オーストラリアン・シェパードのブルーアイと病気のリスクについて

オーストラリアンシェパード
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

オーストラリアンシェパードの中には水晶のように透き通る瞳をしたブルーアイのコがいます。その青い瞳は吸い込まれそうな神秘的な印象さえあります。でもどうして黒や茶色ではなく青い瞳になるのでしょうか?

病気のリスクがあると耳にされた方もいるかも知れません。それは果たして本当なのでしょうか?今回はそんな疑問を徹底調査しました。それではオーストラリアンシェパードがもつ美しいブルーアイについて詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

オーストラリアン・シェパードのブルーアイは病気なの?

旦那
旦那

俺の友達のとこで子犬飼い始めてさ、いろいろ調べてたら青い目が病気と関係してるのか難しくてわからないんだって…教えてって言われちゃった。

まめこ
まめこ

そこ私もこないだお客さんに聞かれてうまく答えられなかったのよね。こんな時は…

旦那
旦那

こんな時は…つるちゃん教えて〜

まめこ
まめこ

つるちゃんよろしく〜。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

はいはいお任せください。説明しましょう。

澄んだ瞳って本当に綺麗ですよね。そこで一番気になるのは、青いことが病気なのかそうでないかだと思います。答えはNOです。目が青いこと自体は病気ではないんです。本来はそんな極端に怖がる必要はありません。安心して下さいね。

 

オーストラリアン・シェパードがブルーアイになる理由

オーストラリアン・シェパードを含めさまざまな犬や猫にも青く澄んだ瞳をしているコがいますよね。ブルーアイになる理由を探ってみましょう。

その要因は大きく分けて2つあります。

  • 遺伝子の影響
  • 虹彩のメラニンの量

それぞれを詳しく見ていきましょう。

遺伝子が関係している場合

ブルーアイに関係する遺伝子で代表的なものが「マール遺伝子」です。オーストラリアン・シェパードのブルーアイの場合には、このマール遺伝子が大きく関係しているといわれています。

旦那
旦那

わぁ…遺伝子ってあの螺旋階段と呪文みたいな…あ、あの英語の…その話って難しそう…

まめこ
まめこ

フリーズしちゃった

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

あ〜ぁ…。ちゃんと分かりやすく解説するから落ち着いてね

旦那
旦那

おっ⁉︎なんか今日はつるちゃんが眩しいよ〜眩しすぎる

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

それは褒め言葉でしょうか…

なんとなく遺伝子と聞くだけで堅苦しさを感じてしまいますよね。でもこの仕組みを知ることで、病気のリスクについてもきっと理解が深まると思いますよ。

聞きなれない名前マール遺伝子とは何⁇

別名「希釈遺伝子」ともいいます。作用した部分の要素を薄めてしまう働きがあります。体のどの部分に作用したかによっても、その影響が変わる摩訶不思議な遺伝子です。

そしてこのマール遺伝子の影響が目に作用した場合、目の色素であるメラニンが薄められて青く澄んだ瞳になります。ただ実際には青いのではなく、目の色は虹彩という光の加減を調節する器官に入る光がメラニンの量で反射しています。

メラニン細胞の密度が濃いと、光を多く吸収し反射する量が少なくなり、深い色合いになります。逆にメラニンが薄く密度が少ないと、光の吸収量も減ることで光を多く反射して、薄い色合いに見えます。これが「ブルーアイ 」に見える要因です。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

海の水は本来は透明だけど、写真だと青く見えたりするでしょ?虹彩もカメラの絞りと同じような働きがあるんだ。光の吸収率を調整するから色の見え方が変わってくるんだよね。わかるかな?

そしてブルーアイは毛色とも密接に関係しています。オーストラリアンシェパードといえば、あの大理石のような独特なぶち柄を思い浮かべますよね。通常のトライカラーはとても濃くハッキリとした色合いで現れます。

ですがマール遺伝子をもつ個体の場合、毛色に作用したのであれば、その部分の色が抜けて白っぽくなります。そのため真っ黒な毛色が段階的に抜けて、グレーやシルバーのような独特な見た目に変わります。これがいわゆる「ブルーマール」の毛色です。

稀に毛色も目の色もハッキリしていて、見分けがつきにくい個体もいます。よく観察すると必ず体のどこかに、うっすらと色が抜けたような部分があります。この遺伝子をもっているか否かは見て判断することが可能です。

こちらの写真はオーストラリアン・シェパードの「レッドマール」です。

カフェラテみたいに白とレッドが鮮やかに混じりあっていて人気があります。このカラーも同様にぶち柄がぼんやり薄まった感じに見えませんか?マール遺伝子が関係していると、毛色はまるで水彩画のようなグラデーションになるんですね。

ただこのマール遺伝子はどこに作用するかを予め特定することができません。マール遺伝子とメラニン細胞は大きく関わっていて、メラニンは初期の器官や臓器を作るのに必要な細胞でもあります。

そのためマール遺伝子が毛色以外の目や耳などに働いた場合は、必要なメラニン細胞が足らず弱視難聴の可能性、内臓疾患などに繋がります。

これら見た目では気がつくことのできない様々なトラブルを、遺伝的に受け継いでいる可能性は十分にあります。お迎えするワンちゃんの親犬や兄弟犬の様子など、生い立ちはしっかり確認しておくことが大切ですね。

旦那
旦那

病気になりやすいって一概に言えないんだね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

実際、マールのコだから体が弱いとは言い切れないんだよ。遺伝子の研究でもまだ解明されてない部分が多いんだ。

危険なのはダブルマール

いろいろと調べていると「ダブルマール」という言葉を目にすることがあるのではないでしょうか?人気のカラーであるマールのコを意図的に生ませたいと考えたブリーダーの乱繁殖によって一定数産まれてくる「ホワイトマール」のコの呼び方です。

人気のある毛色「ブルーマール」や「レッドマール」を確実に産ませるには、マール遺伝子をもつ犬同士で交配させることが必要でした。しかしこれは非常に危険な交配のパターンなので現在は禁止されています。

こちらの表をご覧ください。マール遺伝子をMとした時に、4匹中3匹はマール柄で産まれます。しかし元々色素を薄める働きがあるマール遺伝子が、同じ遺伝子同士MMと配列された時には、その作用が非常に強く出て健康状態に異常のあるコが産まれてしまうのです。

この「ダブルマール」のコは、同じ遺伝子配列である「致死遺伝子(MM)」をもって生まれてきます。そのため多くが死産です。産まれることもできないなんて悲しすぎますよね。

ですが無事に産まれたとしても奇形が多く、心臓疾患や弱視、難聴のコなど、なんらかの異常を抱えています。寿命が極端に短いことなども挙げられます。

まめこ
まめこ

「致死」なんて名前を聞いただけでも怖いですね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

その名の通り、本来は正常なはずの細胞の働きを妨害してしまう厄介な遺伝子なんだよ。

そして「ダブルマール 」のコはマール遺伝子の影響を強く受けるので、体毛は色素を失いほぼ真っ白になります。この毛色は「ホワイトマール」と言います。目も青いか、もしくは眼球自体が成長できず目がないこともあります。

真っ白な毛色にブルーの瞳が映えると、本当に美しく、それはもう見る人を魅了してやまないようです。しかし何も知らずお迎えしてから、障害をもっている可能性に気がついて後悔される方がいるのも事実です。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

稀にダブルマールじゃないんだけど、自然に白い毛色が多めなコがいるんだよね。そうすると見分けがつきにくいからしっかり確認してみてね。

また子犬の時は元気いっぱいでなんの問題もなかったとしても、成長とともに様々な病気を発症する場合が多いようです。特に視力は徐々に低下していくため気がつきにくいです。日頃からのスキンシップを大切にして異変を見逃さないことが必要です。

そもそもブルーアイが出現するということは母犬、もしくは父犬のどちらかがマール遺伝子を保有していたことになります。マール遺伝子一対だけなら、このような異常が出ることは稀で心配する必要はありません。

しかし、同じマール遺伝子をもつもの同士で交配してしまった場合、1/4の確率で色素が異常に薄く虚弱体質のコが生まれてしまうのです。その結果他の病気の発症リスクも高くなる傾向があります。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

まずは正しい情報を知ることが大切です。ブルーアイも素敵なんですよ。オーストラリアン・シェパードは端正な顔立ちで爽やか青年に見えますしね。

オーストラリアン・シェパードのかかりやすい病気についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。併せてご覧ください。

オーストラリアン・シェパードのかかりやすい病気は?長生きの秘訣は?

メラニン色素の量が関係している場合

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

今度は外的要因からブルーアイについて説明するよ。

そもそも目の色は虹彩という部分にあるメラニンの量で決まります。虹彩は目に入ってくる光の量を調節する器官であり、メラニン色素は紫外線から目を守るはたらきをしています。

つまり暑い国では紫外線から目を守るために、メラニン色素が多く目の色が濃くなります。逆に寒い地域では紫外線の影響を受けにくいので、メラニン色素の量も少なく目の色も薄くなります。これは人間も同じ仕組みです。

代表的な犬では「シベリアンハスキー」が青い目で有名ですよね。寒い地域で生まれた彼らにはメラニン色素が必要なかったために、虹彩にあるメラニンが薄いか、もしくは色素自体がありません。

旦那
旦那

環境によってブルーアイになることもあるんだね。難しいけど病気じゃないってことはなんとなくわかる気がする。

近年日本でも飼われるようにったシベリアンハスキーは、メラニン色素が必要になってきたことから目の色が黒や茶系の個体も多く存在しているんですよ。

病気ではないとはいえ色素が薄くメラニンが少ないということは、紫外線の影響を直に受けやすいということを併せて理解しておきましょう。

 

オーストラリアン・シェパードのブルーアイのコと出会う方法

人気のあるブルーアイのコをお迎えするなら、信頼のおけるブリーダーさんがおすすめです。良いブリーダーさんか見極めるためのポイントはこちらの記事にまとめてみましたので参考になさってくださいね。

犬を飼うならどこがいいの?悪徳ブリーダーと優良ブリーダーの見分けかた 

入手手段はさまざまありますが、ブルーアイのコをお迎えする場合に限っては、ペットショップや里親サイトからだと生い立ちや家系が不透明です。その場合は遺伝子検査の有無などから病気のリスクについてもしっかり納得してお迎えしましょう。

 

オーストラリアン・シェパードの気をつけたいこと

私たちが病気の予防をするように、愛犬にも毎年ワクチンや予防薬などが必ず必要になります。オーストラリアン・シェパードをお迎えする前に、お薬についても少し確認しておきましょう。

イベルメクチン中毒とは…

ワンちゃんは6月ごろからフィラリア予防としてお薬を飲みますよね。コリー系のワンちゃんはイベルメクチン感受性が強いことが分かっています。

予防薬程度であれば中毒を起こすことはないと言われていますが、イベルメクチンは抗癌剤やステロイドなどのお薬にも使われており知っておくと安心です。

まめこ
まめこ

病気を良くするための薬なのに、愛犬が辛いおもいをするなんて嫌ですよね。

これは薬の効果が脳にまで影響してしまう病気です。それによって、中枢神経が侵されてしまい運動神経の麻痺痙攣など深刻な中毒症状を起こすことがあります。

通常お薬を飲んだ時に全身に薬の効果が広がりますが、この時脳は薬の影響を受けないよう血液脳関門といわれるバリア機能が働きます。ですが、なかには遺伝的にMDR1遺伝子の異変をもつものがいて、その機能が弱かったり機能していない場合があります。

治療法はなく対処療法のみになるので、できるだけイベルメクチンの使われていない薬剤を使用することが望ましいでしょう。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

同じ効果が期待できる違う薬を使用したり、治療方法も様々考えることができます。不安な時は僕ら獣医にしっかり相談してください。

まめこ
まめこ

納得して治療をしたいですよね。飼い主さんがどんと構えてると愛犬も安心して治療を頑張れると思います。

 

オーストラリアン・シェパードの魅力⁉︎

ブルーアイでも元気いっぱい⁉︎

InstagramやTwitterにはたくさんのオーストラリアン・シェパードを見ることができます。青い目のコもノーマルのコも可愛さはかわらないですよね。オーストラリアン・シェパードの魅力は何と言ってもこの笑顔ですね。

なんと⁉︎お手伝いもできちゃうんです‼︎

こちらはSNSでも人気のオーストラリアン・シェパードのシークレットちゃんです。ブルーアイでは無いですが、こんな風に愛犬との時間を一緒に過ごせたら嬉しいですね。子供がお手伝いしてくれてるような優しい気持ちになれそうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mary & Secret 💞(@my_aussie_gal)がシェアした投稿

 

旦那
旦那

息ピッタリだね。犬じゃなくて人に見えてきたよ。俺より偉いな…

まめこ
まめこ

一緒にお手伝いしてくれたら、毎日の家事も楽しくなるね。私の友人の犬はポストから新聞を取ってくるのが日課らしいよ。

オーストラリアン・シェパードは元々牧羊犬として活躍してたこともあり、何かをする、成し遂げる、といったことが大好きです。日頃から何かお手伝いできるものを考えてあげると、目を輝かせてお手伝いしてくれそうですね。

ダンスアジリティなどを教えてあげると人間顔負けの多彩な才能を発揮してくれること間違いなしです。たくさんコミニュケーションを取りながら絆を深めていきたいですね。オーストラリアン・シェパードの魅力をもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ

オーストラリアンシェパードってどんな性格?色々な視点から知りたい方必見!

まとめ

  • ブルーアイは病気ではない
  • ブルーアイになる要因はマール遺伝子と目の虹彩にあるメラニン色素の量
  • マール遺伝子は色素を薄める働きがあり、目に働くと「ブルーアイ」になる
  • マール遺伝子がどこに作用するかはわからない
  • ブルーアイの中でも「ダブルマール」のコであれば、遺伝子異常を抱えているので病気になりやすい

オーストラリアン・シェパードの青い瞳は本当に魅力的です。ブルーアイのコ全てが病気になりやすいのではありませんが、中には乱繁殖の結果、遺伝子に異常を抱えて生まれてくるコがいます。

「ブルーアイ」のコをお迎えするときには、しっかりとした知識を持っていれば安心ですよね。今は医療も進歩していて、病気にもいち早く気がつくことができます。少しでも長くしあわせな時間を過ごしてあげたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント