円くらいです。

逆にバーマンはペットショップでは滅多に見かけることができません。おおよその目安としては、子猫で約15万円~30万円、成猫で約5万円~10万円と幅が広いです。

血統の有無でも価格が変動しやすいようです。里親さんから譲ってもらう方法も最近は増えてきているようです。ブリーダーやキャッテリーよりは費用は抑えられるかもしれませんね。

ただ、数が少ないので今すぐというわけにはいかないのと、被毛の色や体型を選べなかったり、病気の有無を確認できないなどのデメリットもあります。

バーマンの場合はブリーダーさんからの購入がおすすめです。

旦那
旦那

ところでこのキャッテリーって初めて聞いたな。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

キャッテリーもまた、猫を繁殖している団体や施設なんだよ。

まめこ
まめこ

厳しい審査をクリアしているから、より安心なブリーダーを探す時の基準にもなりますね。

 

聖なる猫バーマンの伝説…

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

バーマンは幸福を呼ぶ「ビルマの聖猫」と言われて不思議な伝説が残ってるんだよ。

まめこ
まめこ

「シン」ていう大切にされていた一匹の猫の話ですよね。

昔、ミャンマーがまだビルマと呼ばれてい時代、「ムンハ」という高僧と100匹の白猫や弟子たちが暮らしていました。

ムンハは毎日女神像を崇拝していたのですが、ある夜強盗に襲われ殺されてしまいました。その息絶えたムンハの亡骸によりそう一匹の猫がいました。

すると突然、亡骸に触れていた手足だけが真っ白なままで、体毛は金色に、顔、足、尾が大地の色に、目はサファイアブルーに変化しました。そして真っ白だった全ての猫も同じ色に変わっていたと言われています。

この不思議な現象を人々は「女神の生まれ変わり」と考え長く語り継ぎ崇拝してきました。これがバーマンの伝説です。

まめこ
まめこ

言い伝えだけど、想像すると神秘的な感じもするわ。

 

まとめ

  • ヒマラヤンとバーマンを一番簡単に見分けるポイントは足先の色
  • ヒマラヤンとバーマンは毛質が違うのでお手入れはバーマンのが楽
  • ヒマラヤンは鼻ぺちゃで足が短いがバーマンは鼻筋が通っていて足が長い
  • 性格は共通点も多く、コミュニケーションが好きで人と関わることを好む
  • バーマンの購入はなかなか難しい

本当にパッと見ただけでは、区別のつかない程そっくりなヒマラヤンとバーマンですが、見分けるポイントが分かるととても簡単に見分けることができますね。どちらの猫ちゃんも個性がありとても魅力的な猫ちゃんです。

まだまだ、あまり知られていないバーマンについても興味をもっていただけたら嬉しく思います。どちらの猫ちゃんも飼い主さんが大好きで、そばにいることを好むそうです。家族に迎えたら是非たくさん可愛がってあげてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント