ビーグルの体臭はある?ない?改善策やアイテムなど徹底調査!!

ビーグル
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

ビーグル臭いがキツイと聞いたことはありませんか?ビーグルといえばキャラクターのスヌーピーのモデルとして有名な犬種です。イギリス原産のウサギ狩りの犬として飼われていた犬種で、今では空港の検疫探査犬として活躍もしています。

しかしいざ飼ってみたら、こんなに臭うの?と思った方も少なくないでしょう。ビーグルの臭いには対策ができますので、対策を知って快適な生活をしましょう。

 

スポンサーリンク

ビーグル特有の体臭ってあるの?

 

 

結論から言うとビーグルだから臭うという事はありません。ビーグルが臭う原因は短毛種なのに柴犬と同じくダブルコート皮脂が多くその皮脂が臭うことが挙げられます。

またたれ耳のため蒸れやすく雑菌の繁殖もしやすいため、外耳炎になりやすくそこから臭うことがあります。他にも歯槽膿漏から臭うこともありますが、それぞれ対策をすることで気になる臭いを抑えることが出来ます。

旦那
旦那

意外と手入れが大変な犬種なんですか?

ツルちゃん先生
ツルちゃん
先生

そんな事はありません。

それぞれはとても基本的なお手入れで十分軽減できますので、一つずつ見ていきましょう!

またお部屋自体の臭いも変えて気分一新は如何でしょうか?犬は臭いに敏感だからという方にもペット用の芳香剤はおススメです。

普通の部屋用のものよりもペットの事を考慮された芳香剤なので悪影響も少なく香りが楽しめますし、ペット特有の臭いにも対応しています。

ビーグルの臭いの原因と対策

ビーグルの臭いの原因は主に皮脂外耳炎歯槽膿漏の3つが挙げられます。それぞれの原因と対策を詳しく知りましょう。

皮脂が臭う理由と対策

ビーグルは短毛種ですが、ダブルコートをまとっています。ダブルコートとは1つの毛穴に主毛と副毛があり、夏や冬を前に換毛期と呼ばれる毛の生え代わりがある毛の事です。

毛の密度が高い上に元々皮脂が多めな犬種なので蒸れやすく、蒸れたせいで雑菌が繁殖し臭うことがあるのです。その為ブラッシングシャンプー食事が大切になります。

ブラッシングの利点と注意点

ブラッシングを行うことで血行を良くし、毛の生え代わりをスムーズに行うことで毛穴の蒸れを抑えられます。またブラッシングを行うことで脂漏性皮膚炎を未然に防ぐことが出来ます。

脂漏性皮膚炎はビーグルの掛かりやすい皮膚炎の1種です。主な症状は激しい痒みや体臭、ベタつき、フケ、脱毛、発疹、紅斑、かさぶた等が見られるので、普段と違うなと感じたら病院の受診をオススメします。

また、ブラッシングのし過ぎは皮膚を傷つけてしまう恐れがありますので、ブラッシングは適度に行い皮膚が赤くなっているようでしたら控えるようにしましょう。

ブラッシングと言っても色々な種類があってビーグルに合うブラシで悩んでいる方には、こちらの商品がおススメです。

シャンプーの利点と注意点

皮脂を落とすにはシャンプーが1番効率良いです。皮脂を落とすことで皮膚を清潔にでき、体臭の元となる臭いを抑えることが出来ます。

洗濯後の洗い物が気持ち良いように、飼い主もシャンプー後の愛犬の臭いにうっとりとする事でしょう。またノミやダニも落とすことが出来るので、臭いだけではなく寄生虫からの病気を防ぐことが出来ます。

しかしブラッシング同様、シャンプーもやり過ぎてはいけません。皮脂を取り除くのは大切ですが皮脂を取り過ぎると余計な皮脂が出やすくなり、ふけ等の皮膚トラブルが発生しやすくなります

シャンプーのし過ぎで脂漏性皮膚炎になることもあるので注意が必要です。

脂漏性皮膚炎を心配する方にはこちらの商品がおススメです。レビューでも同じ症状に悩む子に合うとおっしゃっている方が多くいらっしゃいます。

食事の改善点と注意点

ビーグルは皮膚疾患にかかりやすい犬種です。皮膚疾患が原因で臭うことがあります。膚疾患は食事からのアレルギーでも発生することがあり、食物アレルギーを未然に防ぐことで皮膚疾患からの臭いを抑えることが出来ます。

また食べた物がそのまま毛穴から臭うことがあるので、食事を変える事で毛穴からの臭いを抑えられます。食事の注意点としてビーグルは判断能力が欠ける犬種とも言われているので、食事じゃない物でも口に入れてしまう傾向があります。

その為食事の内容だけではなく、食事をする際の周辺の環境にも注意が必要です。アレルギーや皮膚疾患が不安な方にはこちらの商品がおススメです。アレルギーや皮膚疾患対策をした食事は好き嫌いをする子が多くいますが、こちらの商品なら食べてくれるというレビューが多いのでおススメです。

外耳炎が臭う理由と対策

外耳炎はビーグルだけではなく、たれ耳の犬種が掛かりやすい病気の1つです。外耳炎になる原因は人間と同じく細菌性によるものと耳ダニ、異物混入やアレルギーによる皮膚疾患があります。

なぜ外耳炎になると臭いが関わってくるのかというと、外耳炎になると耳の臭いが変わるからです。またたれ耳の犬種が外耳炎になりやすい理由として、立ち耳の犬種と違い耳の中に湿気が溜まりやすくその結果細菌が発生しやすいからと言われています。

外耳炎を放置すると臭いだけではなく、耳道がふさがり耳が聞こえ辛くなるため早めの通院が必要です。発見の方法として耳や首をよく掻く頭を振る事が多くなる耳の臭いが変わるの3点があげられますので以上の動作が見られる場合は病院の診察をオススメします。

外耳炎になってしまうと点耳薬や内服での治療が必要になりますので、ここでは外耳炎にならない為の対策を紹介いたします。

定期的な耳掃除の利点と注意点

外耳炎になりやすい原因として、湿気による細菌の繁殖があります。その為定期的に耳を掃除してあげる事で耳の中を清潔にでき、耳からの臭いを抑えることができます。

耳掃除と言っても人間と違い綿棒などで奥まで掃除をする必要はありません。むしろ綿棒では簡単に耳の中を傷つけてしまい、真菌性の外耳炎を引き起こしてしまうのでおススメしません。

日常的なお手入れでオススメなのは、指にガーゼを巻き指が届く範囲をふき取ってあげる事です。ふき取ってあげる事で湿気によって張り付いた汚れを落とすことができ、また耳を上げてあげる事で換気になります。

汚れが酷いときやたまに念入りにお手入れをしたい時は、耳掃除用の点耳薬をガーゼにしみこませてふき取ると更に効果的です。またお手入れの際に耳の状態を確認することで異物の発見や、アレルギー等による炎症の発見にもつながるので外耳炎対策におススメです。

点耳薬などは獣医さんに相談をして、処方して貰った方が確実です。また耳の中は獣医さんに行っていただく方が安全なので、ここでは耳の入り口をふき取るケアで評判の品をご紹介します。

水分も多すぎない為耳に水が入ることも少なく、芳香付きで好評の一品です。メッシュで汚れも取れやすいという事でおススメです。

歯槽膿漏が臭う理由と対策

歯槽膿漏が臭うのは人間も同じです。その原因は歯周病で、犬は人間と違い自分で食事を選んだり歯を磨くことが出来ないので飼い主がきちんと管理する必要があります。

ビーグルのみではなく犬が歯槽膿漏になると口臭の中に腐敗臭が混じるようになり、そのまま放置すると臭いだけではなくあごの骨が溶け落ちて手術が必要になります

その為病院での定期的な歯石取りが大切になるのですが、ここでは更に自宅で出来る対策を紹介いたします。

歯磨きの利点と種類

ビーグルの歯磨きというと真っ先に思い浮かぶのは、ガムだと思います。食後だけではなくおやつとしても与えやすいので、手軽に歯磨きを行うことが出来ます。

しかしガムだけではビーグルの歯磨きがちゃんと出来ているか不安に思う方もいらっしゃるでしょう。そういう場合には歯磨きシート歯ブラシで歯を擦ってあげたり、手入れがしづらい奥歯はガムの中でもロープ状になっているものを与えたり、タオル等で引っ張りっこをして遊んであげる事で繊維を奥まで咥えさせて磨く事が出来ます

歯ブラシは慣れさせるにも大変という方には、まずこちらの歯磨きシートをオススメします。厚手でしっかり汚れが取れると評判の商品です。

ドッグフードやサプリメントによる口内環境の改善

食事やサプリメントでも歯槽膿漏の予防は可能です。歯槽膿漏の原因となる歯周病は細菌なので、細菌の発生を比較的抑える食事やサプリメントも開発されています。

ドッグフードにもウエットタイプ(缶詰等のドッグフード)とドライタイプ(カリカリと水気のないドッグフード)がありますが、歯に残りづらいドライタイプのドッグフードの方が歯周病予防になります。中には歯周病予防の為に開発されたドッグフードもあるので、歯周病が気になる方にはおススメです。

サプリメントの中で歯周病に効くのは口内用の善玉菌が入ったものです。通販でも購入することができ、錠剤タイプだけではなくドッグフードにふりかけの様にかけて使用できるものもあります。

手軽に買えるサプリメントとしておススメの商品はこちらになります。獣医師さんの方でも取り扱っており、ふりかけのようにして食べさせる事が出来るのでおススメです。

まとめ

  • ビーグル犬が特別体臭があるわけではない
  • 皮脂が多い犬種でダブルコートの毛のタイプのだからこそ、蒸れて皮脂が臭いやすい
  • たれ耳で耳の中が蒸れやすく汚れが溜まりやすいので、外耳炎による臭いが出やすい
  • 歯のケアをしてあげないと歯周病から歯槽膿漏になり、口臭がでる

最初こそ体臭が気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、どれもシャンプーしたりブラッシングしたり、食事を注意したり歯を磨いたりといった基本的なお世話だけで改善できるものばかりです。逆に言えばお世話をしていてもビーグルの臭いが気になってしまう場合は、病院での治療が必要な場合があります。

一緒に生活していく以上臭いが気になってしまうと辛い事もあるかと思います。しかし改善できるところは改善することで、実際に暮らしていくと臭いが気にならなくなったという飼い主さんの感想の方が多くあるのも事実です。

家族として迎えたビーグルとビーグル特有の注意点を理解した上で体臭を改善して、幸せなドッグライフをお過ごしください。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント