キャバリアの寿命はなぜ短い?その理由と長生きの秘訣を徹底解説!

キャバリア
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

キャバリア寿命は決して長くないと言われています。だからといって、諦めてはいけません。

短命だという覚悟も必要ではありますが、その中でも長生きしてほしいですよね。そんな方は必見です!

少しでも長く愛犬と過ごせる為に、私たち飼い主ができることがたくさんあります。
あなたの意識ひとつで愛犬と過ごす時間を長くすることができますよ。

 

スポンサーリンク

キャバリアの寿命は?

キャバリアの寿命は平均12歳程度、9〜14年だと言われています。
ダックスフンドやプードル、柴犬などの純血種では14年が平均だと言われている中で、キャバリアははるかに下回る12歳程度とされています。

愛犬と少しでも長く過ごすことは犬を飼っている人からすると当たり前の目標ですよね。それでも短命な犬種であることを覚悟はしておかなければなりません。

しかし、諦めるのではなく日々長生きのために取り組めることがたくさんあります。細かいことかもしれませんがそれが必ず愛犬にとっても私達人間にとっても、よかったと思える日がくると思います。

そのために少しでも多くの飼い主様にこの記事を読んでいただき、ぜひ取り組んでいただければ嬉しいです。それでは、長生きの秘訣をご紹介していきましょう。

心臓病に注意

キャバリアは90%以上の子が将来心臓病にかかるといわれています。
中でも、4歳頃の若齢期からの発症がみとめられる犬種として知られています。

キャバリアが短命だといわれている最大の理由は心臓病の罹患率が高い事であるのがわかりますね。

対策

心臓病は早期発見が難しく、症状が出始めてからの発見になるケースがほとんどです。早期発見するためには、心音チェックをこまめにすることが大事になってきます。

心雑音が聞こえ始めたら要注意です、内服薬を投与し始めるタイミングが近いかもしれません。動物病院を受診した際は、心音チェックを欠かさず行なってもらうように伝えましょう。

咳などの症状がではじめたのにも関わらず、たいしたことないだろうと放っておくと、手遅れになってしまいます。

呼吸が少し早くなっている
散歩に行きたがらなくなった
寝ている時間が多くなった
舌の色が良くない(紫っぽい)

このような心当たりがある場合は早めに動物病院を受診してください。
また、その他日々の生活で行なえる対策としては

塩分を控える
興奮させすぎない
適度な運動を心得る
部屋の室温や湿気に注意する

など、心臓病のリスクを少しでも下げる事ができます。

とくに、塩分を控えるというのは人間のものを与えない事が大事になってきます。投薬のためにどうしても必要な場合などはあると思いますが、極力わんちゃん用のおやつなどで代用できるのであれば、そちらをオススメします。

塩分が体内に多く存在すると、心臓のポンプ機能がいつもより働くようになり負担が増します。そうなると心臓病のリスクが高まりますよね。

現在の心臓病の療法食は、ナトリウム含有量を少なくしており、塩分の対策をしています。塩分の摂取を少なくすることが如何に大事かがわかりますね。心臓にはなるべく負担をかけないように心がけましょう。

こちらにキャバリアの病気に関して、もう少し掘って記載してありますので、ぜひ愛犬のために知識を得てくださいね。

 

また、室温と湿度に気を付けるのは、熱中症対策のためです。熱中症は命を落とす本当に怖い病気です。

熱中症の症状を疑い、病院に行って処置をして帰宅しても必ず治るわけではなく、その日のうちに亡くなってしまうケースがたくさんあります。室温と湿度の管理をしていたらこんなことにはならなかったのに、と必ず後悔することになります。

そんなもったいない亡くし方だけはしないでください。人間の暑さに合わせず、愛犬に合わせた室温管理をしましょう。

肥満にさせない

キャバリアで多いのが、肥満です。どの犬種にも言えることですが、肥満は病気のリスクがかなり高いです。

とくに、糖尿病になると厄介です。人間と同じように毎日の注射が必須になってしまいます。そうなると、愛犬のストレスにも繋がりよくありません。糖尿病にかかると、やはり寿命の面でも考えるとかなり縮んでしまいます。

糖尿病は肥満がかなり関係する怖い病気です。自分の甘やかしが原因で愛犬が糖尿病になってしまったら、後悔してもしきれないと思います。

ご飯を減らすのがかわいそう、人間の食べ物を欲しがっているからあげてしまう、などついつい甘くなってしまうことはありますよね。しかし、その結果肥満になってしまうのです。

旦那
旦那

それでもかわいそうだと思ってついあげてしまうんだよね。

まめこ
まめこ

その気持ちもすごいわかるけど、私たちのせいで病気にでもなったほうがかわいそうでしょ。

旦那
旦那

そうだよな。後悔したくないしな。

愛犬のためには、ある程度制限をかけ肥満にさせない事は、長生きするにあたりとても大事になってきます。

また、肥満は肥満細胞腫などの腫瘍ができやすくなる原因でもあります。たとえそれが良性腫瘍だとしても、検査しなくては悪性か良性かが判断できません。

検査するには生検のために全身麻酔で行ないます。もちろんリスクもあります。また、麻酔をかけずに検査するためには細胞診という針でつく検査もありますが、ワンちゃんの立場にたつと怖いですよね。

腫瘍ができている患部に針をブスブス突き刺され、その間は動かないように大人しくさせられるワンちゃんの気持ちになるといたたまれませんよね。

人間で考えると水ぶくれを安全ピンで突き刺し、中の膿を排出するような感じです。それも、何をされるかわからない状態のまま動かないようにガッチリと保定されていると思ってみてください。怖いですよね。

愛犬にストレスもかかります。怖くて呼吸数があがると心臓にも悪くなります。

肥満細胞腫は痩せているからできないわけではありませんが、肥満はもっともできやすい原因となりますので、体重管理はしっかりしましょう。それが愛犬の長生きに繋がります。

ストレスを減らす

ストレスと寿命はあまり結びつかないような気がしますよね。しかし、実は多少なりともストレスで寿命がかわることが報告されています。

ストレスをかけないようにはそれぞれ愛犬の好みがありますので、一概に言えないのですが、多頭飼いについてだけ少し触れようと思います。

現在多頭飼いをしている方、愛犬のストレスを勘違いしていませんか?2人でお留守番の方が寂しくなくていいと思って2人目を迎えた、こういった理由で多頭飼いをすることは少なくないと思います。

しかし、愛犬同士の順位の優劣でストレスがかなりかかっている場合があります。それを理解して対策をしなくてはなりません。

多頭飼いのストレス対策

愛犬同士で順位がきっぱりと決まっていますか?犬は群れで生活する動物ですので、順位を必ずつけます。

愛犬2頭の生活で考えると、群れのボスは私達飼い主です。その飼い主が2人を平等にと思っていても、愛犬には伝わりません。

各々が私が1番だと認識し、順位争いが起こってしまうのです。そうなると争っている間もかなりのストレスがかかってしまいます。これはよくありませんよね。

ですので、先住犬だったら先住犬で飼い主がまず優劣をつけてあげなくてはいけません。順位が上のわんちゃんを何でも先に気にかけましょう。ご飯をあげるのも、帰宅時に最初に声をかけるのも、かわいがるのもすべて順位の上のわんちゃんからです。

細かいことですが、お散歩時にリードをつけるのも抱っこするのも名前を呼ぶのもすべて順番を徹底しなくては、曖昧にすると余計に争ってしまうことになります。1人を贔屓するような感覚になってしまうので、かわいそうだと思うかもしれません。しかし、愛犬たちのためでもあることを念頭においてほしいです。

旦那
旦那

俺たちは平等にしてるつもりだけどやっぱり犬の世界ではダメなんだな。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうなんだよ、いくら仲良くみえていても必ず順位が存在するんだよ。

まめこ
まめこ

かわいそうに思うけど、心の為にはきちんと優劣をつけてあげるのがいいんですね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そのとおり、それが長生きのためには欠かせないんだよ。

多頭飼いには多頭飼いの素晴らしさがありますが、愛犬達みんなが幸せに長く生きられるように私達飼い主の考えを見直してみましょう。

 

まとめ

  • キャバリアは短命であるが、長生きするために日々の生活で取り組める事がある
  • 心臓病にかかりやすい犬種
  • 肥満にさせないようにする
  • ストレスをかけないことが大事

私も一飼い主として、甘やかしたい気持ちも好きなことを好きなだけやらしてあげたい気持ちもすごくわかります。しかし、最期まで後悔しないために、この記事が少しでも皆様の心に残りますように。そして幸せだったと思える犬生を愛犬へプレゼントしてあげてくださいね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント