猫のワクチンは毎年打つの?その理由についても徹底解説!!

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



犬はワクチンを打つのは当たり前のようになっていますが、も今ではワクチンを打つようになりましたね。かなり前は犬はワクチンの習慣はありましたが猫はありませんでした。しかし今はすっかり定着しています。

今は室内飼の猫も増えていますが、それでも病気にかかるリスクはあます。病気にかかるリスクを抑える為にワクチンを受ける必要があります。

でもワクチンってどんな種類があって、どんな病気に効果があるんでしょう?疑問は次から次へ色々と湧いてきますよね。では、その疑問を少しでも紐解いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ワクチンって何?

概要

そもそもワクチンとは病原菌の毒を薄め毒素を弱くしたり、無くしたりしたものです。それを打つ事で病気にかかりにくくするものです。

人でもインフルエンザや風疹などあらかじめ予防接種をする事で免疫を作り、その病気にかかりづらくするのと同じ感覚です。

ワクチンって必要?

現在、猫の場合特に法律で決まっているわけではなく、環境省の基準で定められている程度で、いわゆる『努力義務』といった感じです。

例えばインフルエンザの予防接種を受けずにいて、インフルエンザにかかったら辛い思いをしますよね。猫も一緒です。病気にかかったら辛い思いをするので、ワクチンを受けさせてあげましょう。

外に出る猫はもちろんですが、室内飼いでも感染症にかかるリスクはあります。室内飼の猫が病気にかかる原因は、空気感染や飼い主が野良猫を触ったりすることによるもの、母子感染があります。元気に長生きしてもらう為にはワクチンを受けた方が良いと思われます。

ワクチンの種類

ワクチンの種類は以下の病気や感染症に効果があるものです。

  • 猫ウィルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウィルス感染症)
  • 猫カリシウィルス感染症
  • 猫汎白血球減少症
  • 猫クラミジア感染症
  • 猫白血病ウィルス感染症
  • 猫免疫不全ウィルス感染症(猫エイズウィルス)
  • 狂犬病

上記の病気や感染症に対するワクチンの組み合わせにより、3種混合、4種混合、5種混合等の混合ワクチンがあります。

  • 3種混合 猫ウィルス性鼻気管炎+猫カリシウィルス感染症 +猫汎白血球
  • 4種混合 3種混合+猫白血病ウイルス感染症
  • 5種混合 4種混合+猫クラミジア感染症
  • 7種混合 5種混合+猫カリシウイルス感染症のワクチンを2種

上記組み合わせが混合ワクチンになります。どのワクチンを接種するかは、動物病院の獣医師さんと相談して決めると良いでしょう。

副作用はあるの?

主に副作用として、元気がない、発熱、食欲がないという症状が出ます。まれにアナフィラキシーショックという症状もでます。

アナフィラキシーショックとは、何かの原因で全身性のアレルギー反応が引き起こされて血圧の低下、意識状態の悪化などが起きる事を言います。最悪の場合、死に至る事もあります。アナフィラキシーショックが起きた時には迅速な治療が必要ですので、注意が必要です。

また皮膚のかゆみやじんましん、嘔吐や下痢、呼吸困難、注射を打った所にしこりができるなどの症状がでたら動物病院で診療を受けてください。

まめこ
まめこ

ふ~ん、ワクチンって重要なんだね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

病気を完全には防げないけど、効果はかなりあるようだね。

 

ワクチンを接種する時に気を付ける事は?

ワクチンを打つタイミング

生後まもない赤ちゃん猫は母猫の最初の母乳から、免疫を他の栄養と共に受け継ぎます。この免疫は時間が経つにつれ、効果が薄れてきます。

最初にワクチンを打つ年齢は、生後2~3カ月くらいです。しかし最初は効果が出づらいので、2~3回に分けて接種する必要があります。

大人になった猫は1~3年ごとに接種する事がいいとされています。人の子供も体調が良い日に予防接種を受けるのと同じ感覚で、子猫、大人の猫ともに体調の良い日に受けるのが良いとでしょう。

ワクチン接種後に気を付ける事

ワクチンを接種した後は、元気がない、食欲がないなどの症状が出る事があります。この症状が続く場合は遠慮なく動物病院にかかりましょう。

またアナフィラキシーショックという症状を稀に起こすことがあります。アナフィラキシーショックとは、免疫が過剰に反応して呼吸困難や痙攣などを起こします。この症状が出たらすぐに動物病院にかかってください。

ワクチンにかかる費用

ワクチンは1種ワクチン~7種混合まであり、内訳により金額が変わってきます。

  • 1種ワクチン   3000~5000円
  • 3種混合ワクチン 3000~6000円
  • 4種混合ワクチン 5000~7000円
  • 5種混合ワクチン 5000~7000円
  • 7種混合ワクチン 6000~8000円

大体上記のような値段設定になっています。結構高くて驚きますね。でもこの金額、ペット保険はきかないのでしょうか。残念ながらワクチン接種には、ペット保険はきかないのが現状です。

まめこ
まめこ

ワクチンを接種するタイミングって大事なんだね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

体の弱い子だったりすると大変だね。

まめこ
まめこ

それにしても、ワクチンの金額って高いわぁ。

旦那
旦那

毎年接種するとなると、いい金額だね。

 

ワクチンを接種しなかった時の気を付けたい事

ペットホテル等のトラブル

ワクチンを接種しないでいた場合、ペットホテルや入院が出来ない事があります。なぜかというと、他の猫に病気が移る可能性があるからです。旅行に行こうとして猫をホテルに預けようとして断られたら残念ですよね。

動物病院で仮に入院ができたとしても、特別な個室に入ることになるので料金が割高になったりするので、注意しましょう。

ワクチンとペット保険

犬に限らず猫もワクチンを接種する事が義務化されそれが定着しつつある中、やはりワクチンを接種しない飼い主さんも多いと思います。ペット保険に入っているから安心、というのもあるかもしれません。

しかし折角ペット保険に入っていても、ワクチンを接種せずに病気や感染症になった場合どうでしょう。その場合はペット保険はおりないのがほとんどのようです。そのように規定で決められていて、仮に治療の必要が出た時に全額実費となります。

ただ例外もあり、ワクチン接種の時期に他の病気にかかって受けられなかった時や、ワクチンを接種したのに病気にかかった時は保険の対象になります。

まめこ
まめこ

ワクチンって大事だね。

旦那
旦那

ペット保険に入っていても、ワクチンを受けなかったら治療費も実費は嫌だなぁ。

 

まとめ

  • 子猫は2~3カ月後から2~3回に分けて、大人の猫は1~3年に1度ワクチンを接種
  • 料金は1種~7種混合の種類別により料金が変わる
  • ワクチンを接種した後は安静に、異常が起きたら動物病院で診療を受ける
  • ワクチンを接種していないと、ペットホテルに泊まれなかったり入院するにも料金が割高になるケースがあったり、保険がおりず治療費が全額実費になるケースがあるので注意

ワクチンをうける事の大事さがわかったような気がしますね。折角巡り合った猫ですから、大事に育てたいものです。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント