チワワの避妊去勢は必要?メリット、デメリットは?最適な時期はいつごろ?

チワワ
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

チワワが我が家にやってきた!つぶらな瞳に愛くるしい姿。かわいいですよね。きっとこれからの生活が楽しみで仕方ないと思います。

ところで、我が家に犬を迎え入れたときに避けて通れないのが、愛犬に避妊去勢手術を受けさせるかどうかを考えなければならない、ということ。

望まない妊娠をさせてしまったら…?でもほとんど家の中にいるし、しなくてもいいのでは?チワワのこの小さい体に手術をするのはかわいそう…きっと色々な悩みが出てくると思います。今回は犬の避妊・去勢手術のメリット・デメリット、チワワの避妊・去勢手術は必要かをご紹介します。メリット・デメリットを比較して、あなたのチワワに一番いい方法は何か、考えてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

メスの避妊手術について

最初に、メスの避妊手術についてご紹介します。

避妊手術とは

避妊手術とは、生殖器官である子宮、卵巣を摘出して、生殖能力を失わせる手術です。全身麻酔をして開腹手術をし、子宮と卵巣の両方、または卵巣のみを摘出します。

避妊手術をするメリット

望まない妊娠を避けることができる

避妊手術を受けさせる一番の理由は、望まない妊娠を避けることにあるのではないでしょうか。特に、犬の繁殖を考えていない場合は、妊娠事故を防ぐために避妊手術を受けさせる方が多いです。

性ホルモン関連の病気の発症率が低下し、病気を予防できる

室内犬の場合、妊娠事故の防止よりも、病気の予防を一番の目的として避妊手術を行うことも多いようです。飼い主さんとしても、防げる病気があるなら防いであげたい、と思うのは自然なことですよね。予防できる病気としては、次のようなものがあります。

  • 子宮蓄膿症:卵巣のホルモン分泌の影響で、子宮内に膿がたまる病気です。場合によっては、命に関わる病気です。
  • 卵巣腫瘍:卵巣に腫瘍ができる病気です。原因ははっきりしていませんが、卵巣ホルモンが原因である可能性が高いと考えられています。
  • 乳腺腫瘍:胸にある乳腺に腫瘍ができる病気です。悪性の場合は、命に関わる病気です。
  • 膣脱:発情時の性ホルモンが原因として起きる、膣の一部が外陰部から出ている状態のことを言います。

発情期前の出血がなくなる

メスの犬は一定の周期で発情期を迎えますが、発情期前に出血が見られます。こうした出血に対して、飼い主さんは拭き取ってあげるなどの対策をしてあげる必要があります。避妊手術をした場合は、この発情期前の出血をなくすことができます。

性ホルモン関連の行動を抑制し、ストレスを軽減できる

発情期は、オスに興味を持ったり、落ち着きがなくなるなど、犬もストレスを感じやすい時期です。避妊手術をしていない場合は、オスの犬との接触を避けるよう飼い主さんも注意をする必要があります。避妊手術をすることで、犬の発情期のストレスを軽減することができます。

避妊手術のデメリット

全身麻酔によるリスク

手術は、全身麻酔によって犬の意識を失わせて行います。麻酔によって、脳や心臓、呼吸の働きを鈍らせることになるのですが、それが死亡事故につながることもあります

手術による貧血、感染症のリスク

手術自体によって、出血により貧血になったり、感染症にかかるリスクもゼロとは言えません。人間が手術をする場合と同じで、絶対に安全な、危険をともなわない手術はないのです。

体重が増加しやすくなる

ホルモンの変化により、手術後は太りやすい傾向にあるようです。手術後は、エサの種類や量などに気をつけ、しっかり体調管理をしてあげることが大切です。

チワワの避妊手術について

チワワに避妊手術を受けさせる時期

避妊手術を行う時期は、性成熟を迎える前が目安とされています。チワワのメスは、個体差もありますが生後6~8ヵ月頃に最初の発情期を迎えます。病気予防の面から避妊手術を受けさせることを考える場合は、発情期を迎えていない早い段階に行うほうがよいとされています。

チワワの避妊手術の注意点

チワワは超小型犬の部類の犬で、小型犬は大型犬に比べて全身麻酔や手術のリスクが高くなります。また、あまりに体重が少ないと手術ができないこともあります。手術の時期については、受けさせる目安となる時期も確かにありますが、愛犬の成長や体重をふまえて、獣医の先生とよく相談をして決めることが大切です

 

オスの去勢手術について

続いて、オスの犬の去勢手術についてご紹介します。

去勢手術とは

去勢手術とは、生殖器官である精巣を摘出して、生殖能力を失わせる手術です。犬に全身麻酔をして、陰嚢(いんのう)という精巣を包んでいる袋を切り開き、中の精巣を摘出します。

去勢手術をするメリット

妊娠事故を防ぐことができる

避妊手術と同様に、去勢手術をする一番の理由は、意図しない妊娠を防ぐことでしょう。同じ家でオスとメスを多頭飼いしているときの妊娠事故や、外に出したときに万が一メスと交尾してしまうことを防ぐことができます。

精巣ホルモンに関連する病気の発症率が低下し、予防することができる

避妊手術と同様に、室内犬の場合は、妊娠事故の防止よりも病気の予防を一番の目的として去勢手術を行うことも多いようです。予防できる病気としては、次のようなものがあります。

  • 精巣腫瘍:犬の精巣に腫瘍ができる病気です。悪性の場合は、命に関わる病気です。
  • 前立腺肥大:前立腺とは尿道付近にある生殖器官で、これが肥大する病気です。排尿や排便が困難になるなどの症状が出ます。
  • 肛門周囲腺腫:犬の肛門付近に腫瘍ができる病気です。

発情中のストレスを減少させることができる

オスの犬には周期的な発情期というものはなく、発情しているメスの犬が近くにいると発情します。発情したメスの犬が近くにいるのに交尾ができない状態というのは、オスの犬にとっては大変なストレスです。発情は犬の本能的な行動ですが、野性動物と違ってペットは飼い主の管理のもとにありますから、自由に繁殖行動はできません。

それによって犬はストレスを感じることになりますが、去勢することでそのストレスを減らすことができます。また、散歩中にメスの犬に反応したり、それによって起こる突発的な事故(他の犬に飛びかかる、急に道路に飛び出すなど)を防ぐことができます。

性成熟に由来する行動を減らすことができる

オスの犬は、性成熟を迎えると、マウンティングやマーキングなど自分の優位性や縄張りを示すための行動をとるようになります。去勢手術により、こうした性成熟に由来する行動を減らすことができ、しつけがしやすくなると言われています。

去勢手術のデメリット

避妊手術と同様のデメリットが去勢手術にもあります。ここでもう一度デメリットを紹介します。

全身麻酔によるリスク

手術は、全身麻酔によって犬の意識を失わせて行います。麻酔によって、脳や心臓、呼吸の働きを鈍らせることになるのですが、それが死亡事故につながることもあります

手術による貧血、感染症のリスク

手術自体によって、出血により貧血になったり、感染症にかかるリスクがあります。

体重が増加しやすくなる

ホルモン分泌の変化により、手術後は太りやすい傾向にあるようです。

チワワの去勢手術について

チワワに去勢手術を受けさせる時期

去勢手術を行う時期は、避妊手術と同様に性成熟を迎える前が目安とされています。チワワのオスは、生後6~8ヵ月頃に性成熟を迎え、その後はいつでも交尾ができるようになります。ですから、その頃に去勢手術を受けさせるかどうか検討しましょう。

性成熟を迎えた後に手術を行った場合、手術によって性ホルモンが出なくなっても、マウンティングやマーキングなどの性ホルモン関連の行動が習慣として残ることがありまこういった行動を抑えることを目的として去勢手術を受けさせることを考える場合は、性成熟前の手術の検討が必要になります。

チワワの去勢手術の注意点

去勢手術にも、避妊手術と同様の注意点があります。チワワは超小型犬の部類の犬で、小型犬は大型犬に比べて全身麻酔や手術のリスクが高くなります。また、あまりに体重が少ないと手術ができないこともあります。手術の時期については、愛犬の成長や体重をふまえて、獣医の先生とよく相談をすることが大切です。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ペットの避妊・去勢は一般的な手術だけれど、それでもリスクはゼロではないんですよ。

まめこ
まめこ

そうなんですね。特にチワワのように小さい子だと、手術を受けさせるも怖いなって、ちょっと不安になっちゃいます。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

だからこそ、かかりつけの獣医の先生と、手術を受けさせるかどうか、時期をいつにするのかなど、しっかり相談することが大切なんですね。

まめこ
まめこ

たしかに、しっかり説明を聞くことができれば、不安もやわらぐ気がします!

 

チワワに避妊・去勢手術は必要なのか?

避妊・去勢手術を受けさせるかどうかは正解のない問い

ここまで、避妊・去勢手術のメリットやデメリットについて紹介してきました。それでは、チワワに去勢・避妊手術は必要なのでしょうか。これはチワワに限ったことでありませんが、愛犬に避妊・去勢手術を受けさせるかどうかという悩みは、ペットの飼い主さん皆さんが直面する問題です。

病気を予防したいからといって身体の一部を切り取る、健康な体に手術をするなんて人間の勝手だと考え、避妊・去勢手術は必要ないと思う方もいます。特にチワワの場合、室内犬として飼うことがほとんどでしょうから、繁殖を考えていない場合でも意図しない妊娠をしないように管理しやすく、手術のリスクをおかしてまで避妊・去勢手術をする必要はないと考えることもできます。

一方で、望まない妊娠を避けるためにも手術は犬の飼い主の責任である、本能的に発情するのにペットゆえに自由に交尾ができないというトレスを減らしてあげたい、できるだけ病気にかからず元気にすごして欲しい、という思いから、避妊・去勢手術は必要だと考えることもできます。

これはどちらが正しくてどちらが間違っている、という問題ではないと思います。どちらの選択をするのであれ、飼い主であるあなたが愛犬の幸せを一番に考えて出した結論であれば、それが一番最善の選択なのではないでしょうか。

犬の飼い主として考えたいこと

避妊・去勢手術をする選択をした場合、飼い主さんは手術に伴うリスク、最悪の場合は死を覚悟しなければなりません。一方、避妊・去勢手術をしない選択をした場合、飼い主さんは犬の繁殖を望まないのであれば、意図しない妊娠が起きないようにしっかり愛犬を管理する必要があります。

また、図らずも妊娠した場合は、不幸な子犬がでないよう、飼育環境を整える、里親を探すなど飼い主として果たすべき責任があることを忘れずにいる必要があります。あなたの愛犬にとって一番いい選択は何なのか、あなたは愛犬とどんな生活を送っていきたいと思っているのか、獣医の先生や、家族と一緒に飼っている方は家族の人とも相談しながら考えてみてください。

あなたが愛犬の幸せを願って結論を出し、これからも愛犬が幸せに生活していけるようにお世話をしてあげれば、それが一番です。大丈夫、ワンちゃんもあなたのことが大好きで、きっと一緒に幸せな日々を過ごせますよ。

 

まとめ

  • 避妊・去勢手術には、妊娠事故を防ぐ、病気を予防する、発情期のストレスを軽減するなどのメリットがある。
  • 避妊・去勢手術には、手術や全身麻酔のリスク、体重が増えやすくなるなどのデメリットがある。
  • チワワは小型犬で手術のリスクも高くなるので、手術の時期は獣医の先生とよく相談して決めよう。
  • 避妊・去勢手術をするかどうか、あなたのチワワの幸せを一番に考えて決めよう。

避妊・去勢手術をするのかどうか、ワンちゃんの飼い主さんにとっては本当に悩むことだと思います。そういった悩みも、獣医の先生に相談するなどして、あなたのワンちゃんにとって一番いい方法は何なのか、ぜひ考えてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント