ブリティッシュショートヘアはどうやって生まれたの?歴史に迫る!

ブリティッシュショートヘア
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

イギリス最古の猫品種と言われる、ブリティッシュ・ショートヘア
しかし品種としての確立は近代に入ってからであり、一時期は人気の低下に悩まされたこともあったようです。

それでも、持ち前の愛らしさから人気を取り戻し、さらに飛躍を遂げてきました。では、その歴史を見てみましょう。

スポンサーリンク

ブリティッシュ・ショートヘアとは

ブリティッシュ・ショートヘアは1880年代に、それまでイギリスに普遍的に生息していた、短毛(ショートヘア)の飼い猫から発展し、品種として確立しました。

イギリスの正式公務員である「首相官邸ネズミ捕獲長」達の写真を見ても、ほとんどがブリティッシュ・ショートヘアと同じような姿形をしています。

Her Majesty's Government [OGL v1.0 (http://NationalArchives.gov.uk/doc/open-government-licence/version/1/)]

引用:Wikipedia   ※写真は現長官の”タビー”
彼らはほとんどがいわゆる”雑種”とされていますが、逆に言えば一般的なイギリスのイエネコの集大成がブリティッシュ・ショートヘアであるという事は意識して頂けるかと思います。

 

ブリティッシュ・ショートヘアの身体的特徴

作出された当初は現在よりも大型だったそうですが、そこから改良が加えられて現在の大きさまで小型化されました。彼らの身体的特徴を敢えて言うのなら、全体が『丸い』と言うことではないでしょうか。

顔、目、口元、身体全体、それらが全てまん丸なのが、愛らしさを感じさせます。ピンと立っているけれど小さな三角の耳は、この特徴の中でのアクセントと言えるでしょう。

ただ、下半身がどっしりとしていて肩幅も広いので、正面から見ると彼らが本来狩りをする生き物である、ということを思い出させてくれるようにも思います。

短毛種ではありますが毛はふわふわで、それは尻尾にまで及んでいます。一部が縮れ毛になっている個体も有るようです。性格は穏やかで、なつくととても人なつっこくなります。

カラフルさで勝負

イギリスでは20世紀初頭、他の猫種に人気を奪われた時期もありましたが、1930年代には復活し、さらなる改良でカラーも増えました。

現地のペット協会で公認されているだけでも、17以上の色名称があります。現在では世界中で飼育されており、単色(ソリッド)種が最も人気があります。

気品高い仲間

1980年代には、カラー・ポインテッド・ブリティッシュ・ショートヘアと言われる、シャム猫の特徴を取り込んだ種類(色合い)もイギリスで作出されました。

元となったブリティッシュ・ショートヘアと比較して、シャム猫が持っている黒のポイントをいくつか持つことから、ポインテッドの名称を持っています。こちらの品種は、より愛情深い性質を持っているとされています。

 

その他の特徴

身体の特徴では次のような注意点があります。

  • 雌雄で体格差が大きく、雄の方は非常に大きくなる傾向がある。
    (お迎えをした後に、思わぬ大きさに育って戸惑うかも・・・)
  • 青い瞳の種は、先天性の視覚障害を持って産まれてしまう個体がある。
  • ホワイト種は多指症の発生率が高い。
  • 単色種は日焼けに弱いところがあるので、日光浴をさせるときは注意!

とは言え、ショーに出すのでもなければ、これらの特徴はごくごく小さな問題で、大事に付き合えれば、良き家族となるでしょう。

 

ブリーダーの憧れ・ソリッドブルー

ブリティッシュ・ショートヘアのソリッドで最も人気があるのがブルーです。ブルーと言っても、日本人から見るとグレーが近いですが、日本語の藍色に通じる色と言えるでしょうか。

このカラーの猫は、第二次世界大戦中に雄猫が急激に減ってしまい、絶滅の危機に瀕しましたが、1950年代になって現地のブリーダーの努力が実り、ようやく復活した経緯があります。

それでも、完全に近いブルーを生み出すのは至難の業と言われ、ブリーダーの夢であり憧れとなっています。最も完璧な”ブルー”は、とても美しいビロードのような毛並みと、それを際立たせる金(もしくは銅色)の瞳とのバランスが素晴らしいものです。

さらに、去勢していない成熟した雄は、頬が膨らんで顔の丸みにボリュームが増え、より愛らしい顔立ちになります。こんな美しいパートナーがいたら、もう一日中愛情を注ぎたくなります。ずっと膝の上に乗せて、時間を忘れて過ごしてしまうかも・・・

 

まとめ

では、今回の情報をおさらいします。

  • ブリティッシュ・ショートヘアは、イギリスで1880年代に作出された。
  • イギリスのイエネコの特徴をとりまとめて持っている
  • カラーがとても豊富
  • その中でもソリッドブルーが人気

もちろん、タビーやポインテッドでも、

とても可愛い子が沢山居ます。ソリッドのこだわらず、沢山の子と出逢いを重ねて下さいね。シルバー・スポッテッドの子はユキヒョウのようで素敵ですよ!これからブリティッシュ・ショートヘアをお迎えするときの参考にして下さいね。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント