猫の飼育放棄、多頭飼育崩壊のリアルな現状と予防策を考えよう

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

動物園やペットショップで子猫の見た目や仕草が可愛く、飼いたくなる方もたくさんいらっしゃるでしょう。

最近では、飼育本やネット記事もたくさんあり、困ったときは調べることができますよね。上手くいかないときに参考にすればきちんと育てていけるとお考えの方もいらっしゃると思います。

でも、少し立ち止まってみてください。可愛いから飼いたーい!という衝動的な気持ちからの飼育を始めようしていませんか?これから始める猫との生活の準備はできていますか?そして、猫の一生を見届ける覚悟はありますか?

先日、ニュースでも話題になった猫の飼育放棄。一緒に考えてみませんか。

 

スポンサーリンク

飼育放棄の主な原因3つ

実は、様々な理由で飼育放棄されている猫が世の中にはあふれています。それは飼い主にとっては仕方がなかったことかもしれません。

しかし、猫を飼う前に飼い主となる方が正しい知識を身に着け覚悟を持っていれば防げたものもたくさんあります。

捨てられる猫

何故、愛情を注いできた猫なのに、飼育放棄されてしまうのでしょうか?飼い主のモラルの問題であることも確かにありますが、多くは飼い主にとって人間の生活を優先しなければならないというやむを得ない理由からなのです。

引っ越し先がペット不可物件

転勤などで引っ越しをしなければならなくなった場合、探した引っ越し先の物件がペットの飼育を不可としていることがあります。

特に猫は、壁や柱で爪をといだり、糞尿の匂いがきついというイメージから飼育不可とされているケースが多く、またペット不可物件のオーナーさんに交渉しても許可が下りないことが多くあります。

こういった理由から、猫だけを置き去りにして引っ越してしまうことがあります。でも、飼うのであれば猫はあなたの家族です。賃料が上がったり、築年数が長く古い家に住むことになっても、最後まで一緒にいてあげる覚悟を持って飼育をしてください。

飼い主がペットに飽きてしまう

飼い始めたけれども飼い主が飽きてしまい、飼育放棄されてしまう猫も少なからずいます。

このようなことにならないためにも、最後まで責任をもって面倒を見れなくなる可能性が大きいのであれば最初から猫を飼うことをやめた方が得策です。

猫の次の飼手が見つかればまだ良いのですが、見つからないままに野良猫になってしまうことも多くあります。きちんと最後まで一緒にいる家族として猫を飼ってくださいね。

猫の妊娠・出産

飼っている猫が妊娠・出産してしまい、飼いきれない頭数になってしまう場合もあります。

こういったケースの中には燃えるゴミの日にゴミ袋に入れられて捨てられていた猫もいたそうです。飼い主が想定していなくても、猫は生まれたときから命を持った大切な家族です。

どうしても困ったら保護猫シェルターや保護猫カフェに相談をしてみるといいかもしれません。

多頭飼育崩壊

飼い主の誤った知識による飼育で、猫が過剰に繁殖しすぎてしまうこともあります。これを多頭飼育崩壊といいます。例えば、多頭飼いをしている方が、避妊手術をする猫はメスだけで良いと思い込んでしまい、オスには手術をしなかったというケースがあります。

実は、オス猫は外に出ているときに野良猫と交尾をしてしまい、結果、自分の子供を家に連れてきてしまいます。なので、オスも避妊手術は必要となります。

また、猫は親子同士でも交尾をすることができるので、自分の家族である飼い猫は全ての猫に手術を受けさせて増えるのをあらかじめ防止しておかなくてはなりません。

多頭飼育崩壊に陥った場合、飼い主は飼育を放棄したり、家から逃げてしまったりすることがあります。残された猫たちは決して清潔な環境では生活できず、家の外で食事にありついて野良猫として生活したり、中には共食いをして生き残る猫もいます。

ですが、多くの飼い主の方は猫に愛情がないわけではありません。どうすればいいのか分からないのです。

旦那
旦那

最近、ニュースで話題になったよな。

まめこ
まめこ

すごくビックリしたわ!悲しい気持ちになったわ

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

こんな事件が1つでも無くなるように、猫ちゃんや飼い主さんにとって役立つ情報をお伝えしていきたいです〜!

ワンちゃんの飼育放棄についても調べてみましたので、良かったらこちらも参考にしてみてくださいね。

トイプードルの飼育放棄・多頭飼育崩壊の現状を見つめ直そう

チワワの飼育崩壊、多頭飼育崩壊のリアルな現状を今一度見つめ直そう

 

飼育放棄は防止できる

もし万が一、困ってしまったら一人で抱え込まずに誰かに相談しましょう。こちらでは、相談可能な機関をご紹介していきます。

保護猫シェルター

多頭飼育崩壊を起こした現場の猫は、ボランティアの方が猫を保護して世話をする保護猫シェルターで新しい家族との出会いを待つということが多くあります。

しかし、保護猫シェルターにも限界はあり、猫でいっぱいのシェルターもあれば、衛生面や病気のことからもシェルターの物件のオーナーが契約を断って閉鎖となってしまうこともあります。

残された猫たちは、ボランティアで預かりさんをしている方の下で、新しい家族を待つことになります。

保護猫カフェ

保護された猫たちと人間とが触れ合える保護猫カフェもあります。

しかし、やはりボランティアの方々で経営されている場合が多く、また、猫の餌や避妊手術の費用などが発生して、カフェの利益が無くて閉店を迎えることもあります。

やはり、この場合、ボランティアの預かりさんを頼ることになります

猫も、一度裏切られてしまった人間を慕わない、不特定多数の人間に触られることを嫌がる、病気などで気分になれないなどといった理由から、なかなか距離を縮めてくれないかもしれません。

飼育への正しい知識と覚悟

このように、行き場をなくしてしまう猫たちはいます。猫と一緒に暮らし始めたら、飼い主も、猫と一緒に幸せになりたいと願っていると思います。でも、飼い始める前にまずは飼い方を調べて考えることをオススメします。

何かあってから調べるという手順では、手遅れになってしまうこともあるからです。今では図書館にも動物の飼い方の本がありますし、インターネットにも飼い方が載っているので、あらかじめ調べることができます。こちらでも詳しくお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

子猫の飼い方ってどうしたらいいの?笑顔で一緒に暮らすために

 

そして、最後まで面倒を見ることをイメージしてください。猫は野良猫では3年ほどで寿命を迎えてしまいますが、飼い猫では10年ほど生きる子が多くいます。そのとき、あなたはどのような生活をしていますか?愛猫と一緒に幸せに暮らしている未来を思い描けますか?

猫を飼い始めたら、家族としてたくさんの愛情を注いであげてください。そして、猫が満足して天国に旅立てるように一緒にいてあげてください。

猫を飼いたいと思ったら、以下を大切に考えてください。

  • 飼い方を徹底的に調べる
  • 最後まで面倒を見る覚悟を持つ
  • 必ず家族の一員として接する

家族として迎える猫とうまく付き合って、最後まで長く一緒にいたいですね。

 

まとめ

  • 飼育放棄の原因は複数ある
  • 飼育放棄は防ぐことができる
  • 飼いたいという衝動に駆られたら一呼吸置こう
  • 困ったら一人で抱え込まず相談しよう

ペットショップなどで見かける子猫の姿はとても愛らしいですよね。潤んだ瞳と目が合ってしまった日には、ついついこの子を連れて帰りたい!という衝動に駆られるのは猫好きにとっては自然な感情です。

そんな時は、一呼吸置いてみてください。本当に飼えるかな?最期のときまで責任を持ってお世話できるかな?そんな問いかけにも自信を持って応えられるようなら大丈夫。そうでなかったら、今は飼うタイミングではないようです。

最近では、悲しいニュースとして取り上げられることもある猫の飼育放棄。飼い主の責任問題を追及するのは簡単ですが、問題行動を起こす必要のあった当人の心の闇を溶かそうとすることで根本解決に向かうような気がします。あの人は本当は、大切に育ててあげたかったとしたら?と想像して予防策を考えることも、私たちにできることの一つではないでしょうか。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント