猫を飼うならどこがいいの?悪徳ブリーダーと優良ブリーダーの見分け方

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

猫派の方が一度は思うであろうことの一つに、かわいい子猫ちゃんを飼ってみたい!というのがあると思います。ペットショップなどで並ぶ子猫ちゃんやインターネットの動画で出てくる子猫ちゃん、とってもかわいいですよね。

でもいざ実際に飼うとなった時に、最近ニュースなどでも悪徳ブリーダーなどの怖いところもあるみたいだし、販売されている場所が本当にいい場所なのか、どこで飼えばいいのか思わず迷ってしまう人もいると思います。

今回は、子猫ちゃんをどんなところで飼えばいいのかをご紹介しつつ、悪徳ブリーダーと優良ブリーダーの見分け方を説明してみようと思います。

 

スポンサーリンク

子猫はどんなところで飼えるの?

子猫をお迎えするにはお金を出して買う方法と譲渡してもらう方法がありますよね。具体的にはどんなところでお迎えする事が出来るでしょうか。

お金をだして購入する方法

猫ちゃんを「商品」としてお金を払って購入するのが最も一般的ですよね。金額は猫種や血統書付きか雑種かなどによって色々変わってきますので一概には言えませんが、血統書付きの子を飼う場合にはそれなりの金額がかかります。

その中でも一般的に考えられる方法のメリットとデメリットを比べてみようと思います。

ペットショップから購入

ペットショップからの購入は多分、一番メジャーな方法だと思います。店頭に沢山並ぶ猫ちゃんに一目ぼれして決める人も多いのではないでしょうか。

【メリット】

  • 自分が好きな血統などを購入できる
  • 動物の販売だけではなくエサなどその他飼い揃え物も売っている

【デメリット】

  • 親や兄弟に会えないのでどんな性格か判断が難しい
  • ブリーダーに会えないので細かな情報を引き出せない

 

旦那
旦那

会社の帰りにペットショップがあってさ
可愛いのがいるんだよね~

まめこ
まめこ

衝動買いしてこないでね?

移動販売で購入

移動販売ってなあに?と思われる方もいらっしゃると思います。たまにわんにゃんフェスタなどといった名前でイベントのような感じで開催されているのを見たことはないでしょうか。それが移動販売です。

【メリット】

  • 親や兄弟と会うことができる場合が多い
  • 直接触れられる機会が多い

【デメリット】

  • 天候に左右されやすい
  • 保険などの設備がないところも稀にあるのでアフタサポートが心配

 

そもそも移動販売とは、わざわざショップに足を運ばずとも猫ちゃんなどを購入できるという利点が最初に浮かびますよね。確かにショップより多少、安価で購入することができます。

買う側の私たちにとっては移動式販売はとても助かりますよね。しかし、移動式の販売は猫にとってはどうでしょうか? 一つ大きな問題点がある事をお伝えしておきます。

移動式販売の問題点

移動式販売では、生まれたばかりの猫ちゃんに長距離移動を強いる場合もあります。これは、明らかに猫ちゃんたちへは高負担ですね。

実際に移動中に死んでしまう子も少なくはありません。目的地への到着を果たしても、ストレスや体調を崩してしまう猫ちゃんもいます。

実際に行ってみたり聞いたお話ですと血便やひどく怯えている猫ちゃんもいました。気候なども考慮されておらず、寒そうにしている場合もあるようです。

全ての移動式販売がこのような実態ではありませんし、しっかりとした団体が同じような形でイベントを行っている可能性もあるため、このような会場全てがひどいというわけではありませんが、悪徳ブリーダーがこの様な実態を隠して利益だけを得ようとしている場合があります

 

旦那
旦那

ああいうのってその近くの子猫を
売ってるんだと思ってたよ。

まめこ
まめこ

長距離移動してる事もあるんだね。
それは猫ちゃんにはきついよね。

ブリーダーから購入

犬と同じように猫の場合にもブリーダーさんから購入する事が出来ます。ブリーダーにもいろんな方がいらっしゃいますよね。中には一つの猫種だけを専門に扱う方もいらっしゃいます。

【メリット】

  • ブリーダーさんと直接お話ができるので詳しいお話を聞ける
  • 良質なペットを迎えることができる

【デメリット】

  • ショップなどに比べると購入までの手間がかかる
  • 全てが優良ブリーダーとは限らない

ブリーダーの見分け方については後程詳しく説明しますので是非読んでみて下さいね。

譲渡してもらう方法

高いお金をかけることなく手に入れたいという方には譲渡してもらう方法がおすすめです。譲渡にはどんな方法があるでしょうか

友達から譲ってもらう

友人や知人で飼っている猫ちゃんに子供が生まれたのでもらってほしい、といった方がいたらラッキーですね。うまくそういう人に出会えたら積極的に聞いてみましょう。

【メリット】

  • 譲り受ける前にどんな猫なのか見せてもらいやすい
  • 元の飼い主がどんな人かよくわかるので安心、安全

【デメリット】

  • 好みの種類などを譲り受ける確率が低い
  • 予防接種や保険は話し合い次第だが自分でやる事になる可能性が高い

保健所や保護団体で譲渡してもらう

保健所では最近殺処分0を目標に、捨てられた犬や猫を譲渡してくれる日にちを設けて「譲渡会」を開いています。子猫ちゃんとの出会いはなかなか難しいかもしれませんが、雑種でもいいし子猫でなくても構わないという方であれば、譲渡会を覗いてみるのも良いかもしれませんね。

【メリット】

  • 寄付金として費用が掛かる場合があるがペットショップよりは安い
  • 1匹でも多くの命を救うことができる

【デメリット】

  • 譲渡条件が厳しく、譲渡してもらえない可能性がある
  • しつけをし直すのに苦労する

保健所や保護団体の条件の厳しさはよく話題になる事もあるのでご存知の方もいらっしゃると思います。身近で実際に断られた経験を知っているのでご紹介しますね。

独身男性の場合保護団体からの譲渡は絶望的

これは私の知人の話ですが、猫が大好きな独り暮らしの男性がいて現時点でも1匹猫を飼っているのですが、もう1匹猫を飼いたいと思い、せっかくなら保護猫から選んであげたいと考えて里親サイトを通じ、猫探しをしたそうです。

しかしどの団体でも独身男性である事を理由に断られたといいます。先住猫がいてきちんとお世話が出来ている事をお伝えしても、保証人が必要だったり収入の証明、先住猫の入手時のワクチン証明書を出すようにと指示されたりもしたようです。先住猫のワクチンと言っても何年も前の話で手元になく、困ったとか。

ひどい団体になると面談の予約を取るのに連絡が来ないままになったり、当日有給休暇を取って待っているのにドタキャン、もっとひどいところだと最初から虐待目的と決めつけてデマを流された、などという経験もしたそうです。

 

旦那
旦那

この話はオレの同僚の話。

猫好きないいやつだったから気の毒だったよ。

まめこ
まめこ

Tさん、穏やかでいい人なんだよね~。

間違っても虐待するような人ではないんだけど

世間的には独身男性=虐待っていうイメージがあるんだろうね。
そのあたりは最初から決めつけないでほしいね。

 

結果的に知人の男性は猫のブリーダーさんを捜し、ブリーダーさんから飼う事にしたとの事でした。保健所や里親サイトの場合、そういったトラブルもあり得る事を覚えておきましょう。

これらの話だけだとひどいなと思うかもしれませんが、保護された動物は飼い主から捨てられた辛い経験をしている子ばかり。そのためにもう二度と辛い思いをしないようにという思いから厳しい条件が設けられているのであり、ただの意地悪でない事は理解してあげたいですね。

 

悪徳ブリーダーと優良ブリーダーの見分け方

ブリーダーといってもよくニュースなどで出てくるような悪徳ブリーダーと呼ばれる人もいれば、専門的な知識を持ち、本当に猫に愛情をもって育てている優良なブリーダーさんもいます。

では、ブリーダーさんはどうやって見分ければよいでしょうか。見分け方を説明してみましょう。

悪徳ブリーダーの見分けはどうすれば良いのか

ここで、悪徳ブリーダーの見分け方をお教えいたします。悪徳ブリーダーと言えども中には、専門的な知識を持っている方もいます。言葉巧みに販売を行うので容易に見分けることは出来ません。では、どうすればいいの?

詳しい説明を嫌がらないか

まずは、とことん納得いくまでブリーダーさんと会話をしましょう。悪徳ブリーダーは、利益・販売を重視しているので、深堀された話や長時間の会話を好みません。

特にわかりやすいのは親猫の話を聞いてみる事。親猫がいるようなら合わせてほしいなどと頼んでみた時に露骨に嫌がるようなら悪徳ブリーダーの可能性が高いので注意です。

ゲージを見せたがらない

悪徳ブリーダーは汚くて狭いゲージに親猫を押し込めていたりするために、猫舎を見せてほしいと頼んでも嫌がって見せてくれない事があります。また、ゲージの清掃も雑にしていて悪臭がする場合は要注意です。

アフターケアはしっかりしているか

私の聞いたお話ですと『猫ちゃんを購入後に病気で2週間ほどで死んでしまった』といったようなことがありました。その後に問い合わせたところ『購入後の病気などは一切の責任を負わない』との事。

獣医に聞いたところ飼う前から病気にかかっていたのではないかとの事だったそうです。こういった事例もありますのでしっかりと飼われる前にブリーダーからお話を聞き出しましょう。

まめこ
まめこ

悪徳ブリーダーの話が続くと

伝える方も心が痛くなって来ちゃうね。

旦那
旦那

いいブリーダーさんもいるんだろ?

まめこ
まめこ

もちろん!

ここからは優良ブリーダーさんの見分け方を説明するよ。

 

優良なブリーダーの見分け方について

悪徳ブリーダーのお話を聞いていると、なんだか全てのブリーダーが悪く見えてしまいます。ここでは、そんな偏見を取っ払うために優良ブリーダーについて解説いたします。

話を親身に聴いてくれる・アフターケアも充実

悪徳ブリーダーとは異なり、優良なブリーダーさんは細かい質問についてもきちんと丁寧に答えてくれますし、先天性疾患の有無も詳しく説明してくれます

聞きたいことをいくつかまとめて行き、いろいろ聞いても嫌な顔をせず教えてくれるかどうかは大きなポイントになると考えていいでしょう。

健康チェックや清掃がいきわたっている

優良ブリーダーでは、定期的に獣医による健康チェックが行われております。また、小屋や動物たちも清潔に保たれているので、安心ですね。

ワクチンの証明書や血統書を提示してくれる

優良ブリーダーでは、ワクチン接種の証明書や血統書などを提示してくれるので、これも見分けるポイントになります。

優良ブリーダーの証・キャッテリーとは?

キャッテリーとは、世界的な猫愛護団体であるTICA(The International Cat Association)とCFA(The Cat Fanciers’ Association)のいずれかに認可された一部のブリーダーが名乗ることを許されています認可されるには定められた条件を満たす必要があるため、キャッテリーはハイクラスなブリーダーともいえます。

「キャッテリー」あまり聞きなれない方も多いと思いますが、キャッテリーとは、「猫の飼育所」と呼ぶそうです。キャッテリーとは猫の飼育と繁殖を行っている場所、または行っている人、といった意味を持つ言葉です。

ブリーダーとキャッテリーも、繁殖を行う場所や人を指す言葉であることに変わりはありませんが、すべてのブリーダーがキャッテリーを名乗る事が出来るわけではないのです。

 

まとめ

  • 猫の入手手段には購入と譲渡があるがそれぞれメリットデメリットがある
  • 移動式販売の中には悪徳ブリーダーが潜んでいる場合がある
  • 保健所や里親サイトからの譲渡は条件が厳しい
  • 悪徳ブリーダーは親猫や猫舎の見学を頼んだ際の反応で見分けられる
  • アフターケアが曖昧なブリーダーは悪徳の可能性があるので要注意
  • キャッテリーは優良ブリーダーの証

今回は、『悪徳・優良ブリーダー』についてお話しいたしました。世の中のブリーダーが、悪い方だけではないことは確かです。なので悪徳ブリーダーなのか優良ブリーダーなのかをうまく見分けて動物を飼育していただきたいです。

猫ちゃんたちは人間の言葉は理解できませんが、人間の態度などを読み取ることは可能ですそれは人間の赤ちゃんも同じ事です。可愛いからなど安易な考えではなく、しっかりとその子の未来を考えて飼育をしていきましょう。

動物を飼う=わが子を授かるという気持ちをもって動物と人間楽しく仲良く暮らしていきたいですね。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント