オカメインコの体重管理は大変?太り過ぎない為にどうしたら良いの?

オカメインコ
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

愛らしくて、穏やかな性格のオカメインコですが、飼い主さんの中には、最近うちの子なんだか丸くなってきたみたいで、もしかして太り過ぎ?なのかも…と、体重についてご心配な方も多いのではないでしょうか?

ご飯を食べる仕草って、とっても可愛くて、見てるとついつい好きな物をたくさんあげたくなっちゃうんですよね。しかし、日頃から愛鳥の体重を把握しておくのは、いち早く体調の変化や、病気の早期発見につながるとても大切なことです。皆さんは、毎日の体重測定はしていますか?

 

スポンサーリンク

オカメインコ うちの子の体重ってどうなの?

オカメインコの平均体重は、80gから100gが標準とされています。と言っても骨格の違いもあり、平均的な数値ですので、その個体によって標準体重は変わってくるでしょう。なので、一般的な標準体重から外れていたとしても、元気で食欲もあるならあまり神経質になる必要はないと思います。

人だって、同じ親から生まれた兄弟でも、身長の高い、低いはありますよね。その鳥にとっての適正体重は、骨格によって異なってきます。

個体差によっての体重って?

実際に友人が飼っているオスのオカメインコは97g、メスのオカメインコは64gです。同じオカメインコなのに、こんなに体重の差があるの?と、驚かれた人も多いかもしれないですね。

友人宅のオスは、平均的な骨格で標準的サイズですので、体重も少しオーバー気味ですが、100gを超えないように気をつけているそうです。体重も雛の時から定期的に測っていて、3歳までは95g前後の体重をキープしていたそうです。

本来なら毎日決まった時間帯に測定し、記録していくのが望ましいのですが、ついつい忙しくしていると、時には忘れてしまうこともあるんですね…(汗)

そんなおサボりしていた頃、最近一回り大きくなったような?と、思って体重を測定すると、なんと106gあったらしくて、いやぁーびっくり仰天したそうです。

そろそろ健康診断の時期だったので、雛の時からお世話になっている診療所で診ていただくと、先生からは太り過ぎでぷよぷよしてると、指摘されてしまいました。

ひまわりとか脂肪の付きやすい餌を与えすぎていないか、どのくらいの量をあげているのか、放鳥はどのくらいしているか等、色々とアドバイスをいただき、その時先生から提案されたのが、フォージング(餌探し)でした。

 

オカメインコのフォージングとは?

フォージングとは餌を自分で探して食べるという事です。本来野生の小鳥は、自ら餌を探し求め食べられなければ、命の危機に関わります。ペットとして飼われている鳥は、目の前に与えられる餌を食べているだけなので、危機感がない、そして退屈なんだそうです。

最初は家にあるおもちゃに、餌を忍ばせてみたり、丸めた紙に餌を包んでみたりしたものでもOKです。今はインコや小鳥の飼育グッズでフォージングトイという物が色々売られています。

こちらにご紹介しておきますので参考になさってください。オカメインコも楽しく遊べて、気分転換にもってこいです。オカメインコのおもちゃとして、一つあると良いですよ。

何気なく遊んでいたら、餌にありつけたという様に、遊びながら餌を探して食べる様に仕向ける事で、ダイエット効果や、ストレス解消にもなるという事でした。

友人宅のオスは最初、あまり興味を持ってくれなかったそうですが、少しずつ餌の量を減らし、ひまわりは発情の誘発も気になったので、与えるのをやめ、おやつも時々にして、自然と様子を見ていたら97g前後で維持できるようになったと聞きました。

まめこ
まめこ

フォージングってインコはした方がいいの?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

野生の鳥は、日中の起きている間は、採餌にほとんどの時間を費やすといわれているのだよ。

まめこ
まめこ

確かに人に飼われている鳥は、上げ膳据え膳だよね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

つまり餌を探し回る必要がなく、1日が退屈で暇だから、毛引きや問題行動につながることもあるんだよ。

旦那
旦那

なるほど、だから遊びの中から餌を探して食べるという仕事を与えるわけだね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうそう、自分で探して餌を食べる事で、食べ過ぎも防げるんだよ。

まめこ
まめこ

やってみる価値はありそうだね。

 

オカメインコの体重が増えなくて不安 もしかして病気?

太り過ぎのオカメインコとは反対に、体重の少ない個体もまた、飼い主にとっては、とても気になる事だと思います。よく体重が70g台しかなくて、どこか病気なのかと心配して相談されている記事などをみたりします。

体重が普段よりも落ちていく様な時は、何かしら病的な事が関係している可能性もあるので、いち早く病院で見てもらう必要があるでしょう。

しかし、飼いはじめてから随分経つのに、ちっとも大きくならないし、平均的な体重の数値よりも小さいとなると、どうして大きくならないんだろう?どこか悪いところがあるのだろうか ?と、だんだんと心配になってきたりしますよね。

餌もよく食べ、元気で変わった様子がなければ、個体自体がもともと小さい、骨格の小さな子ではないかということを、一度確認してみると良いと思います。

一羽飼いだと、なかなか比べる対象がなく難しいかもしれませんが、バードショップなどを覗いてみたりして、自分の飼っているオカメインコの大きさを比べて見てみると、うちの子って少し小さめなのかも?と、気付くこともあると思います。

また動物病院で、骨格の大きさ、脂肪や筋肉のつき方も診てもらい、その鳥さんの骨格から適正体重を知ることも大切なことです。

できたら動物病院でも、鳥を専門に診ている病院に行かれるのをオススメします。中途半端に鳥も診れますぐらいの病院では、返って不安になる事もあるのでオススメしません。

小さくてもそれは個性

友人のメスのオカメインコは、お迎えした生後2ヶ月の時に初めて小鳥の診療所で見てもらいましたが、その時先生から「この子は元々の個体が小さいので、体重はおそらく70gもいかないと思いますが、心配しなくても大丈夫です。小さいだけで、どこも異常はないですよ。」と言われたそうです。

現在64gしかない小さなオカメインコですが、特に不安もなく安心していられるのは、先生の「小さくても異常は無いですよ」という言葉と適正体重を知っていたからでしょう。

そんな小さなオカメインコも、発情の時期になると無精卵ですが卵を産みます。昨年は、卵を6個産んでも発情が収まらず、体に負担がかかるので心配になり、小鳥の診療所で診てもらったところ、

その時の体重は66g〜70g、体重が増えると卵を産む確率が増えるので、「卵を産み終わったら、少しひもじいくらいで、餌の量を減らして70gを超えない様にして下さい。」と言われたそうです。

卵がお腹の中で作られ始めるとすぐに体重で解ります。特にメスの場合は、産んだ日の体重から産卵前には4g〜5g増えるんです。体重測定はやっぱり大切ですよね。

現在は64gをキープしています。友人のメスのオカメインコのベスト体重です。オスのオカメインコと一緒に並んでいる姿をみると、オスのオカメインコが巨大に見えてしまいますが、本当はメスのオカメインコが小さ過ぎるのだと思います。

体重測定を日課にして記録する

愛鳥の健康管理には、体重測定を日課にして、きちんと記録する事が、いち早く体調の変化に気づく鍵となります。3、4日忘れてしまうことも時々ありますが、お迎えしてからの体重の記録はずっとノートに付けておくと良いですよ。

自分のやりやすい方法で習慣づけるようにしましょう。また普段与えている餌もシード派、ベレット派、それぞれやり方があると思いますが、ひまわりや麻の実などは脂肪分も多く、与え過ぎると太る原因になります。

市販のミックスシードの中には、ひまわりの含まれている物が大半です。それもかなりの量が入っているのて、とても気になりませんか?中には、ひまわり無しのミックスシードもあるので探してみると良いと思います。

体重が増えすぎて気になる場合や、発情期などは、ひまわりの種は取り除いて与えない様にしたり、反対に羽の換羽期には、栄養が必要なので、与えてりして調整する工夫も大切だと思います。

 

まとめ

  • 標準体重はあくまでも目安であって、骨格によって体重は様々
  • フォージングをうまく使って、鳥さん自身で体重管理
  • 小さくても個性・自分の愛鳥の適正体重を知れば安心
  • 体重測定を日課にして記録する

平均的なオカメインコの体長は30センチ~35センチ、体重は80g~100gですが、必ずしもこの範囲内ということではありません。個体によっては大きい子、小さい子、それぞれ個性があります。

一番大切なのは、元気で食欲もあり健康であるなら、あまり神経質にならないというこです。飼い主の不安や心配は、鳥さんに限らず、ベットは敏感に読み取り伝わります。いつも明るく、愛情を持って接してあげたいですね。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント