コーギーの寿命はどれくらい?長生きしてもらう為の秘訣を徹底解説!

コーギー
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

コーギーといえば…!なんといってもあのぷりぷりのお尻が特徴的ですよね。可愛らしくて、且つセクシーだなんて、もう反則です!コーギーは足が短く体高が低いため小さく見えますが、平均体重は11〜14kgと、なんと10kgを超えていて意外と大きく運動量も多い犬種なのです。

可愛らしくてセクシーで、体格が良く体力もあり頼り甲斐がある…そんなオールマイティーなコーギーですが、実際にお家に迎え入れる際は、どれくらい長生きしてくれるんだろう…?と気になりますよね。本記事では、コーギーの平均寿命や、老化が始まってくる年齢ごとの注意ポイントをお話ししていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

コーギーの平均寿命

気になるコーギーの平均寿命ですが、一般社団法人 東京都獣医師会霊園協会の調べによりますと、平均寿命は13.3歳となっています。全体平均が13.4歳となっていますので、ちょうど真ん中くらいです。

犬の13歳は人間の70代前半にあたります。日本人の平均寿命が84歳くらいであることを考えると、少し短い気がしてしまいますね。ここ最近は動物医療が進歩したことにより犬の寿命は跳ね上がるように伸びてきたと言われていますが、それでもやっぱり日本人の平均寿命と比べると13.3歳は短く感じてしまいます。

一分一秒でも健康に長生きしてもらうためには、どんなことに注意したらよいのでしょうか?年齢ごとにお話ししていきますので、ゆっくり読んでいってくださいね。

 

愛犬が6歳〜10歳の時に気をつけること

犬の老化は、実は4歳くらいから始まっているとされますが、「白髪が増えてきた」や「動作が鈍くなった」といったように飼い主が気付くような変化が現れてくるのは、早い犬だと6歳頃から始まります。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

犬の6歳は、大体人間の40歳頃ですね。

旦那
旦那

僕は20代後半から白髪が生えてきたぞ…!?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

僕は20代後半から毛が薄く……(泣)

子犬の頃から一緒に過ごしていれば、6歳ともなると愛犬の表情から言いたいことが分かるようになってきますよね。犬はとても表情が豊かなので、飼い主から見れば愛犬がいまどんな気持ちなのか一目瞭然になってきます。

また、愛犬は飼い主のちょっとした動作で次の動きを予想して反応してくれるようになってきます。お互いの絆が深くなって、まさに以心伝心です。人間でも、カップルや夫婦は他人であるにも関わらず、長く一緒にいるとなんとなく似てきたりしますよね。

まめこ
まめこ

そういえばうちの両親も、顔まで似てきてるかも…!

その反面、6歳くらいから老化が目に見えるようになってきて、白髪が増えたり動作が鈍くなる他にも、生活習慣病がいろいろ発見されることもあるでしょう。もちろん10歳を過ぎても若々しくしている子もいますが、6歳を過ぎた頃からは健康面により気を使い、以下のことに注意していきましょう。

1年に一度は健康診断を

体に不調が現れないと、なかなか病院へは行かないものです…。しかし、犬の場合はワクチン接種やフィラリア検査の時など、健康な犬でも年に何度かは病院に行く機会があります。その機会を利用して健康診断を一緒に受けるようにしましょう。

まめこ
まめこ

愛犬にとっても、フィラリア検査などと一緒に健康診断してもらった方が、その分動物病院に行く回数が減るからいいね!

旦那
旦那

中には動物病院が大好きな強者もいるらしいが……

健康診断の内容は、一般的に便、血液、触診(手で触って診察すること)や問診(病歴や症状の有無を質問すること)などです。これらの項目であれば、ほとんどの動物病院で1万円程で検査できるでしょう。ただし、これらに加えてレントゲンやエコーも行うとすると、検査部位にもよりますがプラス1〜3万円程かかります。

ペット保険に加入していたとしても、残念ながら保険適応になりませんので、「ちょっと高いなぁ…」と感じる方も少なくないでしょう。6歳から平均寿命の13歳まで毎年健康診断を受けるとすると、確かに安くはない金額になります。

しかしもし健康診断を受けずに、病気が重くなっていることに気付かずにいたら…?入院や手術費用で数十万かかる場合もあります。結果的に健康診断で早期発見に努めた方が費用が少なくてすみますね。心臓病などは、早期に発見して早く治療を開始すれば、ごく普通に生活できるものもあります。完治が難しい病気であっても、早期に見つかれば、かなりの改善を期待できますよ。

旦那
旦那

健康診断1回1万円だとして…、

僕の飲み会代が1回5000円くらいだから……、

1年に2回我慢するだけで愛犬の健康のためになる!

まめこ
まめこ

あなたのダイエットにもなって一石二鳥ね!

元気に長生きしてもらうためには、普段の健康管理が一番大切!

食事を変えていく

ペットフードによっては高齢犬専用のシニアフードが販売されているものがありますので、そういったものを選ぶとよいでしょう。シニアフードの特徴は以下の通りです。

  • 運動量が低下し消費カロリーが減るため、カロリーを抑えている
  • 運動量が低下することで筋肉量も減ってしまいます。このため、筋肉を維持する為に必要なタンパク質が多く含まれる
  • 骨粗鬆症を防ぐため、カルシウムが多く含まれる
ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

僕の経験談をお話しすると、若い頃はステーキに茶碗大盛りのお米を食べても全然胃もたれしなかったのに、今では翌日にまで響きます…。

旦那
旦那

なるほど。そういう話はよく聞く!

まめこ
まめこ

年齢に合わせた食事内容が必要ということね。

さて、このシニアフードを使い始める時期はいつでしょう…?実は正確な答えはなく、個体によって変わってくるのです。ポイントとしては、6歳以降で飼い主が見ていて「活動性が低くなったな〜(動きが鈍くなってきたな〜)」と感じる頃から与え始めるとよいでしょう。

もし歯が全部抜けてしまったらどうしたらいい…?

歯が抜けてしまった愛犬に対して、全ての食事内容を柔らかくする方も多いのですが、実は犬は歯がなくても食事ができるのです。私たち人間は、奥の平らな歯で食べ物を嚙み潰しますよね。ここで、愛犬の口の中を覗いてみましょう。人間のような平らな歯はありましたか…?

旦那
旦那

ない…!!!

犬の歯はもともと、獲物の肉を引き裂くためのもので、食べ物を噛み潰すためのものではないのです。「えっ?食べ物を噛まないの?」と思いますよね。子供の頃「よく噛んで食べなさい」と言われてきた私たち人間からするとびっくりです。

今のペットとしての様子からは想像できないかもしれませんが、犬のルーツは狼で、群れで他の動物を狩り、それを食べて暮らしていました。野生動物の世界は厳しく、急いで食べないとせっかく仕留めた獲物を他の動物に横取りされてしまうことが多くあります。そのため、とにかく早く自分の獲物を食べてしまわなければ生きていけなかったのです。

旦那
旦那

僕の知り合いの10人家族の、おかずの取り合いみたいだ…

その頃の名残で、今でもフードを噛まずに飲み込んだとしても、きちんと消化できるようになっているのです。ただし、そうは言っても高齢犬です。消化機能は少なからず衰えているはずですので、無理のない範囲で固形のものを与えるようにしましょう。また、顎を鍛えるという意味でも老化防止の一つになりますね。

旦那
旦那

無理のない範囲と言われても…判断が難しいよ…。

まめこ
まめこ

あまりにも硬い食べ物は、歯茎を傷つけてしまうこともあるから避けてね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

大きくて喉に詰まらせてしまうようなものも、歯がないと切り裂くことができませんね。小さく分けてあげましょう。

日光浴や運動はあまり減らさない

病気などで獣医師から運動制限されていなければ、適度な運動も大切です。動かなくなると余計に足や腰などが弱くなり、老化が進むことがあります。

また、室内だけでなく外へ出て日光にたっぷり当たるというのも必要です。人間もそうですが、日光に当たることによってビタミンDが作られ、そのビタミンDがカルシウムと結びついて体へ吸収されます。カルシウム不足は犬の骨を弱くしてしまうので、天気の良い日には外で日光に当たる、毎日一緒に外を歩く…そんな基本的なことが長寿の秘訣になります。

外へ出て新鮮な空気を吸い、いつもと違う匂いを嗅ぐことで愛犬の気分転換にもなりますね。晴れた日に外をお散歩するというのは、とても気持ちの良いものです。

旦那
旦那

落ち込んでずっと家の中にいたら食べるものがなくなって、

スーパーに行こうと外に出たら、

太陽の光が気持ち良くて少し元気が出たことあるよ!!

 

愛犬が10歳を超えたら気をつけること

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

悲しい現実ですが、10歳を過ぎた子は加速的に老化していきます。

それを受け止めて、病気の早期発見・早期治療に努めましょう。

少なくとも6ヶ月に一度は動物病院へ

老化が加速的になる年齢なので、年に一度の健康診断では早期発見・早期治療が難しくなってきます。毎年少なくとも半年に一度は動物病院に行き触診や問診などを受けるようにしましょう。

犬の10歳というのは、人間で言うと50代後半くらいになります。そして、この年齢の犬の1年は、人間で言うと4〜5年にもなるのです。

還暦近くで4〜5年に一度しか健康診断に行っていないとなると、家族に怒られてしまいそうですよね。早期発見のためにも、半年に一度は健康診断に連れていきましょう。

動物病院へ連れて行くだけでなく、飼い主自身にできることもたくさんあります。毎日の食事の食べ方、排泄物のチェックはぜひ行いましょう。

食事の量は若い時に比べると少なくなるのが普通ですが、極端に少なかったり、逆に食べても食べてもお腹を空かせるような場合には、何か異常があるのかもしれません。早期発見のためにも、10歳以降は異変を早めに察知する飼い主の気配りが大切です。

 

老犬との付き合い方

犬も人間と同じように、年を取ると耳が聞こえにくくなったり目が見えにくくなったり…いろんな問題をかかえるのが普通です。そんな愛犬に合わせて、飼い主ができることもたくさんあるのでぜひ参考にしてみてください。

耳が遠い犬との会話方法

耳が聞こえなくても、わずかな振動を感じ取ることができる場合もあります。大好きな飼い主の振動は、上手にキャッチします。近づく時には、わざと足音を大きくして振動を伝えるのもいいでしょう。

旦那
旦那

集合住宅に住んでおられる方は常識の範囲内で……!

また、名前を呼んでも気付いてくれないような場合には、視覚を使って触れ合うとよいでしょう。犬の視力は0.2〜0.3程度と言われています。数値だけみると目が悪いように感じますが、実は犬の視力0.2〜0.3と人間の視力0.2〜0.3は全然異なります。

まず、犬と人間では視野(見える範囲)が異なります。顔を動かさずに前を向き、自分の視野を確認してみてください。大体180度くらいが限界ではないでしょうか?ところが犬は250〜270度の範囲を見渡すことができるのです。また、犬は人間の4倍の動体視力を持つと言われています。

したがって、耳が遠い犬でも、近くへ寄って大きく動きながら近づいて行くと気付いてくれる確率が高くなりますね。視野が広く動体視力も優れている犬は、きっと私たち人間とは全然違う世界が見えているのでしょうね。同じ空間にいるのに、ちょっと不思議です。

まめこ
まめこ

もともと牧羊犬だったコーギーのことだから、遠くにいる飼い主の指示を上手にキャッチできるように、広い視野と動体視力を駆使してお仕事していたんだろうな〜

目が見えない犬との会話方法

視力を失っても、犬は聴覚や嗅覚で十分に楽しく暮らせます。飼い主は鈴など音がするものを身につけるといいでしょう。犬は音で誰が近付いたかを知り、安心できます。

みなさんも一度は聞いたことがある言葉かと思いますが、音の単位は「Hz (ヘルツ)」で表します。この数値が低ければ低い音、高ければ高い音を表します。

人間が聞くことができる範囲は20〜20,000Hzと言われているのに対し、犬はなんと15〜50,000Hzの音を聞き取ることができるのです。人間よりも聴覚が優れているのがよく分かりますね。聴力がしっかりしている子であれば、家族がそれぞれ違う音色の鈴をつけたり鈴の数を変えたりしても、区別ができる子もいます。

まめこ
まめこ

よく玄関の扉が開く前から飼い主の帰宅に気付いて、真っ先にお出迎えに行く子のお話を聞く!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

大好きな飼い主さんの音だからこそ、よく覚えているのでしょうね。

旦那
旦那

まめこはよく鼻歌うたいながら行動するからすぐ分かる…

また、視力がなくても室内の慣れた場所では普通に行動する犬が多いようです。しかし、家具などの配置を変えたり引っ越したりするとそれができなくなりますので、視力が落ちてきた老犬が家族にいる場合には、なるべく生活環境を変えない努力をしてあげてくださいね。

歩行が困難になった場合は、補助道具を使ってみよう

足腰が悪くなり歩くことが難しくなった場合には、犬の腰の部分を固定して支えてあげられる商品が市販されています。後ろ足さえ支えれば歩行ができる場合には、ちょっとした散歩や、病院に行く際の移動に使えます。

胴長のコーギーは特にヘルニアで腰を悪くすることが多いので、こちらのアイテムは役に立つかもしれません。愛犬も、自分の肉球で地面を踏むことができるので、良い刺激になりますね。

まめこ
まめこ

近所のおばあさんも、

「足は悪くなったけどまだなんとか自分で歩けるから、杖を使って散歩するのが毎日の楽しみ!」って言ってた!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

補助してあげれば歩けるのであれば、やっぱり自分の足で歩かせてあげるのがいいですね。

旦那
旦那

足は第二の心臓って言うしね!

足裏健康法っていうのも聞いたことある!

また、全く歩けなくなったとしても、飼い主と外へ出かけるのは愛犬にとってとても嬉しいことです。こちらのようなカートを使うと飼い主の負担も減りますので、たまに日光浴で外に出してあげましょうね。

旦那
旦那

日光浴はビタミンDが作られるから骨にもいいんだよね!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

先ほどお話しした内容をきちんと覚えているようですね。

さすがです。

参考:ウエルシュ・コーギーのしつけと飼い方(主婦の友社)

 

愛犬の別れとペットロス

元気で暮らしている時にはあまり考えたりしないものですが、いつかは必ず愛犬とお別れの時はやってきます。犬を飼っている人であれば、避けることはできない現実です。出会いがあれば別れもある…と言いますが、やがて「その日」が訪れたなら、これまでたくさんの笑顔と幸せをくれた感謝を込めて愛犬を見送ってあげたいものですね。

見送り方には、こうしなければいけないという決まりはありません。動物専門の葬儀を行ってくれる会社やペット霊園も数多くあるので、そういったところに供養をお願いする飼い主が多いようです。こちらに詳しい情報が載っていますので参考にしてください。

犬のお葬式の依頼方法や費用について徹底解説。笑顔でお別れするために

愛犬の見送りをしてから、しなくてはならない手続きが残っています。それは、亡くなって30日以内に畜犬登録をしている市区町村に犬の死亡届を提出することです。死亡届とともに犬鑑札、狂犬病予防注射済票も返却します。

長年一緒に暮らしてきた愛犬を失う悲しみはとてもとても耐え難いものです。愛犬とのお別れからなかなか立ち直れない人も少なくありません。「ペットロス」とはこのようにペットを失った悲しみのことを言います。

そんな時には、家の中にいつでも愛犬と向き合える場所を作ってみましょう。人間のお仏壇のように、愛犬の写真や遺骨、好きだったおもちゃ、おやつなどを添えて、思う存分愛犬のことを考えてあげられる場所を作ってみてください。そうやって少しずつ現実を受け止めていきます。

もちろん愛犬を失った悲しみは忘れたり消したりできないものですが、愛犬との思い出も決して消えることはありません。泣きたい時に思い切り泣いて、愛犬のことをたくさん考えて、悲しい気持ちにも向き合っていけば、少しずつペットロスから抜け出すことができるはずです。飼い主さんが元気を取り戻してくれることを、旅立った愛犬もきっと望んでいるはずですよ。

ペットロスについて詳しいお話が載っていますので、こちらも読んでみてくださいね。

愛犬を亡くしペットロスになってしまうのが怖いと感じたら

 

まとめ

  • コーギーの平均寿命は13.3歳
  • 6歳を過ぎた頃から老化が飼い主の目に見え始めます。食事や運動など、気配りを大切にしましょう。
  • 10歳を過ぎたら半年に一度は健康診断に行きましょう。早期発見・早期治療が大切です。
  • 耳が遠い子は犬特有の視野と動体視力を生かして会話しましょう。
  • 目が見えない子は犬特有の聴力を生かして会話しましょう。
  • 足腰が弱ってきたら専用の補助道具を使ってあげるのがおすすめです。

愛犬との13年間。「短い」と感じる方がほとんどだと思いますが、一分一秒を大切にして過ごせば、必ず素敵な13年間になると思います。

愛犬の健康には、早期発見・早期治療がポイントです。後悔のないように、自分のできる範囲で愛犬と楽しいペットライフを過ごしていきましょう。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント