オカメインコの色と品種どこが違うの?カラーバリエーションについて

オカメインコ
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

オカメインコといえば、黄色のお顔にオレンジ色のほっぺが印象的なイメージを最初に思い浮かべますよね。でも最近は、SNSなどの投稿でも多彩なカラーのオカメインコを見るようになりました。
へえ〜こんなのオカメインコがいるの〜?って実際に私も驚きましたが、珍しい羽のカラーやほっぺが赤くない子などなど、一体どんなカラーバリエーションがあるのかしら?と、少し気になったので調べてみました。オカメインコを飼いたいと思っている方は必見⁉︎一緒にみていきましょう。
スポンサーリンク

オカメインコは色の違いを品種で楽しもう!

もともとオカメインコは、茶、グレー、黒を発色するメラニン色素と、黄色から橙色を発色するリポクローム色素2つの色素しか持っていないそうです。

オカメインコの原種はノーマルグレーで、現在も故郷のオーストラリア大陸では原種のオカメインコが自由に大空を飛び回っています。

体は濃いグレーで覆われ、頭の部分の黄色とオレンジの姿をみると2つの色素しか持っていないことが良く分かると思います。そのため派手さはありませんが、微妙な色の変化の違いをさまざまな品種として楽しむことができるのです。
日本では、白オカメの愛称で人気となったルチノーが今も根強い人気の品種カラーとなっていますが、他にもパイドパールなど魅力的なカラーがたくさんあります。どんな品種カラーがあるのか見てみましょう。

オカメインコの色に派手さは無くとも多彩なカラー

ルチノー

代表的なカラーのルチノーは、ボディーはクリーム色で顔と王冠は黄色、白オカメと呼ばれています。オレンジ色のチークパッチがオスメスともに強調され、とても可愛いですよね。クチバシと足はピンク色です。ヒナの時は赤目をしていますが、成鳥になると赤目の色が濃くなり黒目に近い「ブドウ目」となることが多いです。
成鳥のオスとメスの性別を識別することは難しいですが、よく見るとメスの尾羽の裏側には黄色の縞模様が残っています。また後ろから見た時に黄色のパール模様がにあるタイプは、ルチノーパールでルチノーとルチノーパールの両方の遺伝子を持っています。
ルチノーはハゲの子が多いと言われ、王冠の下がハゲている事があります。これは病気ではなく遺伝的なものです。血統管理されたルチノーは完全ハゲでは無くスダレ状に羽毛で覆われています。
  • 成鳥のオスとメスの外見上の違い

オス  尾羽は体色と同じクリーム色

メス  尾羽は黄色の縞模様

まめこ
まめこ

ルチノーのハゲは、大量繁殖個体ではハゲの面積が特に大きいらしいわよ〜

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

‥‥‥。

まめこ
まめこ

やだ〜先生の事を言ってるんじゃないわよ

旦那
旦那

プッッ…!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

‥‥どうせ面積大きいですよ‥‥。

まめこ
まめこ

だから、先生の事じゃないってば!!

ノーマルグレー

オーストラリアに生息している原種の色彩と模様の品種ノーマルグレーです。綺麗な黄色い顔に鮮やかな赤いチークパッチ、白い翼帯、そして全身が灰色の羽毛をしています
メスは、顔全体にも淡いグレーに黄色がわずかに混じっているような色合いをしており、チークパッチもはっきりしていません。オスは、成鳥すると明瞭な黄色の顔に明るいオレンジ色なので、オスメスの違いが判断できます。
ノーマルグレーでも、首や頭の後ろの羽毛にティッキングと呼ばれる小さい白や黄色の色抜け部分がある場合は、パイドの遺伝子を隠し持っていることを意味するそうですよ。
最近ではノーマルグレーをショップで見かけることが少なくなりました。ノーマルグレーのメスは、とても綺麗なグレーとシルバーの色合いで落ち着いた上品な雰囲気があります。とても素敵なので、見かけたら是非チェックしてみてくださいね。
ショップで見かけなくなった理由は、おそらく色変わり同士の繁殖が一般的になり、その結果ノーマルグレーがあまり生まれてこなくなったからかもしれませんね。
原種のノーマルグレーといえば、オカメインコを飼っている人は、実際に大空を飛んでいる野生のオカメインコを見てみたいと思う人は多いはずです。オーストラリアでの野生生活を綴った本を見つけましたので、参考に載せておきます。
  • 成鳥のオスとメスの外見上の違い
オス
顔が鮮明な黄色
チークパッチが鮮やか
風切羽はグレー色

メス

顔がグレーにわずかに黄色
尾羽に黄色の縞模様
風切羽に黄色のスポット模様
ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

もともと色変わり品種はすべてノーマルグレーが色の変化、模様、顔色に対して優勢に作用し変異したものなのだよ。

まめこ
まめこ

へぇ〜知らなかった。不思議ね〜

パイド

体中のあちこちでメラニン色素が作用した影響で色落ちし、クリーム色がまだら模様になったタイプです。ひとつとして同じ模様がないため、とても人気がある品種です。
人の身体で言うと、まるでホクロの入り方のような感じで個性を表します。だから模様の入り方の大きさや色の濃い薄いなど、それによって呼び名もたくさんあります。ここまでという線引きもないので、専門家でも判別がとても難しいです。おおよそ〜だろうという判断になるのではないでしょうか。
パイドは色抜け度合いに応じて3つに分類されることがあるそうです。「ライトパイド」は色抜けが少なくグレー部分が勝っているタイプです。また、グレーの色合いが薄い「シナモンパイド」も人気があります。
友人の家にいるオカメインコはシナモンパイドですが、優しい暖かみのある色合いで、個人的にはとても好きな色合いです。
ヘビーパイド」は色抜けが進みクリーム色が勝っているタイプです。特に色抜けが左右対称で見事な場合をリバースと呼ぶそうですよ。見かけることは滅多にない希少種になります。ノーマルカラーに近い色であれば、オスメスの判別が可能といわれています。
  • 成鳥のオスとメスの外見上の違い

オス
色抜けが少なければ、
ノーマルカラーと同じ基準

メス
色抜けが多いと識別困難

シナモン

メラニン色素が色変わりして茶色っぽくなったタイプで、それ以外の特徴はノーマルグレーと一緒ですが、赤やオレンジ色を作っているリポクローム色素が強調されています。
メスの顔色はノーマルグレーより黄色みが強いともいわれています。オスとメスの顔の黄色味の差は明瞭で性別の識別がしやすいです。
ぱっと見は、ノーマルグレーが全体的に薄くなったように見えるので、シナモンという品種を知らない人は、ノーマルグレーと勘違いする人もいるかもしれませんね。しかし、うっすらと茶色味のかかった薄いシルバー色は優しい印象を醸し出しています。
シナモンは「イザベラ」と呼ばれる事もあり、暖かみのある色合いが好まれて非常に人気がある品種です。ヒナの時はブドウ目ですが、成鳥するに従って色が濃くなって黒目になり、クチバシや足の色はノーマルグレーと同じようにグレーかかっています。
  • 成鳥のオスとメスの外見上の違い
オス
顔が鮮明な黄色
尾羽はシナモン1色
風切羽はシナモン1色
メス
顔がシナモンにわずかに黄色
尾羽の裏は黄色の縞模様
風切羽に黄色のスポット模様

パール

羽毛1枚1枚単位でメラニン色素が作用して色落ちし、発色したクリーム色がさざ波のようなまだらになったタイプです。欧米では、この模様を貝殻のようなレース飾りと表現するみたいですよ。確かに言われてみれば、レース編みのような雰囲気はありますよね。
全体的にリポクローム色素(黄色)がパールはノーマルよりも強く影響する傾向があります。なかでも強く黄色が発色していると「ゴールデンパール」白く淡い雰囲気だと「シルバーパール」と呼ぶ事もあるそうです。ノーマルがシナモン色に変われば「シナモンパール」となります。
まめこ
まめこ

パールでも色々なカラーの変化でたくさんの呼び名があるのね〜

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

パールの特徴は、成鳥のオスでは次第に模様が消えてしまい、ノーマルのようになるんですよ。

まめこ
まめこ

えっ、そうなの?知らないとヒナの時は確かにパールだったのに、おかしいわね?ってなるよね?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

男性ホルモンの分泌がメラニン色素を増加させることによると考えられていて、高齢鳥になると再びパール模様が蘇る事もあるんだよ。

まめこ
まめこ

ヘェ〜不思議。

しかし、一部ではパール模様が残っているタイプの成長のオスも生まれているようです。ルチノー遺伝子とパール遺伝子を両方をもつ場合には、クリーム色の地に濃い黄色のパール模様が出て「ルチノーパール」と呼びます。この場合でも、オスは成鳥になると模様が消えてしまいます。
  • 成鳥のオスとメスの外見上の違い
オス
ノーマルと同じ基準
成長ではパール模様が消える
メス
ノーマルと同じ基準
成長ではパール模様が残る

パールパイド

パールパイドの2種類の遺伝子を受け継いで、パールがパイドのグレー部分に表れたタイプです。パイドの入り方の度合いにより、通常のパールかパールパイドであるかは素人では判断しにくいです。

オスのパールパイドは成鳥に伴いパール模様が目立たなくなり、パイドとほとんど見分けがつきにくくなることがあるそうですが、パールの遺伝子を持っているため、品種はパールパイドとなるそうです。

また、ざっと翼を閉じた形を背後から見て、パールパイドはグレー色の風切羽が色抜けしていて、色抜けしていないのがパールと判断するようです。シナモン色に風切羽の部分が変化していれば、シナモンパールパイドとなるそうです

  • 成鳥のオスとメスの外見上の違い
オスメス
ノーマルと同じ基準
色抜けの具合で識別不能である場合が多い
まめこ
まめこ

ここまで見ていくと、専門家や飼い主しか、細かな色の変化を見分けるのは難しそうよね〜

旦那
旦那

確かに〜俺なんかさっぱりわかんないし、みんな可愛いくて一緒に見えちゃうんだけどなぁー。

まめこ
まめこ

あなた、可愛い子ならみんな好きだもんねー

旦那
旦那

いや、俺はまめこが一番好きだよ!

まめこ
まめこ

はっ! どの口が言う‥‥

ホワイトフェイス

顔部分だけではなく全身でリポクローム色素(黄色)が欠けたタイプで、オカメインコの顔の特徴であるオレンジ色のチークパッチが消えています。顔が白いので「ほおじろオカメ」と呼ばれることもあるそうです。

一見地味ですが、シックな美しさで人気のある品種です。成鳥したオスは、見事に色が抜けるため白い顔ですが、メスは、ノーマルグレーの場合と同じように少しぼやけた感じになります。また、ホワイトフェイスの特徴を持ち、羽の模様にパールの入ったタイプを「ホワイトフェイスパール」と言います。

姿・形はどう観てもオカメインコなのに、オカメインコの特徴のチークパッチが無いと、とても上品な雰囲気ですよね。本来は暖かい国の鳥ですが、このホワイトフェイスのタイプは、まるで雪の降る北国の鳥のようなイメージを感じさせます。

  • 成鳥のオスとメスの外見上の違い
オス
顔が鮮明な白色
尾羽はグレー色
風切羽はグレー色
メス
顔がグレーにわずかに白色
尾羽に黄色の縞模様
風切羽に白いスポット模様

ホワイトフェイスルチノー(アルビノ)

この投稿をInstagramで見る

オカメーズ。#いんこすたぐらむ #オカメインコアルビノ #オカメインコパステルフェイス

あゆらむ(@ayuram_psmsr)がシェアした投稿 –

メラニン色素が欠けるルチノー遺伝子と、リポクローム色素(黄色)が欠けるホワイトフェイス遺伝子の両方を持ったタイプです。全身が完全に白色となり、目は赤目でピンク色のクチバシと足を備えています。
ただし成鳥の目は、より濃いブドウ目となることも多く、それはルチノーが完全にメラニン色素を失っているのではないという考え方からも理解できるそうです。
真っ白なオカメインコもまた美しいですよね。赤目に真っ白な羽毛、パッと見た感じは、オカメインコと思わない人も多いのではないでしょうか?私は実際にはまだ観た事がありませんが、おそらく美しすぎて、しばらく見惚れてしまいそうな気がします。なかなかショップで見ることはない品種ですよね。
  • 成鳥のオスとメスの外見上の違い
オスメス
識別不能

ファロー

この投稿をInstagramで見る

みっちー #オカメインコファロー

永井由美(@ichigo_no_kotori)がシェアした投稿 –

メラニン色素が薄く変色した品種で、羽色はシナモンの色調が薄くなったタイプです。メラニン色素が弱くなったためにリポクローム色素が強く発現し、黄色い色調がシナモンよりも強いとされています。そのためクチバシや足はシナモンと違い、チルノーのようにピンク色です。

「ファロー」の名前の由来は、英語の形容詞で「くすんだ淡い黄色、淡褐色の」という意味する言葉です。

  • 成鳥のオスとメスの外見上の違い
オスメス
シナモンに準ずるが明確ではない

オリーブ (エメラルド)

淡いグレーと黄色が混じり合ってうっすら緑色かかった、淡いオリーブ色のような色調になったタイプです。本来青色色素を持たないオカメインコに緑色はあり得ず、じっくり観察するとやっと緑味を感じる程度のオリーブの色合いです。また、緑をアピールする意味で、「エメラルド」と呼ばれることもあるそうですよ。

ホワイトフェイス・エメラルドの場合は、黄色の色素を持たないので、緑色に見えることはないそうです。

  • 成鳥のオスとメスの外見上の違い
オスメス
ノーマル系に準じる

シルバー(ドミナントシルバー)

ドミナントとは優勢のことで、優勢遺伝だと遺伝子1つでも発色をします。シルバー遺伝子が1つの「シングルファクター」と、2つの「ダブルファクター」の2バターンがあるそうです。遺伝子1つでシルバーを発色した場合は、ドミナントシルバー、シングルファクターとなり、遺伝子が2つ揃っていてシルバーを発色した場合には、ドミナントシルバー・ダブルファクターとなります。

その両方に共通の特徴は、黒目でクチバシおよび足はグレーかがり、頭頂部が他の部分よりも濃いダークグレーをしていることです。体の色については、両者で色調のわずかな変化があります。

シングルファスターはやや濃いめの色調で、オスは全体に「スパングル」と呼ばれる色の濃淡があります。メスはオスほどスパングルが明確ではありません。ダブルファクターはシングルファクターよりもグレーが深く、銀白色となります。

  • 成鳥のオスとメスの外見上の違い
オスメス
ノーマルに準ずる

レセッシブシルバー

こちらは、ファローのノーマルグレー版のように、成鳥しても完全に赤目で、クチバシや足をピンク色をしています。頭頂部も含めて全身が一様に光沢のある銀灰色となるタイプです。かなり希少なタイプで、名前は聞いた事があっても私は実際にはみた事がありませんが、いつかどこかでお見かけしたいものです。

  • 成鳥のオスとメスの外見上の違い
オスメス
識別不明

オカメインコの豆知識

知ってました? チークパックの正体

ちなみに、オカメインコのチャームポイントとも言えるオレンジ色の丸いチークパッチは、鳥を飼っている方はご存知でしょうが、羽毛をそっと指で触ると、耳の穴が現れるんですよね。初めて見た時は、そのリアルな耳の穴にびっくりしました。
おてもやんみたいにほっぺただから、羽毛が赤くなっているのではなく、耳を保護している部分の耳羽毛なのね〜と、その時、鳥でも耳があるのは当たり前なのに、鳥の耳がどこにあるのかなんて、考えたことがなかったんですよね。
私が友人からオススメされたこちらの本は、漫画と文書でとても読みやすく、オカメインコの飼い方をわかりやすく説明してある飼育本だそうです。参考にしてみて下さいね。

まとめ

  • オカメインコの原種のノーマルグレーから色々なカラーが生まれた
  • 白オカメのルチノーの「ハゲ」は、病気では無く遺伝から。
  • メラニン色素やリポクローム色素により、多彩なカラーの品種が作られていった。
  • 品種カラーによってはオスかメスかを断定するのは難しい場合もある
代表的なカラーの品種をあげてみてみましたが、細かく観ていくと本当にたくさんのカラーバリエーションがあることがわかりました。
正直、なかなか見分けるポイントが分かりづらい領域というのが調べてみて感じた感想です。もともとの原種のノーマルタイプから遺伝子の組合せにより、たくさんの品種が生み出され現在に至っています。そう考えるとなんだか遺伝子の奥深さを感じてしまいますね。
しかし何のペットにもいえますが、一番大切な事はご縁があったということだと思うのです。これからオカメインコを飼いたいと思っている人たちが、ショップやブリーダーさんのところで出会い、目があった瞬間、目の前にいる子がどんな色の品種であろうと、きっとあなたとの運命の出会いなのかもしれませんよ。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント