グッピーの性格は?混泳相手にオススメな魚と相性の悪い魚は?

グッピー
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

グッピーは初めて熱帯魚の飼育にチャレンジする方にもオススメです。グッピーといえば、他のたくさんの熱帯魚と仲良く泳いでいる印象がありますよね。他の魚を攻撃しないので混泳できる魚がたくさんいるのも魅力です。

しかし中には相性の悪い熱帯魚もいるようで、そこにはどうやら性格が関係しているらしいのです。そこで今回はとても飼いやすいグッピーの性格に注目してみました。併せて、同じ水槽で飼う時に相性がいい生き物とそうでない生き物についてもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

熱帯魚で人気⁉︎グッピーの性格について

グッピーは穏やかおとなしく、とても優しい性格の持ち主です。我も強くないので、他の熱帯魚とも共存できるところはとてもフレンドリーといえます。実は飼い主のことも覚えるようで、水槽に近づくと寄ってくるコもいて人懐っこいところもあるんですよ。

旦那
旦那

俺飼育係だったから学校の池に放されてる魚に毎日餌あげてたんだけど、通るだけでワシャワシャしてたや〜
あれは懐いてたのか。

まめこ
まめこ

今は便利な自動の餌やり機もあるんだけど、やっぱり人の手から餌をあげることで、とっても懐いてくれるのよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

グッピーと仲良くなるなら餌やりは最高のコミニュケーションですよ。では僕も…

捕食される側の魚なので、本能的に危険を察知しやすく怖がり臆病な面もあります。その為水槽を引っ越したばかりなどは隅っこでじっとしている場合が多いでしょう。しかし順応性もあるので、しばらくするとまたいつものように動き回るようになります。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

僕の可愛いグッピーちゃ〜ん

餌の時間だよ。あれ〜みんなどこ…

まめこ
まめこ

ツルちゃんてば、水槽にへばりついたら怖いに決まってるでしょ…グッピーたちが驚いて藻からソッと見てますよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

せっかく餌あげようと思ったのに…。

因みにグッピーは、餌を数日間貰えなくても生き延びることができる生命力もあります。とても忍耐強く、小さな体で頑張り屋さんな性格の持ち主なのですね。

オスとメスに性格の違いはある?

オスとメスに大きな性格の違いはないようです。しかし、見た目や性質にはすこし違いがあるのが分かります。

グッピーのオスの性質

餌を食べる時以外、オスは片時もメスのそばを離れません。特に繁殖期にはメスを追いかけ回すしつこさがあります。しかし、オス同士でメスを奪い合うといった気性の荒さはありません。どちらかというと、メスにいかに自身をアピールできるかを競っているようです。自然界の法則のようなものですね。

オスはメスに比べて体は小さいですが、まるで万華鏡を覗いているかのような色鮮やかな尾ビレを持っています。オス同士では体の大きさと尾ビレの美しさなどを泳ぎながら比べているのでしょう。互いに傷つけたりはせず、容姿を比べるだけというところからも、おとなしい性格なのがわかりますね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

因みに、繁殖しない為にオスだけで飼育してると性転換が起きるんだよ。種の保存のための不思議な現象だよね。

旦那
旦那

え〜そうなの。自然の力って凄いね。

また、グッピーは稚魚を食べてしまう習性があることを覚えておきましょう。特にオスはその傾向が強く、どんどん食べてしまいます。そのため稚魚は別の水槽で飼育する必要がありまります。

グッピーのメスの性質

メスはオスほどの華やかさはなく、どちらかというと地味な装いです。体は出産を重ねるごとにやや大きくなります。繁殖期にはオスに追いかけ回されることもよくあるようですが、殆どの個体は平然としていますので、メスは比較的タフマイペース我慢強さも持ち合わせているといえるでしょう。

産後のメスは体力を消耗しているので稚魚をあまり食べませんが、そうでないメスがいる場合は食べてしまうことも多いそうです。堪える傾向もあるようですが、目の前に餌のように動かれると勝手に口が動いてしまうのかもしれませんね。

旦那
旦那

えっ食べちゃうの⁈なんかびっくりだね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

これも一つの食物連鎖なんだけどね。放っておくと稚魚が全滅してしまったりするから、産箱に避難させたり水草を増やして隠れるところを沢山作ってあげるといいよ。

オスとメス飼いやすいのはどっち?

オスでもメスでも飼いやすさに差はなく、飼い主さんの目的によって選ぶと良いでしょう。繁殖を考えている場合には、同数にするかメスの数を多めにしてオスを少なめにします。オスの比率が高いとメスは常にオスに追いかけ回されるので弱ってしまうとことがあるようです。

逆に繁殖をするよりも鑑賞を楽しみたいのであればオスを多めにすると良いでしょう。綺麗な尾ビレをもつオスをみて楽しむ飼い主さんもたくさんいますよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

外国産と国産のグッピー同士は混ぜて飼わない方がいいですよ。生まれた場所が違うと水質が合わなかったり、外国産は輸送で疲れていて病気を発症する場合があるんです。

注目の研究‼︎グッピーに個性がある⁉︎

2017年にイギリスの大学のトム・ハウスレイ氏率いる研究チームが、グッピーを使った性格にまつわる研究結果を発表しました。この実験で、グッピーには勇敢にも平然と泳ぐ好奇心旺盛なものや臆病で物陰にすぐに隠れるもの、ピタリと泳ぎを止めて存在を隠そうとするものなど、それぞれに全く違う性格が垣間見れることが分かりました。

実際にどのような実験が行われたかというと、グッピーの水槽に天敵の鳥や大型の魚の模型を入れることでストレスを与え、その結果どのような行動をとるかを調べるものでした。繰り返し行われる実験から、遺伝子に刻まれた危険を回避する能力以外に見られる、それぞれの行動に注目が集まりました。

これらのことから、結論としてグッピーにはそれぞれに個性があり性格が存在するとされました。驚きませんか?犬や猫と違いとてもコミュニケーションの取りづらい魚ですが、捕食者に対し恐怖を感じたりすることがあるということです。魚にもしっかりとした感情があるのですね。

もしかしたら近い将来は更に研究が進んで、大切なペットである熱帯魚たちの気持ちがわかる日がくるのかもしれませんね。この実験で活躍されたトム・ハウスレイ氏は、今後遺伝子レベルでこの個性が親から稚魚へと受け継がれていくのかも新たな研究材料にするとしています。どうなるのでしょうか?楽しみですね。

旦那
旦那

魚の気持ちが分かったらほんとにすごいよね。水槽に毎日話しかけちゃうよ。

 

臆病なグッピーにおすすめ飼育グッズ

とても臆病で、のんびり屋さんのグッピー。水槽のサイズに合わせて隠れ家になる水草や木の実をいれてあげましょう。他の魚からの攻撃から逃れたり落ち着ける環境ができると、グッピーも安心して暮らせますよ。

水草で隠れ家  アナカリス

別名「オオカナダモ」は綺麗なモスグリーンをしていて、成長すると白い小さなお花を咲かすこともあります。安くて丈夫なので初心者さんでも上手に増やすことができます。

但し非常に安い場合には残留農薬がある場合もあるので、購入前にしっかり確認する必要があります。手軽にネットで購入出来るのも嬉しいですね。

水草で隠れ家  マツモ

マツモも初心者向けの金魚藻です。どこでも購入しやすく値段もお手頃なのが嬉しいですね。あまり強すぎない程度に日光の光を浴びせる必要があります。

日照不足はマツモがとろけてしまう原因にもなります。柔らかく葉っぱも細く生茂っているので、生まれたばかりの稚魚の避難場所として最適です。

番外編  フウの実

別名「モミジバフウの実」モミジバフウの木がある公園などに落ちていますので、お近くにモミジバフウの木があれば拾ってくると良いでしょう。これは混泳したエビの隠れ家としてや非常食としても役に立ちます。

イガイガの木の実で隠れ家にするのにぴったりです。見た目も可愛いので、水槽のアレンジの一つにしてみてはいかがでしょう。

 

グッピーと混泳するならここに注目⁉︎

グッピーの飼育に慣れてくると、水槽をより華やかにしたくなりますよね。混泳するにはこちらの3点に注目して選びましょう。

  • 体のサイズ
  • 性格の相性
  • 泳ぐスピード

体のサイズが同じ5センチくらいのものがいいでしょう。グッピーより大きいサイズだと、いじめられたり食べられる危険があります。性格も優しく温和な魚や生き物がおすすめです。

グッピーは他の熱帯魚に比べると泳ぐスピードがゆっくりでのんびりしています。そして特にオスは、立派な尾ヒレが目立ってしまい攻撃を受けやすいです。気性の荒い熱帯魚とは一緒にしないようにしましょう。

グッピーと相性が良い混泳におすすめの生き物

とてもフレンドリーなグッピー。混泳してもうまく生活していける優しくて温和な性格の魚や生き物をご紹介していきます。

グッピーとメダカとの混泳

メダカは日本の川に生息しており、とても手に入りやすい魚です。性格はおとなしいですが、縄張り意識は強い性格をしています。あまり増えすぎて、水槽内が狭くなるとストレスから攻撃的になる場合があります。

大事なのはグッピーが快適に過ごせることです。メダカが繁殖し過ぎないように注意しましょう。メダカは水温の適応範囲が幅広く、グッピーの適温とされる23〜26度に合わせても問題ありません。メダカは体も丈夫なのでグッピーに合わせて飼育することができますよ。

グッピーやメダカは、初めて熱帯魚の飼育にチャレンジしている方でも繁殖に挑戦する楽しみが味わえます。稚魚のサイズも同じくらいなので、稚魚同士も一緒に飼育することができます。混泳も繁殖も楽しみたい方にはメダカがオススメです。

グッピーとコリドラスとの混泳

コリドラスをご存知ですか?よく水槽の下の方で這いつくばって、まるで歩いているようなあの魚です。実はグッピーとよく似ていおとなしい性格をしています。

ナマズの仲間ということもあり、よく見るとお顔にお髭が生えていています。つぶらな瞳で見つめられると胸がキュンとしてしまう、とても可愛らしい熱帯魚です。

水槽の掃除役として、主役というよりは脇役として飼育されることも多いコリドラスですが、水槽の底に溜ってる餌の食べ残しを食べてくれるので水質を綺麗に保ってくれる優秀な熱帯魚なのです。グッピーが快適に過ごすためにいなくてはならない存在ですね。

また生活空間が水槽の底になるため、泳いでいるグッピーとは干渉することがないので喧嘩も起きず混泳できるようです。グッピーの稚魚も食べたりしないので安心ですよ。

グッピーとオトシンクルスとの混泳

性格がおとなしいオトシンクルスは、成長しても4cm程度の大きさなのでグッピーと相性がとても良い熱帯魚です。水槽のコケ取り役として飼育されることが多く、吸盤のような口を水槽の壁面にくっつけながら、コケを食べて水槽を綺麗にしてくれます。

ただしコケだけ食べさせていると餓死してしまうので、一般的な餌にも慣れさせておきましょう。環境の変化に敏感で体調を崩しやすい点に注意すれば、グッピーと生活空間が違うので仲良く飼育することが可能です。

グッピーとエビとの混泳

グッピーはミナミヌマエビやスジエビなどのエビとの相性が抜群です。オトシンクルスも苔を綺麗に食べてくれますが、エビも負けず劣らずしっかり苔を食べてくれるので数匹水槽に入れておくだけで苔対策になります。しかし、餌が不足するとグッピーを襲う可能性があるので注意しましょう。

大きなヤマトヌマエビは夜行性で深夜に熱帯魚を襲うので、捕食されかねないストレスからグッピーが疲れた結果、食べられてしまうことがあるので混泳はやめておく方が無難です。

グッピーと貝との混泳

貝類は、他の苔対策のエビや熱帯魚に比べると飼育も本当に簡単なのでオススメです。特に成長しても3㎝程のレッドラムズホーンと言われる鮮やかな夕陽を思わせる赤色の貝は観賞用としても人気があります。

苔より熱帯魚の餌を好むところもあるようですが、しっかり水槽内を掃除して水質を綺麗にしてくれる能力に優れています。ただ繁殖力が非常に強く、2匹いればオスメス関係なく繁殖してしまいます。

また水質がアルカリ性に近くなると爆発的に増える傾向があるようです。どんなに可愛い生き物でも増えすぎては害虫になってしまいます。適度に間引きしながら必要以上に増えすぎないように管理することも大切です。
 

グッピーと相性の悪い生き物は?

グッピーはとても小さい体に目にも美しいゴウジャスな尾ヒレをもつ熱帯魚です。なので、気性が荒い魚やヒレを突っつく習性がある魚との混泳はなるべくなら避けたほうが良いです。

またスイスイ泳ぐのが上手な魚と一緒にすると餌を捕られてしまうので、グッピーとの混泳には向かないでしょう。ここからは相性のあまり良くない生き物をご紹介します。

スマトラ

スマトラはグッピーの性格とは正反対で気性が荒いのが特徴です。グッピーだけでなく他の熱帯魚のヒレもかじるので、混泳には向かない魚です。まるで教室で暴れまわるやんちゃなガキ大将みたいですね。

ゼブラダニオ

おとなしい性格のゼブラダニオですが、とても泳ぎが得意なので素早い動きでどんどん餌を食べてしまいます。優しくて少し奥手のグッピーだと、ご飯を食べれずに指をくわえて見ている感じになりそうですね。

そうするとグッピーが餌を食べられない状況と、逆にゼブラダニオは餌を食べ過ぎて病気になりかねません。グッピーとの混泳は泳ぐスピードが同じくらいの魚が向いていますので、ゼブラダニオは不向きといえるでしょう。

アカヒレ

アカヒレも、ゼブラダニオのようにグッピーよりも早いスピードで泳ぎます。性格としては、穏やかで危害を加える心配はありません。のんびりしているグッピーなので、運動量が多いアカヒレにあまりにも素早く動き回られるとストレスを感じやすくなるようです。

私たちもゴロゴロのんびりしたい休日に真横でどんちゃん騒ぎされたら、我慢していてもなんとなく疲れてしてしまうことってありますよね。なるべくなら一緒に飼うのを避けた方が良いでしょう。

金魚

金魚の性格はグッピーと似ていて温和なのですが、体が大きい種類が多く金魚が泳ぐときの水流でグッピーにストレスを与えてしまいます。きっと私たちが海で泳いでいて、波をかぶってしまうような気持ちなのでしょう。確かにストレスを感じそうですね。

ですが金魚のサイズは水槽の大きさに比例します。グッピーと同じ大きさの金魚であれば混泳には問題はないので、混泳したい場合にはサイズに気をつけて探してみると良いですね。元々大きく成長するタイプの金魚は混泳には向かないことを頭に入れておきましょう。

プラティ

プラティは温和な性格をしていて、意外とグッピーと混泳している方も多い熱帯魚です。稀にオスの尾ビレを突っついたりする気の強いコや、繁殖期にオスがグッピーのメスを間違えて追いかけることがあります。そうするとメスは休む暇がなく疲れてしまうので、一緒にしない方が良いといわれています。

プラティはグッピーと同じ卵胎生メダカですが、生物学上の属性が違うので交雑することはありません。ですがそれぞれに繁殖力が強く、あっという間に稚魚が増えてしまうので水質の管理など注意が必要になります。

※卵胎生メダカ(らんたいせい)…産卵せず、お腹の中で卵がかえって稚魚で生まれてくるメダカの事。

モーリー

モーリーは、色鮮やかで美しく熱帯魚の中でも大変人気があります。しかし、卵胎生の魚に対して気性が荒い傾向があるようです。性格もバラバラで協調性のあるコから、目があっただけで突然襲いかかってくるコもいます。

オスのグッピーがメスに近づくと威嚇して、気弱なグッピーを水槽の隅まで追いかけ回してしまうこともあるので混泳には注意が必要です。その場合には、グッピーを別の水槽に一旦避難させてあげましょう。

また同じ属性の為、意図せず交雑してしまうと雑種が生まれてしまうことがあります。交雑をしたくない場合にも混泳させない方が良いでしょう。実際には同じ水槽で飼育している方も多くいますが、交雑することはほとんど無いようです。

ベタ

ベタはとても美しく、まるで女性のドレスをまとったような色鮮やかな熱帯魚です。しかし見た目とは違い、非常に気性が荒いことで有名です。どちらかが生き絶えるまで攻撃してしまうほどです。

特にグッピーのオスは美しい尾ビレをもっているので、同種類のオスと勘違いして襲われてしまいます。ベタは飼育方法によっては混泳できますが、基本的には単体飼育に向いています。

ラミレジィ

ラミレジィはシクリッドと言われる種類で、独特の子育てをするので有名な熱帯魚です。非常に強い縄張り意識をもち、少しでもその領域に侵入しようものならその魚を激しく威嚇し襲いかかってきます。グッピーのような温和な性格の魚とは相性が悪いようです。

エンゼルフィッシュ

エンゼルフィッシュはとても温和な性格の持ち主なので、小さいうちは混泳ができます。しかし成長するとその差は成人男性と幼稚園児くらいの差になりますので、グッピーを餌と勘違いして食べてしまいます。

繁殖期にはさらに縄張り意識が強くなり攻撃的になるので、混泳するのはやめておきましょう。

まめこ
まめこ

熱帯魚も性格がいろいろあるんだね。でも、よく考えたら気性が荒いコも結局は自分を守るためだもんね。

旦那
旦那

熱帯魚飼うなら水槽も賑やかにしたいけど、やっぱり相性って大事なんだね。可愛いグッピーが怪我しちゃったら悲しいもんね。

まめこ
まめこ

同じ空間で過ごすから、お互いのためにそこはしっかり考えて選んであげなきゃね。

 

まとめ

  • グッピーは穏やかで、おとなしく他の熱帯魚とも共存できるほどフレンドリーなところもある
  • 危険な状況には敏感で、臆病で怖がりなところもある
  • オスとメスで性格の違いはないが、飼育環境によっては性転換が起きることがある
  • おとなしくで温和な性格や習性が似ていれば混泳できる
  • 気性が荒かったり泳ぐのが早い魚とは相性が悪いので混泳しない方が良い
  • 水槽に水草や木の実を入れてあげると隠れ家になり安心して生活できる

グッピーは色が綺麗でたくさんの種類がある熱帯魚です。アクアリウム初心者の方にはとても飼育しやすいです。

グッピーだけでもたくさんの種類があるので楽しめますが、他の魚たちと一緒に飼うのこともできます。一緒に飼う場合はグッピーにストレスを与えないように性格の合う魚との混泳をさせてあげて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント