キャバリアのかかりやすい病気は?これを覚えておけば安心まとめ

キャバリア
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

キャバリアは他犬種のわんちゃんと比べると平均寿命が短いと言われています。それはなぜか、ご存知ですか?

これからキャバリアを迎えようと思っている方も、現在キャバリアと暮らしている方も、病気の知識を身につけ、対策しましょう!

 

スポンサーリンク

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

どんな病気?

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)は、いわゆる心臓病です。心臓は心房と心室に分かれているのはみなさんご存知だと思います。

その心房と心室の間にある「僧帽弁」とよばれる扉の役目をする弁が閉じなくなり、血液が逆流する病気です。(下図は正常な心臓の血液循環です)

血液が逆流するとどうなるのかというと、血液の循環が上手くできなくなり、肺に水が溜まることで肺水腫とよばれる状態になります。肺水腫に陥ると、ワンちゃんにとっては常に溺れているような感覚になり、とても苦しい状態が続きます。呼吸困難で処置が遅ければ命を落とす非常に怖い病気です。

一般的に高齢の小型犬に多いこの病気は、好発犬種としてマルチーズ・チワワ・ポメラニアンなどさまざまな犬種が挙げられますが、キャバリアはかなりの確率で発症する犬種として知られています。それも、若齢期からの発症が認められます。

なぜなのか、その疑問の答えは遺伝的疾患だから、としか表明できないのが現状です。

症状は?

僧帽弁閉鎖不全症の症状としては、発咳・運動不耐性・呼吸促拍などが代表的です。この病気の怖いところは、早期発見が難しいところです。

みなさんが自分の愛犬が具合が悪そう…と心配になり動物病院に連れて行くときはどんな時ですか?

吐いた・ご飯を食べない・ウンチがゆるい・歩行がおかしい・痛がって鳴いている、など目に見える症状が現れた時だと思います。僧帽弁閉鎖不全症だけでいくと、初期の段階では食欲不振・嘔吐下痢などはあまりみられないことが多いです。

元気だと思っていたのに実は心臓が悪かったというケースは稀ではありません。最近咳をよくするんです。という主訴で、動物病院に行きますよね。

そこで初めて心雑音が確認されて検査を行い、僧帽弁閉鎖不全症(三尖弁閉鎖不全症)であることがわかります。しかし、発咳がみとめられてからの治療は遅いと考えられています。だからといって治療をするのとしないのでは寿命にかなりの差が出ますので、諦めず治療することをおすすめします。

治療は?治せるの?

基本的に、完治できない病気です。内科的治療を選択する飼い主様がほとんどです。

内服薬を服用することで心臓の負担を減らすことが目的です。主にACE阻害薬やピモベンダン・ジギタリスなどの強心薬、さらに悪化すると利尿剤などを用いて継続投与します。こういった内服薬は生涯飲み続けるものになります。そのため、かなりの費用がかかることも頭に置いておくことが必要です。

しかし、現在の動物医療では手術をするという選択肢も残されております。ここで手術のお話をするのにはあまりにも簡単にご紹介できる話ではないので、気になる方はお調べくださいね。

軽くお伝えすると、かなり高額なお金がかかるのと、手術対象の心臓の進行度・日程と入院過程など手術を行なう事にも考慮が必要になります。もちろん手術ですのでリスクが伴います。かならずよく考えて、愛犬にとって1番良い選択を!後悔のないようにしましょう。

対策

残念ながら、確実な予防法は今のところありません。早期発見することが大事です。心臓病を早期発見する為には、「心音を聴くこと」が1番身近にできる事だと思います。

かといって聴診器を自分用に所持している人は少ないかと思います。ですので、動物病院を受診した際には心音チェックを欠かさず行ってもらうように伝えましょう。

友人から聞いた話ですが、友人は2頭のキャバリアと暮らしています。(現在4歳と7歳)2頭とも、僧帽弁閉鎖不全症をすでに患っているようです。ですが今はまだ内服を服用する段階ではない初期の不全症です。

なぜ薬が不要な初期の段階と断言できるのかと言うと、心臓のエコー検査を行い、薬を飲み始めるタイミングを計っているからと言っていました。

僧帽弁閉鎖不全症の進行スピードは個々で異なります。その為、いつから薬を飲み始めるのがベストなのか3ヶ月に1回の心臓系フル検査を定期的に行っているようです。

まめこ
まめこ

3か月に1回はかなりのハイペースですね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

しかしよく考えてごらん。動物にとって3か月という月日は人間の1年に相当するんだよ。

まめこ
まめこ

確かに!3か月毎の検診は人間の1年に1回+とほぼ同じペースということですね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

その通り。だから定期的に検査するのがいいね。

経済的にもワンちゃんの体の負担的にもあまり検査をしたくない飼い主様でも、せめて半年に1回の心臓検査をおすすめします。

また、対策としては「興奮させない」「過度な運動をしすぎない」「塩分を控える」など日常的に気をつけられる事もあります。これらすべては心臓への負担をなるべくかけないようにする為です。とくに、僧帽弁閉鎖不全症が発覚した後はなるべく食事や運動量に配慮したいですね。

日頃から安静時の呼吸数を測っておく事や舌の色を確認しておく事も大切です!呼吸数や舌の色は心臓病のモニターの指標になります。舌の色が普段はピンクなのに紫になっている・呼吸数がいつもより少し多くなっている、そうなると要注意ですので必ず獣医師にご相談くださいね。

 

角膜潰瘍(かくまくかいよう)

どんな病気?

みなさん、潰瘍という言葉には馴染みがあると思います。ここで紹介する角膜潰瘍という病気も、その名の通り角膜に穴が開く病気です。

全犬種のワンちゃんで起こりうる病気です。とくにキャバリアは目がくりくりで大きく、突出している傾向があるのでよく傷ができやすい犬種として挙げられます。

この疾患の嫌なところは、ワンちゃんにとっては、かなり痛いということです。原因としては壁にぶつかる・シャンプーが目に入る、などさまざまなことが考えられます。

症状は?

症状としては、羞明(しゅうめい:目をしぱしぱする)・目を前肢で掻こうとする・痛くてキャンキャン鳴く・顔を触ろうとすると嫌がる、など飼い主様が見て気付けるような症状がほとんどなので、手遅れになる前に受診できるます。不幸中の幸いだとも言えますね。

しかし、眼球が飛び出しているような状態は救急疾患です。すぐに動物病院を受診してください。

治療は?治せるの?

基本的には治せる病気です。点眼薬の処方がほとんどの場合適応され、毎日点眼を行えば治っていくケースがほとんどです。

その際、穴はふさがりますが、色素沈着とよばれる、傷をしたところが黒く影になったように残ってしまう場合があります。

角膜潰瘍には手術が必要なケースもあるようです。早めに動物病院を受診しましょう。

対策

基本愛犬の目の高さの壁はスポンジや布で覆って、ぶつかっても平気なようにするのが一番の対策かと思います。また、散歩時の草原や道端の草が目に入り傷を作ってくる子も多くみられます。散歩の際はそのあたりもよく注意するといいですね。

お風呂に入れる時も、目にシャンプーが入らないように注意する必要があります。私がおこなっているのはお風呂に入る前に眼軟膏をたっぷり入れ、水も泡も目に侵入しないようにすることです。みなさんも注意してくださいね。

 

歯周病・歯肉炎

どんな病気?

キャバリアに限らずほぼすべての犬種のワンちゃんが多くかかる病気です。(8割以上のワンちゃんが歯周病になると言われています。)好発犬種はダックスフンドが1番に挙げられます。

歯垢・歯石の沈着により歯肉の後退やひどい場合には歯が抜けたり・顔が腫れ皮膚が破れたり・歯周病の菌が全身に回り、死亡するケースが報告されています。

症状は?

歯周病の症状というのは特にありませんが、飼い主様がよく「口が臭い」と言います。これは歯周病のサインです。健康なワンちゃんのお口は無臭です。

また、歯周病がかなり進むと先程明記した通り、顔が腫れてきた・ご飯が食べれなくなったと言った症状が出てきます。その際は動物病院の受診をおすすめします。

治療は?治せるの?

完治させるには歯石除去が必要です。しかし、この処置は全身麻酔でおこないます。

よくペットショップなどで「無麻酔歯石除去」というポスターを見かけます。これはあくまで個人的な意見ではありますが、おすすめできません。

無麻酔でできるのはせいぜい表面の歯石を取るくらいだと思います。全身麻酔化でのスケーリング手術は歯周ポケットの中の歯石までもを完璧に取り除き、磨きます。

それにワンちゃんの気持ちになってみてください。意識がはっきりしているのに歯を削られ、じっとしといてね、なんて言われて押さえつけられるのは怖いですよね。

つまり、ついてしまった歯石は手術でしか除去できないのです。つかないように日々予防することが1番大事です。

対策

先程も言った通り、歯石をつかないようにすることが1番の対策になります。つまり、毎日のデンタルケアです!

歯ブラシをつかった歯磨きを毎日行なうのが理想ですが、みんながみんなできるわけではありませんよね。愛犬に合わせた無理のないデンタルケアを選択する事も続けるためには大切です。

今は、歯石を落とす効果があるデンタルジェルも発売されています(動物病院でのみ購入可能です)

 

熱中症

キャバリアに限らず、すべてのワンちゃんに注意してもらいたい病気の1つに熱中症があげられます。これを甘くみてはいけません。本当に命を落とす病気です。

とくにキャバリアやパグ・フレンチブルドックやボストンテリアなどの短頭種と呼ばれるハナペチャさん達は、空調管理をしっかりしないと危険です。夏場はみなさんエアコンをつけますよね?しかし、動物の熱中症は5月からすでにかなりの頭数出始めます。それは湿度による熱中症です。

ワンちゃんは汗をかいて熱を蒸発できないので、口を開けてはぁはぁする事で熱を逃がそうとしています。しかし、湿気が高いと熱の蒸散ができず、苦しい状態になってしまいます。

とくに心臓が悪くなってしまったワンちゃんにとっては一大事になりますので、対策を覚えて帰ってくださいね。

症状は?

嘔吐・下痢・食欲不振が主に出てきます。かなり危険な状態になると足がフラつき、歩行困難になります。

治療は?治るの?

基本的な治療は点滴です。検査を行なっても熱中症の場合、内臓系には異常があまり出ない事が多いです。継続した通院と動物の頑張りで治るかを経過観察していきます。

対策

エアコンを24時間つけること!これに限ります。部屋は人間が半袖でウロウロできない程度に寒くしてください。

エアコンはつけていても温度設定が高い・雨だから暑くないと思って除湿すらつけていなかった こういったケースでの来院もかなり多くなっています。

雨の日はせめて除湿を。5月あたりから熱中症を警戒し、エアコンをつけましょう。

まめこ
まめこ

空調管理がこんなにも大切だったなんてね。

旦那
旦那

そうだな。これから気をつけよう。

まめこ
まめこ

そうね。エアコンはつけっぱなしのほうが電気代が安いとも言うしね。

旦那
旦那

だな。いいことづくしだ。

まとめ

  • キャバリアはかなりの確率で心臓が悪くなる
  • 軽く考えていると命を落とす危険がある病気がある
  • 日々の生活での注意が大切

ここまでいくつかの病気を紹介してきましたが、他にも垂れ耳に多い外耳炎や小型犬に多い膝蓋骨脱臼などたくさん気をつけたい病気があります。

しかし、あまりに気にしすぎると良くありません。知識は持ったままで普通に幸せな日常を送ってください。

この記事を覚えてくれていたら、愛犬の様子がおかしい時に少しでも早く行動に移せると思います。そしてそれが愛犬と少しでも長く一緒に過ごせる手助けになれば嬉しいです。お読みくださりありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント