デグーはなつきやすい?もっとラブラブな関係になりたいんです

デグー
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

ふさふさのシッポがリズミカルにゆらゆら、手乗りのデグーを見たことがありますか?デグーなつくと、芸をしたり、肩に乗ったりと、多彩なコミュニケーションがとれます。

おうちでペットに癒されたい…眺めるだけでも可愛いけれど、モフモフできたらもっと幸せ。クリクリのまなざしで、ピルピル鳴いて甘えてくれるデグー。そんなコミュニケーションがとれるような、デグーのなつかせ方を調べてみました。

スポンサーリンク

デグーはなつく?

「デグーはなつく確率がとても高いです!」

好奇心旺盛で同サイズの小動物の中ではずば抜けて頭がよく、人間の三歳児くらいの知能があるのではないかともいわれています。

覚えさせると簡単な芸をしたり甘えてきてくれたりしますし、自分よりも大きいサイズの犬などの動物と触れ合ってなじんでしまうこともあるのです。

中には「なつきにくい性格」をもったデグーもいるので、おうちに迎えたコがどんなタイプなのかよく見極めて接し方を変えてあげて下さいね。

 

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

甘えて「ピピッと鳴いてくる」「なでろとすり寄ってくる」好奇心満載なコもいれば、「触るな(怒)ピーっ」「キッ(いやだ来ないデー)」と臆病なコもいるということですね。

気をつけなければならないのはの学習能力が高いので一度、嫌なことや怖い思いをするとそのシチュエーションを覚えてしまい、なつかせるのが難しくなるのです

まめこ
まめこ

嫌なことは執念深くおぼえてるわよ~

旦那
旦那

ガクガクブルブル…奥さまがコワい…

デグーはどんな生き物?

デグー科に属するげっ歯目のネズミの仲間で、特徴的なオレンジ色の切歯は伸び続けるので削るためにも齧ることが大好きです。(甘噛みを加減できる知能あり)

体長は12~20cmほどで体重は170g~300gと小さめですが、脚力があり思いのほか高くジャンプします。高温多湿や寒すぎなのは苦手で、夏毛と冬毛に生え変わる換毛期があり、食事は完全草食なので、ウンチがほぼ無臭です。

昼間に活動する昼行性で、寿命は6〜8年ほど。なかには10年をこすご長寿さんも。小動物にしてはとても長命の部類ですね。

よく食べて、起きている時間はとてもよく動きまわり、運動量が多い分疲れるとすぐにうとうとと寝てしまいます。食べて動いて爆睡!常時パワフルライフを送っているのですね。

なんといっても多彩で小鳥のような鳴き声は「アンデスの歌うネズミ」と称されるほどの美声(?)です。

まめこ
まめこ

研究では15種類以上の鳴き方が分かっているそうよ。

野生のデグーの原産地はチリのアンデス山脈、標高1200mあたりに家族単位で生活していて、縄張り意識をしっかり持っており、仲間同士鳴き声でコミュニケーションを取ります。野生でのデグーの寿命は約二年という短さで、山岳地帯のかなり過酷な環境で生活しているのです。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

日本の標高でいうと草津温泉のある群馬の草津町あたりが

標高1200mぐらいですね。

デグーがなつくのに時間はかかる?

1週間でなつく個体をいれば1年たってもなつかない個体もいます。性格に個体差がある=個性があるということですね。

旦那
旦那

これはもう、ひたすらお世話係に徹して信頼を勝ち取るしかないな

デグーのなつかせ方は?

我が家にやってきたデグーはどんな気持ちでしょう?

おうちにやってきたモフモフのデグー。かわいいですよね、見いっちゃいますよね。水はこっちがいいのかな、巣箱はもうちょっと右に移動して…手を伸ばしてガサゴソ。

ちょっと待った!自分の目線がデグーになったとイメージしてみてください。

慣れない場所で、でっかい顔がせまってきて、さらにあっちこっちをガタガタ。で、いきなりこれまたでっかい生き物の手が迫ってくる…突然奈良の大仏さまの手が勢いよく伸びてくるのを想像してください。…恐怖です。

焦りは禁物!ゲージに慣れてきてからがスタート

基本動物全般に言えますが、小動物は特に環境の変化が急激なほどストレスを感じます

環境に慣れてくるまでそーっと適切な距離をたもちつつ、餌やりや水の交換程度のお世話だけで、コミュニケーションは最小限にして「このでっかい生き物は危なくないな」と認識してもらうまで、存在感を感じるけど圧迫感はない状態を作ってあげます。

人間側からでなくデグーから近づいてくるのを待つわけですね。

適度なスキンシップをする

人がゲージの傍にいても落ち着いてくるとデグー自身そろそろ外の様子が気になりはじめるようになります。ゲージを引っかいたり、齧ったり囲われていない外の様子が気になって仕方がないと言った状態でしょう。

この段階にきたらコミュニケーションスタートです。

一番近づいてくるのはこんな時

動物の一番の欲求「食欲」を使って気を引きましょう=ガッツリ胃袋をゲットですよ!

急がず慌てずゆっくりと「このでかい生き物はご飯くれる~」をインプットしていきます。

最初はゲージの外からおやつをあげる

ゲージの柵越しにおやつ一粒。柵があることででっかい手が直接来ることはなく安心と思ってもらえれば成功、安心感が得られたら指を見ただけで柵まで寄ってきますよ。

ゲージの扉をあけてご飯を上げる

ちょっとステップアップ、名前を呼びながらおやつをあげてください。「柵がないけど大丈夫かな?あら大丈夫、美味しいおやつだわ」と、名前を呼ばれて行くとおやつが食べられるをインプット!

てのひらに挙げてご飯をあげる

扉を開けておやつになれてきたら、次は手のひらをそっと差し出して名前を呼びながら一粒手のひらの上でおやつをあげます。手の上は安全地帯、ここは美味しいものがあるよーとインプットするわけです。

早く慣れさせたくて何十回も繰り返すのはNG! 

逆にデグーのストレスになりますので気を付けてください。

おやつのあげすぎにも注意が必要ですよ。糖分代謝が低く糖尿病になりやすいので果物など果糖が多いものや脂質が多いものは控えてください。

「手のひらを見せてたらチョコチョコ乗ってきてくれるようになった」

ここまでくればかなりなれた段階です。触らせてくれる=カキカキとグルーミングをしてあげる=マッサージ気持ちいいと思ってもらえるように少しずつならしていきましょう。

後はべた慣れまで根気よくコミュニケーションです。あごの下や耳の付け根、お腹をやさしくマッサージしてもらいたいコが多いみたいですね。

デグーは好奇心旺盛ですので近づいてきますが、近づいてくるけど触らせてもらえない時まだ信用してないよというサインですので粘り強くお世話係に徹しましょう。

デグーがべた慣れするとどうなるの?

膝にのってきたり時にはジャンプして肩や頭まで伝い走り。甘えて鳴いてきます。

マッサージしろとすり寄り、カリカリ撫でると「次はここ、その次はここ」と言わんばかりにのけぞったり、手を上げたり、気持ちよさそーに目を細めますよ。

おしゃべりは大得意

デグーはなれてくると、色々な鳴き声で自分の感情を表現してきます。15個以上ある鳴き声の中には研究で本能的に鳴く声と、学習して鳴く声があることもわかってきました。

「ピルッピルッキィキィ」「ピーッピーッ」 警戒や威嚇、ビックリの時の鳴き声です。強くて高い鳴き声が特徴です。
「プグップグッ」「ビィ~ビィ~」 やめてよーと不機嫌なときです。調子に乗ってかまい続けると噛まれますよ。
「ピッ!ピッ!」「ピロピロ」割と小さめでスタッカート気味な鳴き声は、ご機嫌な時で「甘えている、嬉しい」といった時の鳴き声です。
「ピッ」「ピピッピピッ」「キュイー、キュー」呼び鳴きといわれる鳴き声で、寂しくて仲間や飼い主を呼ぶ時の声です。相手にしてほしいかまってほしい、「何か(ごはんなど)がほしい」のサインになります。
「クゥ〜ックゥ〜」「クックッ」気持ちいいと甘えているときの鳴き声です。撫でられているときやヌクヌクして気持ちいい時にリラックスした表情をしますよ。

この他にも、求愛するときの鳴き声など数多くあります。デグーが今どんな気持ちか鳴き声でわかるということは、「このコ、今こんなこと思ってるんだ」と感じられておもしろいですよね。

 

まめこ
まめこ

なんと、デグーは寝言も言い(鳴き)ます!

こちらの動画で可愛い寝言が聴けますよ~

デグーの鳴き声まとめました|トントンニュース
デグーの鳴き声6種類まとめてみた! 6 types of degu sound #0061

部屋んぽ(部屋散歩)にトライ

デグーは本来山岳地帯の岩山を飛び回る生活をしているので行動はとてもアクティブです。

個体の中にはゲージの中だけで満足して暮らしてくれるデグーもいますが、ゲージの中だけだとストレスが溜まってしまいそうなデグーには、運動不足解消と気分転換のために部屋散歩に挑戦してみましょう。

旦那
旦那

犬のように屋外に散歩に連れて行けないから、

部屋の中で散歩させるわけだね。

最初は囲いなどで空間を狭めて散歩させ、じょじょに行動範囲を広げてあげます。好奇心満載で夢中になって探検する姿に癒されますよ。

まめこ
まめこ

デグーのジャンプ力は結構すごくて、なれてくると

低めのフェンスでは、飛び越えてしまうかも。

腿くらいの高さのあるフェンスもご紹介しますね。

注意点「安全対策はしっかりと」

部屋散歩をさせる場合事前に準備をしっかり整えてから散歩をスタートしてください。

  • 決めた時間のみに散歩させる。
  • 人間の食べものや、食べこぼしがないようにしておく。
  • 家具の隙間に入らないよう、事前にふさぐなどのガード対策をしておく。
  • 電気コードを齧られないようにカバーをつけたり移動させたりしておく。

デグーの運動能力は半端ないです。アクティブに動き回りますから、踏んだり蹴飛ばさないよう気を付けてくださいね。

散歩させている間は特にデグーから目をはなさないようにしましょう。

とにかく何でも齧って確認します!齧られたくないものはしっかりガード!が必須ですよ。

 

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ガードしててもどこかしら齧られちゃうんですけどね…。

 

まめこ
まめこ

苦みがついてるコードカバーもありますよー

デグーは本来集団で生活する生き物なので、とても寂しがり屋です。毎日話しかける、名前を呼んで、遊んであげるなどたっぷりスキンシップをとってください。

デグーが苦手なこと、嫌なこと

デグーによって苦手とするものは個々に少しずつ違ってきますが、代表的な苦手とするものを見ていきましょう。

いきなり強引につかみ上げない

デグーの天敵は鷲などの猛禽類、背中からいきなりつかみ上げると悲鳴を上げて逃げようとします。トラウマになって確実に嫌われます

 

旦那
旦那

上からがばーって掴まれたら「あ…オワタ」って思っちゃうよね。

まめこ
まめこ

必ず前方の顔側から抱くようにやさしく手を差し出してあげてね。

シッポをつかまれること

シッポを強くつかまれると骨だけ残してズルリと皮が抜けてしまうことや、途中で切れてしまう大惨事が起こることがあります。元に戻らないので細心の注意が必要です。

大きな音は苦手

大きな音はとても苦手です。突然の破裂音、大音量の音楽など自然にない音にびっくりしてしまいます。中には「ピッ」と鳴るような電子音を苦手とするデグーもいますから、よく観察して、苦手な音で驚かせないようにしてください。

寒すぎること、暑すぎること

寒すぎること、暑すぎることは苦手というよりも、生命の危機に直結しています。逃げ場のないゲージの中で、高温多湿の日本での生活はデグーにとって厳しいものです。夏季の熱中症や脱水、厳冬期の低体温症など飼育環境の温度管理は十分気をつけなければなりません。

甘噛みはだーい好きの表現

デグーはまず齧ってみて食べれるものか確認します。噛んで感触が楽しい気持ちいいと感じたら、食べられないものでも齧り倒します。

コミュニケーションの一つが噛むことなので甘えて噛んでくることがあります。ですが遊んでいて本気噛みになったら、しっかり痛いと低音ボイスではっきりこちら側が嫌だとうことを伝えたり、噛んでくる歯を軽くノックして不快感をあたえます。

2、3回すると「こういう行動をとったらなんかいい気分じゃないことされちゃった、やめよ」と、デグーは頭がいいので加減をおぼえてくれますよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

噛まれたときは「しっかり消毒」はマストですよ!

デグーなつきやすいのはどっち?

飼育していてなつきやすいのは単頭で飼うほうでしょうか、それとも数頭で飼ったほうがなつくのでしょうか。男の子、女の子どちらがなつきやすいでしょう。

単頭飼いと多頭飼い

単頭飼いはかなりなつきやすく、多頭飼いはなついてくれるのに少々時間がかかったり、なついてもデグーからの甘え方がちょっと薄かったりします。デグーは本来家族や群れで暮らしていますから、多頭飼いだと仲間との安心感やコミュニケーションに満足してしまい、人とのスキンシップをそれほど必要としなくなるのです。

一匹ずつ丁寧にスキンシップをしていくことで、多頭飼いのうちの一匹が慣れてくれると他のデグーも寄ってきてくれることもありますよ。

逆に、多頭飼いで相性が悪いとケンカに発展してしまったりするので、マッチングはよく観察してから一緒にしてあげてください。

オスとメスではどちらがなつきやすい?

小動物で比較的なつきやすいのはオスといわれています。デグーのオスは割合温和な性格の個体が多いです。メスは子育てする本能があるため比較的、神経質な面がでる場合があります。

こどもの時からのほうがもちろんなつきやすい

デグーは約6カ月で成年になります。3~6カ月くらいは思春期ですね。早いコだと、3ヶ月くらいで子供も産めます。

きっちりとしたお世話をすれば、大人のデグーでも普通になついてくれますが、小さいころ(生後1~3カ月くらい)からお世話をすればなれる速度も格段にはやくなります

大人になるといろんな意味で経験値があるのでなかなか警戒心が薄れないようなんですね。

「基本・デグーの嫌がることはしない」が大原則です!

デグーを飼う前も飼い始めてからも知識の備えはをしっかりと

デグーは国内ではエキゾチックアニマルと呼ばれる部類の動物で、犬、猫のようなメジャーなペットではありません。飼育方法が一般的に広まっていない分、日々新しい情報が発見されています。

珍しい動物ですので、いざというときにかかることができる動物病院を調べておくことはもちろん、新しく発見された情報をこまめにチェックし、餌や水は十分か、ケージや寝床は清潔か、温度は快適かなど飼育環境や温度管理などデグーが快適に過ごせる環境を日々整えてあげることが大切です。

旦那
旦那

エキゾチックアニマルって?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

現在国内の獣医療やペット産業でエキゾチックアニマルと呼ばれる動物は爬虫類・両生類・哺乳類などのなかでメジャーではない動物を総称して言うことが多いですよ。マイナーゆえに専門に診てくれる獣医さんが少ないのが現状です。

まめこ
まめこ

確かに犬と猫を診てくれる動物病院は多いものね。

鳥や魚はエキゾチックアニマルとは言わないの?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

鳥と魚に関してエキゾチックアニマルというワードは使われていないようですよ。

エキゾチックアニマルという名称に明確な定義はないが,現在,一般的な獣医療において,あるいはペット産業においてエキゾチックアニマルというとき,それはペットして飼育されている犬,猫以外の動物をさしており,系統分類学的には哺乳類,爬虫類,両生類,そしてある種の無脊椎動物に属しているものといえるだろう.

引用元:日本獣医師会会報 エキゾチックアニマルの生物学(そのI) –ペットとして飼育される哺乳類–

まとめ

  • 個体差はあるもののデグーなつきやすい。
  • なつかせ方は段階を踏んで。
  • なれるとスキンシップが大好きになる。
  • 体を触るときの扱いに十分気を付ける。
  • 嫌なことをされると、しっかり覚えていて寄ってこなくなる。
  • 飼育情報は常にチェックを心掛ける。

時にはジャンプして膝に乗ってみたり、手のひらで昼寝をしてみたり、ピルピルと鳴いて甘えてきて奇想天外な行動で笑わせてくれる。そんな抱腹絶倒で笑顔が絶えないデグーとのスキンシップを楽しめる毎日が送れますよう願っています。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント