フェレットは一人暮らし向きのペットか検証!飼いやすい?飼いにくい?

フェレット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

一人暮らしでペットを飼いたい……でも犬や猫を一人で飼うのはハードルが高い――そんな人たちにおすすめなのがフェレットです。長い胴に小さな頭、ちょろちょろと動き回るフェレット。好奇心旺盛で、人間にも懐いてくれます。

飼いやすいと言われていますが、一人暮らしのペットとして向いているのでしょうか。今回はそんなフェレットについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

どんな動物?

まめこ
まめこ

フェレットってつぶらな瞳が可愛いけど、運動量が多そうなイメージ。一人でも面倒見れるかな?

旦那
旦那

イタチ科だけど、においも気になるよね。

フェレットはイタチ科の小動物体長は35~50センチ、体重は1キロ前後で小型犬より小さいです。ヨーロッパケナガイタチやステップケナガイタチから家畜化されたもので、目はあまりよくありません。その代わり、鼻と耳が良いです。

 

一人暮らしに向いているのか

フェレットが一人暮らしでも飼いやすいと言われる理由は、世話に手間がかからないからです。

音が気にならない

鳴くことがほとんどなく、鳴いても声は小さいです。そのため、騒音などを気にするマンションやアパートでも飼いやすいです。

注意したいのは足音。室内を走り回るので、遊ぶときは音が響かないか確認したり、マットを敷くなどの工夫が必要です。

えさはフードと水だけ。トイレも覚えてくれる

えさは基本的に、フェレット用のフードと水だけです。常に切らさないように入れておけば食べてくれます。トイレは角で排泄する習性を生かすことで、同じ場所でするようになってくれるので初めてのペットでも安心です。

睡眠時間・運動時間

犬のように散歩は必要ありません。部屋で遊ばせるだけで充分です。またフェレットは睡眠時間が長いです。日中留守にしていても、寝ていてくれます。

もともとは夜行性ですが、人間の生活リズムに合わせることができるので、仕事から帰って遊び、夜は一緒に眠れます。

まめこ
まめこ

生活リズムが一緒なのはありがたい!

他にも、抜け毛が少ないのが特徴です。フェレットは好奇心旺盛で人懐っこい動物なので、一緒にいる時間は遊んでくれるのも、ペット暮らす醍醐味でしょう。

 

飼う前の注意点

手間のかからないフェレットですが、一人暮らしで飼う際には気を付けなければいけないこともあります。

室温調節

フェレットは熱さに弱い生き物です。夏場の室温は24度に設定してください。

さらに湿度にも弱いです。梅雨時は特に注意が必要で、湿度は40~65%に調整しましょう。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

夏場の電気代にご注意を

遊び好き

フェレットは犬と同じように頻繁に遊ぶ動物です。一人遊びも得意ですが、毎日、1~2時間は遊ぶ時間を確保するようにしましょう。コミュニケーション好きなので、それに応えてあげられる飼い主さんが望ましいです。

ずっとケージ内ではストレスが溜まってしまいます。噛み癖などにも繋がる恐れがあるので、定期的に室内へ出して一緒に遊んであげましょう。

きれい好き

フェレットはきれい好きなので、トイレ掃除などは必須です。爪切り、耳掃除、シャンプーを定期的に行うことは、匂い対策にもなります。

日本でペットとして飼えるフェレットは、既に臭腺除去や去勢はされているものが多いですが、飼う前に確認しておくのがよいでしょう。臭腺除去されていないフェレットはとても匂います。

部屋の整理整頓

フェレットは好奇心旺盛で、なんでもかじる癖があります。誤食もとても多い動物なので、室内に出して遊ぶときは特に気を付けてください。

また狭い場所を好む性格です。隙間にはまって窒息したり、テレビ裏のコンセントをかじって事故に繋がることもあるので、十分に注意をしましょう。

病気になりやすい

フェレットは病気にかかりやすく、人間の風邪がうつることもあります。そのため、近くにフェレットを見てくれる動物病院があるか、治療にかかる費用などを確認しておくとよいでしょう。

家畜用に改良されたフェレットは自然界で生き延びることは難しいです。ペットとして受け入れたら、最後まで責任をもって世話をしましょう。

 

フェレットの種類

  • マーシャルフェレット:大人しく、噛み癖が少ない。比較的小柄で、初心者向け
  • パスバレーフェレット:カラーが豊富。少し噛み癖があるが、丈夫で病気になりにくい
  • マウンテンビューフェレット:マーシャルフェレットと同様、大人しく、噛み癖が少ない。初心者向け
  • アンゴラフェレット:体が大きく、長毛でふわふわ。噛み癖が強い子が多い。ペット飼育に慣れている人向け。

また、オスとメスでも違いがあり、メスはオスより小さいです。

オスは大人しく甘えん坊なタイプが多いのに対し、メスは知能が高い傾向にあります。好奇心が強く、いたずらや遊び好きなのもメスの子に多いので、相性なども確認してみてください。

 

まとめ

  • イタチ科の小動物で小型犬より小さい
  • 騒音、エサ、睡眠などの世話がかからない
  • 室温調整が必要
  • 一日一時間はケージから出す
  • フェレット、ケージ、室内の清掃が必須
  • 病院をチェックしておく

今回は一人暮らしでフェレットを飼えるのかどうかと注意点についてまとめました。ペットと一緒に遊びたい!けど毎日の散歩は大変という方に向いているのではないでしょうか。

好奇心が旺盛な動物なので、脱走や誤食など気を付けてあげる必要はありますが、注意すれば楽しいペットライフが送れると思います。ぜひ、ペットの候補の一つに考えてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント