イングリッシュコッカースパニエルの性格は? 似ている犬種とも比較!

イングリッシュコッカースパニエル
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

イングリッシュコッカースパニエルという犬種をご存知ですか?

光沢のある豪奢な被毛と長い耳が特徴の中型の犬種です。見た目がとても気品あふれる犬ですよね。ですが、彼らの性格は実は意外なものなのです。

今回は、そのイングリッシュコッカースパニエルと、他のスパニエル種のワンちゃんたちと比較しながら性格を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

イングリッシュコッカースパニエルの性格の特徴

では、さっそく、イングリッシュコッカースパニエルの性格の特徴などを見ていきたいと思います。

明るく陽気な個体が多い⁈

イングリッシュコッカースパニエルは、その高貴な見た目とは裏腹に、明るく陽気な性格の個体が多いです。

人見知りせず、誰に対してもじゃれついてきます。ただし、明るい性格ではありますが、無駄吠えは少ないです。 物静かそうな見た目をしているのに、これは意外ですよね。 

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ギャップがあるのが良いですよね。

人間が大好き‼

イングリッシュコッカースパニエルは人見知りせず、誰に対してもじゃれついてきます

過去に、知り合いが飼っているイングリッシュコッカースパニエルを触らせてもらったことがあります。 椅子に座ってイングリッシュコッカースパニエルを抱っこし、頭を撫でようとした瞬間、いきなり飛びつかれて頬や髪を舐めてきたことがありました。

その時、イングリッシュコッカースパニエルは人見知りをあまりしない性格なんだと感じました。人見知りしないだけではなく、飼い主に忠実な働き者でもあるそうです。 

まめこ
まめこ

人間に懐くところがあるのってかわいいわね。

温厚でやさしい

イングリッシュコッカースパニエルはもともと、家庭犬、猟犬、回収犬の3つの役割をこなしていました。ですから、猟のときはもちろん注意深くてきぱきと活動しますが、家庭ではやさしい性格です。

そのため、子どもやお年寄りが相手でも仲良くすることができます。

旦那
旦那

色んな役割をこなしているなんてすごいなぁ。

意外と頑固⁈

イングリッシュコッカースパニエルは賢くしつけもしやすい犬種ですが、嫌なことや気に入らないことがあると飼い主の言うことを聞かない一面もあります。そのため、トレーニングの難易度がやや高めです。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生
 
 

ここがイングリッシュコッカースパニエルで唯一しつけで苦労するところですね。

他のスパニエル種の犬種の性格について

では、ここからはイングリッシュコッカースパニエル以外のスパニエル種の性格と比較していきましょう。 現存しているスパニエル種には、イングリッシュコッカースパニエル以外ですと、

  • アメリカンコッカースパニエル
  • アメリカンウォータースパニエル
  • ブルーピカルディースパニエル
  • ボイキンスパニエル
  • キャバリアキングチャールズスパニエル(通称:キャバリア)
  • クランバースパニエル
  • イングリッシュスプリンガースパニエル
  • フィールドスパニエル
  • フレンチスパニエル
  • ジャーマンスパニエル
  • アイリッシュウォータースパニエル
  • コーイケルホンディエ
  • パピヨン
  • ピカルディースパニエル
  • ポンオードメルスパニエル
  • ロシアンスパニエル
  • シュタバイフーン
  • サセックススパニエル
  • ウェルシュスプリンガースパニエル

と、以上のような犬種のワンちゃんがいます。

以上の犬種の性格と、イングリッシュコッカースパニエルの性格を比較していこうと思いますが、アメリカンコッカースパニエル、キャバリア、パピヨン以外はあまり知られていない犬種のため、手短に紹介を入れながら書いていきます。

アメリカンコッカースパニエル

「引用:Wikipedia

まずはイングリッシュコッカースパニエルと犬種的に近いアメリカンコッカースパニエルの性格と比較してみます。

アメリカンコッカースパニエルの性格は明るくて陽気、友好的、活発さがある・・・と、なんと、アメリカンコッカースパニエルも、イングリッシュコッカースパニエルと性格がほぼ変わらないそうです。

この2種の犬種の違いは性格ではなく、平均体重と平均体高、そして毛色の種類などだと言われています。

アメリカンウォータースパニエル

[引用:Wikipedia

アメリカンウォータースパニエルは水陸両用の回収犬で、水辺の遊びが好きな犬種です。

性格は、賢く落ち着きがある、飼い主家族に友好的で家族を喜ばせるのが好き、知らない人には無関心、自立心が強いといったものだそうです。イングリッシュコッカースパニエルとは共通点がほぼ見られないですが、賢いところは共通してますね。

ブルーピカルディースパニエル

[引用:Wikipedia

日本では殆ど知られていないですが、フランス原産の犬種の美しくエレガントな容姿を持った大型犬です。

19世紀後半にピカルディースパニエル(こちらはのちにご紹介します。)をもとにゴードンセッターを交配させて改良を加えて能力も美しさもより際立つようにして作られた犬種です。

そのブルーピカルディースパニエルの性格ですが、活動的、遊び好き、適応力が高い、保護意識が旺盛、穏やか、平穏といったものになっています。こちらもイングリッシュコッカースパニエルとは違いますね。

ボイキンスパニエル

[引用:Wikipedia

こちらも日本では殆ど知られていない犬種ですが、アメリカ原産の犬種で、アメリカのサウスカロライナ州では州犬として指定されている犬種です。中型犬です。

ボイキンスパニエルの性格ですが、聡明、活気がある、友好的、親しみやすい、しつけやすいといったものになっています。こちらはイングリッシュコッカースパニエルに近いですね。

キャバリア

[引用:Wikipedia

キャバリアの性格は社交的、愛情深い、忍耐強い、恐れ知らず、遊び好き、適応力が高いといったものになっています。社交的なところはイングリッシュコッカースパニエルに似ていますね。

クランバースパニエル

[引用:Wikipedia

イギリス原産の古い犬種で「スパニエル界の貴族」と呼ばれる犬種です。バセット・ハウンド(16世紀に発見されたフランス原産の中型犬)を交配した犬種のため、重量感があって胴長でがっしりとした体格をしています。

クランバースパニエルの性格は静かで穏やかで温和で攻撃性がないといったものです。こちらも陽気なイングリッシュコッカースパニエルとは性格が異なりますね。

イングリッシュスプリンガースパニエル

BLAKE GOTTESMAN HITS TENNIS BALLS FOR SPOT TO RETRIEVE. NICE TIGHT SHOTS OF SPOT.
Location: SOUTH LAWN

[引用:Wikipedia

イングリッシュスプリンガースパニエルはスパニエル種の中でも古い犬種です。優れた俊足と獲物をどこまでも探索する豊富なスタミナが重宝されたという歴史を持つ犬種です。

イングリッシュスプリンガースパニエルの性格ですが、明るく活発で飼い主に忠実、愛情深い、活動的、注意力がある、といったものになっています。イングリッシュコッカースパニエルとは名前だけではなく、性格も近いですね。

フィールドスパニエル

[引用:Wikipedia

かつてイングリッシュコッカースパニエルと同一の犬種として扱われていた大型犬の犬種で、ショータイプと実猟タイプでかなり違いがあるワンちゃんです。

フィールドスパニエルの性格は温和で愛情深く、他の動物ともいっしょに遊ぶことが大好きな友好的ですが、自立心が強くて頑固なところもあります。

フレンチスパニエル

[引用:Wikipedia

14世紀にはすでに存在していたとされるフランス原産の犬種です。シャン・ド・オイセルという古いセッター犬種の子孫で、これとスパニエル系の犬種が交配されて誕生したといわれています。スパニエル犬種でありながら、鳥猟を行う際に必要な仕事を全て受け持ちます。

スパニエル種は本来、獲物を回収する役目の犬種ですが、このフレンチスパニエルはセッター犬種が行う撃ち落された鳥の獲物を探す仕事もするのです。そのフレンチスパニエルの性格は、やさしくて人懐っこいですが、さみしがりやでひとりのお留守番が苦手で臆病といったものです。

人懐っこいところはイングリッシュコッカースパニエルと同じですね。

ジャーマンスパニエル

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

[引用:Wikipedia

19世紀後半、ドイツのハンターたちは、優秀な鳥猟犬を求めていたので、シュトーバーという嗅覚に優れた犬種とスパニエル種の犬を交配しました。そうして誕生した犬種が、このジャーマンスパニエルです。

そのジャーマンスパニエルの性格は、野山を駆けていた歴史があったことから坂道の散歩が好き、飼い主に従順、猟犬の本能があるため攻撃的なところがあるといった感じです。こちらは、イングリッシュコッカースパニエルとは少し違いますね。

アイリッシュウォータースパニエル

【引用:ジャパン ケネル クラブ

中型犬ですが、スパニエルの犬種の中でも大柄な犬種です。そのモコモコとした被毛は耐水性抜群で、悪天候の中でも全く苦にせず猟犬の仕事をする優れた犬種です。そのためか運動量は膨大です。

性格は、社交的で温和な性格ですが、見知らぬ人には多少の警戒心を抱くといったようなものになります。こちらは、イングリッシュコッカースパニエルに少し近いですね。

コーイケルホンディエ

[引用:Wikipedia

日本では知名度がまだまだ低い犬種ですが、原産国のオランダでは人気のある犬種です。コイケルという愛称があります。16世紀からオランダでカモ猟に使われていた小型犬で、そのふさふさしたしっぽをたくみに動かして仕掛けた罠にカモをおびき寄せる仕事をしていました。

性格は明るくて活発、フレンドリー、飼い主や家族に従順で忠実で一緒にいることを好む…といったものになります。フレンドリーで明るいところが、イングリッシュコッカースパニエルに近い性格ですね。

パピヨン

[引用:Wikipedia

あまり知られていませんが、パピヨンの祖先はスパニエルの犬種です。ですが、パピヨン自体はよく知られている犬種なので説明は省略します。

パピヨンの性格は、利口で活発、プライドが高い、友好的…といったものになっています。友好的なところはイングリッシュコッカースパニエルと共通していますね。

ピカルディースパニエル

[引用:Wikipedia

14世紀に誕生したフランス原産の大型犬のスパニエル犬種です。さきほどご紹介しましたブルーピカルディースパニエルはこの犬種をもとに作出されました。

また、先ほど紹介しましたフレンチスパニエルはピカルディースパニエルの兄弟犬にあたります。19世紀に無計画な異種交配が行われたせいで純血のピカルディースパニエルが絶滅寸前になりました。熱心な愛犬家の努力により、なんとか純血種の保護を促進して生き残ることはできましたが、未だに希少な犬種です。

しかし、保護と知名度向上を促進する活動により、少しずつ注目されるようになりました。性格は、陽気で優しく友好的な性格で、他の犬に対しても友好的で、番犬には不向きなほど人懐こいといったものです。

性格はとてもイングリッシュコッカースパニエルに近いですね。

ポンオードメルスパニエル

[引用:Wikipedia

フランス原産の中型犬のスパニエル犬種です。先ほど紹介しましたアイリッシュウォー像タースパニエルとは親戚関係にあるそうです。ポンオードメルスパニエルの現状は先ほど紹介しましたピカルディースパニエルと同じようなことになっています。

性格は、家族に対しては忠実で非常に愛情深いですが、家族以外の人に対しては警戒心が強く、また、優しく落ち着きがある…といった感じです。こちらは、イングリッシュコッカースパニエルとは少し違いますね。

ロシアンスパニエル

[引用:Wikipedia

名の通り、ロシア原産の中型犬のスパニエル種です。第二次世界大戦直後のソ連でハンターにより作りだされた犬種で、主にイノシシやノウサギを狩るのに使われていました。ロシア以外では殆ど飼育されておらず、さらにはFCIにも公認されていないほどの希少な犬種です。

性格は利口で温和、欠点は無駄吠えしやすく、その吠え声もよく響く…といった感じになっています。無駄吠えが少ないイングリッシュコッカースパニエルとはだいぶ違いますね。

シュタバイフーン

[引用:Wikipedia

17世紀頃に誕生したオランダ原産の中型犬のスパニエルの犬種です。主に貧しい農民によって飼育され、猟犬としてだけでなく、番犬としての役目も果たしていました。

性格は知的で優しい、他の犬とも仲良くできる、子どもが好き、状況判断力が良い…といったものです。他の犬とも仲良くできるところはイングリッシュコッカースパニエルと近いかもしれません。

サセックススパニエル 

[引用:Wikipedia

18世紀末期に、A・E・フラーという人物が生み出した中型犬の犬種です。主に鳥を探して飛び立たせるフラッシングという作業を行うのに使われていました。現在では原産国であるイギリスでさえなかなか見ることのできない希少犬種です。

性格は温和で物静か、人懐こく飼い主への依存が高く、他の犬に対しても仲良く接することができる…といったものです。飼い主への依存が高いところはイングリッシュコッカースパニエルと違いますね。

ウェルシュスプリンガースパニエル

「引用:Wikipedia

イギリスのウェールズ原産のスパニエルの犬種です。中型犬です。 暑さにも寒さにも強いので日本の気候いも適応できる犬種です。

性格は、穏やかで飼い主のことが大好き、他の犬にも友好的に接する優しい性格…といった感じです。 飼い主のことが大好きなのと、他の犬に友好的に接するところはイングリッシュコッカースパニエルに似ているかもしれませんね。

以上、他のスパニエル種の性格でした。同じスパニエル種でも、いろんな性格のワンちゃんがいましたね‼

 

まとめ

  • イングリッシュコッカースパニエルは明るく陽気な性格のため、誰とでも仲良くできる。
  • イングリッシュコッカースパニエルは人間が大好き。
  • イングリッシュコッカースパニエルは温和で優しい。
  • イングリッシュコッカースパニエルは頑固な一面もある。
  • スパニエル種にはいろんな犬種、そしていろんな性格のワンちゃんがいて、中にはイングリッシュコッカースパニエルに似た性格の犬種もいる。
  • 中でも、アメリカンコッカースパニエルはイングリッシュコッカースパニエルとほぼ性格が同じ。

今回の調査で、イングリッシュコッカースパニエルの性格は明るく陽気、人間が大好き、そして優しい、でも頑固・・・だということがわかりました。明るい性格の犬種は一緒にいてこちらまで気分が明るくなりますよね。

犬は犬でも、犬種によっていろんな性格の犬種がいますから、犬種とその犬種に多い性格って奥深いですよね。同じスパニエル種でも、イングリッシュコッカースパニエルと全然違う性格の犬種もいて、調べてみて面白かったです。

この記事を読んで下さった皆様も、気になる犬種と、その犬種が所属するグループの他の犬種を調べたり比べたりしてみると、面白いかもしれません。最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント