コーギーはどうやって生まれたの?歴史や祖先について徹底調査!!

コーギー
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

コーギーと言えば、まん丸お目々で飼い主さんを見つめながら、可愛い脚をよちよち、大きなお尻をプリプリさせながら、散歩を楽しんでいる様子が目に浮かびます。

身体のあちこちにチャーミングな特徴が沢山ある小型犬で、日本でも人気ですね。そんなコーギーの故郷や、生まれを歴史をさかのぼって知ってみたいと思いませんか?

 

スポンサーリンク

コーギーの生まれ

正式の品種名は「ウェルシュ・コーギー」。彼らはいわゆる牧羊・牧畜犬に含まれる犬種で、主に牛追いを行うために、長い時間をかけて品種改良され、生まれてきました。

原産はイギリスで、最古の記録はなんと紀元前1200年代に遡れるそうです。とはいえ作業犬としての歴史の方が長く、ペットとしての歴史が始まったのはつい最近です。

1850年代までは、イギリスのウェールズ地方でのみ知られていた犬種であった、という資料もあります。

 

コーギーの身体的特徴

コーギーは牧場の守り主

低い体高(脚が短い)わりに身体が細長いのは、牛の間を駆け抜け、その腹の下をくぐり抜けるためです。また、その途中で牛の脚を軽く噛むことで、牛たちに刺激を与えて思い通りに誘導することもします。

この時、怒った牛に蹴り飛ばされないよう、咄嗟の急旋回をしたりできるのも、小さくて細長い身体があるからこそです。丸くて可愛い四肢は、牧草の中を軽快に駆け回るために生まれました。

こう言った形の脚は、地面との衝撃を和らげてくれます。全体的に短毛なのも、牧草に絡まないための特徴です。

耳が大きく顔が広いのは、パートナーである牧場主(羊飼い)の指示を正確に聞き取るために発達したものです。遠くに居ても、その発達した形状が声や笛の音を捉えるのに役立ちます。

そしてお尻がプリプリしているのは、実はこういった作業犬ならではのことで、沢山走り回るための筋肉が効率よく付く臀部が発達した物なのです。

働き者だからこそ運動が必要

こう言った生まれがありますので、お家の家族としてお迎えする方は、相応の運動をさせることを忘れ無いようにしましょう。そうでないと、あっという間に太ってしまいます。

筋肉も鍛えなければ贅肉になってしまいますからね。性格は活発的でとても元気で、ともすればやんちゃになりがちですが、きちんと信頼関係が成り立てば、元々持っている従順性を発揮して、良き家族になり得るでしょう。

 

コーギーの種類

コーギーには2種が知られています。同じコーギーの名前を持ちますが、実は由来や改良の歴史はそれぞれ異なっており、血統としては全く別なのです。ご存じでしたか?

ウェルシュ・コーギー・カーディガン

引用: Wikipedia

最も古いコーギーで、一番ベーシックな体型をして居ます。比較的丸みを帯びた体型が特徴で、特に耳がポイントになります。

三角と言うよりは楕円形のようですが、しっかりとした立ち耳であり、元々の性質をきちんと現している部分です。顔つきはキツネに近く、やや細長い印象を受けます。そう言えば、尻尾もキツネのようにふさふさで、感情表現豊かです。

ウェルシュ・コーギー・ペングローク

その先祖系はスウェーディッシュ・ヴァルハウンドと言われる、スウェーデンの牧畜犬かも知れないと言われています。カーディガンに比べるとやや小型ながら、顔が尖った印象を受けるのが特徴で、耳の形は他の犬種に似た小さな三角形で、顔全体も少々小さい印象があります。

また尾が短く、ちょっと感情を読み取るのが難しいかも知れません。若干大きな声で吠える事がありますが、怒りと言うよりは好奇心から発している物と言われています。

 

女王陛下のロイヤルコーギー

コーギーと言えば、エリザベス女王の飼い犬として有名でしたね。陛下の元に集まったコーギーは、ロイヤルコーギーと呼称され、特別丁寧に扱われたと言います。

その生涯で30匹以上のコーギーを愛された女王ですが、すでに御年90を超えられておられる方。最後の一匹が亡くなった後、愛する者を遺して逝くのは忍びないと、コーギー愛を封印されておられるとか。

これも一つのコーギーへの愛の示し方ですね。なお、陛下が愛されたのは、ペングロークの方だったそうです。カーディガンと比べて、彼らの方が精悍に見え、護衛として頼もしそうに感じられたのかも知れません。

こんな女王陛下にあやかろうと、イギリス貴族の中では、コーギーを飼うのが一時期流行したそうです。

 

まとめ

では今回書いたことをまとめます。

  • コーギーの生まれはイギリスで牧羊犬として活躍してきた
  • ペットとしての歴史が始まったのは最近
  • コーギーの種類には「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」と「ウェルシュ・コーギー・ペングローク」がある
  • エリザベス女王の影響でコーギーを飼う人が増えた

でした。牧羊犬ならではの特徴と、そこから生まれてきた姿にご興味が湧きましたか?もし、実際にお仕事をしているところをご覧になりたければ、各地にある牧場を訪れることをお薦めします。

例えば、千葉県にあるマザー牧場などでは、ショーの一環で羊追いがありますが、そこでは羊飼いと数匹のコーギーたちが連携し、100頭以上の羊の群を自在に操り、観客を沸かせているそうですよ。

オーストラリアなどから、本場の羊飼いの方を招致されており、人犬一体となった羊操作の技を見ると、きっと彼らの良さを再認識できると思います。もちろん、普段の相棒としてのコーギーも可愛いですが、原点を確認するのも愛の一つ。

是非お近くの牧場に足を運んでみて下さい。最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント