コーギーのカラーは何色?人気カラーや呼び方は?色別の性格も調査!

コーギー
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

クリクリの目に大きな耳、そして何といってもプリップリのお尻!コーギーって可愛いですよね。

コーギーは日本でも人気で、知名度も高い犬種です。そんなコーギーのカラーと言われて皆さんがイメージするのは、茶色っぽいカラーでしょうか、それとも黒っぽいカラーでしょうか。どんなカラーがあるのか、模様にも種類があるのか、いろいろ気になりますよね。

そこで今回は、気になるコーギーのカラーについて調査してみました。

 

スポンサーリンク

コーギーのカラー

コーギーには「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」と「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の2種類がいます。コーギーの種類については、こちらで詳しくご紹介しています。

コーギーの種類は何種類?違いを徹底解説!知りたい情報まとめ

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークにはレッドセーブルフォーンブラック&タンのカラーが、ウェルシュ・コーギー・カーディガンにはレッドセーブルブルー・マールブリンドルのカラーがあります。

それぞれのカラーについて詳しく見ていきましょう。

レッド(レッド&ホワイト)

真っ赤と言うわけではなく赤茶色のことを指すカラーで、濃い茶色に近い濃いカラーから薄い目のカラーまで幅広くレッドと言います。赤茶色の濃さが成長するに従って変わることもあるようです。

旦那
旦那

日本では一番メジャーなカラーだよね

まめこ
まめこ

コーギーというと、このカラーを思い浮かべる人が多いんじゃないかしら

白い色(マーキング)が混じることもあるのでレッド&ホワイトということもありますが、白い色はあってもなくてもかまいません。白い色がある場合は、額や口元、首回り、胸元からお腹、お尻、足先などに入りますが、白い色が多すぎるとミスカラーとされます。

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」と「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の両方にあるカラーです。

セーブル(セーブル&ホワイト)

レッドに似ていますが、先端に薄っすらと黒い色が混じったカラーです。赤茶色の地色の中に毛先だけが黒い毛がところどころ混じり、グラデーションのように見えます。

旦那
旦那

あまり聞きなれないカラーだね。

まめこ
まめこ

色自体は珍しい色ではないのよね。ポメラニアンとかボーダーコリーとかによく見られるカラーといえばピンとくる人も多いんじゃないかしら。

先端の黒い色は、成長するに従って濃くなったり薄くなったりすることがあるようです。「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」と「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の両方にあるカラーです。

フォーン(フォーン&ホワイト)

フォーンというのは英語で小鹿のことで、小鹿のような黄色っぽい薄い色を指します。多くの犬に見られるカラーですが、コーギーでは珍しいカラーで、日本ではあまり見かけることはないようです。

白い色が混じることもあり、その場合はフォーン&ホワイトとも呼ばれます。
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」と「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の両方に見られるカラーです。

ブラック&タン(ブラックタン&ホワイト、トライカラー)

黒地にタン(薄い茶色)が混じるカラーで、日本では珍しいカラーです。白い色が混じることもあり、その場合はブラックタン&ホワイトトライカラー(二色をバイカラーと呼ぶように、三色で構成されたカラーのこと)とも呼ばれます。

タン色は目の上、口元、首回り、胸元、足元、しっぽの下の部分やお尻回りに入ります。中には眉毛のようにタン色が入り、マロ眉になる子もいるようです。「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」のカラーで、「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の場合はブルー・マール(黒地の部分に灰色の模様が入る)になります。

まめこ
まめこ

マロ眉の子って可愛いわよね!

旦那
旦那

タンって何のことかと思ったら、色の種類なんだね

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

タンという色の名前は、革のなめしに使う樹皮「タナム」にちなんで付けられたと言われているんだよ

ブラックヘッドとレッドヘッド

さて、黒色とタン色が混じるブラック&タンですが、更に細かく「ブラックヘッド」と「レッドヘッド」という2種類に分けることができます。これは頭部に黒い色があるかないかの違いです。

実はブラックヘッドのコーギーは掛け合わせるのがとても難しく、希少だと言われています。これは犬の毛色を決める遺伝子が関係しています。

コーギーの黒い色は、両親から一つずつ受け取る遺伝子の両方に黒色の要素がないと現れません。もし両親ともにブラック&タンであっても、体のどこか一部に黒が入ったブラック&タンのコーギーが生まれるのは4分の1の確率、さらに黒色が頭部に現れるのは16分の1の確率と言われています。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

加えて、子犬のときはブラックヘッドだった子でも、成長するにしたがってレッドヘッドに色が変わっていく子もいるんだよ。

まめこ
まめこ

じゃあ、実質的にはブラックヘッドの子は16分の1よりもっと希少ってことね。

国内にはブラックヘッドを研究しているブリーダーさんもいるようなので、もしブラックヘッドの子をお迎えしたい場合は、そういったブリーダーさんのところでお迎えするとよいでしょう。

希少性はさておき、ブラック&タンのコーギーをお迎えすれば、成長過程での色の変化も楽しめるかもしれませんね。

ブルー・マール

ウェルシュ・コーギー・カーディガン」に見られるカラーです。マールというのは大理石のような縞模様の毛パターンのことで、ブルー・マールというのはルー(灰色)の縞模様のカラーを指します。

マール遺伝子という縞模様を出す遺伝子の作用で、トライカラー(黒、薄い茶色、白の三色のカラー)の黒の部分にブルー(灰色)が混じることで表れるカラーです。

ブリンドル

ウェルシュ・コーギー・カーディガン」に見られるカラーです。黒、茶色、タン(薄い茶色)、ゴールドが虎の縞模様のようなパターンで表れたカラーのことで、別名「タイガーストライプ」とも呼ばれます。

聞きなれないカラーですが、フレンチブルドッググレートデンでよく見られるカラーと言えば、イメージがわきやすいかもしれませんね。

 

まとめ

  • コーギーには「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」と「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の2種類がいる
  • 「ペンブローク」にはレッド、セーブル、フォーン、ブラック&タンのカラーがある
  • 「カーディガン」にはレッド、セーブル、ブルー・マール、ブリンドルのカラーがある

コーギーには、街中でよく見かけるカラー以外にも種類がたくさんあるのですね。どんなカラーの子でも我が家の子が一番ですが、これからコーギーを飼いたいと思っている方は、この記事でどんなカラーの子が欲しいかイメージしてみるのもいいかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント