おすすめキャットフード!安心安全・美味しいごはんを愛猫に。

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているカンファペットは、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットの目や口に入っても安全で、舐めても大丈夫なように安全性にこだわって作られています。人間の赤ちゃんにも使用可能な程ですので、安心してウイルス対策にご使用いただけます!

カンファペットの使い方》
  • 一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【↓購入はこちら↓今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

カンファペット

現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへ訪問して下さる読者様にも、連日売れています!

予想を上回る勢いに、心配な方も多いのではないでしょうか...。

過剰になりすぎるのも良くないですが、適切な予防策として大切なご家族やペットを守る際にはカンファペットを、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!



---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓



【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

お家で過ごす時間の多い今こそ、ポストに届くお花でご自宅でのひとときを彩りませんか?私も使っています。こんな時だからこそ、ふと目に入るお花のパワーの偉大さに気がつきます。



最近は多種多様なキャットフードがありますよね。実際、お店で買うときも何を基準に選べば良いのかわからなくて、結局同じもの買ってしまったりしませんか?猫はと言うと、今日のおすすめのご飯はなんですか?と言っているかのように尻尾をフリフリ待っていたりして、そんな姿に思わず笑顔になってしまいますよね。

ご飯大好きな愛猫が喜んでくれて、いつまでも健康で健やかに過ごしてくれたら飼い主としても本当に嬉しいですよね。少しでも、そんな悩める飼い主さんのお役に立てるように、今回はキャットフードについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

キャットフードにはどんな種類があるの?

キャットフードにはドライタイプウェットタイプ、さらにドライとウェットの中間のセミモイストタイプの3種類あります。この違いはキャットフードの水分含有量の差です。

ドライタイプ

水分含有量が10%以下の物がドライタイプです。

いわゆる一般的なキャットフードといえば、この歯ごたえ十分なカリカリを思い浮かべる方も多いでしょう。栄養価も高く硬めの食感は、あごを鍛えたり歯の汚れを落としやすくするのに丁度良いです。猫に必要とされる栄養素のバランスに優れた総合栄養食が多いのも魅力です。

ただし、水分含有量が少ないため、与える時には近くに新鮮なお水を置いておくことをおすすめします。なぜなら、猫はもともと水分をあまり取らない体質なので、尿石症や膀胱炎などの泌尿器系の病気になりやすい傾向があるからです。

ドライフードのメリットは、大容量のものが比較的安く手に入ることや長期保存が効くことです。しかし、封を開けた時からフードの酸化は進んでいきます。一度に大容量のものを買うよりも、小分けになっているものを使う方が、常に鮮度や品質を保てるのでおすすめです。

特に日本のように高温多湿の所では、湿気を含むとフードが傷みやすくなります。開封後は封をしっかりするか密閉容器などに移し替えて保存して、1ヶ月以内に使い切りましょう。

ウェットタイプ

水分含有量が75%以上の物がウェットタイプです。

水分含有量が非常に高いことから、水分補給が苦手な猫にとって、ご飯を食べながらある程度の水分を補えるメリットがあります。一般食と総合栄養食と2タイプあるので、総合栄養食を選ぶと良いでしょう。一般食の場合には、普段の食事のトッピングとして上手に取り入れることをおすすめします。

旦那
旦那

一般食と総合栄養食って何が違うの?

まめこ
まめこ

総合栄養食は新鮮なお水と、それだけ食べていたら、十分な栄養が取れるように作られたご飯なのよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

その通り。一般食はご飯を楽しく食べれるためにつくられているんだよ。僕らのふりかけとかお漬物のとか、副菜のイメージかな。それだけだと栄養が偏りがちになるんだ。だからトッピングとしてあげてほしいな。

 

ウェットフードも様々な形状のタイプがあり、我が家のグルメな猫ちゃんはこれが好きなの、など拘りを持っている飼い主さんもいます。嗜好性も高いので食欲の落ちてしまった時や硬いものが食べられなくなってきた高齢の猫ちゃんでも食べやすいでしょう。

愛猫が最近ご飯を食べてくれないかも…と悩んだら、ウェットフードであれば食べてくれるかもしれませんね。ただ、フードが毛に付いて汚れてしまったり、ドライフードに比べると歯に食べかすがつきやすく、どうしても歯石の原因になってしまうので注意が必要です。子猫のうちから歯磨きの習慣をつけておくと安心ですね。

また比較的値段が高く、レトルトパウチや缶詰タイプが多いので、一度開けてしまうと傷みやすいデメリットもあります。なるべくなら、1日で使い切ることをおすすめします。

まめこ
まめこ

缶詰は長期保存ができるから、普段から災害時の備蓄用として準備しておくと良いかもしれないわね。

旦那
旦那

僕らも災害の時の準備しているもんね。そういう時は、水分もとれるウェットフードが役に立ちそうだね。

最近は突然の自然災害も多いですよね。猫はとてもデリケートな動物です。いざという時に、日頃から備えておくと安心です。もしもの時、ペットをどうしたら良いのかも気になる方は是非読んでみてくださいね。

突然の災害!ペットはどうする?同行避難と今日からできること

セミモイストタイプ

水分含有量が20~30%の物がセミモイストタイプです。

ドライとウェットの中間でいわゆる『半生状態』です。ドライとウェットのそれぞれの特性を持ったキャットフードです。

猫用のセミモイストフードは犬用に比べるとまだ少ないようです。バリエーションもあまりありませんが、ウェットフードより少し長めの保存が可能です。密閉容器に移し替えて2週間以内に使い切りましょう。

まめこ
まめこ

猫も基本のキャットフードは3種類なんだね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

それぞれにメリットやデメリットがあるから上手に使ってね。

 

キャットフードの選び方

猫の年齢や体調に合わせて選ぶ

皆さんご存知のように、人と動物では年のとり方に違いがあります。また動物の種類によっても違います。

猫は1歳半人間でいう成人になり、6歳人間でいう40歳(成猫)ぐらいです。7歳を過ぎると高齢猫の仲間入りです。17歳になると、もう人間でいう84歳ぐらいで超高齢猫とも言われます。

人も年齢を重ねていくうちに食べ物の好みが変化したり、体調に合わせて食事に気を使うようになりますよね。猫も同じように、年齢や体調に合わせてフードを見直すことが大切です。

子猫におすすめのキャットフードと離乳食は?

生後1~2か月の猫は、人間で言うと1歳から3歳くらいで、まだまだ手のかかる幼い子供と同じです。母猫がいる場合はもちろん母乳を飲ませる様にしてあげてください。

早くに母猫から離されてしまった仔猫には、仔猫専用のミルクがありますのでそれを飲ませてあげると良いでしょう。仔猫の免疫をサポートしてくれる「コロストラム」を含んだものをおすすめします。

この初乳成分は仔猫の免疫力を高め病気から守るはたらきをします。また、生後2〜3週間を過ぎたあたりからミルクに混ぜて離乳食も始めていきましょう。

高タンパク、高脂質、高カロリーのものを選びます。なるべくなら良質なものを選びたいですね。成猫の3倍近くの栄養が必要なこの時期の食生活が、生涯にわたって健康に過ごしていくためにも大切です。

そして、お皿から食事を食べるんだということを覚えてもらいます。仔猫専用の離乳食にも様々なタイプがあるので飼い主さんが扱いやすいのも勿論ですし、仔猫がちゃんと食べられるかを確認しながら与えていきましょう。

仔猫のうちはまだ歯も弱く、胃腸も未熟なので一回に食べられる量も少ないです。必要な栄養量を与えるためには回数を増やす必要があります。これは、私たちが赤ちゃんに離乳食をあげるのと同じイメージですね。

なかなか食べてくれないと、どうしても心配で神経質になってしまうと思います。でも、飼い主さんの気持ちを察知して仔猫が余計に食べなくなってしまうかもしれません。

焦らないで仔猫のペースに合わせてあげてくださいね。無理な時はミルクに戻してあげるのも良いですよ。体重をチェックしてみて、少しずつ増えていれば問題ありません。

まめこ
まめこ

仔猫のときって本当に体も小さいから、毎日成長していくのをみてると、一つ一つ何かできる度に感動しちゃうんだって。

こちらの離乳食は仔猫の時に必要なタンパク質やミネラルがバランスよく含まれていて、添加物を使っていないのも魅力です。離乳期に特化した特別なフードになっています。

フードをあげる手順としては、ミルクだけを飲んでいた状態から、ペースト状のものやウェットタイプのフードを食べることに慣らしていきます。始めは、水分を足してスープに近い状態で、だんだんフードに混ぜる水分量を減らして本来の硬さに近づいていくように調節していきます。

柔らかめの固形物でも食べれるようになってきたら、カリカリが食べられるようになるまであと少しです。大体生後6〜7週間ぐらい、人間で言えば幼稚園児くらいの年齢になると、完全に離乳してドライフードも食べれるようになります。

特に、この時期にたくさんの食べ物の味を教えてあげることで、好き嫌いの少ないコになると言われています。便利なお試しサイズを利用して、いろいろなタイプのフードをあげてみるのも良いかもしれませんね。これは、フードの食いつきが悪くなってしまったり、病気でご飯が食べれなくなってしまった時などの対策としてとても有効です。

また、離乳食専用のフードを使わなくても、仔猫専用のドライフードをお湯やミルクでふやかして与えることも可能です。その方が比較的ドライフードに移行しやすいようです。こちらのキャットフードを離乳食に使う飼い主さんも多いですよ。

成猫におすすめのキャットフードは?

猫も1歳を過ぎると育ち盛りの高校生ぐらいになり、猫の世界ではもう成猫の仲間入りです。仔猫専用のキャットフードの高カロリー高タンパクのものから、「成猫用」のものに徐々に切り替えていきましょう。

体も仔猫の時と比べると遥かに大きくなり、とてもよく食べます。カロリーの取りすぎについても気をつけてあげてくださいね。この時期はどんなフードが良いのかというと、総合栄養食であれば、ドライフードでもウェットフードでも猫の好みのものを選んであげると良いと思います。

その際、猫にとって重要な栄養素であるタウリンがしっかり配合されているものを選ぶようにしましょう。動物性タンパク質から摂取することができる成分で、失明や心筋症など病気の予防にも繋がります。

飼い主さんのなかには、基本はドライフードにして、たまにウェットフードを混ぜてあげる方も多いです。そうするとこで、食事のマンネリ化や飽きを防ぐ効果も期待できるでしょう。

また、避妊去勢の手術をした後は太りやすくなるので、肥満などの生活習慣病予防を意識した食事に切り替えていく必要もあります。カロリーも抑えながら美味しく食べるならこちらがおすすめです。

私たちも食べる楽しみを味わうように、猫にとっても人生の中で一番食べることが楽しい時期です。愛猫の好みのものを選んであげたいですよね。キャットフードは本当に種類も豊富ですから、いろいろなお試しサイズで食いつきの様子をみて、よく食べるものを2〜3種類のローテーションであげるのも良いでしょう。

こちらのフードはグレインフリーで素材にもこだわったイギリス生まれのナチュラルフードです。85%も原材料に肉や魚を使うなど、猫本来の食事にこだわっています。

こちらはオールステージに対応したプレミアムキャットフードです。お試しサイズだと、愛猫の好みがわからない時にも便利です。少量の小分けタイプなら、いつでも新鮮な状態であげられますね。

高齢猫におすすめのキャットフードは?

7歳〜16歳の高齢猫には…

猫の世界では高齢猫の仲間入りです。活発に動き回っていた成猫期に比べると、運動量も減り体力も落ちてきます。消化も良く内臓に負担の少ないフードへの切り替えもなども視野にいれておくと良いでしょう。

こちらのウェットフードは消化吸収も良く、良質なクランベリーを配合しているので、気になる尿路疾患の予防にも最適です。ウェットタイプは食事をしながら一緒に水分も補給できるので、高齢時期にはドライフードに混ぜたり、トッピングとしてあげるのもおすすめです。

段々と病気にもかかりやすくなるので今までよりも食事に気を使って、食事面から健康に配慮してあげることが必要になります。人間も猫もご飯の時間は大好きですよね。

こちらのフードは栄養豊富なサバとサーモンが主原料です。穀物不使用で無添加無着色なのも安心ですよ。

17歳からの超高齢猫には…

猫は17歳からは超高齢猫の仲間入りです。大体人間で言えば84歳くらいのお年寄りになる老猫。この年齢になるってくると、更に食欲も落ちてくるので、ごく少量のキャットフードで効率よく栄養が取れるように工夫していくことが大切でしょう。

最近は、室内でのびのびと生活できるようになったことや、病気とも上手く付き合っていけるようになり、ここ数年で飛躍的に寿命が延びました。これは、キャットフードの質が格段に上がったことも理由の一つだと思います。まだまだうちのコは元気です。なんて声を聞くことも多くなりましたよね。

なかには、硬いドライフードが食べられなくなってしまうコもいますが、今はシニア用の栄養に配慮されたウェットフードなどもあります。老猫ちゃんが食べやすいものを用意してあげてくださいね。

まめこ
まめこ

私の友達の猫は、全然食べれなくなっちゃって、ヤギのミルクをお湯で溶かして飲ませてたよ。ミルクを飲んでるとなんか赤ちゃんに戻った気もしたって〜好きなものをあげて、少しでも食べてくれると嬉しいよね。

こちらのウェットフードは総合栄養食になっているので細かい栄養バランスを気にしなくて良いのが安心です。

実はこの時期になってくると、ご飯を食べてくれなくて悩む飼い主さんも意外と多いです。もうあまり食べられなくなってきている超高齢猫ちゃんには、更に食べやすい工夫として、すり鉢などで潰して水分も少し足してドロドロの状態でお口に入れてあげると一生懸命食べてくれますよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

仔猫の時に好きだったご飯なら食べるコも多いですよ。脂質には気をつけたいけど、好きなものを少しあげてみてください。

まめこ
まめこ

あんまりにも食べてくれない時は、早めにかかりつけの獣医さんに相談してくださいね。

 

猫におやつやサプリは必要?不要?

実は、猫におやつやサプリは必要なものではありません。ですが、おやつやサプリも上手に取り入れると良い場合もあります。それぞれ考えてみましょう。

おやつは、飼い主さんと愛猫とのコミュニケーションツールの一つです。名前を呼べばすぐに反応してくれたり、一緒に過ごす時間をより楽しくするために上手く取り入れている飼い主さんが多いです。

あげすぎて肥満にならないように、一日にあげる量をしっかり決めておくと良いですよ。どうしても可愛いとたくさんあげたくなってしまうのが飼い主心ですよね。

私たちも美味しいとついつい食べ過ぎてしまいますが、猫は自分で管理することができません。健康で長く一緒に過ごすためにも、おやつはとっておきのご褒美としてあげるのが一番です。愛猫が嬉しくて喜んでいる姿を見ると幸せを感じますよ。

まめこ
まめこ

今日のおやつ何にしようかな。やっぱりケーキかな。

旦那
旦那

またケーキなの?まぁ、まめこのケーキ食べてる顔が可愛かったりするんだけどね。

まめこ
まめこ

やだやだ〜♪嬉しくて食べ過ぎちゃう。(モグモグ…)

旦那
旦那

って…あ〜ぁ生クリームが鼻についてるし…(いくつなんだよ…)

サプリメントについても猫が健康であれば必要ありません。それは、キャットフードで十分な栄養を補えているからです。逆に、栄養を必要以上に取りすぎてしまい逆効果になることもあります。

しかしシニア期になり免疫力や体力が落ちてきたり、猫エイズなどで免疫力がない場合には、免疫力アップの効果が期待されています。飲ませてみたいと思ったらまず、かかりつけの獣医さんに相談してみましょう。適切な量をあげることで、健康に繋がるのであれば考えてみるのも一つですね。

 

キャットフードの原料について

まずは原材料の順番をチェック⁉︎

キャットフードに関わらず、ペットのフードには様々な原材料が記載されています。重要なのは書いてある順番です。原料としては、肉や魚、穀類から野菜やフルーツ、添加物などたくさんのものが使われています。この原材料の含有量が多い順に記載されています。

もし、一番最初に穀物の小麦やトウモロコシなどが記載されていたら、かさ増ししている粗悪なフードと言えるかもしれません。猫は穀物を消化できなかったり、アレルギーがあるコも多いので、しっかりチェックする必要があります。

肉類

肉類の主な原料はビーフ、ポーク、チキンで、その他マトン(orラム)やターキー、ダックなどで、珍しいものでヤギといった物もあります。動物性タンパク質は猫の成長に欠かせない成分です。これらが一番最初に記載されているフードを選びたいですね。

「ミートミール(肉粉)」や「ミート&ボーンミール(肉、骨粉)」、「ミートバイプロダクツミール(肉副産物)」も含まれます。これらは一般的にあまり摂取が好ましくないと言われることがあります。

しかし必ずしもそうではなく、質の良いものであれば良質なタンパク質であり、加熱加工されているのでより安心であるともいえます。また、チキンやビーフなど原材料の名前がしっかり記載されているかも質の良さを判断する基準になります。

魚介類

魚類にはツナやカツオ、サーモン、サバ、タチウオ、トビウオなどがあります。その他にエビやカニ、タコやイカ、ホタテ、サザエ、ハマグリなどが含まれます。これらもフードの品質表示の最初に記載されているのが望ましいです。

その他に「フィッシュミール」や「フィッシュエキス」も含まれます。どのような魚で、どのような状態で含まれているかの細かい部分がはっきりしていませんが、これらの成分もタンパク質を豊富に含んでいます。

「フィッシュオイル」には、オメガ3脂肪酸のEPAやDHAなどが多く含まれており、被毛につやと輝きをあたえてくれます。サバなどの青魚から抽出される天然の成分が多いです。

穀類(小麦・トウモロコシ・米)

最近はグレインフリー(穀物不使用)のものが増えています。猫は穀物を消化しにくいと言われていますが、穀物には腸内環境の維持や改善が期待できます。

穀物アレルギーの猫には与えてはいけませんが、必ずしも穀物不使用が良い訳ではありません。少量のものなら健康維持になる場合もあることも頭に入れておくと良いですね。

野菜類

例えば大豆は、食物繊維が豊富で良質な植物性タンパク質も摂取できます。特にトリプトファンと言われる必須アミノ酸が多く含まれています。ただし、大豆も猫がアレルギーを起こしやすい食材と言われています。まずは少量のフードを試して様子を見ると安心かもしれません。

他に野菜で良く目にするのがジャガイモやサツマイモではないでしょうか?特にグレインフリーのキャットフードでは穀物の代わりに使われることが多いです。

ジャガイモにはカリウムやビタミンCが多く含まれていて、アレルギーの心配が低い食材とされています。ただ高GI食品なので取りすぎには気をつけたい成分です。逆に、サツマイモはビタミンAや食物繊維が豊富で低GI食品ともいわれ肥満気味の猫ちゃんも安心な成分です。どちらも消化がしやすいメリットがあります。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

低GI食品てわかるかい?糖質が体に吸収される度合いが低いってことなんだ。血糖値が緩やかに上昇すると、栄養がゆっくり吸収されて糖が脂肪になりにくいと言われてるんだよ。

果実類

ベリー系のフルーツが多く使われます。ベリーに含まれるアントシアニンやビタミンは、猫のかかりやすい病気の代表格とも言える泌尿器系の病気の予防や、目の健康などへの効果が期待されています。他にもオレンジやリンゴなどには、天然の酸化防止剤の効果があるなど、フルーツも多く使用されています。

様々な添加物

人口的な添加物が多いのも事実です。合成着色料や保存料、酸化防止剤などは覚えられないくらい多くのものが使われています。特に猫は色を認識したりしないので、着色料は必要ないでしょう。

他にも素材が良ければキャットフードにわざわざ香料を添加する必要がないので、これもやはり使われていないものを選びたいですね。

添加物も全てが悪いのではなく、酸化防止剤や防腐剤はフードの劣化を防ぐために必要なものでもあります。ドライフードなら必ず入っている添加物です。

そのため、なるべくなら天然由来のものを選びたいですね。最近だと「ローズマリーエキス」や「ミックストコフェロール」といった体に害の少ないとされる添加物を使ったフードが増えてきています。

 

まめこ
まめこ

いろいろ細かく考えてみるととっても難しいわ〜

旦那
旦那

俺はもうパニックだよ…助けてツルちゃ〜ん

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

はいはい。あまり難しく考えすぎないでね。一番大切なのは、猫ちゃんが美味しく食べてくれることだよ。

 

危険⁉︎猫に与えてはいけない食材

  • ネギ類
  • チョコレート
  • 生のイカ、タコ、エビ、アワビなどの貝類
  • 生卵
  • 生の豚肉
  • スパイス類
旦那
旦那

猫ってほら、あっちこっち動き回るから、うっかり舐めたり食べたりしないように気をつけないとだね。

これらの食材は一部に過ぎません。猫が中毒を起こしたり、アレルギーを引き起こしたりと大変危険です。手作りフードを作る場合は素材に気をつけて作りましょう。

お肉やお魚から摂取できるタンパク質は多めにします。野菜はごく少量が良いでしょう。食べられる野菜でも量が多すぎるとアレルギーが起きる可能性があります。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

基本的には栄養バランスもキャットフードを食べていれば十分なんだよ。ご飯の時間が楽しくなる工夫として、飽きやすいネコちゃんの気分転換に手作りご飯も良いかもしれないですね。

まめこ
まめこ

愛情たっぷり手作りごはんは、愛猫が美味しそうに食べる姿に幸せを感じるし、飼い主さんにとってもメリットがありますよね。便秘気味のネコちゃんには食物繊維がとれますよ。

 

キャットフードは安心安全なものを

高タンパクで、十分なエネルギーと筋肉を作るのにもってこいのキャットフードは肉類や魚類が多く含まれています。便秘や腸内環境を整える食物繊維や炭水化物を摂取するなら穀物が多く含まれているキャットフードがおすすめです。

猫は穀物を消化する事ができませんがアレルギーを起こしやすい猫以外は特に問題はありません。逆に食物繊維により、いい便を出し、いい状態を保てる場合もあります。

キャットフードの選び方の基準としては、どういう目的でキャットフードを選ぶかです。どのように栄養補給をするか、毛玉ケアをしたいとか、健康重視でいくかなどです。

また家計の問題もあるでしょう。安いからこれで良いのでは無く、やはり猫の体を一番に考えることが大切です。安い物は栄養素も貧弱になりがちなので、良いものはそれなりの値段になるでしょう。

それに加えてキャットフードは年齢ごとに種類がありますので、該当する年齢に合ったキャットフードを与えるのがおすすめです。

まめこ
まめこ

飼い主さんからもらうしか方法ないんだものね。

旦那
旦那

それだけによく考えて選んであげたいね。

 

まとめ

  • 種類別に特性があるので年齢や体質に合った総合栄養食を選ぶ
  • 仔猫期の食事選びは、将来にわたって健康で過ごすためにも重要
  • おやつやサプリは上手に取り入れることが大切
  • フードは、主原料に肉や魚が一番最初に記載されているものがおすすめ
  • 添加物は天然由来のものを選ぶようにする
  • 猫に与えてはいけない食材がある

食事の管理は健康で過ごす第一歩です。考えると悩みの尽きないキャットフード選びですが、一番大切なのはご飯を美味しく食べれることだと思います。愛猫と長く幸せに暮らすために少しでもお役に立てたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

▼▼▼強力な除菌・除ウイルス効果】ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント