ヒマラヤンとバーマンはソックリさん!?違いを徹底解説!!

バーマン
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



猫好きなら、ヒマラヤンって聞いたことありますよね?ペットショップやネットでも一度は見たことがあると思います。では、バーマンはどうでしょう?たぶんないですよね。実は密かに人気上昇中の猫種なんですが、日本ではなかなか手に入れることができないのです。

そこで、ヒマラヤンとバーマンの違いを調べてみました。体形や被毛の色もヒマラヤンに似てるバーマンなんですが、実は深ーいワケがあって移種混合され、寸前で絶滅をまぬがれたのです。ここではヒマラヤンとバーマンの魅力を徹底解説しますので、最後まで楽しんで読んでくださいね。

 

スポンサーリンク

ヒマラヤンとバーマン、どこが違うの?

実は体型も色もほんとによく似ていてパッと見では区別がつかないと思います。でも被毛の色と目の色で違いがわかってきます。

ヒマラヤン

もし、ヒマラヤンとバーマンの二匹が並んでいたらヒマラヤンの方が大きいです。顔の色がシャムネコのように黒、こげ茶、だったりします。

バーマン(birman)

バーマンは顔の色がグレーっぽかったり、あるいはこげ茶で、目の色はシャムネコ譲りの深いサファイアブルーです。全体は白い被毛で背中の部分に金色がかった淡いクリーム色の美しい被毛が特徴です。

 

ヒマラヤンってどんな猫?

では、ヒマラヤンからご紹介していきますね。すでにご存知の方も多いと思いますが、ペルシャ猫とシャム猫の混血種です。ふわっふわの毛が魅力的ですね!イギリスではクメールと呼ばれていたようです。ペルシャ猫は他の多くの品種にも交配に使用されていることで有名です。

代表的な猫を挙げると、ヒマラヤンのほかにエキゾチックショートヘアがいます。シャム猫もまた非常に高い繁殖力があるので異種交配に使われます。猫の血統登録団体であるCFAは、「ヒマラヤン」はペルシャの一種であるとしているので 品種としてはペルシャに統一されています。

顔立ち

顔立ちは、エクストリームという愛らしい鼻ペチャタイプと古来のトラディショナルの2つに分類されますが、これは他の猫にはない特徴です。

丸顔で真ん丸の目。耳は小さめで両耳の間隔が離れています。よく「ピーク・フェイス」(ペキ・フェイス, peke-face)と呼ばれていますが、これは鼻ぺちゃがかわいくて有名な犬の「ペキニーズ」(pekingese)からつけられています。

特徴

目の色は薄いブルー。毛は長毛、密度が高くふわふわで豪華なダブルコート。ダブルコートというのは、直射日光などから皮膚を守るための表面を覆っている高密度の厚い被毛と保温のためのアンダーの被毛のことです。

夏になると冬毛のアンダーコートがたくさん抜けてくるのでいつも以上にこまめな手入れが必要です。 長毛でダブルコートですから、被毛の手入れは慣れないうちは楽ではないかもしれないけど、お手入れのたびに美しさが増していくとなんだかうれしくなってきませんか?

美しい毛並みでいてほしいですよね。毛がもつれないように週に数回はコーミングかブラッシングをしてあげましょう。

できれば月に1度くらいはシャンプーをしたほうがいいでしょう。おとなしい猫種ですが、基本的に濡れるのは好きではないのでできるだけ子猫の頃から定期的なシャンプーが好きになるよう慣らしておいたほうがよいですね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ちなみに尻尾はたぬきの尻尾に似ています。

毛色

主な毛色はブラック、ブルー、チョコ、クリームなど様々ですが、ポイントカラーを持つもの、と定義づけされています。ヒマラヤンという名前はヒマラヤンウサギの色合いに似ていることからつけられたようです。

体型

体型は[コビー]というタイプで、胴が短く肩や腰が広く、ずんぐりとした体型全体的に筋肉質。ドッシリしたずんぐりむっくりという型。4本の足は太めで短く、尻尾は太いというより、毛量が多いために太く、大きく見えます。

体重は中~大型で平均2.5~6.5㎏ で、オスの平均が3㎏〜5.5kg メスが3㎏~5㎏です。

性格

社交性が高く、のんびりしていますが、他のペルシャよりも行動的です。人なつこいシャム猫の血が半分入っているからなのか、人だけでなく、ほかの猫とも仲良くできるといわれます。

穏やかでおとなしく、甘え上手ですが自立心もあるので、しつこくなくさりげなく家族のそばにいます。子猫のときは活発なので驚く方もいると思いますが、成猫になるとくつろいで過ごすことを好むようになります。

初対面の人間にもほどほどに愛想がよくて、子どもの相手やほかのペットとの関係も上手に築きます。ヒマラヤンは賢い猫ですので、しつけは難しくありません

人のすることをよく見ていますので、なにかと覚えは早いでしょう。美しい外見以上に、ヒマラヤンが持つおっとりとした性格、あらゆる環境に馴染める能力が世界中で人気となる品種の一つになりました。

寿命

平均12~15歳くらいです。目の色と同様にペルシャ猫の遺伝疾患の多い性質を受け継いではいるのですが、命にかかわるほどの重大な病気はさほどないので平均寿命もやや長めです。

ペットショップでの相場

ペットショップでの価格相場:平均価格は約19万円、最高価格は約32万円、最低価格は8万円くらいです。

まめこ
まめこ

ペルシャ猫も魅力的ね~。

女神になったバーマン

ビルマの聖猫と呼ばれるバーマンには不思議な伝説があります。

バーマン<幸福を呼ぶ聖なる猫>

昔、ミャンマーがまだビルマと呼ばれていた頃のクメール王朝時代、
クメール人は、「ツン・キャン・クセ」(Tsun-Kyan-Kse)という、サファイア色の瞳を持つ黄金の女神を崇拝しており、寺院を建てたそうです。

この寺院には「ムンハ」という金色のヒゲの高僧とその弟子たち、そして100匹の白猫が平和に暮らしていました。ムンハのヒゲは、ツン・キャン・クセがムンハに授け、編んだと言い伝えられています。ムンハは毎日、女神像の前で祈りをささげていました。

そのムンハのそばには「シン」という白い猫がいつも一緒に寄り添っていました。ムンハはシンを心から可愛がっていたのです。

しかしある日の夜、凶悪な強盗が押し入り、黄金の女神像を奪って逃げようとしたので像を奪われまいと必死に抵抗したムンハは殺されてしまいます。シンは息絶えたムンハの亡骸に座り、黄金の女神像をじっと見つめたのです。

するとシンの真っ白な体毛は金色に、顔、足、尾が大地の色に、目は女神像と同じサファイアブルーになりましたが、ムンハの白髪の頭を守っていた手足だけが真っ白なままでした。

その翌朝、寺院の猫たちは全て、シンと同じ色に変わっていました。その後シンはそのままの姿勢を崩さず、何も食べず身じろぎもせずにじっと女神像を見つめ続け7日後にこの世を去りました。

このときシンは天にムンハの魂も一緒に連れていったと伝えられています。そして翌朝、寺院に住んでいた100匹の猫たちも一斉にシンと同じ色になったのです。

<後日談>
ムンハを失った寺院では弟子たちが嘆き悲しみながらも後継者の相談をしていました。すると100匹の猫たちが一斉にある若い僧侶の周りをグルっと囲み、ニャァニャァと鳴きました。その後、神のお告げもあり若い僧侶は後継者となったのです。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ミャンマーを支配下に置こうとしていた20世紀の初めころ、ミャンマーの寺院を襲撃から守ったイギリス人がバーマンのオスとメスの猫をフランスに持ち帰ったんだ。

オスは残念ながら輸送中に死んでしまったがメスが妊娠していたので、フランスで繁殖が始まったんだよ。

まめこ

バーマンとヒマラヤンってそっくりだものね。

バーマンってどんな猫?

バーマンは日本ではあまりなじみがないかもしれません。見た目はヒマラヤン?って思ってしまいますよね。起源は西暦500年頃と伝えられていますが、人との深い愛情と信頼が心を打つ伝説が有名な猫でもあります。

バーマンは第二次世界大戦時に種の存続が危うくなったためイギリスの軍人によってフランスに渡り、由緒ある寺院で大切に飼育され、フランスで移種混合となっていきます。

顔立ち

頭部は幅広で大きく丸みを帯びており、顔立ちはローマンシェイプ。幅広で鼻すじは盛り上がっています。耳の淵や顔にシャム猫の特色である「シールポイント」が出ています。

目の色

目はシャム猫から受け継いだ濃いサファイアブルーのみ。宝石のようなブルーの瞳に思わず目が釘づけになってしまいますね!(画像はシャム猫です)

毛色

白い被毛にポイントカラーである毛色がとても美しい猫です。また黄金の女神になった祖先の名残り?で、バーマンの最大の特徴のひとつである、淡いクリーム色の毛でゴールデンミストと呼ばれる被毛が背中部分にあります。被毛の色は基本はクリーミーな白色で、背中はゴールデントーンです。ソリッド、トータシェル、シルバーなどの模様が見られます。

毛質

毛質は絹のような滑らかさでツヤがあり、長くてなめらかでサラサラした軽い感じの手触り。もつれることが少ないシルキーな被毛を持ちます。長毛種の猫を飼いたいけど手入れがどうも…という方には朗報です。

バーマンはもともとが自然発生の長毛種なんですが、アンダーコートが少ないシングルコート(中程度の抜け毛)という毛質のため、他の長毛種の猫ちゃんたちに比べて抜け毛が少ないという特徴があるんです。そのため夏毛はさらにボリュームダウンするのであまりコーミングやブラッシングに神経質にならなくてすみます。

バーマンの最大の特徴は、前足つま先部分の「ポー」と呼ばれるふっくらした足先のグローブという部分で、いわゆる白足袋の線がまっすぐ横切っていることです。後ろ足はレースと言いますが、ここも白い靴下をはめたように白いのが特徴。

しかし、異種交配されてしまったために必ずきれいな線の子はめったに出ないようです。

もしも子猫を飼いたい!となったら、ボディ眺めでがっしりとした筋肉質(健康な証拠)であること、血統を重視するならば前足つま先部分の白足袋の線がまっすぐ横切っている子を選ぶことがポイントになります。

体型

体型はロング&サブスタンシャルで中~大型、平均体重は2.5~6.5㎏、ラグドールほど大きくはなりません。 4本の足は中くらいの長さで太く頑丈。猫種では中型の大きさ。やや胴長で筋肉質。

標準体重は約3~7kg程度。

2年くらいかけて成長していきます。ほかの猫と同様でこの間は身体つくりにとても重要な時期です。獣医さんと相談して質の良い食事を心がけたいものです。ほとんどバーマンはオスの方が大きくなります。

性格

もちろん個体差はありますが、寺院との関りがあるためか、穏やかで優しい性格です。多少甘えん坊ですが、飼い主の傍らに寝ているのが大好きな猫です。
飼い主以外の人を敬遠したりということはありませんが、シャイな面もあり騒がしい相手にはよそよそしくなることもあるでしょう。

気品と知性を備えた猫なので飼い主に迷惑をかけるようなことはあまりしません。バーマンのおもしろいところは、最初に行った人がそっけなかったりするとあっさり次の人のところに行ってしまうことです。

成長すると運動量は少なくなりますが子どもに対応する適応力は優れています。人と一緒にいるのが大好きな猫ちゃんです。

寿命

平均寿命は10~13歳です。猫の寿命としては少し短いようです。交配によって遺伝性の病気を持つようになってしまいましたが、飼い主さんの普段のチェックと心配りで長生きできます。

価格相場

  • 子猫で約15万円~30万円
  • 成猫で約5万円~10万円
  • 血統の有無でも価格は変わる
  • ペットショップではめったに買えない
  • 里親さんであれば無料
  • 里親さんは、ブリーダーやキャッテリーより安く購入できるかもしれない
  • 数が少ないので今すぐというわけにはいかないかも
  • 被毛の色や体型を選べない
  • 病気の有無を確認できない

※上記のようなマイナス面もあるので、バーマンの場合はブリーダーさんからの購入を検討されてはいかがでしょうか?

 

まとめ

  • 猫ちゃんの種類の違いを把握することは飼う上で大切
  • 違いを知ることはお世話をしやすい子を見分ける手がかりになる
  • 伝説は、大まかな生い立ちや性格を理解できる
  • 長毛種の被毛のお手入れは念入りに
  • 猫ちゃんの種類によって購入先はどこがベストなのか良く調べる

今回はあえて猫ちゃん同士の違いを徹底的に解説してみましたが、違いがあってもどの猫ちゃんも魅力的でどんどん好きになっていきます。

人は昔から猫に魅了されてきました。それは今の時代も変わりません。色や形の違いはあっても猫には人を引き付ける魅力がありますよね。それは人が猫を必要としているのと同じように猫もまた人とつながっていたいからだと思います。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント