ビーグルのかかりやすい病気は? これを覚えておけば安心まとめ

ビーグル
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

この記事にアクセスして下さり、ありがとうございます。ビーグルはイギリスが原産国の犬で、あの人気の犬のキャラクター「スヌーピー」のモデルになったということで知られている犬種ですよね。 

今回は、そのビーグルがかかりやすい病気についてご紹介していきます。ビーグルを飼っている方も、これからビーグルを飼う予定の方もこの記事の内容が参考になれば幸いです。 

スポンサーリンク

そもそもビーグルは飼育するのが難しい犬種

ビーグルは数ある人気のある中型犬の中でも飼育が難しいといわれています。その理由としては、吠え癖がつきやすい個体が多いからです。

ですが、そのかわりボディバランスの良さからかかりやすい病気が少なく中型犬の中でも長生きしやすい犬種だといわれています。

ですから、同じ中型犬で病気になりやすいという理由で飼うのが難しいといわれているブルドッグやコッカ―スパニエルとはまた別の理由ですね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ビーグルは心優しい個体が多い犬種ではありますが、しつけをするのが難しいですね。

 では、ビーグルがかかりやすい病気とは?

そんな健康的な犬種であるビーグルがどんな病気にかかりやすいのかという話になってきますが、それを今からご紹介していきます。

肥満

ビーグルは健康的な犬種ですが、それでも太りやすい体質のため、運動量と食事の量のバランスを整える必要があります。

ビーグルが太ったと感じたら、ダイエット用のドッグフードを食べさせたり、運動量を多くするといいでしょう。

旦那
旦那

太りやすいんだなぁ…。

誤飲・誤食

ビーグルは特に子犬時代は好奇心旺盛のため、何でも口に入れてしまいやすいです。

ビーグルの誤食・誤飲を防ぐには、ビーグルが口に入れたら危険なものは彼(または彼女)らの手の届かない場所において置きましょう

まめこ
まめこ

人間の子供が誤って食べたり飲んだりしてはいけないものを口に入れてしまうのと同じね。

椎間板(ついかんばん)ヘルニア

椎間板とはクッションのような役割をした背骨と背骨の間にあるゼリー状の組織です。椎間板ヘルニアは、椎間板が本来あるべき場所からはみ出してしまう病気です。
症状としては、ビーグルが痛みがあると思われる場所をかばうため、抱っこや散歩を嫌がったり、ふらふらとした歩き方になるというものがあります。

予防法としては、先ほどご紹介した肥満を防ぐ方法と、あとは激しい運動を避けるというのがあります。

万が一、椎間板ヘルニアになってしまった場合は、症状が軽い場合はステロイド剤などを投与して様子を見る。症状が重い場合は手術をする必要があります。

旦那
旦那

栄養バランスを整えないとな。

白内障(はくないしょう)

この病気は水晶体が白く濁ってしまう病気で、この病気になることで目が不自由になってしまいます。

予防法としては、散歩のときに紫外線が強い場所を避けたり、散歩から帰ったときに人工涙液(目薬)を点眼して砂や汚れを除去してあげるというものがあります。

万が一、白内障になってしまった場合は、動物病院に連れていってあげて下さい。

大きい病院だと内科と外科で分かれている所もあるそうです。外科の方は獣医さんにより高度な技術が求められるため、内科に比べて価格が高くなります。

まめこ
まめこ

目が不自由になってしまうのが怖いわね。

てんかん

これは人間でもなる病気です。実際、私自身てんかん患者ですので自分のその病気は知っているのですが、犬でもてんかんになるということを知ったときには驚きました。

その話はさておき、てんかんは簡単に説明すると、発作を繰り返してしまう脳の自律神経の病気です。

症状としては、けいれんしたり泡を吹く、失神するなどといった症状があります。また、てんかん患者の人間や犬はぼうっとすることが多いです。

この病気は原因がわからないので有効な予防法がありません。ただ、最悪の事態を防ぐためにそのビーグルがてんかんになっていることを早期発見してあげる必要があります。

てんかんの治療法としては、人間のてんかんと同じく症状を少なくするために抗てんかん薬を投与するというのがあります。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

この病気は散歩中に車が通る近くの場所、または車が通る場所で発作が起きてしまったら最悪です。

外耳炎(がいじえん)

これはビーグルに限らず全てのたれ耳の犬がかかりやすい病気です。細菌やカビが原因で外耳道(がいじどう)に炎症が起こる病気です。

症状としては、耳垢の量が増えたり、耳をかゆがる、頭を振る、耳を床にこすりつけるといったものがあります。

外耳炎にならないための治療法としては、日頃から耳の掃除をしておくことと、特に梅雨の時期には動物病院で定期的な検診を受けることです。

治療法としては、耳を洗浄したうえで薬を投薬するというのがあります。軽い場合は一週間ほどで良化しますが、炎症が強い場合は治療が長期化します。

ビーグルがかかりやすい病気は以上です。 ちなみに、ビーグルと同じく嗅覚ハウンドに属する犬種(バセットハウンドやダルメシアンなど)はかかりやすい病気の中でも共通するものが多いですが、ダルメシアンの場合はかなり違うところがあるそうです。

旦那
旦那

身体つきが健康な犬種でも、かかりやすい病気は結構あるんだなぁ。油断してはいけないな。

まとめ

  • 肥満にならないためには日頃から運動量と食事量のバランスを整えてあげること。
  • 誤飲・誤食をしないためにはビーグルが口に入れてはいけないもの(例えば飼い主さんにとっても貴重品とか)をビーグルの手の届かない場所に置いておくこと。
  • 椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)にならないためには肥満を防ぐこと。
  • 白内障(はくないしょう)を防ぐためにはお散歩のあとに目薬などで砂などを除去してあげること。
  • てんかんにはこれといった予防法がないので、もしてんかんになってしまった場合は抗てんかん剤を投薬すること。
  • 外耳炎(がいじえん)にならないためには、日頃から耳掃除など耳のケアをすること。

ビーグルがかかりやすい病気をご紹介していきました。大事なことをまとめると以上のようになります。

もし以上の病気の症状に当てはまる状態になっているようでしたら、早急に動物病院へ連れて行きましょう。

これからビーグルを飼うご予定の方は、以上の病気とそれにかかるお金のリスクを考えたうえでビーグルをお迎えしましょう。

ただ、初めにご紹介した通り、ビーグルは犬初心者の方が飼うには難しい犬種なので、犬を飼うことに慣れた方がお迎えすることをお勧めします。

この記事を読んでくださった皆様がビーグルと素敵な毎日を過ごせますように。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント