ビーグルのかかりやすい病気は?これを覚えておけば安心まとめ

ビーグル
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



ビーグルと言えば世界中に愛されるキャラクターのスヌーピーのモデルですよね。とても活発でやんちゃもの、しかし賢くて従順。まさにスヌーピーですね。

そんな可愛いビーグルのかかりやすい病気はどんなものがあるのでしょうか?気になる情報をご紹介していきますよ。

 

スポンサーリンク

かかりやすい病気

出来ることならずっと元気な愛犬と一緒に日々を過ごしていきたいですよね。元気でいて貰ええるためにもかかりやすい病気を把握しておくだけでも安心しますし、もしかかってしまっても慌てず対策など落ち着いて行動が取れます。

ビーグル犬がかかりやすい病気は椎間板ヘルニア・外耳炎・クッシング症候群などがかかりやすい病気になります。今回はこの3種類をご紹介致します。

 

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨(椎間)と背骨の間にクッションの役目の”椎間板“があります。この椎間板が脊髄のある空間に出てしまい圧迫する事によって引き起こされる病気です。

人間でも「ヘルニア」という病名を良く耳にしますよね。腰に大きな負担が掛かってしまう事務仕事や力仕事、姿勢など原因は様々ですがまさかビーグル犬にかかりやすいとは驚きです。

症状は?

まっすぐ歩けなかったり、よろよろした歩き方や歩くスピードが遅くなったり、痛みが伴うので散歩や触られる事を急に嫌がるようになります。重症化すると足を引きずったり、立ち上がれなくなったりといった症状が出ます。

主な原因

くつろいでいて飼い主が帰ってきたらもう嬉しくて嬉しくて急に飛び起き、飼い主のもとへとお迎えに来て。いやぁ。。可愛いすぎて帰宅するのが楽しみですよね!

このリラックスしている状態から突発的に動くことが腰に負担を与えていたんですね。

ビーグルは筋肉質なので大きく見えますが意外と小型犬なんです。抱っこがしやすいのでついつい抱っこをしてしまいますよね。飼い主さんを近くに感じられるので抱っこが大好きな子も多いはずです

抱っこするのは特に問題はないのですが、抱っこをする時の持ち方がヘルニアの原因に繋がってくるんです。脇に手を入れて後ろ足を立たせてから持ち上げていませんか?

そう、この持ち方こそが腰に負担を掛けてしまい気づいたら真っ直ぐ歩けなくなっている。と繋がっていたんです。「塵も積もれば山となる」とはまさにこの事ですね。

また、ビーグルは元猟犬だったため匂いをかぎ、動くことが本能です。なので小型犬と言っても最低、小一時間は散歩が欠かせないです。それととても食いしん坊さんです。食べっぷりをずっと見ていたくなるほどです。

せっかく運動していてもすぐに太ってしまって、肥満まっしぐらで安心出来ないです。食べさせすぎないように小分けにして回数を増やすなど工夫と注意が必要です。この肥満が腰に少しずつ負担になってしまい、ヘルニアを患ってしまうビーグルが多いです。

予防・対策

なりにくくする方法としてはやはり散歩です。日々の散歩によって足腰を強化します。また、肥満を防ぐことが出来、健康体を作り上げることが出来まます。

散歩していても太りやすい子には食事の回数うを増やす他に、ビーグルは捜索が本能的にあるのでこちらを上手く利用しておやつを家のカーペットの下やクッションの裏などに隠して探させるのも良いですよ。

見ていても面白いですし、飼い主さんも次は何処に隠したら気付かれにくいかと愛犬VS飼い主さん無理もせず毎日が楽しいダイエットです。良かったら試してみてくださいね。

フローリングのおうちの方はわんちゃんが歩く部分などをマットにしたり、抱っこは背中と床が平行になる様に持ち上げると腰に掛かる負担が減ってヘルニアになりにくくなります。

ヘルニアになってしまったら

一度なってしまうと元にはもどらないです。痛み止めを使って痛みを和らげたり、薬によって炎症を抑えて安静に過ごすことがとても重要になっていきます。

もし、重症化してしまった場合は手術を行います。愛犬にとても負担がかかってしまいますし、手術しても完治しないので重症化する前に少しでも早く異変に気づいて病院で受診できると良いです。

大変ですが愛犬も頑張っていますし、ヘルニアの症状の段階に問わず、愛犬にも負けないぐらいの気持ちでここは愛犬と一緒に乗り越えていきましょう!

外耳炎

外耳炎とは外耳道(外耳から鼓膜にかけての部分)に炎症が起こっていることを言います。犬が最もかかりやすい病気の一つで、耳が垂れている犬種に多くその中でもビーグル犬にかかりやすい病気です。

症状は?

気がつくと頻繁に愛犬が首を掻いてたり、頭を横に振っていたり耳から悪臭やただれなどの症状がでます。耳なのに?と思いますよね。首を掻くのは耳まで足が届かないので最も近く掻ける場所がだいたい首のあたりだからです。

ビーグル犬は耳が垂れているだけではなく、ウサギさんよりも長いのでは?と思うほどの大きな耳ですよね。実際、33cm~38cmもあるんです。この大きな耳こそなりやすい原因になっているんです。

また、湿気に弱いわんちゃんは梅雨の時期に発症しやすかったり、皮膚が弱い子もなりやすいので時期や愛犬の特徴を把握しておいて注意しているとなりにくいです。

まめこ
まめこ

短足じゃないのに耳まで届かないなんて、なんて可愛いのかしら♪

 

旦那
旦那

本当だね!可愛い仕草をもっと堪能したいけど、僕たちに教えてくれてるんだね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうだよ。愛犬が色々出してくれるサインを見逃さないことがポイントだよ。

 

主な原因

アトピー性皮膚炎・植物アレルギー・耳ダニ・耳掃除の際の綿棒などのケアそして垂れている耳だとどうしても通気性が悪く、菌が発生した時に増殖してしまい外耳炎の原因になってしいます。このように様々な原因があります。

予防・対策

日頃からの健康チェックをしておくといいでしょう。しぐさや臭いなど、いつもと違う様子に気づける事が予防に繋がります。定期健診も的確ですし気付いたらすぐに治療が出来るのでいいと思います。

アトピーやアレルギーの子はかかりやすい為、細心の注意が必要です。耳掃除の際には病院でしてもらったり、仕方をレクチャーしてもらい、ケアをしてあげればかかりにくいです。

耳掃除を定期的にされていても外耳炎に繋がる事も多いようです。確かに耳掃除が好きな方が長時間掃除をしていたら傷つけてしまい、そこから外耳炎になってしまった症例も実際にありますのでやり過ぎに注意報です。

家でのケアで上達するとワンちゃんが気持ちよく寝たり、自分で掻いてるつもりになって後ろ足を空中で掻いていたりする仕草を見れるようになって耳掃除するのがとっても楽しくなりますよ。

外耳炎になってしまったら

軽い症状であれば点耳薬(点眼の耳バージョンです)で完治しますので安心してください。重症化してしまうと注射による治療や通院が必要になってしまいます。

耳ダニは耳の中に生息してしまったダニを駆除してもらいます。時には卵を落としている場合もありますのでしっかり病院で見てのらって駆除してもらいましょう。

 

クッシング症候群

クッシング症候群とは聞きなれない”副腎”という器官から代謝に関わる重要なホルモンのコルチゾールが過剰に分泌してしまって引き起こる病気です。

症状は?

いつもより元気がなかったり・毛が抜抜けていたり・呼吸や鼓動が早い・水を沢山飲む・排尿の回数の増加・皮膚が弱くなる・皮膚の黒ずみなどの症状が出ます。

シニア犬に多いので注意が必要になってきます。”高齢だから“と思ってついつい見過ごされやすい病気です。少しでも気になる症状があったら病院へいきましょう。

主な原因

脳下垂体という”色々なホルモンのコントロールをする働きのある“所に腫瘍が出来ることが原因になります。また、希ではありますが直接副腎という”とても大切なホルモンの分泌する働きのある“所に腫瘍が出来ることも原因になります。

予防・対策

残念ながら腫瘍の予防はできません。対策としては愛犬の異変に少しでも早く気付き病院で受診されることや定期健診を受受診することが望ましいです。

クッシング症候群になってしまったら

獣医と相談をしながらの治療になります。脳下垂体に腫瘍がある場合は様々な治療方法がありますが薬の服用・手術・放射線治療です。どれも治る速度に差はないので愛犬の負担が少ない薬での治療が無難です。

副腎に腫瘍がある場合は転移がばければ摘出して経過を見るといった感じです。もし転移がある場合や腫瘍が進行している場合は治療の甲斐も虚しく亡くなってしまいます。

まめこ
まめこ

外耳炎以外はかかってしまうと長い目で療養しないといけないのね。

旦那
旦那

そうだね。初めは大変だけど予防や対策の習慣化を取り入れるようにしよう!

 

かかると怖い病気

どの病気も放っておくと取り返しの付かない事にもなり、恐ろしいですがビーグルにとってかかりやすい病気以外で、かかると怖い病気も一部ご紹介したいと思います。膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)とピルビン酸キナーゼ欠乏症です。

 

膀胱腫瘍

膀胱腫瘍とは膀胱に腫瘍が出来るいわゆるのことです。

症状は?

頻尿・血尿・尿を排出しようとしても尿が出ないといった症状があります。腫瘍が大きくなると尿漏れや、尿道を圧迫して排尿出来なくなったり、嘔吐などを引き起こします。

予防・対策

残念ながら腫瘍の予防はできません。やはり、対策としては少しでも早い段階で症状の早期発見で異変に気づいて病院で受診をされることや定期健診をおすすめします。

治療

腫瘍を消滅させる治療薬はまだまだ開発出来ていないので中々完治は難しいです。しかし、転移がなく腫瘍が摘出出来れば完治が期待出来るんです。転移があったり、腫瘍が摘出出来ない大きさまで進行していると完治は難しくなります。

腫瘍を消滅させる薬はないですが様々な治療方法があります。わんちゃんもご家族もとても辛いと思いますが最後まで諦めずに獣医と相談をされて決められる事が一番望ましいです。

まめこ
まめこ

早い段階での発見だと完治に期待出来るのね!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

人も犬も、早期発見が大事だね。

 

ピルビン酸キナーゼ欠乏症

ピルビン酸キナーゼ欠乏症とは酵素の(ピルビン酸キナーゼ)が著しく足りなくなってしまい、その関係によって赤血球が壊れて貧血を引き起こしてしまう病気です。

症状は?

こちらも様々ありますが、食欲の減少や疲れやすさ、元気がないといった症状の他にベロの色が白っぽくなるなど、貧血ながらではの独特な症状が出ます。

主な原因

遺伝性の病気である。

予防・対策

残念ながら遺伝性の病気のため、予防はできません。対策としては、遺伝の病気なので子孫を残さないことが少しずつ減少させられる最も効果が期待できる方法になります。

まめこ
まめこ

愛犬の子供が欲しい方には辛いわ…。

 

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

辛いですが、新しいご家族にも同じ思いをさせないためにも、また将来では掛かることのない病気になっていると嬉しいですよね。

まめこ
まめこ

そうね。辛いけど掛かるとも限らないし、この病気を知っておくだけでもしもの時に備えれるわね!

 

治療

今現在では完治出来る治療法はありません。ですが輸血をするといった治療方法がありますので獣医と相談をして、愛犬にとっていい治療方法を探してあげてください。

献血は有名になりましたよね。行くとお菓子や飲み物がタダで配られていて、献血よりもこのお菓子目当てに参加する人もいるとかいないとか。それに、献血した後日血液検査の結果が届くので健康状態までわかるから一石三鳥ですよ。この献血のお陰で輸血が必要な方に迅速に対応ができるようになりました。

しかし、犬や猫といった動物の献血はありません。これは制度が人間にしかないからです。では輸血が必要な子達はどうしてるのか。必要な時になったその都度、合うわんちゃんから採血をして輸血をしています。

余談ですがペットを飼われている世帯が年々増加している中、今後輸血が必要になってくるわんちゃんも増えてくると思います。採血をして提供できるようにするのも色々と手続きがあるようですが他の愛犬たちの為にも輸血がすぐに出来るような日常にもっともっとなっていくと嬉しいですね。

 

まとめ

  • ビーグルはヘルニア・外耳炎・クッシング症候群にかかりやすい
  • ヘルニアは突発的に激しい動きをすると足腰に負担がかかり発症しやすくなる
  • 外耳炎は首まわりを掻く・頭を横に振るなどの症状がでる
  • クッシング症候群は脳下垂体と副腎に出来る腫瘍が原因
  • クッシング症候群の予防はない

コーギーやダックスフントのような胴長短足の犬種になりやすいと言われているヘルニアがビーグル犬が特にかかりやすいとは驚きです。

人間のように言葉によって症状を訴える事が出来ないので私たち家族が日頃から普段と同じかどうかを温かく見守っていけたら良いなと思います。出来れば何事もなく、毎日愛犬が健康でいてくれる事が私達の幸せですね。

今回、閲覧して頂いた事によって少しでも予防や対策など、参考になって改善や維持が出来れば幸いです。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント