ドーベルマンの歴史は意外と知られていない? 誕生した理由も徹底調査!

ドーベルマン
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

この記事にアクセスして下さり、ありがとうございます。ドーベルマンという犬種は番犬として扱われていたり、警察犬として扱われていたりして有名な大型犬ですよね。

今回はそのドーベルマンの歴史についてご紹介していきます。彼らの歴史は意外と知られていないところがあったり、どこか間違って解釈されているところがあったりしますので、そこもご説明していきます。

 

スポンサーリンク

ドーベルマンの歴史は?こうして生まれた

ドーベルマンは、19世紀のドイツのテューリンゲン州で野犬捕獲員や夜警を務めていたフリードリッヒ・ルイス・ドーベルマン氏によって作出されました。ドーベルマンとは人の名前が由来なんですね。

収税人でもあった彼は、常にたくさんのお金を持ち歩いていた為、より安全にお金を運べるように「見た目だけで人に威圧感を与える犬」を目標として、ドーベルマンの作出に尽力したそうです。作出した人の名前が付けられた犬種って、その人の愛が込められた感じがして良いですよね。

また、ドーベルマンはジャーマンシェパードドッグとジャーマンピンシャー、ロットワイラー、マンチェスターとの交配によって生み出されました。ただし、これは明確な記録ではありませんので、交配した犬種に関しては色々な説があります。

まめこ
まめこ

意外と謎なところもあるのね。

 

ドーベルマンが作出されてからのその後

ドーベルマンは評判が良く、原産国であるドイツのみならず日本を含む様々な国々で警察犬として採用されました。(日本では1930年に軍用犬として採用され、大量輸入されました。)

第二次世界大戦のときは軍用犬として戦地に連れて行かれたことも多かったそうです。戦後になると、ドーベルマンはアメリカで人気になり、多くの家庭で飼育されるようになりました。

現代では日本でも人気があり、ペットショップで売られていたりします。しかし、それでもドーベルマンは日本よりも欧米での方が人気が高いようです。大型犬を飼育しやすい欧米の住宅環境が関係しているのかもしれませんね。

ドーベルマンは、飼い主さんにだけ見せる性格にも愛される魅力があるようです。気になる方はこちらの記事もぜひチェックしてみてください。

本当に怖い?ドーベルマンは甘えん坊?ドーベルマンの性格を徹底解説

 

実はミニチュアピンシャーよりもドーベルマンの方が後輩

小型犬ですが、ドーベルマンと見た目が似ている犬種でミニチュアピンシャーという犬がいます。小型犬でありながら、番犬に最適だと言われています。

ドーベルマンとミニチュアピンシャーは外見と特徴が似てるので、この2種類の犬種に関係があって、ミニチュアピンシャーはドーベルマンの小型化だと思っている方もいらっしゃるようですが、実は逆なのです。

歴史を調べるとドーベルマンは19世紀生まれの犬種です。一方で、ミニチュアピンシャーは16世紀生まれでネズミを駆除する犬としてジャーマンピンシャーを小型化させて生まれた犬種です。約300年も生まれた時代が違いますね。

ただ、共通点としてはどちらも作出されたときにジャーマンピンシャーが関わっているところですね。ちなみに、どちらもドイツ出身の犬種です。詳しくは以下の記事を参考にしてみて下さい。

違いは何⁈ミニチュアピンシャーとドーベルマンを徹底比較!

旦那
旦那
 
 

ミニチュアピンシャーの方が若いと思ってた・・・。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

実は彼らの方が先輩だったんです。

 

ドーベルマンはドイツ生まれの犬種の中では歴史が短い方⁈

ドーベルマンは同じドイツ生まれの犬種たちと比較しても歴史が短い部類に入ります。

いつ生まれたのかが不明だといわれるダックスフンドとランドシーアを除くと、ドーベルマンよりも後に誕生した犬種はユーラシア、ボクサー、クロムフォルレンダー、ジャーマンハンティングテリアしかいません。

それ以外の犬種はドーベルマンと同世紀に生まれた犬種か、ドーベルマンよりも先輩の犬種です。

ちなみに、ドーベルマンと同世紀に作出された犬種はジャーマンポインター、ジャーマンスパニエル、ジャーマンポインター、ラージミュンスターレンダー、レオンベルガー、ワイマラナー、ジャーマンショートヘアードポインター、ジャーマンワイアーヘアードポインターです。

つまり、ドーベルマンはドイツ原産の犬種の中でも有名なポメラニアンよりも歴史が短いわけですから、犬種の作られた順と犬種の身体の大きさは関係ないということが分かりますね。

 

まとめ

  • ドーベルマンは作出された人の名前から犬種名がついた。
  • 戦時中は警察犬としてだけでなく、軍用犬としての役割も持っていた。
  • 戦後、アメリカなどで人気が高まった。
  • ドーベルマンはミニチュアピンシャーよりも後輩。
  • ドーベルマンは他のドイツ原産の犬種と比較しても歴史が短い。
  • ドーベルマンよりも後に誕生したドイツ原産の犬種はユーラシア、ボクサー、クロムフォルレンダー、ジャーマンハンティングテリアのみ。

今回、ドーベルマンの犬種としての歴史はまだ短いということに個人的に調べてみて意外だなと思いましたが、皆さまはドーベルマンがまだまだ歴史の短い犬種だということはご存知でしたか?

とはいえ、20~21世紀になってから新たに作出された犬種もいるので、ドーベルマンの歴史がめちゃくちゃ短いとは言えないのかもしれません。こうして犬種の歴史を知っていくのは楽しいですよね。

ドーベルマンを既に飼っている方も、これからドーベルマンを飼うご予定の方も、この記事を通してさらにドーベルマンを好きに、または興味を持っていただけたら嬉しいです。この記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント