コーギーのかかりやすい病気は?これを覚えておけば安心まとめ!

コーギー
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



ぷりぷりなお尻にキツネの様な立ち耳、胴長短足もご愛嬌キュートで優しいお顔のコーギー犬。日本でも人気が出てきているようですね!

愛犬が病気になってしまったらとても悲しいですよね…ずっと健康で居て欲しいと願いますが、ワンちゃんも生きているので病気にかかります。
今回はコーギー犬がかかりやすい病気について調べていきたいと思います。原因が分かれば、予防をする事も出来ますよね!

 

スポンサーリンク

コーギーがかかりやすい病気

変形性性脊髄症(へんけいせいせきついしょう)【DM】

変形性性脊髄症は、目に見える症状が椎間板ヘルニアとよく似ていると言われています。後脚の麻痺歩行時にふらつく等の症状が見られます。症状が進んでいくと前脚が弱くなって立ち上がるのも困難になり、呼吸がしずらくなります。

10歳位から発症しやすいと言われており、痛みはあまり伴わず個体差はありますがゆっくりと進行して行くと言われています。原因は見つかっておらず、遺伝子疾患、免疫介在性疾患、代謝性疾患等とは言われていますが確定したものはありません。

現時点ではコレと言った治療法が見つかっておらず、症状の進行度合いによってサプリメントを飲んだり犬用歩行補助器(車椅子)を使ったりすると言う流動的なものが主流です。

犬用歩行補助器や車椅子

このような車椅子で筋力低下を防ぎ、適度な運動をしてリハビリをしていくと良いです。ワンちゃんもリフレッシュ出来ますね。

車椅子を使用する際、最初はワンちゃんに負担がかからないように短時間の使用から始めると良いです。車椅子は、レンタルオーダーメイドなどワンちゃんに合うものをしっかりと選んであげることが大切です。

まめこ
まめこ

無理矢理合わせるのではなくって、少しずつあうものを見つけていくのね〜。

旦那
旦那

俺の靴もキツくなってきたなぁ…

まめこ
まめこ

あなたは自分のお小遣いからかってね〜!

椎間板ヘルニア

コーギーの特徴でもある胴長短足は、見た目にはとても可愛いのですが椎間板ヘルニアにとてもなりやすいのです。ダックスフンドも同じくこの病気になりやすいです。

生まれつきや軟骨が弱い「軟骨異栄養性犬種」なのです。この病気は痛みが伴い背中を撫でると「キャン!!」と鳴くこともあります。痛がっているワンちゃんを見るのは辛いですよね。

まめこ
まめこ

ワンちゃんは言葉を話せないから、痛みを伝えることが難しいのよね…

旦那
旦那

俺はいつも君に愛を伝えているよ!

まめこ
まめこ

…さぁ、原因は何なのかしら?

椎間板ヘルニアの主な原因は老化です。背骨はいくつもの骨が繋がっていてその骨の間に軟骨組織があり、それを椎間板と言います。椎間板はクッションのような役割があります。
なんらかの原因で軟骨が変形してしまい、神経を圧迫してしまいます。
また、太り過ぎていたりたて抱き二本足で立たせるなども悪化させる原因となります。
悪化すると排泄のコントロールが出来なくなって膀胱炎になってしまう事もあります。軽度の場合はステロイドなど、内服薬で治療をしていきます。
重度になると手術が必要となりますが、手術をしても麻痺が残る場合もあります。愛犬には無理のない姿勢をさせてあげる事や適切な運動健康的な食事体重の管理をしてあげる事が大切ですね。

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)

股関節形成不全は、遺伝が主な原因だと言われています。成長期のコーギーさんにみられやすい病気です。

足を引きずったり、後脚をぴょんぴょんとするような行動が見られたり知らないうちに脱臼を起こしてしまいます。これはとても痛みがある為、コーギーさんは元気が無くなってきます…

症状が軽い場合は内科の治療で治る事もありますが、症状が重い場合は手術が必要となります。こちらも体重の管理足の裏をキレイにする、滑りにくい床にするなどをしてあげると良いですね。

まめこ
まめこ

ただ可愛いだけでワンちゃんを飼うことは良くないことね…

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

きちんとした飼育環境を整える事が大切ですな。もちろん愛情をたっぷり注ぐ事は前提じゃよ!

 

まとめ

  • 体重の管理をしっかりとする
  • 滑りにくい床などの環境を整えてあげる
  • 病気になった場合はしっかりと病院で診てもらう
  • 適切な処置をしてあげる

コーギーは胴長短足で首や背中の病気にかかりやすいワンちゃんです。少しでも変だな?と思ったら、獣医さんで診てもらいましょう!

いつまでも元気に走り回る姿を見ていたいですね。ワンちゃんが元気だと、飼い主さんも自然と力が湧いてきます。沢山の愛情を注ぎ、決して後悔のないワンちゃんとの生活を送りたいですね!

最後まで読んで頂きありがとうございます。少しでもお役に立てれば幸いです。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント