ベンガルのカラーは何色?人気カラーや呼び方は?色別の性格も調査

ベンガル
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



ベンガルというと、茶色いカラーにヒョウ柄のイメージですよね。野性的な見た目が魅力的なベンガルですが、茶色いヒョウ柄以外にもカラーや模様はあるのでしょうか。

また、見た目どおり野性味あふれる性格なのでしょうか。ベンガルは、日本では頻繁に見かけることがないため、あまり馴染みがないかもしれませんね。

でも実は、外見も中身もとっても魅力的な猫なんですよ。そこで今回は、そんなベンガルのカラーや性格について調査してみました。

 

スポンサーリンク

カラーの種類

ベンガルの種類は、カラーと模様の組み合わせで決まります。カラーは大きく分けて「ブラウン」「シルバー」「スノー」の3種類あります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ブラウン

ベンガルには最もポピュラーな毛色で、ダークブラウン赤茶色オレンジ色フォーン(黄色味がかったベージュ)など幅広い色合いがあります。明るい赤茶色が特に好まれるようです。

シルバー

アメリカンショートヘアーに代表されるような銀色の毛色で、2004年に認められた新しい毛色です。アメリカンショートヘアーの遺伝子が由来となっていて、黄色みの無い銀色に黒い模様が出ます。

シルバーにはスモーク(オーバーコート(外毛)の毛先と根本で色味が違い、銀色に薄墨を重ねたような色味となる)が出る場合があります。

スノー

スノーという言葉どおり、雪のような象牙色の地色に茶色の模様がある毛色です。ユキヒョウに似た柄で、別名スノーベンガルと呼ばれる綺麗なカラーです。

その他

公式には認められていないものの、この3種類以外にも「ブルー」や「ブラック」といった毛色があります。しかし、スタンダードな品種ではないので、キャットショーや繁殖からは除外されているようです。

ブルー」は、シルバーよりもっと青みがかったグレーに近い色合いです。ベンガルは他の猫と比べても毛質に吸い付くような滑らかさがあると言われていますが、その中でもブルーは、ブラウンやシルバーよりも毛質が柔らかいと言われいます。

また、「ブラック」はメラニスティックと言われ、一見すると普通の黒猫のようですが、クロヒョウと同じように光の当たり具合によって模様(柄)が浮き上がって見えると言われています。

まめこ
まめこ

光の加減で模様が浮かんで見えるなんて、すごくカッコイイ。魅力的なカラーね!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうだね。だた個体数がとても少なくて、詳しいことはあまりわかってないようなんだ

 

模様(柄)の種類

ベンガルの種類はカラーと模様の組み合わせで決まりますが、模様(柄)には「スポテッド」「ロゼット」「マーブル」の3種類があります。それぞれの特徴をご紹介しますね。

スポテッド

スポッドとも呼ばれます。ブチ模様のいわゆるヒョウ柄で、1色の斑点が不規則に配置されています。

ロゼット

スポテッドのうち、ヒョウ柄の斑点が2色(外側が濃く内側が淡いグラデーション)になっているものをロゼットと言います。ヒョウやジャガーのようなロゼットの柄を持つのは猫の中ではベンガルだけで、非常に人気の柄なんですよ。

ロゼットはさらに、ローズ型やドーナツ型、アロウヘッド(矢の形)型、ハウプリント(肉球)型など、柄の形によって細かく分けられます。

マーブル

アメリカンショートヘアーによく見られる大理石のような模様です。縞模様のことをタビーというので、この柄をマーブルドタビーと言い、カラーと合わせてブラウンマーブルドタビー、シルバーマーブルドタビーなどと表現します。

また、マーブルだけでなく、スポテッドやロゼットもスポテッドタビーロゼットタビーという風に表現されます。

まめこ
まめこ

え?斑点は縞模様じゃないのに、○○タビーって言っちゃうの?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

縞模様を途切れさせると斑点模様になるでしょう?専門的な話になるんだけど、まず遺伝子上の因子が…

旦那
旦那

なるほど!よくわかりました!!

とりあえず、斑点模様も縞模様のうちって考えればいいんですね(これ話長くなるやつだ…)

 

模様(柄)の変化!?

ベンガルは、成長に伴って模様(柄)が変化すると言われることがあります。これはどういうことなのでしょう。生まれ持ったはずの模様が変化するなんてあり得るのでしょうか。

実は、生後間もない頃はファジー期といって、白くてふわふわした毛(産毛)が体を覆っています。その影響で模様がはっきりと見えず、白い産毛がなくなるにしたがって段々と模様がはっきり見えるようになるのですね。この様子がまるで模様が変化したように見えるのです。

個体差もありますが、大体生後2か月から4か月くらいで白い産毛が抜け始め、模様がわかりやすくなると言われています。ファジー期であっても斜め後ろから見ると模様を確認しやすいといった報告もあるのですが、見極めはかなり難しいようです。

 

ベンガルについて

さて、最後にベンガルについて少しご紹介したいと思います。ベンガルは、いつどのようにして生まれたのか、ベンガルの歴史から見ていきましょう。

歴史

ベンガルはもともと、猫の白血病の研究から生まれました。アメリカの大学で、猫の白血病の免疫を持つかもしれないからと、野性のベンガルヤマネコ(別名アジアンレパード)とイエネコを交配させたのが始まりでした。

この交配種に、エジプシャン・マウアメリカンショートヘアーアビシニアンなどのイエネコをかけ合わせて、現在のベンガルが誕生したと言われています。野性的な見た目をしているのは、こういった歴史があるからなのですね。

特徴

ベンガルは、よく発達した筋肉とがっしりした骨格の猫で、体重はオスで5~8kg、メスで3~5kgとくらいです。メスの方が少し小さく、ちょうど生まれたての人間の赤ちゃんと同じくらいの重さでしょうか。猫としては中型~大型とされます。また、体に比べると顔が小さく鼻筋が通った見た目をしています。

実は、ヤマネコの血が色濃く残っていると感じるのは、見た目でだけでなく運動能力もです。とてもアクティブな猫で、他の猫に比べて運動量も群を抜いています

広いスぺースや高さのあるキャットタワーを用意して、毎日たくさん運動させてあげることが必要です。また、普通の猫と違って水遊びが大好きで、お風呂場で遊ぶのが好きな子もいるようです。

旦那
旦那

ヤマネコ譲りのワイルドな見た目。しびれるな~。

まめこ
まめこ

それにしても、猫なのに水遊びが好きだなんてびっくりだわ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

実はベンガルヤマネコも水を嫌がらないんだ。そこもヤマネコ譲りの特徴だね。

性格

見た目も運動量も野性的なベンガルですが、性格も野性的なのでしょうか。いえいえ、そんなことはありません。実はベンガルは、人懐っこく温厚で甘えん坊な性格だと言われています。

カラーによる性格の違いはあまりなく、全体的に頭がよくやさしい気質で、しつけやすいともいわれています。個体差はありますが、オスの方がより社交的で運動量が多く、メスの方がクールでおとなしい傾向にあるようです。

 

まとめ

  • カラーは大きく「ブラウン」「シルバー」「スノー」の3種類
  • 模様は「スポテッド」「ロゼット」「マーブル」の3種類
  • 子猫は模様がはっきり見えないので、成長すると模様が変わったように感じる
  • ベンガルはヤマネコとイエネコの交配から誕生した
  • 見た目や運動量は野性的だが、性格は甘えん坊

体つきも模様も、まるで野性のヒョウがお家にいるようなワイルドな感覚。その一方で、実は甘えん坊さんだなんて、何ともギャップが愛らしいですよね。

野性味あふれるブラウン、洗練されたシルバー、柔らかい印象のスノー…どの子もとても魅力的ですね。お迎えを悩んでいる方は、この記事を参考に希望のカラーや模様に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント