おすすめキャットフード!安心安全・美味しいごはんを愛猫に。

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



人って生きていく上で食べる事なしには生きていけません。毎日『何を食べよう?』と悩みながら料理をし、きれいに盛り付けられた料理を食べています。

猫も人と同様に食べる事なしには生きていけません。ただ違うのは人の様に料理する事はなくキャットフードという立派なものがあり、今は色々な種類があり栄養価も高いです。

そんなキャットフード、どのようなものを選んで猫にあげればいいのでしょう。そのおすすめを一緒にみていきましょう。

 

スポンサーリンク

キャットフードにはどんな種類があるの?

概要

キャットフードにはドライタイプウェットタイプ、さらにドライとウェットの中間のセミモイストタイプの3種類あります。この違いはキャットフードの水分含有量の差です。

ドライタイプ

水分含有量が10%以下の物がドライタイプです。

栄養価が高く固めの食感であごを鍛えたり歯の汚れを落としやすくするのには、丁度よいです。水分が少ないので、与える時には近くに水を置いておくことをお勧めします。

日本のように高温多湿の所では、湿気を含んでしまうので開封後は封をしっかりして保存しましょう。

ウェットタイプ

水分含有量が75%以上の物がウェットタイプです。

においが強く肉の食感が残っているので、グルメな猫に向いています。水分含有量が高いので、水分補給が苦手な猫でも安心です。

食べかすが残りやすいので、歯石がつきやすく口臭の原因にもなりやすので注意が必要です。

セミモイストタイプ

水分含有量が20~30%の物がセミモイストタイプです。

ドライとウェットの中間でいわゆる『半生状態』です。ドライとウェットのそれぞれの特性を持ったキャットフードなので、比較的長時間の保存が可能です。

まめこ
まめこ

猫も基本のキャットフードは3種類なんだね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

それぞれに栄養素が違うから、工夫したい所だね。

 

キャットフードは年齢毎に分けた方がいいの?

概要

皆さんご存知のように、人と動物では年のとり方は違いがあります。また動物の種類によっても違いがあります。

猫は1歳半で人間でいう成人になり、6歳で人間でいう40歳(成猫)16歳で84歳の高齢猫になります。人が年齢を重ねる毎に食べ物の好みが変わっていくように、猫も年齢を重ねる毎に食べ物が変わるのは自然な事です。

子猫用キャットフード

生後1~2か月の猫は人間で言うとまだまだ赤ちゃん母猫がいる場合はもちろん母乳を飲ませる様にしてあげてください。早くに母猫から離れてしまった猫には、専用のミルクがありますのでそれを飲ませてあげてください。

2か月を過ぎたあたりから子猫用のキャットフードがありますので、ウェットタイプかふやかしたドライタイプがいいでしょう。子猫は成長期なので栄養価の高い(高たんぱく高カロリー)キャットフードがおすすめです。

成猫用キャットフード

猫も1歳を過ぎると大人になりますので、子猫用キャットフードのように高カロリー高タンパクでなくても構いません。必要な栄養素の詰まったキャットフードならばそれがいいかもしれません。

猫の人生の中で一番長く食べる事になるので、しっかりと選びましょう。種類も豊富ですから色々試してみるのもいいかもしれません。

老猫用キャットフード

人間でいうお年寄りになる老猫。この年齢になると食欲も落ちてきます。少量のキャットフードでいかに栄養を取るかが鍵になります。

栄養価の高いキャットフードだったり必要以上に与えたりすると、肥満になりやすく内臓にも負担がかかります。歯も弱ってくるので、小粒で食べやすい大きさのキャットフードや少量で栄養とれるキャットフードがおすすめです。

猫におやつやサプリは必要?

子猫の時からコミュニケーションの一つとしてあげている場合を除いて、特におやつやサプリは必要なものではありません。おやつを上げる事で、呼べばすぐに反応してくるのが楽しみになっている飼い主さんや猫も多いでしょう。それはそれで一つの習慣なので、あげ続けてください。

まめこ
まめこ

キャットフードも年齢別に分けるべきなんだ。

旦那
旦那

人も年齢別だといやだぁ。

 

キャットフードの原料って?

概要

これまでで触れたように、今はキャットフードといっても様々な種類があります。色々とありすぎて、どれを選んでいいのかわかりませんよね。

味や原材料などを中心に見ていきたいとおもいます。

肉類

肉類の主な原料はビーフ、ポーク、チキンで、その他マトン(orラム)やターキー、ダックなどで、珍しいものでヤギといった物もあります。

またミートミール、ミートボーンミールやチキンミールも含まれます。

魚介類

魚類にはツナやカツオ、サーモン、サバ、タチウオ、トビウオなどがあります。その他にエビやカニ、タコやイカ、ホタテ、サザエ、ハマグリ等が含まれます。

その他にフィッシュミールやフィッシュエキスも含まれます。

その他

その他に含まれる物として、穀類、豆類、野菜類、糖類、乳類、油脂類、果実類などがあり、これらがキャットフードに含まれています。

まめこ
まめこ

味がこれしかないのって味気ない・・・

旦那
旦那

食いしん坊癖、でたぁ

 

キャットフードの選び方

概要

肉類や魚類の多いキャットフードは高タンパクで、十分なエネルギーと筋肉を作るのにもってこいです。しかし短所として、野菜不足になりがちです。

穀物が多く含まれるキャットフードは、食物繊維や炭水化物が多く含まれます。猫は穀物を消化する事ができませんが、アレルギーを起こしやすい猫以外は、特に問題はありません。逆に食物繊維によりいい便を出し、いい状態を保てる場合もあります。

キャットフードの選び方の基本

キャットフードの選び方の基準としては、どういう目的でキャットフードを選ぶかです。どのように栄養補給をするか、毛玉ケアをしたいとか、健康重視でいくかなどです。

また家計の問題もあるでしょう。安かろう良かろうでは無く、やはり猫の体を一番に考えてあげたら、安い物は栄養素も貧弱になりがちなので、それなりの値段になるでしょう。

それに加えてキャットフードは年齢ごとに種類がありますので、該当する年齢に合ったキャットフードを与えるのがお勧めです。

まめこ
まめこ

飼い主さんからもらうしか方法ないんだものね。

旦那
旦那

それだけに慎重に選んであげたいね

 

おすすめキャットフード

キャットフードも年齢別にあったキャットフードが出ています。その中で人気のキャットフードを少し見ていきたいと思います。

子猫用キャットフード

成猫用キャットフード

まとめ

  • キャットフードは種類別に特性があるので、その特性を知りましょう
  • 年齢に合ったキャットフードをあげましょう
  • 原料により味も変わるので、その猫に合ったキャットフードをあげましょう

何よりも飼い主さんが慎重にキャットフードを選び、猫に上げる事が大事だと思います。猫も飼い主さんからキャットフードをもらう形でしか栄養を補給できません。その点を心掛けるようにしましょう。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント