ゴールデンレトリバーはしつけはしやすい?いつから始めるべき?

ゴールデンレトリバー
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

フワフワの赤毛で大きくて存在感のある大型犬、ゴールデンレトリバー。犬好きの方であれば誰もが一度は飼ってみたい!と思った事があるのではないでしょうか?

でも、やっぱり大型犬だし、もしも、ちゃんとしたしつけが出来なかったら…今回はそんなゴールデンレトリバーを家族として迎え入れてみたいけど、しつけなどの面で知識がなく、飼うことに関して不安を感じている方の為にゴールデンレトリバーのしつけのしやすさとするべき時期について、掘り下げてみました!

 

スポンサーリンク

賢い犬、第4位ゴールデンレトリバー!

あの超が付くほどの温厚かつ人懐っこい性格がイメージとして根付いているゴールデンレトリバーですが、実は今現在700〜800もの犬種が存在すると言われている中で、賢さランキングではなんと第4位にランクインしているんです!

旦那
旦那

性格も良い上に、賢いだなんて完璧じゃないか!じゃあ、しつけもしやすいって事だね

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

その通り。賢いからこそ、僕ら飼い主の接し方が重要になってくるんですよ

こんな、僕は何も分かりましぇ〜ん。な表情を常にしているのに恐ろし子…。まさに、能ある鷹(ゴールデンレトリバー)は爪を隠す。とはこの事ですね!

ゴールデンレトリバーの詳しい性格については、こちらの記事にまとめてありますので併せてご覧ください。

ゴールデンレトリバーの性格は聡明?それとも悪い?ホントの性格を徹底調査

 

ゴールデンレトリバーしつけの基本


さて、賢いと言われるゴールデンレトリバーですが、しっかりしつけないと困った犬になってしまいます。どんなことに気をつけてしつけたら良いのでしょう。

仔犬の社会化期は沢山の経験をさせよう

おそらくゴールデンレトリバーの仔犬をお家に迎えるとしたら、最短で8週齢頃(約生後2ヶ月)だと思います。この生後3週齢〜12週齢の間(生後3ヶ月頃まで)は犬の社会化期とも言われる大切な時期です。

因みに犬の社会化とは、人と犬が一緒に安心して暮らすために、犬に沢山の経験をさせてあげる事です。犬が触れる物、感じる気持ち、沢山の人や物に出会うなどの経験の一つ一つが後々の犬の性格を作っていくのです。

仔犬は右も左もわからない、まるで真っ白な画用紙の状態です。どんな事にも興味津々、まるでスポンジが水を吸い取るように、教えたことをどんどん吸収していく時期でもあります。いろんな経験を積みながら飼い主としても、一緒に成長していきたいですね。

まめこ
まめこ

確かに私も子供の頃両親にいっぱい遊んでもらって、いろんな所に連れてってもらったわ。それって確かに今でもいい経験だったし、役に立ってるかも。

旦那
旦那

俺は人見知りだったから、すぐ物陰に隠れちゃう子だったらしいよ。撫でられると固まってたみたい…

まめこ
まめこ

今は、そんな事ないでしょう〜だからこそ仔犬の頃からいろんな事に慣れるって事が大切なのね。

この時期の基本はとにかく遊びながらのしつけです。教えるというよりは遊んであげるなかで、愛犬との信頼関係を築いていきます。様子を見て、基本のしつけ「おすわり」「待て」「伏せ」を教えてあげてもいいかもしれません。あまり頑張りすぎないのも大切です。

まだ集中力もあまりないので、飼い主さんばかりが一生懸命でも、犬は飽きやすいので教えられる度に嫌な気持ちになってしまいます。ちょっと出来たら褒めてあげる事が犬にとってのご褒美になります。まずは焦らず気長に始めてみましょう。

この3つの基本動作「お座り」「待て」「伏せ」覚えさせることは、将来的にも興奮し過ぎてしまった時や、お散歩中にうっかりリードを離してしまった時など、とにかく飼い主さんが困った時にとても役立ちますよ。

噛んだら離さない時どうするの?

ゴールデンレトリバーを飼っていると収集癖や噛んだら離してくれない困った行動に悩むことがあると思います。犬本来の性質でもありますが、ゴールデンレトリバーの場合は鳥猟犬をしていた時の名残りでもあります。

そもそも「レトリバー」という名前には「回収する」という意味があるように、くわえて運ぶ事が大好きなので、なんでもくわえちゃうんですね。気がついたら愛犬の寝床の周りに色んなものが集まっているなんてこともあるかもしれません。

予めくわえてもいいもの以外は置かないように気をつけることも大切ですし、万が一くわえてしまったら「離せ」と言いながらおやつと交換する所から始めてみましょう。

そうすると愛犬はくわえたものを離すと「いい事がある=おやつ」などに関連づけて覚えるようになります。だんだん慣れてきたら離してくれたら、アイコンタクトをしながら「ありがとう」と大げさに笑顔で伝えます。そして直ぐにおもちゃを返してあげます。

これによって愛犬は、飼い主さんはおもちゃをまた返してくれるから、大事なおもちゃを取られるわけじゃないんだと理解するのです。そのようにして、物々交換やアイコンタクトをもちいて対応していけば、ゴールデンレトリバーの噛み癖や収集癖もだんだん落ち着いてくるかと思います。

そんな物々交換もしてくれるゴールデンレトリバーと遊ぶときにはやっぱりボール遊びがいいですよね。こんなおもちゃはいかがでしょうか?

飛びつきは怪我の元、対策はある?

1番の対策は飛びつこうと前足を上げたら、一歩下がって背を向ける事です。そうすると野球でいう空振りをしたような感じでしょうか。この時ついつい手を取って下ろしてしまいそうですが、完全に無視するようにしましょう。

ゴールデンレトリバーに悪気はありませんが、大型犬なので、嬉しくて飛びついたり、構って欲しかったり遊んで欲しくて向かってこられると、踏ん張って無いと倒れて骨折などの大怪我をする可能性もあります。

愛犬の為にも飛びつきのしつけもしっかりしていきましょう。これが出来ないとお散歩中に、突然車に飛びつこうとしたら危ないですし、通行人に飛びつこうとしたり、その都度飼い主さんが抑えるなんて考えただけでも大変ですよね。

最近はお散歩の仕方にも色々なしつけが紹介される様になりました。ゴールデンレトリーバーの場合は特にリーダーウォークが出来ていると飼い主さんも安心かと思いますのでご紹介したいと思います。

リーダーウォークで散歩も安心

ゴールデンレトリバーは一日に朝晩最低でも1時間ずつお散歩することが大切と言われていますよね。その際しっかり飼い主が制御する事で安心して外出ができます。どんな風にしたら良いのでしょうか。こちらの動画にはそんなお散歩を始める基本を詳しく解説していて参考になりますよ。

飛びつきのしつけや、リーダーウォークが少しずつ出来てきたら、出かける距離も増やして、実際の環境に慣れる練習もはじめていきたいですね。愛犬のお散歩やドライブにお洒落なハーネスをつけてあげれば、愛犬も飼い主さんも気分が変わり、楽しく過ごせますよね。

ハーネスが良いという意見や首輪が良いという意見など様々ありますが、愛犬の性格と訓練によって目的に合ったものを選ぶといいと思います。初めのうちは首輪と伸びないリードがおすすめですし、慣れてくれば飼い主さんと愛犬の好みのものを是非選んでくださいね。

飼い主に褒められるのが1番のご褒美

愛犬と信頼関係ができていると、何かしつけたい時にぐっと楽になります。しつけは飼い主さんの根拠が大切ですが、賢いゴールデンレトリバーの場合はすぐになんでも覚えてくれて、期待に応えてくれるでしょう。

しかし、時にはうまくいかない事もあるかと思います。そんな時って、なんで出来ないのよ?ってイライラしがちですよね。でも愛犬も頑張っていることを忘れないであげてほしいです。

なので、けして叩いたり怒鳴らないであげて下さい。これは犬にとっては恐怖しか与えず、全く意味がない上に、せっかくの信頼関係が崩れてしまうかも知れません。

それはダメだよと、犬にいけない事を教えるには、短く簡単なフレーズで、声のトーンも少し落として低めに「ダメ」「NO」「いけない」などを使います。予め家族でどの言葉にするかを統一しておくことも大切ですね。

そして、ゴールデンレトリバーにとって1番のご褒美は飼い主さんに褒めてもらう事であり、1番のお仕置きは無視される事です。褒める時はやり過ぎかなと思うくらいに大げさに、叱る時は心を鬼にして、犬がよく分かるようにメリハリのある行動をしていきましょう。

 

犬にしつけしやすい、しにくいなんてあるの?

単刀直入に言えば確かにあります。(断言)

もちろん例外もあると思います。いつもおとなしくできる子もいれば、すぐ元気にはしゃいでしまう子がいるように、ワンコそれぞれに個性が存在します。

私達も同じですよね。1回で理解できる人もいれば、何回教えても理解出来ない人もいます。ワンコも例外ではなくそこに能力というものが存在するのです…。

ですからしつけに関しても、教えたことをすぐ理解できる子もいれば、なかなか覚えられない子もやはりいるという事を頭に入れておきましょう。

 

旦那
旦那

やっぱ俺らもそうだけど、エリート君は何でもできちゃうんだよね。頭のいい犬=しつけがしやすって捉えていいって事かな?

まめこ
まめこ

ええ、そう捉えていいと思うわ!でもそれに飼い主が甘んじて、しつけを怠るとダメ犬になってしまうから、そこは弁えなきゃいけないわね!

旦那
旦那

なるほどね!頭のいい犬か〜

ゴールデンレトリバーはしつけがしやすいって言われてるのも納得だね。

 

しつけの重要性を知って欲しい


しつけを始めるなら、家族として迎え入れたその日から行うのがベストです。これはゴールデンレトリバーに限られた事ではなく全ての犬に対して言える事です。

犬は子犬の頃から常に人間の様子や態度、関係性などを注意深く観察しています。これは狼の頃の名残のようなもので、群れをなしていた時の感覚が本能的に犬に埋め込まれているのです。

そして、その家族のヒエラルキー(順位)を犬本人の中で構築して、『この人は、僕より下だな。あ、この人には逆らえない、服従、服従。』といった具合にランク付けしているのです。

だから、これから犬を飼う事を検討している方も現に今飼っている方にもこれだけは肝に銘じでいて欲しいのですが、犬に「あなたがヒエラルキー(順位)の一番下なのだよ」と言う事実を分からせるようにしなければいけません。

犬より後に家族に加わった人間の赤ちゃんにしろ、全ての人間は犬より下の立場には絶対になってはいけないのです。何故なら犬は、下に見た人間に気に食わない事をされた際、反抗として噛むようになるからです。

私達は不満やストレスが溜まれば怒ったり怒鳴ったり出来ますが、犬は喋れません。噛むことでしか反抗の意思を示す事が出来ないのです。そして、その噛み癖は必ずエスカレートして習慣化します。

気が付いた頃には飼い主の手に負えない状態になってしまいます。更に犬が家族の頂点に立ってしまえば、やりたい放題の困った犬になってしまいます。そうなってから慌てて犬を更生させようと、いい訓練教室に通わせたとしてもあまり効果はありません。

何故なら犬が言う事を聞くのは、そこの教室の教官に服従しているからであって、更生しましたと家に戻って来たとしても、家族皆んなが犬に対する態度を改めない限りは、また犬の天下となってしまいます。

そんなことをくり返してしまうと、悲しいですがその犬の行く末は、もう手に負えないと飼い主が保健所に飼育を放棄するのがほとんどです。そうならない為にも、私達は犬を飼うと決めた以上、命あるものを迎えることの重大さ、責任感の重さを肝に銘じ、子犬の頃からのしつけを徹底して行うべきですね。

何故なら、大型犬が本来の威力を発揮しようものなら、人、一人殺める事など容易に行う事ができるからです。犬をそのような凶暴犬にしない為にも飼い主さんはしっかりと責任ある行動をしなければいけないのです。

犬に対するしつけのしやすさの有無も大切ですが、最初に飼い主としての責任の重要さを理解した上で家族に迎える準備をして欲しいと思います。

わかっていても、実際に我が家に子犬を迎えると、目に入れても痛くないと思うほど可愛いくて、愛犬を厳しくしつけるのは、意外に大変なものです。なかなか怒ることが出来なくて、結果甘やかしてしまう方もやはりいます。

実際に飼ってみて、しつけの難しさに悩んだら、早めに動物病院の先生に相談したり、プロの専門家にたよる事が大切ですね。そう言った場所に頼ることは決して恥ずかしい事ではありません。

 

旦那
旦那

しつけが出来ないなら犬を飼うべきじゃないって意見もあるけど。本当に大切なのは飼い主さんの考え方なんだね。

 

まめこ
まめこ

大型犬はそこに居るだけでも存在感があるし、小型犬以上に飼い主としての自覚は求められるわね。

初めて犬を飼う場合には、サポートしてもらうことで犬との接し方が大変勉強になります。しつけに不安や自信のない方も愛犬と一緒に成長していくことが出来ます。

愛犬との人生は長いようで短いです。愛犬と絆を深めれば、大変な事や困った事以上に沢山の喜びや楽しさ、日々の活力を教えてくれる存在になるとこでしょう。一緒にいられる限られた時間を是非大切にしてほしいと願っています。

こちらは同じ大型犬のしつけについてまとめた記事ですが、参考になりますので併せて読んでみてください。

オーストラリアンシェパードのしつけは?最高のパートナーになる為に

 

ゴールデンレトリバー活躍の場

まめこ
まめこ

実はあまり知られていないけどゴールデンレトリバーは様々な面で人間の相棒として活躍してくれているのよ!

ゴールデンレトリバーは盲導犬や介助犬、セラピードッグとして活躍しているのはもちろんですが、意外にも警察官の相棒として麻薬探知犬としての活躍もしているんです。

このように多方面で活躍する事ができるのは、人と共に歩んできた歴史の中で、与えられた仕事をこなす事に喜びを感じる素直で従順な性格やはり頭が良く、しつけがしやすいからという事が大きく影響しているのです。

ゴールデンレトリーバーの生い立ちについても気になる方にはこちらの記事もご覧ください。

ゴールデンレトリバーはどうやって生まれたの?過去に迫る!

 

ゴールデンレトリバー賢いエピソード!

まめこ
まめこ

私の友達のA子とB子は二人ともゴールデンレトリバーを飼っているんだけど、彼女達の話を聞くと、ゴールデンレトリバーが本当に賢い犬だって事をつくづく実感したの!そのエピソード聞いて頂戴!

旦那
旦那

あ、はいっ!(すごい熱量だなぁ…)

A子の愛犬ゴールデンレトリバー、ニノ(5歳・男の子)のエピソード

A子は実家で5歳になる男の子のゴールデンレトリバー、ニノを飼っているんだけどね。室内で飼っているから、トイレなどは全て、外の庭でさせるように子犬の頃からしつけをしていて、室内では極力させないようにしているのね。

朝、昼、夕方、晩の4回、フリーで庭にニノを放してトイレをさせるんだけど、いつも朝と夕方は大きい方もするのが日課になっていてね。

その日の夕方もいつもと同じようにニノを庭に放したら、おしっこだけしてA子の元に戻って来たのね、だからA子が、「あれ?ニノ、う○ちは?」って言ったのよ、そしたら、ニノは、『あ、そうだった。今はう○ちもするタイミングだった』と完全に理解してるかのように、庭に戻って、大きい方を済ませて、A子の元に戻って来たのよ!

まめこ
まめこ

どう思う?!

旦那
旦那

それは、完全に人間の言葉を理解しているね!凄いよ!!

B子の愛犬ゴールデンレトリバー、アリス(3歳・女の子)のエピソード

B子も実家で3歳になる女の子のゴールデンレトリバー、アリスを飼っているんだけどね。アリスも子犬の頃からしっかりとしつけされていたから、とてもお利口さんで性格も温厚で優しくてみんなから可愛がられていたのね。

だけど、そんなアリスにもひとつだけ欠点があって、ちょっと肥満気味のぽちゃ子でB子がエサの量を調節したり散歩して運動させてりして、懸命にダイエットに励んでいたのよ。

その日もいつものように運動させる為に公園に行ったんだけど、たまたま、公園に誰も居なくて、B子も少し躊躇したんだけど、アリスはちゃんと私の言うことを聞くし、人に襲いかかったりする事は絶対にないからって思って、アリスのリードを外した状態で、B子の投げるボールを拾ってこさせていたのね。

だけど、3回目に差し掛かった時、アリスがボール拾いを放棄し始めて、ボールを追いかけはするんだけど、そのボールが落ちた先で伏せをして、『もう走りたくありません』って目で訴えてきてたみたいなのよ(笑)

だけどB子も「アリス、もう一回だけ頑張りな!」って4球目を投げたのよ、アリスも仕方なくそのボールを追いかけて行ったんだけど、その時、丁度、公園の駐車場に一台のミニバンが止まって、ドアが開いて、人が降りてきたのね。

そしたら、アリス、一目散にそのミニバンに向かって行って、『すみません、飼い主から、執拗にダイエットを強要されて、今、逃げ出してきました!てな事で、お邪魔します!』と言わんばかりにそのミニバンに乗車しちゃったらしいのよ。

B子はもう大慌てで、そのミニバンに駆け寄って、アリスを降ろして、ミニバンの持ち主に謝ったのよ。幸い、ミニバンの持ち主も犬好きで全然気にしてなかったみたいだけど、それ以降、B子はノーリードをやめて、10メートル以上の長さがあるリードを買ったらしいのよ。

B子もノーリードでアリスを放してしまったことを反省していたけど、まさかアリスが他人に助けを求めるって事を理解している程にまで賢いとは思っていなかったみたいで、相当、びっくりしていたわ。

まめこ
まめこ

どう思う?!

旦那
旦那

もはや、言葉を話せないだけで、人間の3歳児とほぼ同じIQなんじゃ…

まめこ
まめこ

そうなのよ、ゴールデンレトリバー恐るべし!だけど、やっぱり、ノーリードは色んなトラブルに発展しかねないから、ドッグラン以外の場所では行ってはいけないわよね。

 

まとめ

  • ゴールデンレトリバーは賢くてしつけがしやすい
  • しつけは家族に迎えるた日から始める
  • 生後3ヶ月までの社会化期に経験した事がその後の犬の性格を作る
  • 何か出来たら大げさに褒める、叱る時は「ダメ」など低い声で伝えるなど犬に意思がしっかり伝わるようにする
  • 飼い主はしっかりとした責任感を持つ事が大切

ゴールデンレトリバーがいくら賢かったとしても、飼い主さんのしつけ次第で困った犬になってしまいます。大型犬は小型犬以上にそうなってしまった時のリスクが大きいです。

しつけがしやすい=飼いやすいではありませんが、犬との生活は大変な事や困った事以上に得るものが多いと思います。貴方にとってはたくさんの中の一匹であっても、愛犬にとっては貴方しか頼れる人は居ないのです。

飼い主である貴方は愛犬の事で不安になれば調べることも、周りに聞くことだってできます。一人で悩まず専門家に頼れることも忘れないでください。今回の記事が少しでも役に立ち、もう一度愛犬に対しての考え方を正すキッカケになれば幸いです。

長くなってしまいましたが、最後までお読み下さいましてありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント