猫を飼うって大変なの?猫と暮らすにあたって心得ること

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



みなさんはを飼ったことがありますか?もしそうでなかったとしても犬が人懐っこいのに対して猫は気分屋で触ろうとするとふら~とどこかに逃げていってしまう、なんてことはよく耳にするのではないでしょうか。

今回は猫と一緒に生活するイメージが湧かないそんなあなたに猫を飼うことがどれくらい大変なのか、そして飼い主さんと猫ちゃんがお互いに快適に暮らしていくにはどんなポイントに注意しておく必要があるかお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

猫を飼う際念頭においてほしいこと

猫を満足に飼えるだけの経済的余裕、キャパがありますか?

猫を飼うには当然お金がかかります。ブリーダーやペットショップから購入する必要があるのはもちろんのこと生涯にわたってフード費用、グッズ費用、ワクチン費用、治療費などでお金が必要になります。年間15万円はかかります。金銭的な問題だけでは済みません。

猫も生き物である以上家族として迎い入れてあげたなら幸せに生きる権利があります。だから可愛いからというだけで安易に飼うのは勧めません。猫を飼い始めたその先これまでの生活とどう変わるのかよく考えたうえで決めれば責任感も生まれるのではないでしょうか。

最低限猫を飼う上で受ける制限

一見すると犬のように散歩させる必要もないし、かまってあげる時間も少なくて済むからラクなんじゃないのかと思われがちですが、もちろんそう簡単にはいきません。驚かすつもりはないのですが、猫という生き物を飼う以上こちらの行動が制約されることは言うまでもありませんよね。

ズバリ猫を飼うのであれば長い間留守番させるのは避け、また、できるだけ引っ越しさせないことです。これは、猫に限った話ではないですよね。

猫といえども寂しがりやな子もいます。餌や水はたらふくあるけれどもしばらく飼い主に会えなければストレスを抱えてしまうかもしれません。外泊するならば多くても1週間程度にとどめておきましょう。

猫は敏感です。引っ越しでは急な環境の変化により体調を崩すこともあり必要に迫られない限りしないほうが賢明です。またそうならないためにもあらかじめ問題の起こりにくい土地、物件を選びましょう。

性格や環境も育てやすさを左右する

性格にもよりますが当然子猫のときから最低限のしつけを受けながらも精いっぱいの愛情を注がれて育った猫のほうが基本的に信頼関係もできており意外と聞き分けもよかったりします。

そして家族が友人や客を家に招き入れてもあまり警戒せずしつこく触らなければ噛まれたりすることもないでしょう。

ではある程度大きくなった野良猫を新しく飼うのはどうかというと猫によってまちまちですが、やっぱり野生で生きていたということもあり餌付けでもされていない限り初めは警戒心を持っていることが多くしつけも根気強く継続する必要があります。

また、困ったことに野生で成長してきた子は屈強な精神力の持ち主で自立しているのかといえばそうとも限らず、親猫や兄弟猫とのかかわりが希薄だったせいか飼い主の愛情独り占めしようとしてしまうこともあります。

私が生まれて間もないころマンションでオスの黒猫と一緒に暮らしていました。この猫はもともと野良猫で親が拾ってきたらしいのですが、私が生まれるまでは特に問題はなかったようです。

しかし、私が生まれてからは私が第一子だったということもあり親がこの猫の相手をしてあげる時間も減ってしまい嫉妬してしまったんでしょうね。

小さかった私が猫を触ろうとすると噛むようになってしまいました。それだけにとどまらず、私が幼稚園に飼い始めると私のために母親が作ってくれた弁当を勝手に食べるようになり親の私への擁護にもますます拍車がかかりその猫はあまり相手にしてもらえなくなりました。

最後のほうには洗面所でトイレをするようになりそれを見かけては母親が発狂する毎日。構ってほしかったのかストレスが溜まってしまったのか彼なりのSOSを出していたのかもしれませんがとうとうそのころを機に私たち家族の前から姿を消しました。

当時住んでいたのは3階でベランダもあったのでいつでも逃げようと思えば逃げられたのでしょう。今思えば気の毒な話ですが飼ってみないとわからないこともあるのです。

いたずらをされても寛容に

猫はつい飼い主に構ってもらいたくていたずらをすることがあります。餌や水の入った容器をひっくり返したりこちらが何か作業しているというのに邪魔したりなんてことも…場合によっては部屋を荒らされることだってあります。でもそれがわかっているなら対策を取りたいところですよね。

ここでしつけが必要になってきます。とは言っても猫は人間とは違って会話できません。だから具体的に何に叱っているかを伝えてあげなければいけません。

ポイントは猫がなにかいたずらをした直後に「こらっ!」と手短に叱ってあげることです。これを繰り返せば猫も理解できるでしょう。

また、飼い主が日中出かけている間に部屋を荒らしてしまう可能性もあります。これではその場で注意できないので初めからできるだけ部屋を荒らされない工夫を取る必要があります。

例えば物を猫の届かない場所に移したり、動かしてほしくない物の上に重いものを置いて固定したりといったふうに。あくまで無理やりやめさせるのではなくいたずらできないことを猫に自ら気づかせてあげることです。知恵を使うことも大事です。

 

まめこ
まめこ

最近猫が知恵をつけちゃったみたいでさ、キッチンとかの戸棚を開けちゃうんだよね。

旦那
旦那

あそこ物が収納されてるから荒らされると困るよね。でも家にある物で補えないんだったら百均グッズを買うといいんだって。

まめこ
まめこ

え?そうなの?てことは戸棚開け防止用グッズとかもあるみたいだね、助かったよ。ありがと~!

旦那
旦那

知恵には知恵で対抗しろってね。

 

猫も成長し、やがて年を取る

子猫のころは人間の赤ちゃんと一緒で身の回りの物すべてが興味の対象です。そのため際限なくあちこち歩き回ることもしばしばで網戸によじ登っていることもあるでしょう。一つ一つの行動を注意深く見守ってあげなければなりません。

成猫になるとある程度のことは自分でできるようになりますが幾分体も大きくなるためこの段階でしっかりしつけができでいないとこちらの苦労も絶えません。裏を返せばきちんとしつけし懐いた子は日々のストレスを本当に癒してくれる存在になります。

猫も年を取ると全体的にまったりとした雰囲気になります。昔は少々気性が荒かった子でもひとつひとつの行動が落ち着いて癒しにますます磨きがかかるでしょう。ただ若いころに比べてゆっくり自分のペースで過ごしたい時期なので派手にちょっかいをかけるのはよしたほうがよさそうです。

 

お互いのためにもケアを忘れずに

爪が伸びてきたら

野生の猫とは違って飼育している猫は爪が伸びていてはいけません。飼い主がけがをしないためであるのはもちろん壁やフローリングが傷つくのを防ぐためでもあります。子猫のうちから爪とぎできるようしつけしておくことがおすすめです。

ただ性格がおっとりした猫の場合自分から爪をとがないこともあります。また、爪が伸びすぎて爪とぎをするのが痛くてできない場合もあります。そんなときは飼い主のほうから猫の爪を切ってあげましょう。

猫は綺麗好き

猫は体を清潔に保ったり体温調節をするために毛づくろいすることがあります。これをグルーミングっていうのですが聞いたことありますか?体のあちこちを舐めているのを見るとけなげで可愛らしいんですよね。ただこれを可愛いなと思いながらボゥ~としていてはいけませんよ。

グルーミングは短毛種の場合換毛期、長毛種であればほぼ毎日するのですが、グルーミングする際毛玉を飲み込むので体内に入ってしまいます。少ない量であれば排泄時に出てきますがあまりに多いと吐いてしまうことは十分に考えられます。

ですので短毛種は換毛期に週1回長毛種は週2~3回ほどブラッシングしてあげるのをおすすめします。やりすぎはダメですよ?禿げてしまいます。

もし、どうしてもブラッシングが難しいと感じた場合は毛玉ケア用のフードを与えてあげれば大丈夫です。食物繊維が豊富で排泄を促してくれますよ。

以前私はチンチラゴールデンを飼っていたことがあります。長毛種というと寿命が短いイメージがありますが、ブラッシングを定期的にしなるべくストレスを与えない生活をさせてあげていたおかげか20年生きてくれました。日々のケアを怠らなければ長生きしてくれますよ。

 

まとめ

  • いい加減な気持ちで猫を飼おうとは思わないこと
  • 長期間お留守番させない、環境をガラッと変えない
  • 性格や育ちによって育てやすさはまちまち
  • 定期的なケアを忘れずに

結局猫を飼うのは大変なのかと聞かれるとケースバイケースとしか言えませんが、責任を持ってまっとうな暮らしをさせてあげるならそれなりに手間はかかります。そりゃ人を育てるのと似ていますからね。

でもきちんと育てて懐いてくれたなら最高の癒しになるでしょう。気分屋さんな猫たちですが心を開いた相手にはスリスリしてきたりとデレることだってちゃんとありますよ!

もしこの記事が、読んでくださった方と猫さんの幸福になるきっかけとなれば嬉しく思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント