猫のお葬式の依頼方法や費用について徹底解説!笑顔でお別れするために。

ペット
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

ペットとして飼っているは、飼い主たちにとって大切な家族です。

家の中を見渡すと、「あの時、○○ちゃん(飼いネコ)がタンスの上に登っちゃってギョッとしたな」「窓から外を見るのが日課で、私が近づくと『ニャニャニャ~』って熱心に話しかけてきていたな」などネコとの色々な思い出が浮かんできちゃいますね。

家族としての感覚が強まった分、「大切な飼いネコのために葬儀をしたい」という気持ちから、葬儀をしたい方も増えています。今回は、ネコが亡くなったときの葬儀についてまとめました。

この記事を読んで頂ければ、ネコの葬儀の依頼方法や準備について理解して頂けますよ!ぜひ、最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

依頼方法と基本的な流れ

インターネット等を使って、ペット葬儀を行っている企業を探してみましょう。会社によって行っているサービスも異なりますので、どの会社の行っている葬儀があなたの気持ちにマッチしているのか、予算に近いのかをよく検討してみてくださいね。

希望の企業に連絡し、見積もりと日程調整をします。日程を決めたら、葬儀の準備をして、亡くなったネコと一緒に当日までの時間を過ごしましょう。

まめこ
まめこ

一緒に過ごしてきたネコが亡くなってしまうなんて、想像するだけで胸が張り裂けそうだわ。

旦那
旦那

そうだね。でも、大切なネコとの別れだからこそ、後悔したくないな。

まめこ
まめこ

一時、悪質なペット葬儀の業者によるペットの遺体遺棄が問題になってたし、ちゃんと葬儀してくれるかも心配だな。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

現在は、ほぼトラブルはなくなったと言われてるけど、ペット葬儀・火葬の協会に加入しているかどうかが1つの目安になるよ。

 

葬儀の種類と相場

葬儀には、大きく分けて下記5種類があります。

  • 飼い主が葬儀をすべて業者に一任する
  • 飼い主も葬儀に立ち会う
  • 合同で葬儀を行う
  • 個別に葬儀を行う
  • 業者に自宅まで来てもらう

相場に関しては、お住まいの地域やネコの体重などで多少値段の変動があります。でも、大体の相場・予算もわからずに見積もりや依頼をするのは怖いですよね。

葬儀の種類と相場は、どのようなものがあるのでしょうか?ここでは、種類別に相場とそれぞれの特徴を紹介していきます。

立会個別火葬

この方法は飼い主が火葬に立ち会い、最後までお見送りする方法です。

相場

21600~27000円

特徴

  • スタッフの方に自宅まで迎えに来てもらうか、飼い主がネコの遺体を連れていくかを選択できる
  • 飼い主が希望すれば、火葬に立ち会って拾骨まで、飼い主のご家族で行うことも可能

霊園まで着いていける方、最後まで亡くなったネコを見送りたい…という方にはお勧めの方法です。

一任個別火葬

全てを霊園のスタッフの方にお任せする方法です。

相場

19500~23000円

特徴

  • 火葬から埋葬まで全てスタッフが行ってくれるので霊園に行かなくてもOK
  • 一匹一匹のネコを個別に供養してくれる
  • 多くの場合、火葬後にネコの骨を納骨するか返骨するか選べる(会社により異なります)

時間が取れなくても、お別れ・お見送りをすれば、あとはすべてスタッフの方が行ってくれる方法です。棺にネコの遺体を入れ、お見送りをするまでを飼い主たちがして、その後の葬儀やお骨拾いを業者にお願いする…という方法です。

全てスタッフの方にお願いするのは、少しさみしいような感じもします。しかし、忙しい方や病気・妊娠中など霊園まで行けない方にはお勧めの方法です。全てスタッフの方に一任でき、納骨か返骨かを選べるのは、飼い主さんにとっても負担が少ないタイプですね。

合同火葬

他のペットの家族たちと合同で、ネコの遺体を火葬します。

相場

6000~15000円

特徴

  • コストが抑えられる
  • 他の家族のネコと一緒に火葬・埋葬される為、「うちのネコだけだと寂しいかもしれない」という心配が要らない
  • 火葬後に合同墓地に埋葬され、お骨が手元には戻ってこない

葬儀内容

お迎えに来てもらうか、霊園までネコの遺体を連れて行きます。スタッフの方に、ネコの遺体を渡したら、その後はスタッフの方たちが他の家族のペットたちと一緒に火葬から合同墓地への埋葬まですべてやってくれます。

お墓に行ってからもネコには寂しい思いをしないでほしい、他のペットたちと一緒の方が安心…という方にはお勧めの方法です。

移動火葬

ネコを火葬する機材を載せた車が自宅まで来てくれる方法です。火葬してくれる車は、臭いが車の外に出ない構造になっていることがほとんどですが、気になる場合は少し離れた場所で火葬してもらうことも可能です。

相場

1万7千円~5万円程度

※ネコの体重により異なります。

出張料の相場

0~2000円程度

※会社によっては、葬儀費用とは別に主張に別途料金がかかる場合があります。

地域によるので、事前にお問合わせください。

特徴

  • 自宅付近で火葬から葬儀までできる
  • 亡くなったネコの遺体を長距離移動させるのが辛い
  • 病気や妊娠などで、火葬場までの移動が難しい方

駐車場や少し離れた場所など、火葬する場所は飼い主の希望を聞いてくれます。亡くなったネコと離れる辛い場合・移動するのが難しい時は、オススメの方法です。

 

葬儀の準備

大切なネコとのお別れは、飼い主にとっても辛く、大きなストレスです。葬儀の準備をしていく中でネコの死と向き合うことになる面も多いかもしれません。

しかし、これは飼い主にとってもネコとのお別れの準備でもあります。最後のお手入れ・お世話を心残りが無いようにしてみましょう。

ネコの体を拭く

最後まで天寿を全うしたネコちゃんの体を丁寧にブラッシングし、お湯で湿らせたタオルなどで優しく拭いてあげましょう。ネコちゃんとの思い出やこれまでの感謝の気持ちを込めて、最後のお手入れをしてあげてくださいね。

棺の準備

霊園や業者に相談すると用意してくれる場合もありますし、ネットで検索すると出てくる場合もあります。ご家庭にある段ボールや箱を代用することも可能ですが、箱のサイズによっては火葬の際に邪魔になってしまいます。事前に業者さんへサイズを聞いてみましょう。

体を冷やす

ネコの遺体を保冷剤や氷でお腹を中心に冷やしましょう。葬儀に連れて行くまでの間に、ネコの遺体が傷んでしまうのを冷やすことで防ぐことができます。

納棺するもの

お花やネコちゃんが好きだったオモチャ、フード、ネコちゃんへの手紙などを入れてあげましょう。しかし、中には金属類など、一緒に入れてはいけないものもあります。迷った時は依頼する業者さんに問い合わせてみてくださいね。

ネコの遺体を新聞紙やタオルなどで体を包む

綺麗に吹き上げたら、ネコの遺体を新聞紙やタオルなどの柔らかい布にくるんであげましょう。新聞紙やタオルなどで包むことで、亡くなった後出てくる体液を吸ってくれます。遺体を綺麗な状態で安置するためにも大切な作業です。

服装

ネコの葬儀・火葬を依頼した時、どのような服装にしたらいいか、悩んでしまいがちですよね。ネコの火葬の場合、特に服装の決まりはありません。普段着でも問題ないようですし、多くの方がそうされています。

ただ、住職の方にお経をお願いする場合などは、黒を基調とした服装にしましょう。ちなみに、数珠も普通のお葬式に持っていくもので大丈夫です。霊園によっては、数珠を貸し出してくれるところもありますので、もし忘れてしまったり、準備できなかった場合は相談してみましょう。

 

まとめ

  • 依頼する際は、インターネットなどで調べた葬儀業者に連絡し、見積もりや日程調整をして葬儀を決定。
  • ネコの葬儀は、5種類ある。
  • 飼い主が葬儀をすべて業者に一任する
  • 飼い主も葬儀に立ち会う
  • 合同で葬儀を行う個別に葬儀を行う
  • 業者に自宅まで来てもらう
  • 相場は、種類や体重による。
  • 葬儀の準備は飼い主にとってもネコとのお別れの準備
  • 棺桶のサイズや一緒に入れるオモチャは、事前に業者に問い合わせした方が安心

大切なネコとのお別れは、いつか来てしまうものです。天寿を全うしたネコが亡くなってしまうのは、本当に辛いと思います。大切なネコとのお別れを後悔しないためにもあなたの希望・予算に合う葬儀を見つけてくださいね。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険
ペット
スポンサーリンク
sakuseisyaをフォローする
幸せなペットライフを過ごすために

コメント