ゴールデンレトリバーの洋服事情を徹底調査!選び方やオシャレ服も

ゴールデンレトリバー
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

公園や街中で犬が可愛いを着ている光景をよく見かけます。デニムやニットなど飼い主も顔負けなほどお洒落で可愛い服もたくさんありますよね。

しかし犬にとって服を着るのはどうなのでしょうか?小型犬だけでなく大型犬も着るの?どんな服を選べばいい? 今回は大型犬のゴールデンレトリバーの服事情について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

なぜ犬が服を着るの

暑さ寒さ対策になる

昔は犬を外で飼う人が多かったですが最近では室内で飼う人が多くなってきました。「犬は毛があるから寒くても平気」と思われがちですが外で飼われている犬に比べ室内で飼われている犬は体温調節が苦手です。

そこで服を着せることで冬は防寒、夏は紫外線予防や熱中症対策になります。犬は紫外線を浴びることで皮膚炎になってしまうこともありますのでしっかりと予防しましょう。

またゴールデンレトリバーは長毛種なので暑さはとても苦手です。しかし大型犬は外で飼っている人も多いと思います。大型犬こそしっかりとした紫外線対策が重要になってきますので服を着せるのも紫外線対策の1つになります。

病気予防

手術の縫った傷や治療しているところなど犬が舐めたり引っ掻いたり、バイキンが入るのを服を着ることで防ぐことができます。

また散歩中にノミやマダニ、蚊などに噛まれるのを防げます。マダニは伝染病を媒介し、病気によっては最悪の場合は愛犬が死亡してしまう可能性もあります。

アレルギーを起こしやすい子だと花粉などアレルギー物質が付着するのを防げるのでアレルギー対応になります。大型犬は小型犬に比べて散歩時間も長いので特に注意しましょう。

雨や雪対策

犬にとってとても楽しみな散歩の時間。でも雨や雪の日は濡れてビショビショ、泥まみれになったりと帰ってからのお手入れが大変。飼い主さんからすると散歩へ行きたくなくなってしまいますよね。

それが大型犬で長毛種のゴールデンレトリバーとなるともっと大変ですよね。そこでレインコートを着せることでお手入れも楽になり、雨や雪の日も愛犬と楽しく散歩できます。

抜け毛防止

季節の変わり目である春と秋、ゴールデンレトリバーは毛が生え変わる換毛期があります。汗をかけない犬にとって換毛期は体温調節をするためにとても重要なことです。

しかし室内犬だと特にこまめなブラッシングや毎日掃除をしても抜け毛が気になりますよね。そこで服を着せることでお手入れが楽になります。

大型犬だって可愛い服がいい

ペットショップへ行くと犬用の可愛い服がたくさんあってつい買いたくなりますよね。でも明らかに小さくて小型犬用ばかり。大型犬だって散歩やお出かけは可愛い服を着てお洒落して行きたいですよね。

でも犬のためには機能性も大切です。夏は通気性の良いメッシュ素材、紫外線対策には頭まで隠せるフード付きもいいと思います。大型犬の可愛い服やレインコートをご紹介します!

大型犬も着れる可愛くて快適な服をご紹介します。

まめこ
まめこ

めっちゃ可愛い〜!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

大型犬こそ紫外線対策とお洒落も大切だよね。

続いてはレインコート

まめこ
まめこ

大型犬サイズもこんな可愛いのがあるんだ〜

旦那
旦那

大きくて手入れが大変だからレインコートいるよね

 

デメリットはないの?

本来犬は服を着る動物ではなく必要のないものでした。なので服を嫌がる犬も多いと思います。それなのに嫌がる犬に可愛いから、お手入れが楽になるからといった人間の都合で服を着せるのはとても可哀想で大きなストレスになります。

嫌がる犬に服を着てもらうには少しづつ慣らしていきましょう。

まずはズボンが付いていない上だけの服で袖も短いものから着せましょう。服が着れたらおやつを与えたりお散歩に行くなどのご褒美を与えて服を着ることにいいイメージをつけましょう。

そうすることで服を嫌がらずに着てくれるようになるかもしれません。決して無理はしないようにしましょう。嫌なイメージがついてしまうと更に嫌がって服を着てくれなくなります。

犬は自分で服を脱げず、暑いと訴えることもできません。服を着せる場合は夏は通気性の良いものを選び、冬も熱がこもってしまわないようこまめに愛犬の様子をチェックしましょう。

 

まとめ

  • 犬に服を着せることで暑さ寒さ対策になる。
  • 散歩中やお出かけ中のノミやマダニ、蚊に刺されるのを防げる
  • 雨や雪の日は犬が汚れてしまうのを防げる
  • 抜け毛防止になるのでお手入れや掃除が楽になる
  • 可愛い服でお洒落ができる

可愛い服で愛犬とお洒落をしてお出かけしたいですよね。服を着せることでメリットも多いですがもちろんデメリットもあります。

服を着せるのを嫌がる子もいるので無理に着せたりせず気持ちを理解し、愛犬と飼い主お互いに楽しんでお洒落しましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント