フレンチブルドッグの人気カラーや珍しいカラー、呼び方を徹底調査!

フレンチブルドッグ
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

皆さんは街中でどんなカラーフレンチブルドッグを見たことがあるでしょうか。表情だけでもユーモアが溢れるフレンチブルドッグはカラーによっても雰囲気がとても変わります。

クールに見えたり、ひょうきんに見えたり、カラーだけで性格まで変わって見えるなんて想像しただけでも面白いですよね。今回はそんなフレンチブルドッグのカラーについて紹介します。

スポンサーリンク

フレンチブルドッグのカラー

現在日本にいるフレンチブルドッグのカラーは大きく分けて4種類になります。その中でも人気の色や珍しい色は何なのか、それぞれのカラーについて詳しく解説します。

ブリンドル

ブリンドルは全身がブラックで覆われており、そこに茶色の斑が入ったカラーです。またブリンドルホワイトと呼ばれる、白い靴下を履いているように見えたり、白いエプロンをつけているように見えるカラーは熱狂的なファンも多いブリンドルベースのカラーになります。

また他のカラーよりも比較的頭数の多いカラーのため、様々なところで見ることができます。ブリンドルの中でも茶色の斑が全身にくまなく入っているカラーを「タイガーブリンドル」と呼びます。タイガーブリンドルの子はレアカラーの中でも探しやすくおすすめです。

フォーン

フォーンは茶系のカラーです。フレンチブルドッグのフォーンの色はクリームに近い色からはっきりとした赤茶色まで幅広く認められています。また顔だけがブラックの「ブラックマスク」と呼ばれるカラーはフォーンの中でもとても人気が高いカラーになります。ブラックマスクの範囲は口周りのみの子や目までの子などさまざまです。

パイド

パイドはホワイトをベースとしてブリンドルの斑が入ったカラーです。パイドはブラックの入り方に規則性はない為、その子によっていろいろな柄になるとてもオリジナリティのあるカラーです。

良く「牛柄」と呼ばれるのはパイドにあたります。またパイドは基本的にブリンドルとホワイトのカラーが入った子を指しますが、中には「ハニーパイド」と呼ばれるフォーンとホワイトのカラーの子もいます。ハニーパイドはとても珍しく、また子犬の時期に見分けるのも難しい色のため、フレブル愛好家達が集まってもなかなか出会えないレアカラーになります。

クリーム

クリームはその名の通りクリームの単色です。このカラーはフレンチブルドッグの真っ黒な目や鼻を際立たせてくれます。また上記の3色よりも淡い色であるため、優しい雰囲気を感じさせます。フレンチブルは口角の上がった表情が特徴的ですが、クリームはその表情がとてもわかりやすく見えるため人気があります。

JKCの定めるスタンダードカラー

ここまでにフレンチブルドッグの代表的なカラーを大きく4種類に分けて紹介しましたが、これら以外にもフレンチブルドッグには多くのカラーがあります。しかし、そのすべてがJKCが推奨しているスタンダードカラーというわけではありません。

JKCとは

そもそもJKCとはいったいどういったものなのか簡単に説明します。JKCとは「ジャパンケネルクラブ(Japan Kennel Club)」の略称です。JKCの目的は公式HPに下記のように記載されています。

一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)は、純粋犬種の犬籍登録、有能・優良犬の普及、畜犬の飼育の指導奨励、動物愛護精神の高揚のために活動している国際的愛犬団体です。

引用:一般社団法人ジャパンケネルクラブ

簡単にまとめると、JKCは各犬種を理想的なスタイル(スタンダード)で後世に残していくことが目的であるとわかります。つまりJKCにはスタンダードなスタイルをキープさせるようにブリーダーなどの犬にかかわるすべての人に働きかけなければいけないという使命があります。

ここでフレンチブルドッグのカラーの話に戻ります。

スタンダードカラー以外

JKCの認めるフレンチブルドッグのスタンダードカラーは種類がとても豊富です。なぜならブリンドル、フォーン、クリーム、パイドをベースとして、差し毛の入り方や模様の色などで呼び方が変わるカラーが多いからです。

しかし、健康上には問題はありませんがフレンチブルドッグのスタンダードと認められていないカラーもあります。例えば差し毛や斑がない単色のブラックやブラウン、茶色(タン色)の眉毛のような模様の入ったブラックタンがミスカラーの代表です。

フレンチブルドッグの珍しいカラー

ここからはフレンチブルドッグのレアカラーを紹介します。

まずは先述したスタンダード外カラーである「ブラック」「ブラウン」「ブラックタン」がレアカラーになります。スタンダードカラーではそれぞれのカラーで紹介した「タイガーブリンドル」「ハニーパイド」。そして色味のわずかな違いで呼び名が変わる「ライトブリンドル」「ダークブリンドル」「レモンパイド」などがあります。

これらは血統書に記載されているカラーではなく、あくまで愛称になるので注意が必要です。

まとめ

  • 代表的なカラーはブリンドル、フォーン、パイド、クリーム
  • 人気のカラーはベースカラーになることが多いブリンドルと表情がわかりやすいクリーム
  • JKCが定める推奨カラー(スタンダード)と非推奨カラー(ミスカラー)がある
  • スタンダードで珍しいカラーには「タイガーブリンドル」「ハニーパイド」がある

今回はフレンチブルドッグのカラーについて調べてみました。ずんぐりとした体形にきゅっと上がった口角が魅力のフレンチブルドッグには様々な種類のカラーがあることがわかりました。

またページ内でスタンダード外やミスカラーを珍しいカラーと紹介しておりますが、フレンチブルドッグは色素による異常が起こりやすい犬種のため、掛け合わせにはとても注意を払わなければいけません。

掛け合わせに注意すれば特に健康面に問題がない子も多くいるので、信頼できるブリーダーさんやショップからお迎えすることをオススメします。きっとあなたの理想にピッタリな子に出会えると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。運命の子と家族になれますように。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント