ビーグルのしつけの必要性について徹底調査!いつから始めるべき?

ビーグル
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

ビーグルは大きなたれ耳を特徴としたとても可愛らしい小型の犬種です。あのショートアニメのスヌーピーのモデル犬ともされています。

そんなビーグルですが、見た目の可愛さとは裏腹に他の犬種に比べてしつけが少し難しいと言われているので、犬を飼ったことがない人は最初のしつけでとても苦戦します。今回は、ビーグルのしつけがなぜ難しいのかをご紹介します。

 

スポンサーリンク

ビーグルってどんな性格?

しつけの話の前に、まずビーグルとはどんな性格なのかを知っておきましょう。ビーグルはもともと小動物の狩りをする猟犬として用いられていました。

  • 活発でとてもやんちゃ
  • さみしがり屋で甘えん坊
  • あまり人見知りをしない
  • 持久力がある
  • 粘り強い

これらのほとんどが狩猟犬をしていた時の名残と言われています。

 

なぜしつけが難しいの?

それではビーグルのしつけはなぜ難しいといわれているのでしょうか。それは、ビーグル狩猟犬として生活していた頃からの性格が関係しています。

狩猟犬として生活していたためか、じっとしていることが苦手でともかく動き回ることが大好きなので飼い主さんを追いかけたりととてもやんちゃです。やんちゃな性格のためしつけをする際に、周囲に気になるものや人がいると気が散ってしまいしつけに集中できなくなってしまいます。

ビーグルはポジティブでマイペースな性格でもあるため、しつけで失敗して怒られたとしてもあまり凹んだりしません。「いつか覚えてくれる」という飼い主の根気強さも試されます。さみしがり屋で甘えん坊である性格からは、留守番と無駄吠えのしつけが難しいと考えられます。

とてもさみしがり屋なため、飼い主が視界からいなくなってしまうとすぐに吠えてしまいます。聡明なので人間の言葉を理解することはできますが、猟犬であった頃の自立心の高い性格や頑固な性格が残っているため受け止めるのに時間がかかってしまいます。

 

しつけの必要性

犬を飼っている人の中には「犬にはしっかりとしたしつけが必要である」と考える人もいれば「そんなに強く叱ってまでしつけする必要はない」と考える人もいます。

しかし多少強く叱ったとしても、犬を飼うのであれば飼い主として必要最低限のしつけはするべきです。必要最低限のしつけは愛犬や飼い主、家族や近隣住民にとっても必要です。

必要最低限のしつけができてから無駄吠えのしつけ、お留守番の練習をしてみましょう。何もしつけられていない状態で1から教えることはとても困難です。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

初めから難しいしつけをする必要はないので、まずは必要最低限の4つのしつけをすることから始めましょう。

まめこ
まめこ

4つのしつけですか?必要最低限のしつけができてからでも遅くはないんですね!

必要最低限のしつけとは

愛犬が安全に生活するために必要な最低限なしつけとは何でしょうか。愛犬の安全や近隣住民からのクレームを考慮するのであれば、以下のしつけを覚えさせましょう。

  • おすわり
  • まて
  • おいで
  • だめ
  • トイレトレーニング

毎日の生活を安全に過ごすためにはこの5つは必要不可欠です。この5つのしつけを覚えさせることで、他のしつけにもつながります。

おいで

(例)散歩中に首輪やリードが抜けてしまったり急に走り出して道路に飛び出してしまった時に「おいで」ができていれば飼い主の元へ戻ってくることができるので、車に轢かれてしまったり迷子になってしまうことはありません。

おすわり、まて

(例)動物病院で他の犬に興奮してしまい強く引っ張ったり、交通量の多い道に行った時でも「おすわり・まて」ができればいったん気持ちを落ち着かせることができるので怪我をすることは少なくなります。

「おすわり・まて」ができれば、お留守番の練習も徐々に行うことができます。

だめ

(例)愛犬が家の中でいたずらをしていろんな物を噛んでしまうことがありますよね。そんなときに「だめ」を理解していれば、破壊行動をやめてくれますし誤っておもちゃなどを飲み込んでしまうこともなくなります。

「だめ」ができているなら、吠えてるときに注意すれば無駄吠えをやめさせることにもつながります。

トイレトレーニング

犬を飼う上で一番最初に苦労するのがトイレトレーニングです。何度も同じ場所に粗相をされてしまった経験はありませんか?

同じ場所に粗相をしてしまう原因は、その場所に臭いが染みついてしまいトイレだと思ってしまっているからです。

犬には長期記憶がないため、数分前に粗相をしてしまったことを怒られても「僕はなんで怒られてるんだろう?」と思ってしまいます。なぜ怒られているのかを犬に理解してもらうためには、粗相をしたその時に注意しましょう。

注意するときには愛犬に粗相をしてしまった場所をしっかり見せながら「だめ(いけない)」と注意してあげましょう。

粗相をしてから発見するまでに時間が経過してしまったら怒らずに掃除しましょう。このときに臭いが残らないように臭いけしなどのスプレーを使うことをおすすめします。

飼い主が見ている前で上手にトイレができた場合には大げさに褒めてあげましょう。そうすることで犬は「ここでトイレをしたら飼い主さんが褒めてくれる」と回数を重ねるごとに理解してくれます。

しつけをする時に注意すること

しつけをする時には、しつけのコマンドの言葉を統一しましょう。人によってしつけの言葉が違うと愛犬は混乱してしまいます。特にビーグルは人間の言葉を理解するのに時間がかかるため、コマンドの言葉がバラバラだと余計に理解するのに時間がかかってしまいます。

「おすわり」なのか「すわれ」なのか。

「まて」なのか「まって」なのか。

「おいで」なのか「来い」なのか。

「だめ」なのか「いけない」なのか。

愛犬のしつけを始める前に家族でしつけのコマンドの言葉を統一して決めておきましょう。

【おて・おかわり・ふせ】は覚えさせなくてもいいの?

必要最低限以外のコマンドは覚えさせなくても日常生活に何も不自由はありませんが、愛犬との信頼関係を深めるためには覚えさせてもいいでしょう。「おて・おかわり」は飼い主との上下関係を築き、その上下関係を維持するために覚えさせてもいいでしょう。

「ふせ」は服従心のしるしです。ふせの姿勢は飼い主のことをよほど信頼していなければできない姿勢ですので根気強くしつけなければしてくれない子もいますし、特定の人物にしかしない子や一生しない子も中にはいます。

それほど、「ふせ」というコマンドは犬にとって本当に信頼している人間にしかとらない行動なんです。

 

しつけはいつから始めるべき?

しつけを開始する時期は一概に何か月からとは言えませんが、犬は1歳までの期間が1番物覚えが良いといわれているので仔犬の頃から開始するのが一般的です。

しかし、全員が仔犬を飼うわけではありませんよね。成犬を迎える場合は家に迎え入れてからすぐにでもしつけを開始しましょう。

できるだけ早めにしつけを開始しないと、トイレトレーニングの場合は粗相をしたところに臭いがついてしまい毎回同じ場所にするようになってしまいます。

成犬のしつけはなぜ難しいの?

犬を飼っている人、これから犬を飼う人全員が仔犬を飼うわけではありません。保健所から引き取ったり、譲渡会に参加して譲渡してもらったり犬の入手方法は様々です。成犬はすでに癖や悪い習慣が身についてしまっている可能性が高いです。その癖や悪い習慣を1から直すことは大変なので仔犬に比べ成犬はしつけが難しいのです。

成犬をしつけることがある場合、これだけは皆さんにお伝えしておきたいことがあります。しつけに時間がかかるからといって体罰だけは絶対にしないで下さい。体罰をされた犬は人間に対して恐怖心や不信感を抱くようになり、今まで築いてきた信頼関係が一気に壊れてしまいます。

成犬であるからといって必ずしもしつけができないわけではありませ個体差により、成犬でも覚えが早い子はいるので根気強く頑張りましょう。

もし自分でしつけをすることが難しいと感じるのであれば、しつけ教室に通ってみたりトレーナーさんに相談してみるのも1つの方法です。

お金がかかってしまいますが、愛犬や飼い主のストレスも少なくなり今後の愛犬との関係性を崩すことなくしつけをすることができます。

見方を変えれば、犬を飼うために必要と考えられる投資ではないでしょうか。

 

まとめ

  • さみしがり屋で甘えん坊なのでお留守番が難しい
  • やんちゃで活発な性格なのでしつけ中じっとしていることが難しい
  • マイペースな一面もあるので覚えるのに時間がかかる
  • 最低限なしつけをする必要がある
  • しつけは仔犬の頃から1歳までが覚えやすい
  • 成犬は仔犬よりしつけが難しい
  • 成犬でも仔犬でも根気強くしつけにチャレンジすることが大切

まとめが多くなってしまいましたが、ビーグルを飼うということはしつけの点においてとても難しいということが分かって頂けたかと思います。犬を飼ったことがない人がビーグルのしつけをすることはとても大変です。

しつけの時期に関してはビーグルのみならず、全犬種が仔犬の時期が1番覚えやすいのです。しつけは飼い主の根気強さが試されるので、最後まで諦めずに愛犬と共に頑張りましょう。

愛犬と一緒に散歩をして「あの子はいつもおりこうさんね!」と周囲の人に言われると嬉しいですよね。そうすれば愛犬も褒められて喜び、飼い主もいい気分で散歩に出かけることができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ビーグルを飼ってみたいなと思っている方や、ビーグルに少しでも興味がある方は是非参考にしてみてください。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント