猫に冷房は必要?夏の暑さ&熱中症対策の安心まとめ

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



ピークは越えたとはいえ、ここ数年、夏は冷房なしでは生活できないほどに暑いですよね。猫がお腹を出してごろーんとして寝ているのを見ると癒されますが、暑いのにが涼しい部屋から出て廊下に出ているのを見ると暑くないのか不安になります。

「猫には冷房なんていらないのか?」「何度に設定したらいいのかな?」など、いろいろ気になっちゃいますよね。

今回は、猫にとっての冷房の適温や暑さ対策を中心に調査してみました。この記事を読んで頂けたら、きっと安心して冷房を使えますよ!ぜひ、最後までお読みください

 

スポンサーリンク

猫に冷房は必要?

猫は、暑さに強く、涼しい場所も自分で見つけるのが得意です。そのため、いつも冷房が必要というわけではありません。
ただ、真夏の暑い時期を過ごす時や気温が高い日に飼い主さんが出かけて猫だけでお留守番する場合は冷房が必要になります。

私たちが暑さに参ってしまうように、猫にとっても真夏の暑さはしんどいものです。特に真夏は、閉め切っていると室温が40度以上になる事もあったりして蒸し風呂状態になってしまい、熱中症などになってしまうこともあります。

猫は、汗腺が少なく体から熱を逃がすのは難しいですし、リモコンの操作できないので冷房のスイッチを入れられません。
お出かけで猫だけでお留守番になる時は、冷房を付けてあげてくださいね。

猫の適温は何度?

猫にとって適温は、室温が大体28度程度が目安です。そのため、冷房も26~28度が良いとされています。個体差があり、猫によって冷房が26度ぐらいが好きな子もいれば、29度みたいな暑い方が好きな子もいます。

寒すぎるのも暑すぎるのも猫の体には良くありません。何度に設定するか迷った時は、時間を空けてエアコンの温度設定を段階的に変えてみましょう。

時間を置きながらリモコンを時々操作して「26度だとどんな感じなのかな」「28度ならどうなのかな」という感じで猫の様子も見ながら適温を探してみてくださいね。

寒い時のサイン

今の室温が寒いかどうかをチェックするときは、猫の様子に注目してみましょう。

  • 体をくるっと丸めている
  • 飼い主さんのすぐ側や毛布と毛布の間、涼しい部屋を出て廊下などの温かい場所に行きたがる
  • 特に理由もなく毛を逆立て、膨らんでいる

上記のような様子が見られたら、部屋が寒いのかもしれません。温度設定を変えてみるか、部屋と他の場所を行き来できるようにしてあげてくださいね。

また、エアコンをつけて不在にするときには万が一猫ちゃんが寒くなった時に使えるよう、タオルなどを置いてあげるのも良いかもしれませんね。

旦那
旦那

ねえ、冷房の温度もっと下げようよ

まめこ
まめこ

えー、このくらいがちょうどいいよ?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

好みがあるからね。でも、あんまり冷えすぎるのは体に良くないかも。

冷房で冷えを感じやすいのは、短毛の猫や子猫・老猫が多い傾向がある層です。飼っている子が該当する場合は、気を付けましょう

 

冷房以外の暑さ対策

猫の中には、冷房が苦手な子もいます。真夏には、下記の対策も検討してみましょう。

こまめに水分補給する

汗腺が少ない動物なので、身体から汗を出して冷やすことができません。しかし、水を飲ませることで体温を下げることができます。

部屋の色々な場所に水を置いてみたり、こまめに取り換えたりして、猫が水を飲みやすい環境を作ってあげてくださいね。水を飲んだ分、トイレにも行くことが増えますので、トイレ掃除もこまめにしましょう。

氷を入れた冷たい水を用意するのは、体調を崩す原因になってしまうのでやめましょう。

水だけでなく、水分を多く含むウェットタイプ・ゼリータイプなどのエサをあげるのもオススメです。

扇風機を活用

扇風機を使って部屋の中にある空気を他の場所に流す・循環させましょう。部屋にこもった熱も少しずつ和らいでいくと思います。もし、お出かけしていて、お部屋が蒸し風呂状態のようになった時にも少し空気を外に逃がしてからエアコンを入れましょう。

この時、直接猫のお気に入りの場所や寝ている場所などに風が当たるようにするのではなく、少しそれた場所に風が当たるようにするのがポイントです。

扇風機の後ろに凍ったペットボトルを置く(もしくはバケツを置いてその中に保冷剤などを入れる)と簡単な冷風扇風機になります。もちろん人間にも使えますので、是非お試しください。

猫が爪や手を挟む可能性があります。そのため、扇風機を使う時には、カバーを付けておくのがおすすめです。

エアコンを消さないという選択肢も

なお、数時間程度の不在の場合にはエアコンはつけっぱなしの方が実は電気代が安くなるのはご存知でしょうか。

私の友人は梅雨入りから夏が終わるまでは24時間、会社にいって不在の時間も含めずっとエアコンをつけています。1DKで6畳タイプのエアコン1台ですが1か月の電気代は12000円前後。実はこまめにエアコンを切っていた頃よりも値段が下がったんだそうです。

意外ですよね。実はエアコンは、暑い室温を下げる時に最も電力を消費するため、あまり暑くない状態(28度程度)に一定し、室温をキープする状態だと電気代はあまりかからないんだそうですよ。

旦那
旦那

もったいない感じしてたけど意外だな!

まめこ
まめこ

私も聞いてビックリしたんだよ。
帰って来た時も快適な部屋だから
自分自身も楽らしいよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

こまめに電源を切る事が
必ずしも節約とは言えない好例かもしれないね

カーテンを閉める

直射日光が部屋に入らないようにすると、部屋の温度が上がるのを抑えることができます。夏の日差しってとても強いし、日光があたっている場所は暑いですよね。少しでも日陰のところは、涼しかったりします。

飼っている猫が日向ぼっこが好きな子という場合は、少し白いレースのカーテンの部分を残して、遮光カーテンで閉めておきましょう。

 

風通しを良くする

猫は、自分が過ごしやすい場所を見つけるのが得意です。部屋の中をある程度自由に歩き回れるようにしてあげれば、体調や気温に合わせて自分で涼しい場所・温かい場所を見つけます。

涼しい部屋に居たいときは涼しい部屋、ちょっと暖かい場所に行きたいときは暖かい場所にも行けるよう、部屋のドアは開けてあげると良いですよ。

猫や飼い主が何かしたわけではなくても、何かの拍子にドアが閉まってしまうこともあります。猫が外もしくは部屋に閉じ込められないように、ドアストッパーも忘れずに挟んでおきましょう。

また、お風呂場や玄関は、特にタイルなどの床がひんやりして気持ちが良いようなので行けるようにしておくのがオススメです。

暑さ対策グッズを活用する

ひんやりマットやアルミのねこ鍋などの暑さ対策グッズを使ってみましょう。猫は警戒心が強く、好みもあるので少し心配ですが慣れてきたら使ってくれることも多いです。

暑いけど、警戒して暑さ対策グッズを猫が使ってくれない…なんてことにならないためにも気温が低く過ごしやすい時期から猫が暑さ対策グッズに慣れるようにしておきましょう。

こんなひんやりグッズも用意してあげるといいかもしれませんね。

 

熱中症のサインと対処

猫は、お家の中にお気に入りの場所を持っている子が多いです。多少暑くても、猫がその場所に居続けてしまうこともあります。夏場に気を付けたい熱中症のサインと対処法は把握しておきたいですね。

人間も猫も気を付けたい熱中症。下記のような様子が見られたら、熱中症になってしまっているのかもしれません。

    • 口を開けて「ハァハァ」と苦しそうに息をしている(パティング)
    • フラフラしていて、意識がはっきりしていない
    • ぐったりと横たわっていて、体が熱い

上記のような様子が見られたら、その猫は熱中症になっているかもしれません。

対処法

ぐったりしている猫を見かけたら、慌ててしまいがち。ですが、命にかかわることだからこそ冷静に対処していきましょう。

  1. すぐに涼しい部屋に移す
  2. 水でタオルを濡らして軽く絞り、猫の体に被せて体温を下げる(保冷剤や氷枕を利用して全身を冷やしてもOK)
  3. 猫に水や脱水用ドリンクを用意して飲ませ、水分補給をする
猫の様子が不安な場合や重症の場合は、かかりつけの病院に連絡して、連れて行きましょう。
ペット専用の経口補水液も販売されています。緊急時のために用意しておくと安心ですね。

まとめ

  • 猫は暑さに強いけど、真夏や一人でお留守番の時には冷房が必要
  • 適温は、室温28度が目安、冷房の設定は26~28度
  • 猫だけでお留守番の時は部屋のドアを開けて猫が行き来できるようにする
  • 水分補給がこまめにできるようにしておく・カーテンを閉めるなど、暑さ対策をしておく
  • 熱中症になってしまったら猫の体を冷やして、不安なとき・重症な時は病院へ連絡

暑い毎日が続いていますが、人間も猫も快適に暮らせるように工夫していきたいですね。

うっかり熱中症にならないように飼い主さんも気を付けてお過ごしください。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント