フレンチブルドッグの歴史は?魅力いっぱいの情報大公開!!

フレンチブルドッグ
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

大きな耳と丸い瞳、筋肉質でガッチリとした体形、そして、その見た目とはギャップのあるあの鼻ぺちゃでおなじみのフレンチブルドック。尻尾が短いため、尻尾を使った感情表現が苦手で、それを補うために表情が豊かな犬種となり、その愛くるしい姿が人々を魅了させてくれます。

そんなフレンチブルドックは、ジャパンケネルクラブが公開している犬種別犬籍登録頭数によると、2019年度第8位から、なんと!!2020年度は第5位へランクUP!高い人気を誇っています。魅力たっぷりのフレンチブルドック…その魅力を生みだしたヒミツとは…?

今日は、そのフレンチブルドックの歴史について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

フレンチブルドッグの歴史

フレンチブルドッグの誕生には諸説あるのですが、その中から一番有力な説についてお話していきたいと思います。

フレンチブルドッグの祖先

フレンチブルドッグの祖先について、説明していきましょう。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

さて、いきなりですが、

”フレンチ”って、何の事でしょうか?

まめこ
まめこ

フレンチ?

フレンチトーストとか、よく言いますよね~。

えーーーっと、フレンチ…。

フレンチ…。汗

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

はい。

フランスの事ですね!

まめこ
まめこ

フランスかぁ~!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

これから、もう少し詳しく説明していきますね。

フレンチブルドッグの原産国はフランスで、ブルドッグから派生しました。祖先は、エピロス(現在のギリシャ)やローマ帝国のモロシア犬という犬だと言われています。

モロシア犬というのは今は既に絶滅していてその姿を見る事は出来ないのですが、戦闘用に訓練され、とげのついた首輪や鎖かたびらのようなものも着た勇ましい軍用犬だったと言われています。

モロシア犬からブルドッグへ

モロシア犬はとても賢い犬だったと言われていて、なんと紀元前に生きていたアリストテレスの書物にも出てくるとか。そんなモロシア犬からいろんな犬種が生まれて行ったと言われているのですが、その中の一つがブルドッグでした。

まめこ
まめこ

どんな犬だったのかな?

見てみたいね

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

モロシア犬自体は実はもう絶滅していて

この世界には存在しないんだよ。

まめこ
まめこ

残念だなぁ。

戦闘犬だったブルドッグからフレンチブルドッグが誕生

フレンチブルドッグ誕生には諸説ありますが、1850年頃、イギリスからフランスへ渡ったブルドッグから生まれたと言われています。当時のフランスでは、ブルドッグは戦闘犬として愛用されていました。

しかし、本来のブルドッグがもつ闘争犬としての性質や、そのころより、戦闘犬が禁止されたことも重なり、小型化され優しい気質の性格へと、変化していったようです。ブルドッグの歴史については、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

ブルドッグはどうして生まれたの?歴史や祖先について徹底調査!!

フレンチブルドッグの誕生

戦闘犬から愛玩犬へと変化したブルドッグが、その後パグなどとかけあわせて生まれたのがフレンチブルドッグと言われています。当初はねずみ捕りのために飼われていたそうです。

また、ネズミを追いかけるために飼育されていたフレンチブルドッグですが、見た目の愛くるしさから上流階級の女性たちの間で、たちまち人気となり、家庭犬へと変化していきました。

家庭犬として人気になったフレンチブルドッグはその後アメリカでも人気を得て広がっていったと言われています。まぁ、あの可愛い鼻ペチャぶり、愛嬌のある表情を見れば、当時人気に火が付いた理由も、納得ですね!

まめこ
まめこ

なるほど~!!

どんどん、人間が改良することにより、優しくて穏やかな性格に変化していったんですねー。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうなんです。

そして、可愛いらしい表情だけでなく、フレンチブルドッグに特徴的なのが、ピンとたった耳ですが、当初、2タイプの耳をもったフレンチブルドッグがいたこと、知っていますか???

まめこ
まめこ

初めて聞きました!

詳しく教えて下さい!!

フレンチブルドッグのタイプ

当初、フレンチブルドッグには、立ち耳たれ耳、二つのタイプがあったと言われています。アメリカで繁殖され広まっていったフレンチブルドッグは立ち耳、一方のヨーロッパでは、たれ耳が人気だったとか。

どちらの耳が、本当のフレンチブルドッグなのか。論争が繰り広げられていたようですが、1900年頃に行われたアメリカでフレンチブルドッグショーにて、立ち耳の方が人気を誇り、それが、今主流の「コウモリ耳」と呼ばれる、ピンとたった耳の起源だそうです。

コウモリ耳っておもしろい表現ですよね。根本部分が広くて大きな耳がコウモリの羽のように見える事からそう呼ばれています。「バッド・イヤー」とも呼ばれます。

まめこ
まめこ

たれ耳のフレンチブルドッグかぁ

なんだかパグみたいね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

まさに、今はそこがパグとの違いと

言われている部分だよね。

まとめ

  • フレンチブルドッグの原産国はフランス
  • ご先祖様は今は絶滅した「モロシア犬」と言われている
  • 戦闘犬であるブルドッグから、小型化・優しい性格へと変化していった。
  • 当初はねずみ捕りのために改良された。
  • 特徴的な耳には、当初2タイプがあった。

今回、可愛らしい鼻ぺちゃ代表犬、フレンチブルドッグが、どうやって誕生したのかを紹介してきました。誕生の歴史を知ると、誰からも愛されるフレンチブルドッグは、昔から人々に愛され、癒しを与えてくれる存在だったのですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント