アメリカンカールはどうやって生まれたの?歴史や祖先について調査!

アメリカン・カール
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



とある一匹の猫に発生した、突然変異種から生まれたアメリカン・カール。同じようなカール耳の持ち主に、スコティッシュ・フォールドが居ますが、そちらとは違った独特の立ち耳に添えて、先端だけが反り返った耳の形は、あちらとは異なる印象と魅力をこの猫に与えています。

アメリカン・カールは最初どのように発見され、そして定着はどのように進んだのでしょうか。その誕生は1981年とかなり新しく、出生から品種確立までの歴史がよく残っている品種ですので、逸話や発見者のお名前を交えてご案内しましょう。

 

スポンサーリンク

アメリカン・カールとは

最初に、アメリカン・カールの特徴について簡単にご紹介します。アメリカン・カールは長毛種が基本ですが、アメリカン・ショートヘアとの交配の結果、短毛種も生まれるようになりました。

やや短足気味で前脚の方が長いので、ちょっとお尻が重そうに見えてしまう感じが、逆に面白い体型です。尻尾は長く、ちょっと貸して貰って前に折り曲げると、最大で前脚の肩にまで届くほどです。

その名の通り、立ち耳の先端が後方に反り返っており、それが”カール”の名称の元となっています。
この耳がカールし出すのは、生後4~7日後のことで、それまでは産まれた子がカールかどうかは判別できません。

耳は少なくとも90度以上の角度でカールしている必要が有ります。また、後頭部の真ん中辺りに向かってカールしていること、耳の内側に目立つタフト(フサフサの毛の束)があると、なお良いとされます。

中型の猫で、生猫になるのに2~3年かかる晩成型タイプ。体重は2~4キロほどになります。とても利口で大人しい猫として評判で、愛嬌のある家族になり得るでしょう。

 

アメリカンカールの舞台はカリフォルニア

1981年のこと。アメリカ・カリフォルニア州に住むジョン・ルーガとグレース・ルーガ夫妻は、2匹の子猫を拾いました。その内一匹の、シュラスミス(あるいはシュラミス)と名付けた黒い長毛種の子猫には、耳の軟骨が後ろに反り返る珍い特徴を持っていました。

やがてシュラスミスは大人になり、4匹の子猫を産みます。そのうちの2匹が、やはりシュラスミスと同じような耳の特性を持っていました。

これを見たルーガ夫妻は、シュラスミスの耳は突発的な異常や病気では無く、突然変異によるものであることと、その形質を子に遺伝させることができる事を発見しました。つまり、独自の品種として確立させられる可能性を見出したのです。

 

キャットショーへのお披露目

シュラスミスから産まれた子猫のうち、メルセデスという猫が、同じカリフォルニアに住んでいたナンシー・キースターという人物の目に留まります。

ナンシーはメルセデスとその子供達をルーガ夫妻からもらい受けます。
そこには長毛種の猫と、短毛種の猫両方が含まれていて、カール耳が遺伝した猫ももちろん居ました。

これらの猫のうちシュラスミスと、上記の長毛種と短毛種2匹の子猫を選別したナンシーとルーガ夫妻は、1983年にカリフォルニア州・パームスプリングスで開催されたショーに猫たちを出陳します。

すると、シュラスミス達はたちまち評判を呼び、このカールした耳を持つ猫を手に入れたいと望む人で溢れました。

 

異例の出世

ルーガ夫妻はシュラスミス達の人気を目の当たりにし、この猫達を”品種“として確立させるため、様々なブリーダーの手を借り、本格的な品種改良に取りかかります。

その結果、アメリカの主たる3つのキャットクラブに公認を得て、正式にアメリカン・カールと言う名で世の中に認められました。発見からわずか数年で純血種として認められた、異例の”出世猫”と言えます。

まめこ
まめこ

凄いなぁ。

猫界のサラブレッドじゃない!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ルーガ夫妻が凄いですよね~。

私も伝説を残したいです~。

耳の形の遺伝

品種確立の研究の中で、アメリカン・カールの耳の形質は優性遺伝であり、遺伝子疾患も伴わないことがわかってきました。おおよその場合、カール耳を持つ親から生まれた仔の半数が、カール耳となるようです。これは、猫の形質遺伝としてはかなり珍しい特徴と言われています。

繁殖に関する問題

このように、遺伝方法が解析され、立ち耳を作出する方法も判ってきたアメリカン・カール。しかし、品種として確立してから現在に至るまで、まだ30年ほどしか経っていないため、掛け合わせによっては”血が濃くなり過ぎて”、想定外の遺伝子疾患を引き起こす危険性が懸念されています。

純血種である場合、必ず最初の猫であるシュラスミスに辿り着くわけですが、そこからまだ代が重なっていないことから、近親相姦が起きやすいのです。これを避けるため、現在のアメリカのキャットクラブでは、純血のアメリカン・カールと、雑種猫との交配を推奨している状態です。

 

まとめ

  • 生まれは1981年と新しい。
  • カリフォルニアの雑種猫が全ての始まり。
  • カールした立ち耳がチャームポイント。
  • 品種確立の立役者はルーガ夫妻。
  • デビューは1983年。そこから異例の出世を遂げた。

偶然拾った子猫の特徴を見抜き、人気者へと導いたルーガ夫妻の慧眼と努力には脱帽です。

雑種猫には様々な遺伝子がプールされていると言われているので、今後もまだまだアメリカン・カールのようなスターが生まれるかも知れませんね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント