ゴールデンレトリバーはどうやって生まれたの?過去に迫る!

ゴールデンレトリバー
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



ゴールデンレトリバーは存在感のある大きな体にふわふわの黄色い毛、ゴージャスなしっぽをふりふりさせて歩く姿が愛らしいですよね。大型犬と言えばゴールデンレトリバーをまず最初に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

とても賢くて人懐っこい性格で、大型犬の中でも人気犬種です。JKC(ジャパンケネルクラブ)が発表した2018年の犬種登録数でも、大型犬の中ではナンバー1でした。

そんな大人気のゴールデンレトリバーがどうやって生まれたのか、その歴史に迫ってみました!

 

スポンサーリンク

ゴールデンレトリバーの誕生まで

19世紀中頃のイギリスでは、鳥狩猟が盛んに行われていました。そこで活躍していたのがレトリバーやスパニエルなどの猟を手伝うハンティングドッグです。

ゴールデンレトリバーはより良いハンティングドッグの研究をしていた、スコットランドのツイードマウス卿によって作られたそうです。

起源

1865年、ツイードマウス卿はニューファンドランドとウェービー・コーテッド・レトリバーの間に生まれたオス犬を手に入れました。その犬の名前は「ヌー」。他の兄弟は黒かったのに、ヌーだけは黄色い毛色だったそうですよ。

数年後、ツイードマウス卿はヌーを泳ぎの能力に優れているツイード・ウォーター・スパニエルの「ベル」と交配させます。2頭の間には4頭の子犬が生まれました。子犬の名前は「カウスリップ」「プリムローズ」「エイダ」「クロッカス」。みんな黄色い毛色をしていたそうです。

ツイードマウス卿はその中のメス犬、カウスリップを基礎にして、より良いハンティングドッグを作るためにブリーディングをしていきました。

ゴールデンにはどんな犬種が入ってる?

ツイードマウス卿はいったいどんな犬種を掛け合わせてゴールデンレトリバーを作ったのでしょうか?

ツイードマウス卿はカウスリップを基にして、視力に優れた「アイリッシュ・セッター」泳ぎが得意で水を弾く毛を持つ「アイリッシュ・ウォーター・スパニエル」嗅覚が優れている「ブラッド・ハウンド」などを掛け合わせていきました。

現在は愛らしい家庭犬として知られているごゴールデン・レトリバーですが、そのルーツはとっても優秀な鳥猟犬なのですね!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ちなみに、同じレトリバーで人気犬種のラブラドールはゴールデンとは全く別の犬種なんだよ。

まめこ
まめこ

どちらもレトリバーって名前がついてるし、親戚なんだと思っていました!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

レトリバーとは「retrive(回収)」する犬のこと。

獲物を回収する猟犬の意味だから、お仕事が由来の名前なんだよ。

犬種として認められたのはいつ?

ツイードマウス卿は20年以上もかけてブリーディングし、ゴールデンレトリバーは確立されました。最初は1903年イギリスのケネルクラブで「フラット・コート・ゴールデン」として登録されました。

そして1911年に他のレトリバーと区別され、「ゴールデン・レトリバー」「イエロー・レトリバー」と名称が変更されました。そして数年後に「イエロー」が削除され、「ゴールデン・レトリバー」として統一されたそうです。

 

英国ゴールデンと米国ゴールデン

アメリカのケネルクラブでは1932年に正式に登録され、1938年にはゴールデンレトリバー愛好家によって「GRCA(ゴールデンレトリバー・クラブ・オブ・アメリカ)」が設立されました。アメリカへ渡ったゴールデン・レトリバーはアメリカで独自に改良されていきます。

それにより2タイプのゴールデンレトリバーが存在することになります。イギリスのゴールデンは毛色も白っぽいゴールド色で、マズルも太く体格もしっかりしています。性格は落ち着いていて温厚です。

アメリカのゴールデン・レトリバーは毛の色も赤茶色に近いゴールドで、マズルも細長く体格も細身です。性格は明るく活発です。ちなみに日本では英国ゴールデンを見かけることで、国内のゴールデン・レトリバーはほとんどがアメリカのゴールデンレトリバーだそうですよ。

 

まとめ

  • ゴールデン・レトリバーの原産国はイギリス
  • スコットランドのツイードマウス卿によって作られた犬種
  • レトリバーの他にアイリッシュセッターやスパニエルの血も入っている。
  • 英国ゴールデンと米国ゴールデンの2タイプが存在している。

日本でも人気犬種のゴールデンレトリバー。優れた鳥猟犬だったことがわかりましたね。それにより運動量も多く活発な一面もあります。

犬種の歴史を理解して関わってあげることで、より楽しくゴールデン・レトリバーと過ごすことができそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント