聡明?果敢?ビーグルってどんな犬?その性格や特徴を考えてみよう!

ビーグル
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



ビーグル犬。その小型でありながらがっしりと引き締まった、筋肉質の美しい体躯。ピンと立った尻尾。大きな目と垂れた耳が、その愛らしさを際立たせます。スヌーピーのモデルにもなったこの犬は、その知名度と愛らしさで世界中に愛好家がいるのです。

ビーグルと言えば聡明で果敢な犬という印象がありますが、実際のところビーグルとはどんな犬なのでしょうか。今回はその性格について、ビーグル犬の成り立ちからフォーカスしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ビーグルは狩猟犬

ビーグルはその小柄な体格と愛らしい顔立ちから、何となく愛玩犬かと思ってしまいますが、実はれっきとした狩猟犬なのです。ハウンドと呼ばれる分類群に属し、主にウサギなどを狩る獣猟犬として用いられてきました。

ハウンドは、鳥を狩猟する際に用いる猟犬(ポインターやレトリーバーなど)に比べ、獲物を発見する探知能力や回収作業に優れているようです。ハウンドは2つのグループに分けられます。

主に目を使って獲物を探す視覚ハウンド(sighthound:サイトハウンド)と、鼻を頼りに獲物を探す嗅覚ハウンド(scenthound:セントハウンド)です。

ビーグルはセントハウンドに属し、その優れた嗅覚で獲物を追います。その猟の仕方は「追いなき」と呼ばれ、発見した獲物を仲間の犬と鳴き交わしながら追いかけます。ハンターや仲間の犬は鳴き声を頼りにしながら、皆で協力して獲物を追い詰めていくのです。

 

ビーグルには歴史がある

ビーグルの起源については、はっきりしたことはわかっていません。しかしその歴史は古く、紀元前のギリシアで用いられていたハウンド種の子孫ではないか、とも、ローマ時代からウサギ狩りに利用されていたらしい、とも言われています。

ビーグルの歴史についてより詳しく知りたいと思った方は、是非こちらの記事も参考にしてみてください。

ビーグルはどうやって生まれたの?歴史や祖先について徹底調査!

狩猟犬だったビーグルの特徴

上で述べましたように、元はウサギ狩りに使われていたビーグルは、やはりその性質に猟犬の特徴を色濃く残しています。聡明さや果敢な印象があるのも、その狩猟犬としての名残りといえるのではないでしょうか。

ビーグルはよく吠える

先に述べましたとおり、ビーグルの狩猟スタイルはチームで鳴き交わしながら獲物を追うというものであるため、非常に良く吠えます。そして、吠え声も大きいです。ご近所から苦情がこないようにきちんとしつけをしなくてはならないレベルでしょう。

もともと吠えるのがお仕事だったビーグルですので、しつけには根気が必要かもしれませんが、ビーグルのしつけについての記事がありますので、こちらも参考にしていただけたらと思います。

ビーグルのしつけの必要性について徹底調査!いつから始めるべき?

ビーグルは鼻が利く

また、嗅覚ハウンドとして、その自慢の鼻を活かして活躍していた犬たちです。ものすごく鼻が利きます。そのため、食べ物のにおいに敏感です。ビーグルはとても食いしん坊な犬でもあるのです。

放っておくといくらでも食べてしまう上、お散歩中でもいいにおいがしたら思わず拾い食いなどをしてしまいます。普段からお散歩中の誘惑になりそうなものには目を光らせ、また日々のごはんの量に気をつけて適正体重を心がけるなど注意が必要になります。

 

旦那
旦那

お?! 何かいいにおいがするぞ?

今夜はカレーか!?

まめこ
まめこ

そういえば、うちにも鼻が利く食いしん坊がいたわね。

旦那
旦那

あー! 早く食いたいっ!!

まめこ
まめこ

声も大きい!

旦那
旦那

え? 何か言ったか?

 

ビーグルの性格

ビーグルは社交的

ビーグルは元々群れで狩猟をする犬ですので、人や他の犬とのコミュニケーション能力は高いです。お散歩などで、初めて出会うわんちゃんともすぐに仲良くなることが出来ます。また、子供や他のペットなどとも上手にお付き合いできる、穏やかで社交的な性格といえるでしょう。

ビーグルはひとりぼっちが苦手

反対に、孤独に弱いところがあります。やはり仲間と協力して作業する犬の性質上、ひとりぼっちは苦手です。そのため、留守番をさせるときに寂しくて仲間を呼んでしまったり、落ち着かなくて思わず物に当たってしまったりするかもしれません。

人から見たらただの無駄吠え、いたずらといった問題行動に見えるかもしれませんが、彼らには彼らなりの理由があることを理解して問題解決につなげてください。

また、お仕事などで最初から留守がちなのがわかっている場合は、安易に飼育を決めず、きちんと最後までお世話が出来るのかを今一度考えてみるのも大切だと思います。

ビーグルは活動的

ビーグルは狩猟犬ですので、一度獲物をロックオンすると興奮して夢中で追いかけ回してしまいます。外出中にノーリードで我を忘れてしまうと大変危険です。

予想もしていなかった事故につながることもありますし、そのまま戻ってこなくなってしまうこともありえます。最悪の事態を避けるためにも、あらかじめ興奮状態でも指示がきけるようにしつけが出来ると安心です。

とにかく、活動的で遊ぶのが大好きな犬です。運動量が少ないとストレスを溜めやすいので、問題行動につながる前に、たくさんわんちゃんと関わる時間を持っていただけたらと思います。

ついでに犬用のおもちゃではありませんが、意外と犬と遊べそうなラジコンを紹介させていただきます。

 

まとめ

  • ビーグルはよく吠える
  • ビーグルはよく食べる
  • ビーグルはコミュ力が高い
  • ビーグルは寂しがり屋
  • ビーグルは活動的

色々と注意点が多く、ビーグルってなんだかしつけとか難しい犬種じゃないか?と感じた方もいらっしゃるかと思います。

ですが、元々のビーグルの成り立ちを理解し、その性質をわかって飼育するのであれば、ビーグルはとても素直で愛情深い、良いパートナーとなることでしょう。

その性格はとても家庭犬に向いた優れた犬種です。どうぞ、安心してビーグルとの生活を楽しんで下さい。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント