ダルメシアンはしつけはしやすい?しにくい?いつから始めるべきか

ダルメシアン
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



白黒の水玉模様が特徴的なダルメシアンですが、どのようにしつけをすればいいかご存知でしょうか?ダルメシアンは賢い犬種なので、しっかりしつけを行う必要があります。

どんな方法が有効なのか?どのようにすればしつけがきちんとできるのか?について紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそも何故しつけが必要なのか?

理由は「人と動物が幸せな生活を送るため」です。人間と動物、異なる種類の生き物が社会の中で人間の決めたルールに従い幸せに暮らしていくためにしつけをするのです。

ただ単純にペットだけにしつけをしていればいいわけではありません。人間社会で暮らしていく中で、飼い主とペットが一緒にマナーを学び実践すること。それがしつけです。

犬は本来、とても従順で愛嬌のある動物です。しかし、飼い主のしつけ方・育て方によっては、自分勝手でわがままな犬になってしまう可能性もあります。していいこと、悪いことを犬に理解させて快適な生活を送れるようにする手段がしつけです。しつけは安全に暮らしていくために欠かすことのできないものです。

飼い主はペットのしつけをする際、一貫した態度と犬の特性を理解した上で正しいしつけをする必要があります。しっかりと歩み寄って、根気よくしつけていきましょう。

まめこ
まめこ

飼い主とペット、二人三脚で勉強ってことね。

旦那
旦那

ペットと生活をする上で色んな人と関わるから、一方的だったり独りよがりではいけないんですね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

その通り。飼い主だけでなく家族も一緒に、幸せになるために勉強すると考えましょう。

 

しつけをする上で犬の特性をよく知ろう

犬は種類だけでなく、小型犬・中型犬・大型犬と大きさも多岐にわたり、犬の種類の数だけ特性・特徴があります。

ダルメシアンであればスタミナ抜群の長距離ランナー犬、家族に対しては陽気で懐こく振る舞うという特徴が挙げられます。ダルメシアンは頭がいいので、間違ったしつけをすると矯正が難しいです。

自分で考える力を持っており、ちょっと頑固で強情な一面もあるので、子犬のうちから根気よくしつけを行いましょう。

 

いつからしつけをするべき?

結論から言うと「お迎えしたその日から」です。

小さい手足に可愛らしい表情を見ていると「しつけはまだいいだろう」と思いがちですが、子犬を迎える時期は生後2.3か月頃ですよね。人間に例えると3~5歳ほどです。このくらいの歳の子供に「挨拶やお片付けなどのルールを教えるのはまだ先でいいかな」とはなりませんよね。

子犬のうちからしつけておくことで、物事が習慣化されやすくなりきちんとルールを覚えてくれます。よって、しつけを始めるベストタイミングは「お迎えしたその日から」となるのです。

 

ダルメシアンのしつけ

ダルメシアンは大型犬で非常にパワフルです。散歩時の飛びつきや噛み癖などの人にけがを負わせないように、しつけを行うようにしましょう。また、室内で飼う場合には無駄吠えやトイレなどのしつけが必要です。

ダルメシアンにとって、飼い主に褒められることが最高の喜びになります。叱るのではなく、たくさん褒めてしつけることをこころがけましょう。しっかりアイコンタクトをとりお互いの信頼関係を築きましょう。

言うことを聞かないからと体を叩いたり、暴力を振るうことはしてはいけません。犬との信頼関係が築けないばかりか、人間に対し不信感を抱いてしつけが行き届かなくなります。

ダルメシアンは賢いため一度覚えた命令などは正確に把握できます。間違ったことを一度覚えてしまうと、長く覚え続けてしまうこともあるため注意しましょう。

以上を踏まえると、ダルメシアンはしつけしやすいと言えますが、間違ったことを教えてしまうとずっと覚えています。賢いが故に、飼い主がしっかりリードしてしつける必要がある犬種と言えます。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

飼い主がきちんと基準を持ってしつけるのが重要だよ。

まめこ
まめこ

しつける側の態度が曖昧だったら犬は混乱するものね。

旦那
旦那

毅然とした態度と一貫した考え方が大事なんだなあ。

散歩のしつけ

力の強い大型犬であるダルメシアンを、好き勝手に行動させているとどうなるでしょうか?飼い主無視して自分の進みたい方向へ走り出したり、通りかかった散歩中の犬に吠えたりしてしまうかも知れません。

飼い主が犬を制御できていないため、事故やトラブル・アクシデントに繋がります。好き勝手歩かせたり走らせないように、リーダーウォークができるようになりましょう。

犬がリードをぐいぐい引っ張らず、自発的に飼い主の足元に寄り添い歩く状態のことリーダーウォークをいいます。リードが緩んだ状態で、足元にぴったりと体を寄せて歩く姿はとてもしつけが行き届いているように見えますよね。

見た目が美しいだけでなく、飼い主が犬を制御できているので事故などが発生しにくいです。

リーダーウォークの準備と方法

リーダーウォークをする際、首輪やハーネス・リードは必須ですがどのように選べばいいでしょうか?

超小型犬の場合は首輪かハーネスのどちらかで構いませんが、小型犬以上の場合は首輪を用意しましょう。ダルメシアンは大型犬なので首輪になりますね。

ただし、首の病気を持っていたり呼吸器官に疾患がある犬や、生まれつき首が弱い犬の場合は注意が必要です。首に負担がかかることで症状が悪化してしまう可能性があるので、首輪ではなくハーネスを準備するのがよいでしょう。最近では、リーダーウォークに合わせてつくられたハーネスもあります。

リードは1.5メートルほどの長さのものを用意しましょう。飼い主と犬が隣り合った時に、地面につかない程度の長さ、と覚えるといいでしょう。

飼い主の隣に立つことを覚えさせよう

リーダーウォークの第一歩、落ち着いた状態で飼い主の隣に立てるようにしましょう。飼い主の左側に犬が立つ、というのが基本姿勢になります。あくまで基本姿勢なので右側でも左側でも同じように落ち着いて立てるようにするのがいいでしょう。手順は下記の3ステップです。

  • 少し前に歩いて、犬の名前を呼んで歩いて来たらしっかりと褒めてあげましょう。
  • 来ない時は、しゃがんで名前を呼び、来なければリードを軽く引っ張ります。
  • それでも来なければ、リードを手でたぐりよせながら更に軽く引っ張って、飼い主の横に立てるように誘導しましょう。

これを繰り返していると、「名前を呼ばれて前に出ると飼い主が喜んでくれる」ということを犬が学習します。

リーダーウォークの方法

飼い主の隣に立つ、名前を呼ばれたら前に出るということが出来るようになったらリーダーウォークの練習を開始しましょう。

始めのうちは10歩ごとに歩きながら名前を呼びましょう。犬は「名前を呼ばれて前に出ると飼い主が喜んでくれる」と学習しているため飼い主についていこうとします。

ここで犬が飼い主より前に出ようとしたら、犬の鼻先を横切るように進行方向を変えます。横切ると、飼い主の足と犬とぶつかりますが、「飼い主より前に出るとぶつかるんだな」と犬に覚えさせましょう。ぶつかるのを避けようと飼い主の動きを観察するようになります。

リーダーウォークの途中で立ち止まったり草むらやゴミなどのニオイを嗅ぎ始めたら、「コラ!」とリードを引きつつ一回だけ叱ります。また、飼い主が足を止めたタイミングで前に出てしまう場合は、犬の前に足を出して止めます。

この時に犬と目を合わせてしまうと、訓練ではなく遊びだと勘違いしてしまうことがあるので、極力目は合わせないようにしましょう。

こなせるようになったら

紹介した動きができるようになったら、散歩コースを歩いてみてください。練習のときと同じように名前を呼んであげましょう。これを繰り返し行い1.2週間ほどで習慣化できるでしょう。

リーダーウォークは、犬との生活の中で欠かせません。ダルメシアンは大型犬なので力も強いです。大きくなる前、子犬のうちから人のペースに合わせて歩く練習をしましょう。

噛み癖のしつけ

犬に噛まれて怪我をすることを咬傷事故(こうしょうじこ)と呼びます。犬の噛み癖を直すことはこの咬傷事故(こうしょうじこ)の防止に繋がります。

犬には立派な牙が生えています。特に大型犬は噛む力も強いため、流血沙汰になります。噛みついた相手が飼い主以外の人だった場合、監督不行き届きだったとして飼い主に責任がかかるため裁判に発展する可能性があります。

犬による咬傷事故(こうしょうじこ)の例

平成11年12月、市内の路上を散歩中の男性(当時49才)に、突然背後から飼い犬が襲い掛かり、ふくらはぎを咬みつかれた。男性は、左膝内障傷害と診断され、更に、咬まれた直後に当該犬が狂犬病の予防注射をしていなかったことを知り、狂犬病発症におびえてPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症した。

引用 アミ・インターナショナル 行政書士事務所

まめこ
まめこ

これは、飼い主の過失が原因で第三者に怪我を負わせてしまった例ね…。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

裁判に発展して、飼い主は800万円の損害賠償金を支払うことになったそうだよ。

旦那
旦那

飼い主のちょっとした不注意で大事になってしまうんだなあ。

噛み癖をつけさせない考え方

噛み癖のある犬にしないために、犬にどうして欲しいかを考えましょう。

行動 良し悪し
噛んではいけないものを噛まない Good ○
噛んではいけないものを噛む Bad ×

上記を念頭に、噛んではいけないものを噛まないでいられた場合はご褒美をあげて「我慢するといいことが起きる」と覚えさせましょう。逆に噛んではいけないものを噛んだ場合は「嫌なことが起きる」と覚えさせましょう。

噛むという行為は本能で、犬にとっては抑えがたい欲求です。歯が生え変わる生後8か月頃はムズムズしていて特に噛みたい欲求が高まります。この時期は噛まれても構わないおもちゃを与えましょう。

隠す、体験させない

噛まれて困るものは隠しておくか、犬をサークルに入れて物理的に噛めないようにしましょう。不要に噛むという体験をしなければ癖になることもありません。

噛むものを意図的に隠しても家具などを噛むことがあります。そういった場合には苦い味のするスプレーなどを吹きかけておき「噛むと嫌な思いをするぞ」を学習させましょう。

「痛い」と言って遊びを止める

遊んでいるうちに犬のテンションが上がって飼い主の手を噛んでしまうことがあります。犬は遊んでいるつもりで噛んだとしても、人は噛まれてしまうと大怪我をしてしまいます。「人は噛まれると怪我をしてしまう」と犬に教える必要があります。

遊んでいるときに噛まれた場合は「痛い!」とはっきり大声を出し遊びを中断しましょう。大声を出されたことで犬はびっくりして噛む力を緩めますし、遊びを中断されてしまうと認識します。

この一連の流れのタイミングを速めていくことで、人を噛むと相手にしてもらえなくなると学習し、噛み癖はつかなくなります。

無駄吠えのしつけ

犬は吠えることを求められていた生物です。番犬としての役割を担っているのであれば知らない人が家に入ろうとするのを防がないといけません。「知らない人だ!」と家族に危険を知らせる必要があります。

犬の祖先であるオオカミは群れで狩りをします。その時、仲間とコミュニケーションを取る手段が”吠える”ことでした。その名残で吠える習性が本能的に備わっています。

しかし、人間社会の中で暮らしていく上で吠えっぱなしでも大丈夫、ということは少ないでしょう。集合住宅で暮らしているのであれば、近所迷惑になってしまいます。

必要以上に吠えないようにしつける必要がありますよね。ケース別のしつけ方を紹介します。

警戒・不安を感じているとき

宅配便の配達員やお客さんが来たときに吠えるのは、縄張りに知らない人が入ってきたからです。飼い主や家族を守ろうと警戒している証拠で、「怪しい人だ!出て行け!」というのが犬の本音です。

これに対し飼い主が抱き上げたり落ちかせようと撫でたりしてしまうと、犬は褒められたと思い違いをして余計に吠えます。このような場合は、大きな音を立てて犬の注意をひきましょう。小銭など金属製のものを空き缶に入れて床に落とすのが有効です。

犬は音に驚いて警戒していることを忘れて吠えるのを止めます。吠えるのを止めたらすぐに褒めてあげましょう。こうすると「吠えるのを止めたら褒めてもらえた」と犬は記憶します。

また、吠えようとした時に「お座り」などの指示を出して、従えたらご褒美をあげましょう。吠えなければいいことが起こる、と覚えさせることで自然と無駄吠えが減ります。

要求があるとき

エサが欲しい・散歩に行きたいなどの要求が原因の場合は、基本的に「無視」しましょう。吠えた時に静かにさせようと構う・エサを与えると「構ってもらえた!良いことが起きる!」と勘違いしてしまいます。

吠えれば自分の要求が通ることを覚えると無駄吠えが増えてしまいます。吠えても一切反応を示さず落ち着いてから構ったり、吠え始めたらその場から立ち去るなどして「吠えても構ってもらえないし、飼い主がいなくなってしまう」と学習させましょう。

立ち去る時間は30~60秒くらいを目安にして、無駄吠えの度に繰り返しましょう。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

心を鬼にして無視するのがコツだよ。

まめこ
まめこ

エサや散歩をせがまれるとついつい構ってしまうのよね…。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

気持ちは分かるけど、ここで無視するかしないかで将来に大きく関わるんだ。

旦那
旦那

この子のためを思えば…ってことですね。飼い主にも我慢が求められるなあ。

飼い主と犬の立場が逆転したとき

甘やかして育てていると、犬は「僕は飼い主よりもエライんだ」と勘違いします。本来の上下関係と逆転している状態になっていため、飼い主の威厳が保たれているとは言えません。犬が自分の「立場の方が上だと」思っている状態なのです。

このような状態でいたずらを叱ったりすると「僕の方がエライのに指図するな!」と吠えたり威嚇するため、無駄吠えが増えます。

対策は、犬が吠えると同時に大きく低い声ではっきりと「ダメ!」と言いましょう。犬の前で堂々と立って目を見つめて大人しくなるまで待ちます。

犬をコントロールするのはリーダーである飼い主だと覚えさせる必要があります。それと同時に飼い主自身も犬を制御するリーダーである自覚を持つことが大事です。

何をしても無駄吠えが減らなかった場合の最終手段

様々な手段を試してみても言うことを聞かない場合は、人間の一億倍も優れている嗅覚を利用しましょう。犬は刺激臭に弱いため、お酢を水で5倍ほどに薄めたものをスプレーに入れて、無駄吠えしたときに鼻先で噴射しましょう。突然の刺激臭にびっくりした犬は吠えるのを止め、無駄吠えが悪いことであると認識します。

薄めているとはいえ、お酢のにおいはストレスのもとになります。むやみに使わずここぞという時に使うようタイミングを見定めましょう。

この方法はあくまで最終手段です。1.2回しつけただけでは無駄吠えはすぐになくなりません。根気よくしつけを行っていきましょう。

トイレ

トイレのしつけのポイントは2つです。

トイレシーツの上で排泄させる。
トイレシーツの以の場所で排泄を失敗させない

この反復練習です。特別な訓練をするのではなく何度も繰り返しトイレシーツの上で排泄を成功させていきましょう。人の子供のオムツトレーニングと似ていますね。

 

最終的な目標は、トレイ型のトイレに排泄できるようになることです。

  • トイレシーツを敷き詰めた場所を設置したら、その場所をサークルなどで囲みます。
  • トイレをする素振りをしたらトイレの場所を教えて、排泄するのを待ちます。
  • 特定の場所でトイレをしたら大げさに褒めてあげましょう。
  • 慣れてきたら自分でトイレに行けるように導いてあげて、サークルの中に敷いたトイレシーツの面積を狭くしていきます。
  • 囲んでいたサークルの面積を少なくして、トイレに自由に出入りできるように促します。

しつけをする際のポイントは、トイレを失敗しても叱らないことです。トイレの失敗で叱られること=排泄すると叱られると勘違いして、隠れてトイレをするようになったりと問題行動の原因になります。決められた場所で排泄できたら褒めることを前提にトレーニングやしつけを行いましょう。

 

まとめ

  • しつけを始めるベストタイミングはお迎えしたその日から。
  • しつけの原則は「言うことを聞くと良いことが起きる」と学習させること。
  • 言うことを聞かなくても暴力的にしつける、体罰を加えてはいけない。

しつけとは、人と動物が社会の中で安全で幸せに暮していくために欠かせないマナーです。飼い主と犬との関係構築や、トラブル防止などにも繋がります。しつけは一日二日では身につかないものなので、しっかりと歩み寄って根気よくしつけていきましょう。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント