ビションフリーゼとトイプードルのちがいは何?わかりやすく徹底解説

トイプードル
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

ビションフリーゼといえばふわふわとした毛並みをもったまんまるな小型犬というイメージですよね。同じ見た目のトイプードルとのちがいは何?と聞かれたら、パッと答えるのは難しいのではないでしょうか。

どちらも同じ小型犬でふわふわした毛並みを持ち、つぶらな瞳をしていますよね。似た外見の犬たちですが、細かな違いがいくつかあります。見分けるポイントを学び、知らない人に教えて鼻が高くなってみませんか?

スポンサーリンク

ビションフリーゼとトイプードルのちがい

まずはビションフリーゼとトイプードルのちがいを簡単にまとめてみました。
ビションフリーゼ

トイプードル

体重 3~7kg(個体差あり) 3~4kg
体高 24~29cm 24~28cm

身体つき

横長の四角形(短足胴長)・筋肉質 正方形(胴体と足の長さが同じ)・華奢

カラー

ホワイトのみ ホワイト・ブラウン・ブラック・レッドなど10色以上

毛の生え方

ダブルコート シングルコート

身体のちがい

ビションフリーゼとトイプードルはまず体のつくりが違います。ビションフリーゼは足が短くて胴体が長い、横長な四角形のような形をしています。ふわふわの毛でわかりづらいですが、体つきもがっしりとしているのが特徴です。実は筋肉質なんですね。
大きさは3~7kgですが、大きいと10kg近くにも成長します。個体差があるというのもビションフリーゼの性質です。体高は24~29cmほどで、小型犬では大きめの方に分類されます。
反対にトイプードルは形で言うと正方形のようなイメージです。スリムで長い足を持つ、スラッとした身体つきです。ビションフリーゼに比べると華奢線が細いですね。
体重は3~4kgほど、高さは24~28cmとやはりビションフリーゼよりは小さい犬になります。プードルは体高によって「スタンダードプードル」「ミディアムプードル」「ミニチュアプードル」「トイプードル」と分けられますので、個体差という考え方は当てはまりにくいですね。
トイプードルよりも小さな「タイニープードル」「ティーカッププードル」はトイプードルの一種として見なされているので、公式な分類ではありません。ですが体高によって細かく分けられるのはトイプードル、プードルの特徴ですね。
この投稿をInstagramで見る

. 🍀swipe🌿 360度どこから撮っても 可愛い子たち❤❤ . . 2枚目の寄り添い(風)も 最強に可愛い🤤🤤

Chika(@1113shirasu)がシェアした投稿 –

かかりやすい病気のちがい

ビションフリーゼとトイプードルではどのような病気になりやすいかも違ってきます。

ビションフリーゼは、遺伝的な病気が少なく比較的長寿な犬として知られています。ですが病気の心配をしなくて良いなんてことはもちろんありません。

ビションフリーゼで気をつけたいのは急性湿潤性湿疹(きゅうせいしつじゅんせいしっしん)です。ビションフリーゼは思わず触りたくなってしまうあのモコモコな毛の通り、たいへん毛量が多い犬種です。

従って毛で皮膚が蒸れやすいため、そこから発生した菌が痒みや痛みを引き起こす病気です。

皮膚の病気を予防することは全ての犬に共通しますが、毛が多いビションフリーゼでは特に気をつけたいところですね。

一方でビションフリーゼに比べて華奢なトイプードルは、骨の病気にかかりやすいです。

1歳未満の小さな子犬で特に注意したいのがレッグペルテスです。後ろ足の血液がうまく流れず、股関節が変形したり壊死してしまう病気です。

足を動かすと違和感があるので、うまく歩けなくなってしまいます。

どんな生き物だって辛そうに足を引きずる姿を見ると悲しくなってしまいますよね。日頃から歩く姿を見て、少しでもおかしいな?と思ったら診察してもらうことをおすすめします。

毛に関するちがい

色について

ビションフリーゼといえば真っ白でモコモコな姿が思い浮かぶのではないでしょうか。ビションフリーゼの毛色はまさにそのホワイトだけなのです。
トイプードルのカラーはホワイトはもちろんブラウン、ブラック、レッド、クリーム、アプリコットなどたくさんありますね。色については大きく異なっていることがわかります。
ビションフリーゼとトイプードル、どっちかな?と迷った時、ホワイト以外の色でしたらすぐにトイプードルだと判断が出来ますね。

毛の生え方について

また見た目ではわかりづらい毛のちがいがあります。似ているふわふわ・モコモコでも、毛の生え方が異なっています。ビションフリーゼはダブルコートの犬種です。

皮膚を保護するためのオーバーコート(上毛)と体温を調整するためのアンダーコート(下毛)の二種類の毛をまとめてダブルコートと呼び、毛量が多くなる特徴があります。ビションフリーゼは巻き毛のオーバーコートと柔らかいアンダーコートを持っていて、とても毛が多い犬です。

したがって、湿気や暑さにたいへん弱いため、環境をしっかりと整えてあげる必要があります。抜け毛対策やブラッシングについて詳しい記事がありますので併せて読んでみてくださいね。

ビションフリーゼの抜け毛は大変?モコモコスタイルを楽しもう!

トイプードルはオーバーコートのみ生えている、シングルコートという種類になります。ダブルコートの犬に比べると毛量が少なく、寒さに弱い体質です。服を着て歩いているトイプードルを見かけることがよくあるかと思いますが、かわいいだけではなく寒さ対策で着ているんですね。

まめこ
まめこ

ビションフリーゼは毛量が多いからしっかりとしたブラッシングも重要だよ。

もちろんトイプードルも同じです!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうですね。せっかくのフワフワでふさふさなんですから、大切にしてあげてくださいね…。

旦那
旦那

先生から哀愁が…。

性格のちがい

ビションフリーゼもトイプードルも、人懐っこくて明るい性格です。どちらも飼い主に従順で、頭のいい犬ですね。
ですがビションフリーゼは、トイプードルよりも少し神経質なことが特徴です。飼い主と一緒にいることを好み、ひとりにされるのが苦手です。またストレスを溜めやすいので、ストレスフリーで快適に過ごせるように気をつける必要があります。

ビションフリーゼ特有の性質「ビションスイッチ」

ビションフリーゼには、「ビションスイッチ」「ビションブリッチ」と呼ばれる独特の性質があります。突然はしゃぎだしたり、走り回ったりする行動のことをそう呼んでいます。
まるで急にスイッチが入ったおもちゃのようにバタバタと動き始める少し不思議な特徴です。この行動についてはハッキリと解明されておらず、おそらく運動不足の解消、ストレス発散の為ではないかと考えられています。
少しの間はしゃぎますが、満足したら動きは止まります。ビションスイッチの間は暴れて怪我をしないように見守ってあげましょう。
旦那
旦那

たまに暴れたくなる気持ち、よくわかるよ…。

ビションフリーゼとトイプードルの起源のちがい

ビションフリーゼの起源

見た目が似ていますが、その起源は異なっていますビションフリーゼはフランス語で「小さな毛の長い巻き毛の犬」という意味の通り、フランス原産の犬です。14世紀頃の地中海で、大型のウォータードッグであるバルビーと白い小型犬を掛け合わせて作られた犬がビションフリーゼの起源にあたります。
そこでは「ビション」という系統が生まれ、「マルチーズ」「ボロニーズ」「ハバニーズ」「テネリフェ」の4種類に分けられました。スペインのテネリフェ島に持ち込まれた犬が「テネリフェ」であり、このテネリフェが現在のビションフリーゼになります。
その後イタリア、フランスへと広まっていき、16世紀から18世紀の貴族に愛玩犬としてたいへん可愛がられました。第一次世界大戦により一度絶滅の危機になってしまいまいますが、繁殖家の努力によって復活したのです。そして今では世界のさまざまな家庭で愛される犬となりました。

トイプードルの起源

トイプードルもフランス原産の犬とされていますが、歴史がとても古いため、起源は諸説存在しています。ドイツ原産のバーベットが先祖にあたるのではないかと考えられています。
もともとプードルは頭がいいため、荷車を引いたりカモ狩りのカモの回収をしたりする役割を任されていました。そして貴族の間で人気となったプードルは、16世紀頃のフランスで愛玩犬となるために小型化され、トイプードルが生まれたのです。
トイプードルの古い歴史について、こちらの記事で詳しくまとめていますので、併せて読んでみてくださいね。

まとめ

  • ビションフリーゼとトイプードルは体つきや形がちがう
  • カラーや毛の生え方も異なっている
  • ビションフリーゼには特有の「ビションスイッチ」という行動がある
  • 起源は異なるがどちらもフランスの貴族に愛玩犬として可愛がられていた

見た目はそっくりで一見わかりづらいビションフリーゼとトイプードルですが、細かい違いが多々あることがわかりました。ですがどちらもかわいいフワフワのモコモコであることは変わらないですね。

もし次に迷う時があったら、今回まとめた内容のことを思い出して活用してもらえれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント