フェレットのかかりやすい病気は?気になる症状を徹底調査!!

フェレット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

きょとんとした可愛いお顔でペットとしても人気があるフェレット大切な家族の一員だからこそ、病気の知識をもっておきたいですよね。

フェレットにはかかりやすい病気もあり、これからフェレットをお迎えしたい方も、現在飼われている方も、ぜひ知っておいて欲しい。そんな病気のことを解説します。

 

スポンサーリンク

フェレットの3大疾病

フェレットには、もっともかかりやすいと言われている3大疾病があります。フェレットを飼うときはぜひ覚えておきたい病気です。「あれ?なんだかいつもと様子がちがう気がする」そういったことはありませんか?病気のサインを見逃さないためにも、おもな症状とともに3大疾病の解説をします。

まめこ
まめこ

人間の3大疾病は「がん」「脳卒中」「心筋梗塞」よね

旦那
旦那

フェレットにもあるんだな。

インスリノーマ

「インスリノーマ」は、膵臓に米粒から小豆大ぐらいの腫瘍ができる病気です。膵臓は胃のうしろ側にある臓器で、血糖値をコントロールしています。そこに腫瘍ができると低血糖をひきおこし命に関わることも。4〜5歳以降に増加するといわれています。

おもな症状

おもな症状は以下のようなものがあります。

  • 元気がない
  • 寝ていることが多い
  • ぼんやりしている
  • よだれがでる
  • 後ろ足に力が入らなくなる
  • 口のまわりをこする

治療法

一般的には、腫瘍の摘出後にステロイド剤やインスリン分泌抑制剤の治療をしていきます。フェレットの年齢や体力、既往症などにより、腫瘍の摘出をしない場合もあります。完治することの難しい病気で、生涯、血糖値をコントロールしていくことが必要です。

まめこ
まめこ

予防することはできるのかしら。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

炭水化物が多い食事が原因という説もあります。

十分な動物性たんぱく質を含む食事を与えてください。

副腎疾患

副腎とは、腎臓の近くにある左右1対の、小豆よりも少し小さい大きさの臓器です。この臓器に腫瘍ができたり、大きくなるとピンポン玉ぐらいの大きさになることもあります。それによりさまざまな症状が起こります。から多くみられるといわれています。

おもな症状

おもな症状は以下のようなものがあります。

  • かゆがる
  • 攻撃性が高まる
  • オスの場合、排尿しにくくなる
  • メスの場合、避妊手術をしているのに外陰部が肥大する
  • 左右対称の脱毛がみられる
まめこ
まめこ

あっ!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

え? なに? あたま?

治療法

副腎の摘出手術をします。摘出できるのは、どちらか1つの副腎で、両方を摘出することはできません。高齢や他の病気を併発している場合は、ホルモン注射を行うなどの内科療法で様子をみます。

まめこ
まめこ

ツルちゃん先生!

予防法があったら教えて!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

予防は難しいけど、ホルモンの病気で、

日照時間に関係しているという説もありますよ。

まめこ
まめこ

できる限り、夜は暗くしてあげたり、

環境をととのえてあげたほうがいいわね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

早すぎる不妊、去勢手術が原因という説もあります。

ただし、ショップで売られているときは

すでに手術済みの子がほとんどですね。

リンパ腫

リンパ球は白血球のひとつで、体を守ってくれる免疫にかかわる大切な細胞です。そのリンパ球に腫瘍ができる血液の癌が「リンパ腫」です。比較的若いフェレットでも高齢でもみられる病気です。

おもな症状

おもな症状は以下のようなものがあります。

  • 食欲がない
  • 元気がない
  • 体重が減る
  • 下痢や便秘がある
  • 呼吸困難になる
  • 体にしこりがある
  • 体の麻痺がおこる

治療法

切除手術をすることはほとんどなく、抗がん剤による治療になります。完治することが難しい病気で、抗がん剤の効き方も個体差があるため、かかりつけ医と相談しながら治療していきましょう。

まめこ
まめこ

この病気も予防がむずかしいのよね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

早期発見が大切です。

ウィルス性の説もあるため、多頭飼いの場合は、

できるだけ接触させないようにしてください。

 

フェレットの3大疾病以外の病気

3大疾病以外にも、かかりやすい病気があります。ここではその中からいくつか紹介します。

インフルエンザ

フェレットもインフルエンザに感染することがあります。予防のためには、まず人間がかからないよう、注意することが大切。インフルエンザが流行するころには、飼い主さんは手洗いやマスク、うがいを徹底しましょう。

まめこ
まめこ

まずは飼い主さんが気をつけないとね。

旦那
旦那

うつしたら、かわいそうだもんな。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

今年は特に、新型コロナウイルスの問題もありますね。
動物への感染の例もありますので、そのためにも注意が必要ですよ。

歯の病気

  • 歯肉炎
  • 歯髄炎

フェレットも人間と同じで、歯のお手入れをおろそかにすると病気になってしまうことがあります。普段からこまめに歯を磨いてあげましょう。上手に歯磨きをしているフェレットの動画をご紹介しますね。

まめこ
まめこ

ほら、あなたもちゃんと歯をみがきなさいよ。

旦那
旦那

え? おれ?

消化器の病気

  • 胃潰瘍
  • 消化器官内異物
  • コクシジウム症

泌尿器・生殖器の病気

  • 尿石症
  • 前立腺疾患

循環器の病気

  • フィラリア症
  • 心筋症
まめこ
まめこ

フィラリアにかかるのは犬だけじゃないのね。

目の病気

  • 角膜炎
  • 白内障
まめこ
まめこ

白内障は目が白く濁ってくるのよね。

旦那
旦那

おれのじーちゃんも白内障だぞ。

その他の病気

  • ノミ・ダニ
  • 熱中症
  • 骨折
  • アレルギー
まめこ
まめこ

飼い主が気をつけることで防げる病気もありそうね。

 

病気の早期発見、予防について

体が小さいフェレットは、病気になると短期間で深刻な状況になる場合があります。そうなる前に、できるかぎり病気を早期発見、予防をしていきたいですよね。そのためには、どういった事ができるでしょうか。

定期的に健康診断をする

フェレットの健康管理、病気の早期発見のためにも、年に1回は健康診断を受けておきましょう。フェレットを診てくれる動物病院は限られています。

できればフェレットをお迎えする前に診察可能な動物病院を探しておきましょう。また救急病院など、夜間も受け付けてもらえる病院も調べておくと安心です。

まめこ
まめこ

夜間は交通手段も確認しておかないとね。

生活環境を清潔にたもつ

不衛生な環境にいると、皮膚病などの病気にかかりやすくなります。部屋のなかをつねに綺麗にすることはもちろんのこと、ケージの中は定期的に掃除をして、フェレットの生活環境を清潔にすることを心がけましょう

フェレットの観察をする

生活のなかでフェレットを観察していると、ふだんとは違うことに気づくことがあるかもしれません。気をつけてチェックすることが、病気の早期発見につながります。何かいつもと違う、様子がおかしいと思ったら、できるだけ早くかかりつけの病院に相談しましょう。

まめこ
まめこ

じーっ。

旦那
旦那

おれに惚れるなよ。

ストレスに気をつける

フェレットは暑さが苦手。ケージを置く場所は、直射日光が当たらないところにしましょう。そして、部屋は快適な室温がたもたれるようにします。

フェレットがストレスをためないように、物音や騒音などに気をつけます。夜は照明を消して、フェレットが十分に睡眠をとれるようにします。

十分な栄養をとる

フェレットは肉食動物で、動物性たんぱく質と脂質が食事に必要な栄養素になります。ご紹介するような市販のフェレットフードには、フェレットに必要な栄養素がすべて含まれているのでおすすめです。

年齢と体重にあった量を与えるようにします。手作りフードの場合は、栄養バランスに気をつけるようにしましょう。おやつ(副食)は、ゆでた鶏ササミ、ゆでたレバー、ゆで卵などが一般的ですが、与えすぎに注意します。

肥満に気をつける

肥満防止のため適度に運動をさせましょう。できればケージから出して部屋の中で遊ばせる時間を設けます。そうすることで、ストレスの軽減にもつながります。フードやおやつの与えすぎに注意し、適正体重をたもつために定期的に体重を測って管理します。

こちらの記事ではフェレットとの遊び方なども紹介しています。よかったら参考にしてみてくださいね。

フェレットの性格とは?人気急上昇の理由はかわいい性格にあり!

危険なものがないか注意する

フェレットは噛み癖があり、電気コードをかじって感電するような事故もあります。また好奇心旺盛で、部屋のなかにあるものをかじったり、丸飲みすることがあり、排出されずにいると、さまざまな病気を引き起こします。部屋の中で遊ばせるときは十分に気をつけるようにします。

 

まとめ

  • かかりやすい3大疾病(インスリノーマ、副腎疾患、リンパ腫)がある。
  • 3大疾病以外の病気もたくさんある。
  • インフルエンザに感染することもあるので注意が必要。
  • 病気の早期発見のためにも、定期的に健康診断を受ける。
  • 生活習慣や環境を見直し、予防につとめる。

可愛がっているフェレットが、元気がなかったり、病気になったりすると心配ですよね。できることなら健康で長生きしてもらいたいと思います。  

これからもフェレットの病気について理解を深め、病気の早期発見と予防につとめながらフェレットライフを楽しんでくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント